オクラホマ竜巻 救助

大変な被害を出したオクラホマの竜巻。 

死者は子ども10人を含む24人、負傷者は353人に上っている。。CNN日本版

亡くなった方達の冥福を祈ります。
命は助かっても家が丸ごと吹き飛ばされて、ホームレスになってしまった方達。
すさまじい恐怖、その後に何もかもを失う。 想像を絶します。


ですが、こういう災害や事件があったときアメリカの助け合いや対応はすごく早いです。
アメリカの好きなところの一つ。
軍関係者、警察官、消防署のすばやい対応はもちろん、ボランティア団体、一般の人たちのすばやい行動もいつも驚きます。 

オクラホマもすぐに人が集まり救助活動が夜通し行われました。 
私がテレビを見ていた日(竜巻の翌日)100名以上もの人たちが瓦礫の下から救出されました。

 巨大竜巻が襲った米南部オクラホマ州では、災害発生から2日目の5月21日も救助隊などによる懸命の捜索活動が行われた。米メディアによると、これまでに少なくとも101人ががれきの中から救出された。MSNより

人手がなければ、対応が遅ければ、助からなかった命です。

こういう時いつも阪神淡路大震災の村山元首相の対応の遅さを思い出します。 あの時米軍は救助要請を断られています。 瓦礫の下で救助を待っていた人たちは、間に合いませんでした。
 
アメリカはこういうときの対応がすごく早い。
助け合う精神と団結力がすごくあると思います。

ブロ友のりょうこさん、俊介さんご夫婦(R&Sの日記)もすでに現地入りしています。 

一時はボランティアの人数制限もあったそう。それにこういう場合のアメリカの嫌な面(怪しげな人たち)も増えているようです。 



オハイオも竜巻が起こることがあります。 私達が引っ越してくる前にありました。 その時地下にいた人だけ助かったと聞いて(絶対に地下作る!!)とこだわりました。

そしてこの家に住んでから一度(強風注意)になったことがあります。
 たまたま外に出ていたときに緊急アラームで急いで帰りましたが、本当に風が追いかけてくる。 
ゴウゴウと音を立てながら生き物のようでした。

家に帰り、すぐにニャンズと一緒に地下室へ。 ただの(風)でもその恐怖は相当でした。


オクラホマの竜巻は最大級だったようで、一瞬で何もかもなくした人たち。
どれほどの失意かと思います。
立ち直って欲しい、立ち上がって欲しいと願っています。





130521190818-15-ok-tornado-0521-horizontal-gallery.jpg


130521063806-03-ok-weather-0520-horizontal-gallery.jpg


130521125714-08-ok-tornado-0521-horizontal-gallery.jpg


130521130241-09-ok-tornado-0521-horizontal-gallery.jpg


130521215135-02-moore-ok-052113177-horizontal-gallery.jpg


写真は全てCNN フォトギャラリーより









 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

酷いです。たかが風など言っちゃいけない。
全てを無くしてしまったと茫然自失の方がいたり、少しずつ片ずけながら
家族の思い出の品が見つかった時、これでまた頑張れるんだと
明るい笑顔を見せて下さった方には、こちらが元気をいただきました。
幸いな事に、妻の職場経由、おじ様の関係経由にしましたので、すぐに
現地入りできましたが、善意の方ばかりじゃないのが残念ですね。
日本の震災の時もそうだったようですが。 軍、警察、消防の動きは
早くて的確だと感じます。日本は縦割りでなく、全体で考えることをして
いなければ、危急のときの対応が遅れ、被害が拡大しますね。
防災対策、救助網の確立をもとめたいです。(これは奥さんの受け売り)

俊介さんへ

> 酷いです。たかが風など言っちゃいけない。
> 全てを無くしてしまったと茫然自失の方がいたり、少しずつ片ずけながら
> 家族の思い出の品が見つかった時、これでまた頑張れるんだと
> 明るい笑顔を見せて下さった方には、こちらが元気をいただきました。

本当にひどい状況ですね。 
あ、私が言ったのはオハイオの強風の方です。こんな(風)でも怖かったのだからそれが竜巻だとそうとうな恐怖だっただろうと想像しました。
思い出の品は買いなおす事が出来ないですもんね。 記念写真とか悲しいですよね。


> 幸いな事に、妻の職場経由、おじ様の関係経由にしましたので、すぐに
> 現地入りできましたが、善意の方ばかりじゃないのが残念ですね。

早かったですよね、驚きました。 でもこういうときは犯罪もつきものですね、、。

> 日本の震災の時もそうだったようですが。 軍、警察、消防の動きは
> 早くて的確だと感じます。日本は縦割りでなく、全体で考えることをして
> いなければ、危急のときの対応が遅れ、被害が拡大しますね。
> 防災対策、救助網の確立をもとめたいです。(これは奥さんの受け売り)


そうですね、軍、警察、消防は本当に早いですし、病院も即戦力。 
そして本当に普通にその場所にいる人たちが助け合う。アメリカのそこが好きです。
ボストンの時は先にゴールしてた人たちが走って病院に行ったとか、アメリカっぽい。

日本は(後からの責任)などが大きくて身動きが取れない場合もあるのでしょうね。
自衛隊など即戦力になりそうですが、、。

No title

こんばんは
小学校でたくさん子供が亡くなったようで胸が痛みます。
動物がレスキューされているところを見ると、少しホッとするけど・・。
こういう時は時間勝負ですから、どれだけ臨機応変に早く対応していけるか、が問われますよね。
日本は次の災害に本当に備えることができているだろうか、と心配です。
のど元過ぎれば・・・で、忘れっぽいですから・・・。

Esperoさんへ

> こんばんは
> 小学校でたくさん子供が亡くなったようで胸が痛みます。
> 動物がレスキューされているところを見ると、少しホッとするけど・・。


こんばんは!
本当にかわいそうです。地下に逃げたのに水が出たらしいです。
100人以上も救助ってすごいと思いました。 瓦礫の下から。
身動きの取れない恐怖。声が聞こえて引っぱりだされたら、どれほど嬉しいかと思います。
動物も。


> こういう時は時間勝負ですから、どれだけ臨機応変に早く対応していけるか、が問われますよね。
> 日本は次の災害に本当に備えることができているだろうか、と心配です。
> のど元過ぎれば・・・で、忘れっぽいですから・・・。


本当にそうですよね。
未曾有の大災害だったのに、日本では被災地以外ではちょっと遠い出来事になってるような気がします。
(次)はないほうがいいけれど、危機管理をしっかりというのは大事ですよね。
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: