乳がん闘病日記 27 再建手術中止から気持ちのゆれ

初めての方へ

2003年に乳癌発症、ハワイでの治療中ずっとつけていた闘病日記を(病気関係の所のみ)書き写しております。 治療の事、副作用、気持ちの変化。 自分でも振り返る良いチャンスになりました。

今年で10年になります。

一応の乳がん(完治)といわれていますが、発見された時にすでにかなり進行していたので、今でも(抗ホルモン剤、アルミデックス)を飲んでいます。

前回2005年の子宮卵巣手術まででしたが、そこから少し飛びます。



☆何度も再建を失敗しましたが、皮膚も良くなり、ドクターと話し合って06年になってからサイド手術を決めました、、、しかし、、、☆




2006年1月19日(木)

今日手術をキャンセルした。 4時に起きて5時に家を出て、5時30分1階でチェックイン。
いつものように書類をして手首バンドをもらって。

上に行ったけれどものすごい頭痛と吐き気でダウン。 手術はキャンセルしてもらった。

帰ってからも具合が悪かった。

昨日のアポのときは元気だったのに。Sacと血液検査、麻酔医との面談。

今日はとても体調が悪い、今日しなくて良かった。

もう手術はしたくないかも。

頭痛治らず、車の中で寝て、家でまた寝た。




1月20日

今朝も頭痛。 薬を飲む。 キャンセルしてよかった。

手術止めようかと、、ふと思う。
何回もやり直したあとに、取り出して気分も良くなった。 もう痛いのは嫌だ。

ドクターに次に手術をするなら3月と言われた。 3月で3年目。

3年で7回も手術をした。 
ハワイにいられるのはあと1年5ヶ月。その間に再建するべきなのだろうか?




☆このころの日記を読んでいると、自分ではもう手術をしたくないほうに気持ちが動いています。
日記には(夫のためにしたいけれど、、)とも書いてありました。 夫はあまりにも私がしょげているので再建には賛成でした。 また明るい笑顔が見たいと。 この頃からだんだん人前に出るのが嫌になってきて、性格も変わっていきました☆




2月6日(月)

明日手術入れられると言われていたけど、それもキャンセルした。

昨夜あまりにも考えすぎて、またものすごい頭痛。
朝も起きられず。

すごく具合悪かった。

自分が手術を望んでいるのかわからない。

(手術)はもうしたくない。

毎日楽しく過ごしているのに、もう痛いのは嫌だ。
でも胸のえぐれてる自分も嫌だ、と思ってしまう。

痛い思いをしても(きれいな胸)になれたら良いけど、前回みたいにガタガタだったら?そしてまた傷が開いたら?
もう手術しなくても良いかなと思う。。。



2月7日

まだ具合悪く寝てばかり。

手術は延期しようと思う。
自分の気持ちに向き合ってみる。

11月頃からすごく体調悪い。

ストレスは 手術 運転 TDY(出張)




3月20日

昨日はカーニバル(遊園地が丸ごと移動で来ます)に行った。
息子は楽しそうに走り回り、ファンハウスにはいったりゲームをしたり。 すごく楽しそうで、ずっと見ていたいと思うと、また涙が出た。

今日はマンモグラフィー3枚 ウルトラサウンドも。
何も見当たらないと言われすごく嬉しかった。

痛みが心配だったし、まだシストもあるけど心配ないとのこと。

この後買い物に行って洋服などたくさん買った。(マンモをするまでは、ちょっと、、無駄になるのではと、、思ってしまっていました)

夫と息子から(3歳おめでとう)と書かれたカードをもらう。 すごく嬉しかった。




3月21日

昨日は本当に嬉しかった。

何回もこんな思いもういやだ。 健康になりたい。

胸の痛みはCoscochondritisだと思うとドクターが言ってた。

調べてみたら肋骨炎だと出ていたけど、説明では神経が傷ついていると言ってたけど、、(りょうこ先生、どっちが正しいの? 10年後もまだ痛いです)

補佐の心理の先生がメモを書いてくれた。 

CystはSimplecystと書いてあり、Mammogram はOnce a year.と。その下に Stress from pressureと書いてあった。 

ストレスはかなり感じている。この先生ともっと話したい。





☆癌患者の心理、家族の気持ちや癌患者夫婦の性生活などの相談をしてくれるドクターP。 
息子に(キモツアー)もしてくださいました。


☆手術をするべきか、とても揺れていました。 もうしなくても良いと思う反面、どんどん外に出られなくなっていき、人前に出ると汗が噴出し蕁麻疹が出るようになっていったのでした。
3年くらいまでは、まだ気持ち的にも落ち着かず、ちょっとしたことでも落ち込んだりの繰り返しでした。


また続く。。



















 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村





乳がん ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

何度も何度も・・・頭痛の時って、ちょっと顔を横に向けるだけでも
痛くなるでしょう?わたしの追突事故の後遺症でもまだそうなるの。
肋骨炎でまだ痛む(10年も)とは考えられないから、神経が傷ついてるか
傷つけたと分った時、すぐに再度開けて修復しなかったからかな。
手でも、上手くいかなかった人が、理由もなく痛みがでたり、物をちゃんと
持ちにくい状態になったりすることを何度か聞きました。
10日から2週間で治るそうです、その方の場合は。
長くなったら、修復するのも・・・無駄な痛みを経験するだけかもしれません。

りょうこさんへ

> 何度も何度も・・・頭痛の時って、ちょっと顔を横に向けるだけでも
> 痛くなるでしょう?わたしの追突事故の後遺症でもまだそうなるの。


今思えば、手術のストレスかなと思います。 そうなんですよ、すごく激痛でした。
今だったらドクターに「気持ちが決まるまで予定入れません」って言うんだけど、この頃は揺れてたんですね。


> 肋骨炎でまだ痛む(10年も)とは考えられないから、神経が傷ついてるか
> 傷つけたと分った時、すぐに再度開けて修復しなかったからかな。
> 手でも、上手くいかなかった人が、理由もなく痛みがでたり、物をちゃんと
> 持ちにくい状態になったりすることを何度か聞きました。
> 10日から2週間で治るそうです、その方の場合は。
> 長くなったら、修復するのも・・・無駄な痛みを経験するだけかもしれません。


神経ですよね、やっぱり。 毎日ではないけど時々(ずき~ん)と痛むのです。
今は「あれだな」ってわかりますけど、5年くらいまでは毎回すごく怖かったです。
骨に来た!って。 
もう修復はできないだろうし、しなくてもいいんです。 このくらいなら付き合っていきます(笑)

うーん。
心理的なしんどさ、と言うのも闘病には深く関わってきますよね。
病院には心のカウンセリングルームが必要だと思います。
アメリカはフォローがあるんですねー。
主治医や家族も交えて共有できたらいいのかも。
まだ若いtomotanさんには辛かっただろうと思う…

えすぺろさんへ

> うーん。
> 心理的なしんどさ、と言うのも闘病には深く関わってきますよね。
> 病院には心のカウンセリングルームが必要だと思います。
> アメリカはフォローがあるんですねー。
> 主治医や家族も交えて共有できたらいいのかも。
> まだ若いtomotanさんには辛かっただろうと思う…


こんにちは!!

手術の痛み、治療の副作用、その次に来たのが精神的なことでした。
最初に飲んでいた抗ホルモン剤の影響もあるのだと思う。
ものすごく気持ちに波があって、イライラするときもあったり、投げやりになったり。

ここの病院の腫瘍科にいらっしゃるドクターで、この方は精神面のサポートでした。
何度か電話をしたりしました。 絵本(抗癌剤をしてるお母さんの話)を貸してくださったり。
特に子供へのサポートはすごく良かったです。

No title

tomotanさん こんにちは。

私も若い頃はひどい片頭痛持ちだったので、頭痛の辛さって
口では言えないようですよね。
何度も何度も、辛い頭痛に襲われて可哀そうって思います。

日記の中の本音「手術したくないけれどおとうたんのために・・・」は
なんか切なくなるね。
お互いを思って愛情を感じるし、試練を与えないで~って思っちゃう。

どれほどのストレスがあっただろうと思います。

神経の痛みって、痛いよね・・・。
私も交通事故の後、10年以上神経痛に悩まされましたが、本当に辛い・・・。
「静かになってね」ってひたすら摩っていました。

闘病生活のtomotanさん本当に頑張っている。
「少し休もうか!」った言ってあげたい・・・。良く頑張ったね(^^)。

Masumiさんへ

> tomotanさん こんにちは。
>
> 私も若い頃はひどい片頭痛持ちだったので、頭痛の辛さって
> 口では言えないようですよね。
> 何度も何度も、辛い頭痛に襲われて可哀そうって思います。


Masumiさん、こんばんは~~!!

このときの頭痛はストレスですねーきっと。
割れるように痛いんです、吐きそうなくらい。
頭痛嫌いです~~!!



> 日記の中の本音「手術したくないけれどおとうたんのために・・・」は
> なんか切なくなるね。
> お互いを思って愛情を感じるし、試練を与えないで~って思っちゃう。
>
> どれほどのストレスがあっただろうと思います。


たぶん自分の中ではもう「手術はしたくない」って思ってたと思うんです。
でもやっぱり夫の為に元のきれいな(あ、そうでもなかったんですが笑)体に戻りたいって。
すごく複雑でしたね。 体も弱くなったので「こんな奥さんいらないんじゃ」なんて思ったり、、。



> 神経の痛みって、痛いよね・・・。
> 私も交通事故の後、10年以上神経痛に悩まされましたが、本当に辛い・・・。
> 「静かになってね」ってひたすら摩っていました。
>
> 闘病生活のtomotanさん本当に頑張っている。
> 「少し休もうか!」った言ってあげたい・・・。良く頑張ったね(^^)。


え!やっぱり10年以上痛むのですね。
どうも神経が傷ついていて、それが痛むようなのですけど、思い出したようにズキンってするので怖いです。
本当に読んでいると自分でも疲れます(笑) 
もういいじゃない、やんなくても~なんて過去の自分に言ってます。

でもありがとうございます! とっても嬉しいです。
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
11位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ