夫の性器切り落とした妻、終身刑に。

久しぶりにアメリカのニュースを。

夫をベッドに縛りつけ性器を切断し、よりによってディスポーザーで粉砕するという事件があったのは2011年7月です。 
当時ふざけた記事を書いていますね~私。過去記事こちら

当時LAに住んでいて、大騒ぎになったニュースですが、判決が出ました。


夫の性器切断の被告に終身刑 米国


CNN.co.jp より。6月30日(日)15時41分配信


ロサンゼルス(CNN) 米カリフォルニア州ガーデングローブで2011年7月に発生した、離婚協議中だった妻による夫の性器切り落とし事件で、同州オレンジ郡の裁判所は30日までに、元妻のキャサリン・キュー被告(50)に終身刑の判決を言い渡した。

保釈の是非は服役から7年後に検討される。2人は2009年12月に結婚したが、夫(60)は11年5月に離婚を申請し、同年8月に認められていた。

オレンジ郡検察当局の声明によると、被告は友人を巡る口論が夫との間に起きた後、睡眠薬を混入させた夕食を出し、眠らせていた。この後、ベッドの4カ所の隅を使って手足を縛り付け、夫が目覚めた後、下着を引き下ろし、刃物で局部を切断。生ゴミ処理機に捨て、スイッチを入れていた。

被告はその後、警察に通報し、夫が血まみれになっているなどと説明していた。夫は緊急手術のため病院に搬送されていた。

元夫の男性は28日の量刑判決公判で声明を発表し、「被告は悪意を持って私の人生とアイデンティティーの一部を奪い取った」と非難した。

2人の間に子どもはいなかった。

検察によると、被告は今年4月29日、重罪の拷問や身体傷害などの罪で有罪判決を受けていた。弁護士は公判で、被告はうつ症を含む精神的な問題を抱えていたとし、有罪に相当しないなどと主張していた。


判決前の詳しい記事 AFPBBより

夫の証言よりーーーー


「あの夜、彼女に殺された」とグレンさんは証言した。

 グレンさんが目を覚ますと、両手両足がベッドに縛り付けられていることに気づいた。するとベッドの足元に立っていたキュー被告がグレンさんのパンツを下ろしたという。「彼女が何をしようとしているのが検討もつかずに見つめていると、銀色に光る金属のようなものが見えた」

 それでも、まだ何が起きているのか分からなかったグレンさんだが、「彼女が私のペニスを握るのを感じた。すると突然、鋭い痛みに襲われた。彼女は私のペニスを切り落とし、床に放り投げた」

 キュー被告が寝室を出ていった後、グレンさんは生ごみ処理機が稼働する音を聞いた。「どれほど続いただろう?かなり長い間だった」

 じきにキュー被告が戻ってたので、グレンさんが救急車を呼ぶよう懇願すると、被告はグレンさんの耳元まで受話器を持って行き、オペレーターと直接話をさせた。そして、激しく出血していたグレンさんの腰回りにタオルをかけたという。

 その後、グレンさんは数日間入院し排尿ができるよう手術も受けたが、ペニスの再生はかなわなかった。「もう二度と性生活はできないし、精神的なショックも完全に癒えることはない。徐々に立ち直りつつあるが、事件前の状態には戻れない」



。。。。。。。。。。。。

グレンさんは激しい性的嗜好があったとか。 
ひどい浮気をされたのか、暴力的な性生活を強いられたのか、わかりません。 でも、どんな理由があったにせよ、犯罪を犯し終身刑では割に合わないですね。

それからオハイオで22日から航空ショーが始まりました。

デイトンで行われる大きなショーで、夫も去年はボランティアで手伝っていました。今年は出張なので、たまたま行かなかったのですが、曲芸飛行機が墜落するという事故がありました。

朝から飛行機の音がして「あ~今日かあ~うるさい~~」と思っていたらパタッとやんだんですね、事故だったんだなあ、、。 


(CNN)より元記事こちら


米オハイオ州の飛行場で22日、航空ショーに参加していた小型機が墜落し、主催者によると機上で曲芸を披露していた女性ら2人が死亡した。

主催者は、墜落機で曲芸を担当していた2人が死亡したと発表した。ほかにけが人はなかったという。

墜落直前の実況放送によると、同機は時速約180キロで飛行し、曲芸のベテランとして知られるジェーン・ウィッカーさんが翼の上でバランスを取っていた。ウィッカーさんはこれまでも命綱やパラシュートを着けずに翼に乗り、歩いたりぶら下がったりする技を披露してきた。

FAAと国家運輸安全委員会(NTSB)が墜落の原因を調べている。航空ショー主催者は同日予定していた残りの演目を中止したが、23日には再開すると発表した。


。。。。。。。。。。


なんだか一日ボーっとしています。 毎日雷雨マーク。 こういうのも気分に関係するのかなあ?











 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




乳がん ブログランキングへ 
関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

知ってる、知ってる。デイトンって聴いてもしやtomotanさんも
行ってたかもって思ったけど、見学者に怪我はなかったからよかった。
そうよね、離婚訴訟するくらいだから、ケツの毛まで抜いて
とっとと別れればよかったのに。私だったら犯罪者になるより
はい、さようなら~~って手を振るかな、男は他にもいるって
意外に簡単に開き直れるタイプだから(笑)
自分の人生と、ポコチンを計りにかけてみるべきだったわ。
どっちが重いか・・・重量もそうだけど自分の人生が大切よ。

りょうこさんへ

> 知ってる、知ってる。デイトンって聴いてもしやtomotanさんも
> 行ってたかもって思ったけど、見学者に怪我はなかったからよかった。

夫は去年1日中手伝ってたんです、今年も軍曹会から人が行ってたと思う。
やけに音がしないなって、思ったんですよね、、。

> そうよね、離婚訴訟するくらいだから、ケツの毛まで抜いて
> とっとと別れればよかったのに。私だったら犯罪者になるより
> はい、さようなら~~って手を振るかな、男は他にもいるって
> 意外に簡単に開き直れるタイプだから(笑)


私もそうすると思うなあ。 
昔の彼と別れたときに「なんかしてやるう~!」ってちょっと思ったけど、何もしないで良かった(笑)
自分がもったいないですよね。 この人もまだまだ他の男性とやり直せただろうに、、、。


> 自分の人生と、ポコチンを計りにかけてみるべきだったわ。
> どっちが重いか・・・重量もそうだけど自分の人生が大切よ。

↑ ↑ 今日の名言。 
自分の人生とポコチンを測りにかける、、う~ん良い言葉だあ(笑)
皆、まず自分を第一に考えて大事にしないとね、だめですよね。
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
12位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ