乳がん闘病日記 26 子宮摘出、卵巣切除手術

昨日の続きです。一度キャンせした手術をすることにしました。そして驚くことが!



2005年 6月18日

今タモキソフィンを止めているので、生理になる。(この後手術するので、最後ですね)
 肌の感じがすごく違う、つるっとしてる。
このまま22日に手術するとしたら、あと4日


6月20日

このまま22日に手術になると思う。
つらいけれど、しょうがない。
Dr,H(腫瘍科の先生、昨日の発言をした女医)との話し合いで決心がついた。
癌になる場所、リスクが2箇所なくなるのだから、、だからするべきだと思う。

あの日、あの部屋で泣いた息子。涙をポロポロ流して。 大きくなったけど、まだ小さい子供なのだ。
もう泣かせたくない。 楽しい思い出を作ってあげたい。



6月21日


朝10時に病院。 レントゲンとチェックイン。今回は様子が分かってるので良かった。

今夕方6時50分夫と息子が帰ったところ。 下剤を飲みだして40分経ったところ。
同じ物Colyte 今回は3リットル。

部屋は5階のOBの部屋。 一人部屋を希望した。 この下剤は急なので誰かがトイレを使っていたら間に合わない。
一人部屋じゃないと絶対に困る。
オペとOBのドクターとじっくり話せた。 
卵巣や子宮の事もよくわかってくれた。
子宮も筋肉が弱り、大分下がっているそうなので、膀胱を引き上げる手術も必要ならするそうだ。


今回も何回も注射の失敗。 右手の甲、中指の下あたり、それから腕の途中、親指の下など。
何回も失敗。もう帰りたくなった。
いつも思う。 手術前にIVなど失敗されて痛むと、すごく落ち込む。

それから左足がはれているので血液を薄くするという注射も痛かった。

今8時20分 5回目のトイレ もうかなりクリアに。(すいません)
IV(水分用のもの)が落ちるのが遅くて、のどが渇いてきた。
おなかもペコペコだ。

氷とジュースもらった、本当に美味しかった。

家に電話した。

息子の声、、すごくかわいい、、。 マックを食べたと言ってた。

「何を食べたの?」 「へへ~Same thing 魚の!」「おいしかった?」「おいしかった~」

なんていってた。 離れて聞く声はことさらかわいい。

絶対に長生きしたい。

明日の手術も、そのためにがんばる!と思える。
3時間の手術、きっとだいじょうぶ。
すぐに元気になるはず。
がんばる。


 6月22日に トータル7回目の手術 今年4回目

6月23日

☆翌日

12時45分。 ランチを食べ終わったところ。 コーヒー、グリルドチーズサンド、フレンチフライ。
まだ書くのは辛いけど、やっとここまで体力が戻る。
昨日朝7時ごろから手術、目が覚めてすぐに吐き気、、、。


ここまで書いてまた寝てしまった。
ランチのあと初めて歩く。 ナースとゆっくりと。
12時ごろカーテルはずしてもらった。
すぐには少ししか出なかったけど、次が200CC,そして300CC夕方400CC.
ドクターが来て、もう帰ってもいいと言われた。


6月24日

今、夕方の5時30分。やっとペンが持てた。 昨日の夜帰る事が出来た。 
入院は1日だけ前入院をしたので2日間。

夜中ずっと寝たけど朝具合が悪かった。 朝フェネゴンを飲む。ゾフランのほうが効くけど高いそうであまりくれない。(どちらも吐き気止めだったと思います)

病院での出来事

いつものようにリカバリー室で目覚め、すぐに吐き気。 病室に行ってベッドを変えてもらうときもすごい吐き気。 3回ほど激しい吐き気あまりの苦しさに息もできず。

手術は卵巣も子宮も摘出。 おなかに4箇所穴があいている。

おへその中、両脇、恥骨の上。 おなかは痛くなかった。
アミのパンツを履いて、パッドをつけていた。

夫と息子が大きな花束をもってきてくれたけど、当日は目もあけられず。
時々目をあけられても返事は出来ない。

ドクターも様子を見に来てくれて声は聞こえるけど返事ができなかった。

夜中に血圧を測るのだけど、一度上が79で下が49だった。 心配して起こされる。

次の日の朝いやいやフレンチトースト少し食べる。 インターンが今日は歩くこと、そしてトイレも行けて食事も出来たら帰って良いと。
朝は「まさか~!」というくらい具合悪かったけど、お昼頃から元気になってきたので無理やり歩いたり、フレンチフライを口に詰め込んだりした(帰りたかったんですね

ランチも全部食べられたし夕食は(チキンレッグの照り焼き、ニンジン、ご飯)ほとんど食べたら、もう帰っても良いと言われる。 ただし、家事はしばらくしないこと、と釘を刺される。

書類を読むと3週間は重いものを持たない、4週間はスイミングしない、1ヶ月は安静にと書いてあった。


家に帰ったけれど、やはり早すぎた。 すごく具合が悪くなった。 おなかよりも頭が痛い。
右の耳、ドーンドーンと鳴ってる。



6月25日

手術3日目

夜痛みで起きたりする。でももうロクサセット(病院からの強い薬)やめてモートリン(一般の薬)
にした。耳鳴りも大分収まる。
おへその下青あざ、青と黄色。

今日は一日元気だった。
シャワーをすることにした。
夫に傷口の上に防水の医療テープを張ってもらっているときに気がついた。

なんと、右のおなかの手術跡の横にくっきりとピンクリボンが浮き出ていた!

神様からの贈り物と思った。

写真を撮り、驚いたけど本当に嬉しかった。

乳がんと戦うシンボル。

少し前まで(本当に良かったのかな)とか(取り返しのつかないことをしたんじゃないか)と悲しく泣いていたのだけど、ピンクリボンのマークを見た瞬間から「正しかったんだ」と確信できた。

まだ出血もあるし痛むけれど、もう大丈夫。

とても大きな意味のあることだった。

私の生きる道をみつけた。

絶対に良くなる。



☆ この卵巣切除は癌ではなかったので、すごく悩みました。そして「もう女性でなくなった」と悲しい気持ちでいたのですが、このピンクのアザは本当に嬉しい贈り物でした。
前に記事に書いたと思いますが、ぱーっと霧が晴れるように元気になれました。 

神様のギフトだと今でも思っています。 意識がはっきりと変った瞬間でした。☆




手術編はこれでおしまいです。 
痛いところもそのまま書きました。
お付き合いいただきありがとうございました。

日記を読み直すと痛い辛いと泣いてばかり。
でも本当に今は元気です。

体力は落ちましたけど、毎日を感謝して楽しんでいます。
がん患者さんもそうでない方も、元気が出ますように!!
それが私の願いです。









 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

こんにちは!

当時を振り返る大変な作業、おつかれさま!

予防的な手術という意味で、アンジーと同じですね。
自分だったら・・と考えると、何歳の時かにもよるかもしれないけど、子供達がまだお母さんを必要とする頃ならたぶん、やると思います。
すごく悩むとは思うけど・・・。乗り越えたtomotanさん、えらい!!
がんばったから、神様からギフトがあったのですね!

本当にtomotanさんが生きていて下さって、嬉しい!
私はいつも、tomotanさんのブログを読むと元気になるのです(^^)ほんとですーー!

No title

声は聞こえるけど、自分ではちゃんと返事できない、目を開けるのも
辛い時って、ほんとにどうしようもない不安に襲われるかもしれないですね。
よく、意識不明のように見えても、耳だけは最後まで機能があるから
励ましの言葉、愛の言葉以外は言うなと教わりました。
今こんなに元気で、ピンクリボンまで貰ったtomotanさんの頑張りに乾杯!

Esperoさんへ

> こんにちは!
>
> 当時を振り返る大変な作業、おつかれさま!

こんばんは~!!

日記を読み返すことなかったので「え!?こんなことが!!?」って(笑)
忘れてる物ですね~。


> 予防的な手術という意味で、アンジーと同じですね。
> 自分だったら・・と考えると、何歳の時かにもよるかもしれないけど、子供達がまだお母さんを必要とする頃ならたぶん、やると思います。
> すごく悩むとは思うけど・・・。乗り越えたtomotanさん、えらい!!
> がんばったから、神様からギフトがあったのですね!


神様のギフト嬉しかったです!! でも本当に悩みました。 何回も手術していたし。
またあ?というのが最初の気持ち、しなくてもいいんじゃ、、というのが次の気持ち。
それから術後「癌はなかった」と聞いて「取り返しのつかないことしちゃった?」という気持ちに変わって、べそべそ(また)してたので、あのアザで立ち直れたんです。

> 本当にtomotanさんが生きていて下さって、嬉しい!
> 私はいつも、tomotanさんのブログを読むと元気になるのです(^^)ほんとですーー!

うわ~~んなみだ出そう~~!!ありがとう、ありがとう。
元気が出るようなブログを続けたいなと思っています。
そろそろ、、ふざけたい、、(こら!)

りょうこさんへ

> 声は聞こえるけど、自分ではちゃんと返事できない、目を開けるのも
> 辛い時って、ほんとにどうしようもない不安に襲われるかもしれないですね。
> よく、意識不明のように見えても、耳だけは最後まで機能があるから
> 励ましの言葉、愛の言葉以外は言うなと教わりました。
> 今こんなに元気で、ピンクリボンまで貰ったtomotanさんの頑張りに乾杯!

そうなんですよ~!
意思の疎通が出来ないってすごく不安で怖いです。
言ってることが聞こえるのに、寝てるようにしか見えないなんて。
でもその先生はとってもやさしい方でした。 
「きっと聞こえてるわよね、だいじょうぶよ~」って足を(だったか?)なでなで。

やはりそうですか。耳の機能は最後、、。
夫母も意識不明というか寝たきりに見えたけど、聞こえてたと思います。
夫が着いて2時間後に亡くなりました。 待ってたんだねって思いました。

ピンクリボン嬉しかったなー。一生消えないで欲しかったくらい。 
なにかとぐずぐず言いながら(笑)がんばった~!!

No title

tomotanさん こんにちは。

もう、本当に本当にお疲れ様。
手術終わりですよね!もう辛いのは終わりだよねとの
思いで、息をつめて読んでいました。

7回目の手術・・・壮絶な戦いでしたよね。
きっと思い出して辛い時もあったと思います。ご苦労さまです。

ピンクリボンのご褒美・・・神様からですよ(^^)。
こんなに頑張った女性にと、この病気を伝える使命の印かも!

このブログ読んで励まされる人や勉強になる人がたくさんいます。
そして、客観的にあらためて、事実を受け止めて書いたことでtomotanさんに
違う強さと生きる勇気が湧いて来たのではないかと思います。

ありがとう。いつも感謝しながら読んでいます。

Masumi さんへ

> tomotanさん こんにちは。
>
> もう、本当に本当にお疲れ様。
> 手術終わりですよね!もう辛いのは終わりだよねとの
> 思いで、息をつめて読んでいました。


Masumiさん、こんばんは!!

本当に本当にありがとうございます。
もう痛いのは終わったのですが、この後心が痛んでしまいます、とほほ。


> 7回目の手術・・・壮絶な戦いでしたよね。
> きっと思い出して辛い時もあったと思います。ご苦労さまです。


7回、、自分で書いても「え?そんなに?」って思います。 再建しなければ少なかったのですが、、。
治療は思い出しても、あまり辛くないんです。 
ちょっと言われていやだったこととか、日本のお役所の事とかの方が思い出してムカッとしました(笑)

> ピンクリボンのご褒美・・・神様からですよ(^^)。
> こんなに頑張った女性にと、この病気を伝える使命の印かも!
>
> このブログ読んで励まされる人や勉強になる人がたくさんいます。
> そして、客観的にあらためて、事実を受け止めて書いたことでtomotanさんに
> 違う強さと生きる勇気が湧いて来たのではないかと思います。
>
> ありがとう。いつも感謝しながら読んでいます。


こちらこそ、いつもありがとうございます。
ピンクリボンはやはり神様からのプレゼントですよね。
そう、使命の印かもしれない~!! やっとこうやってブログで伝えられて良かったです。

この当時の治療日記を読み直すのは、自分にとっても良いことでした。
あらためて感謝して生きなければと思いました。
人間ってなんて忘れっぽいのかとあきれます。
こんなに「頑張ろう」「生きよう」って書いてあるのに、今あまりにもちゃらんぽらんじゃないのか?って。
だから、自分にとっても意味があった。
そして誰か一人でも元気になってもらえたら幸いです!

翌日退院、一ヶ月安静!

おはようございます。
1年にこれだけ手術しなければならないと体力、気力勝負ですね,本当に。
それにしても手術の翌日退院はキツイ。
1ヶ月家で安静と云われても、なかなか主婦には守りきれない事でもあるし。でも「印」を見せてくれた不思議な力も味方してくれていたし、頑張った甲斐がありましたね。
昨日のニュースで,アンジェリーナ・ジョリーの叔母さん(お母さんの妹)が乳がんで亡くなられたとニュースになっていましたが、彼女の大決断の背後には叔母さんの事も影響していたのかも知れませんね。
おともだちの容態は如何ですか?

No title

Tomotanさん
どうコメントして良いかわからないようなすごい体験が書かれている記事が続いていましたが。。。。。肉体的にも精神的にも本当にタフでなければなりませんでしたね。やっぱり愛するご主人と息子さんのために戦った!という感じですよね。アンジェリーナ ジョリーもおばさまを癌で亡くされたようですが、彼女も手術を受けて良かったと思っておられると思います。肉体の部分がないから女性じゃないってことはありませんよ!大体、赤ちゃんを産んで育てる時しか子宮だっておっぱいだって本来の使用目的としては使わないのですから。tomotanは私なんかよりずーーーと女性らしくて素敵な奥様でお母さんですよ。色々な体験を経てこられたtomotanさんのブログ、たくさんの方々の力になっていると思うのです。私も大ファンですよ!

Yokoさんへ

> おはようございます。
> 1年にこれだけ手術しなければならないと体力、気力勝負ですね,本当に。
> それにしても手術の翌日退院はキツイ。
> 1ヶ月家で安静と云われても、なかなか主婦には守りきれない事でもあるし。でも「印」を見せてくれた不思議な力も味方してくれていたし、頑張った甲斐がありましたね。


こんばんは!!

再建の方が同じ所を切ったり縫ったりで痛かったです。
気力もなくなっていきますね。
そうなんですよ!!子供のいる主婦に1ヶ月安静って言われても、、ですよね。
でもこっちの手術の方は経過も良くて、(印)も含めて本当にやって良かったと思いました。



> 昨日のニュースで,アンジェリーナ・ジョリーの叔母さん(お母さんの妹)が乳がんで亡くなられたとニュースになっていましたが、彼女の大決断の背後には叔母さんの事も影響していたのかも知れませんね。
> おともだちの容態は如何ですか?


アンジーの記事見ました。私もこのことがあったから、決心も大きかったんだなって思いました。それにしてもトップスターですから、すごい決断だと思います。
イルカちゃんは今度5回目の抗がん剤で、後1回。 放射線はやらないそうなので、これで治療は終りです。
本人はすごく元気でコンサートなど行ってるのですが、免疫力が下がってるので心配です。

Nobukoさんへ

> Tomotanさん
> どうコメントして良いかわからないようなすごい体験が書かれている記事が続いていましたが。。。。。肉体的にも精神的にも本当にタフでなければなりませんでしたね。やっぱり愛するご主人と息子さんのために戦った!という感じですよね。

ありがとうございます。
読み直すと自分でも驚きます。 よくやったなーって人事みたいに。
そうですね、やっぱり家族のために頑張ったんですね。


>アンジェリーナ ジョリーもおばさまを癌で亡くされたようですが、彼女も手術を受けて良かったと思っておられると思います。肉体の部分がないから女性じゃないってことはありませんよ!大体、赤ちゃんを産んで育てる時しか子宮だっておっぱいだって本来の使用目的としては使わないのですから。

アンジェリーナおばさんもだったんですよね。そして子供達に「お母さんも癌になるの?」って聞かれたそうです。なので、術後のコメントで「これで子供達にもお母さん大丈夫と言ってあげられる」って。涙でそうです。

あはは、本来の使用目的ってところおかしい。そうなんですよね、でも(ある)と(ない)って気持ちが違うんですよね~(今は、もう大丈夫ですが)


>tomotanは私なんかよりずーーーと女性らしくて素敵な奥様でお母さんですよ。色々な体験を経てこられたtomotanさんのブログ、たくさんの方々の力になっていると思うのです。私も大ファンですよ!

うわ~~きゃ~~うれしい~~!!
じょせーらしくて、すてきい?? ほほほ。 本当に元気もらえます、ありがとう。
ブログでの出会い私は本当に大切に思っています。
これからもよろしくお願いします。

No title

Tomotanさん
最初にコメントした時に送れなかったので書いてはいけない単語でも書いたかしらともう一度送ったら前のがちゃんとつていたのですね。すみません。

nobukoさんへ

時々おかしいですよね。後で削除しておきますね。

No title

こんばんは。
手術 とても大変だったんですね。
最近のアンジーの予防手術記事読んで
毎年の検査だけでなく 彼女がしたような遺伝検査
した方が 良いのかな… 悩んでます。

リボンマーク 本当神様からのメッセージだったのでしょうね。

くだらないけど… 小さい頃 家族で海の景色を丘で 楽しんでたら
姉が蜂に刺されました。ぎゃん泣きしてる姉の刺された足を見ると
なんと魚の形に ぷっくり腫れ上がってました。Goldfish クラッカーみたいな。それ見て 家族で大笑い。偶然だろうけど 神秘ありますよね。

闘病日記 更新大変でしょうが 影ながら応援してます。

No title

本当に悩んだのでしょうね。
でも、良かったと思えて良かったです。

いっぱい泣いたことも
いっぱい悩んだことも
全部がtomotanさんの歴史ですよね。
そして支えて支えられた家族の歴史。
みんなに勇気を与えています。

tomotanさんこれからも
元気でいっぱい楽しんで欲しい!
きっとずっとずっと大丈夫☆

カーニャさんへ

> こんばんは。
> 手術 とても大変だったんですね。
> 最近のアンジーの予防手術記事読んで
> 毎年の検査だけでなく 彼女がしたような遺伝検査
> した方が 良いのかな… 悩んでます。


こんばんは!!お久しぶりです!
手術大変でした~でもほとんど忘れてますけど、日記を読むと「そうだったな~」って思い出します。
遺伝検査は御家族に乳がん患者がいなければする必要ないと思います。
確か(若い年齢でにゅうがんになった)と(近い家族に乳がん患者がいる)が検査する目安だったと思います。
私は若区なかったですけど、閉経前ということで検査したほうが良いと言われました。


> リボンマーク 本当神様からのメッセージだったのでしょうね。
>
> くだらないけど… 小さい頃 家族で海の景色を丘で 楽しんでたら
> 姉が蜂に刺されました。ぎゃん泣きしてる姉の刺された足を見ると
> なんと魚の形に ぷっくり腫れ上がってました。Goldfish クラッカーみたいな。それ見て 家族で大笑い。偶然だろうけど 神秘ありますよね。
>
> 闘病日記 更新大変でしょうが 影ながら応援してます。



リボンマーク本当にうれしくて、その日から立ち上がることができたと思います。
あのままだったら、凹んだままでブログもしてないかもしれないです。

あはは、お姉さんも痛かったけど、泣き止んだのかな?
なんだかそういうのってありますよ、誰かが「おーい、元気出せ~」って。
鉢に刺されるのは嫌ですけどね~。

応援ありがとうございます!!

はっぴいママさんへ

> 本当に悩んだのでしょうね。
> でも、良かったと思えて良かったです。
>
> いっぱい泣いたことも
> いっぱい悩んだことも
> 全部がtomotanさんの歴史ですよね。
> そして支えて支えられた家族の歴史。
> みんなに勇気を与えています。
>
> tomotanさんこれからも
> 元気でいっぱい楽しんで欲しい!
> きっとずっとずっと大丈夫☆


はっぴいまま~!! 訪問しましたけどコメント残してこなかった~。
後程また伺いますね。

この手術は悩みました。「しなくてもいいんじゃない?」ってぎりぎりまで。
それに術後も卵巣に癌がなかったので
「うわ~取っちゃった~!」ってがっくりしてたんです。
でも思い切ってやって良かった。

本当に歴史ですね~本当に家族に感謝です。
ありがとう~~!! 元気でいたからブログも出来たし、ニャンズにも会えたし、息子ももうすぐ高校卒業なんです~~!!本当に良かった!!感謝の日々です。
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
12位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ