乳がん治療日記 04年の記録 21 インプラント手術

昨日の続きから書こうと思い読み直していると、どんどん嫌な気分になっていきます(笑)
日記ですから、何でもかんでも書いてあります。

いやなこと言われた、なんて台詞そのまま書いてあったりして落ち込んだり(忘れてたのに~みたいな)

意外とシビアな作業。 でも少しでも役に立つかも! 誰かに参考になるかも!と思うので続けます。
なので、なるべく医療関係のことだけを書いていきます。 愚痴、悪口、お金の計算(笑)などは飛ばします。



☆まとめ☆

6月10日から夏休み。 15日から30日まで日本に行きました。(ここで、知り合いや家族とあれこれ、嫌なことがありました) 

親友家族とは2回しか会えなかったけど、基地のレストランと恐竜博物館に行って、すごく楽しかった。 このときの2ショット(私の髪の毛がすごく短い)デスクに飾ってあります。

ハワイに帰ってからすぐにカリフォルニア行きの飛行機に乗ろうと思っていましたが、夏休みでいっぱいになり、いけませんでした。 毎日2時起きで5日間空港に通いましたが乗れませんでした☆


☆水入れは7月の終りに50CC これで320CC
     8月の終りに50CC    370CC
     9月16日 50CC    420CC

この時点でイラストが書いてありますが、まだかなり凹んでいて、いびつです。



10月23日 土曜日


朝からアロハタワーに行き、レースフォーキュアの申し込みのボランティアをした。

サインアップする人に渡すプレゼントを詰める。 早めにサインアップした人はいろいろな会社からの寄付のプレゼントがもらえる。 Tシャツや日焼け止めクリーム、靴下、スカーフなど。 

3時までやった。 ワイキキはツアーが多い。

日曜日

レースフォーキュア2回目。

5時に起きて1マイル歩く。
今年は7000人近くのサインアップがあった。 (当日は家族も一緒に人も多いのですごい人です)

7時10分からウオーキング。 9時半までいて、くたくたに疲れた。
あまりにも頭が痛くなり、「脳に?」と怖くなる。



11月17日

朝から右耳が詰まった感じになってゴーゴーなる。
具合悪くうつらうつらする。 夫が血圧を測ってくれた。 脱水のようだった。


数日前最後の水入れ 50CC 全部で470CC

12月半ばくらいに手術をする。 右胸も一緒に左に合わせてインプラントとリフトアップの予定。

子宮癌の検査は大丈夫だった。 キャットスキャンもした。 前日と当日700CCのゲータレードに薬を溶かして飲む。 苦しかった。 キャットスキャンはおなかが熱くなって変な感じ。




☆ 結局手術は2005年に食い込みます。 この後は学校を変ったり、前前回でてきたMさん達のことがたくさん。 ハワイに引っ越してくることになったのです。
やっぱり、ちょっと書いてもいいですか?

すぐに呼んだのですが、うちに来たとたんに「え~もっと広いところがいいな」なんて言われたり、「学校はサイトで調べたらレベル低いよね~うちは私立かな」なんて。 「地元の汚い学校なんて行かせたくないから」って、うちの子は地元の汚い学校に行ってるのですが、かまわずに。

いちいち、かちんと来る言い方。

「バイオリン続けさせたいけど(鈴木メソッド)あるかしら?」なんて家の中で練習させるんです。
子供は嫌がるのをむりやり、き~こキ~コ。 や~めて~~!!と言いたかった。
そのバイオリン息子が見ようとしたら「ア~触らないで!」なんて言ってくれました。

彼女の旦那さんは空軍パイロットなので、オフィサーです。お給料などスンゴク違うので見下していたんですね。
基地の中でも下士官と将校の家は違いますから、「うちは広いから泊まれば」なんて日本に行って泊めてもらったり(このときは普通にありがたいと思ったけど、止めておけば良かった)

そういう(借り?)があったので、もう嫌だなあと思いながらもお付き合いを続けていて、精神的にすごく疲れてしましました。 

長々、愚痴ってしまった。すいません。 ちょっとすっきり(笑)





2006年 2月1日

手術

いつものように前日に麻酔医とのアポや心電図など色々。

8時に病院へ。 着替えをして(裸にコットンのガウン、靴下)待つ。 10時半ごろ呼ばれた。

12時から3時間の手術。 目が覚めてから、やはり激しい吐き気。これが一番嫌だ。

夫が「もう5時だよ」と言うけどすごい吐き気で起き上がれず6時ごろよろよろと着替える。

このときも家でもやはり嘔吐。 苦しい。

すぐに横になってコンコンと眠る。 手術前日当日と何も食べてないが、食べられなかった。

2日後にやっとトーストとティー。

夜はやはり夫がご飯とお味噌汁、チキンの甘辛いため?を作ってくれた。




2月3日

病院のアポ10時半。

痛みはまだあるけど、薬で楽になる。
痛みは我慢できるけど、吐き気が嫌だ。

病院でバンデッジを取る。 なんと左胸すごく小さくなってる!!

右胸は確かに乳首が上のほうについてるけど、こちらも小さい。
左など、マステクトミーした時くらいに戻ってる!

あんなに痛い思いをしたのに、これじゃいやだ。 ドクターに聞くと「今は腫れてるからアンバランスだから」と言う。晴れがひいたら、もっと小さくなるのでは?

もう一回してもらいたい。すっごくがっかりした。 そんな気はしていたのだけど。

家に帰って、うとうとしたけど痛くて惨めで泣いた、、。

何も出来ないのがまた悲しい。 体を起こすと痛いので。

飲んでる薬はRoxicet。 Cephalexin 500を1日4回。 Docusaceを2回。



☆後から聞いた話では、皮膚がかなり硬く放射線のダメージを受けていたそうで、難しかったよう。 右胸は確かにリフトアップされてましたが、縫い目などぎざぎざで不安になりました(不安的中!!)

そして、再建失敗で、ナカミが見えるほど縫い目が裂けた事も、、。 続く ☆




















 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

確かに日記にはその時その時のことを包み隠さず書くから、後で読み直すと辛い事、悲しかった事、嫌な思い出が甦ってくるよね。それでも、書いてくれるって強いなあといつも感心して読ませてもらっているよ。うちの奥さんは自分は経験していないけど、ムネをガンガン叩かれている気がするんだって。もう少し早ければとか、イロイロ考えるみたいでね。そして、結局最後は尊敬しあえる家族がいることが生きる希望とか力になるんだなってよく分る。たくさんの人にtomotanさんの記事を読んで欲しいな。
書き写しって結構大変だと思うから無理しないでね。

俊介さんへ

> 確かに日記にはその時その時のことを包み隠さず書くから、後で読み直すと辛い事、悲しかった事、嫌な思い出が甦ってくるよね。それでも、書いてくれるって強いなあといつも感心して読ませてもらっているよ。

ありがとうございます。
記録しておいて本当に良かったなと思います。 何でも忘れてる(笑)
時々感情的なところなんか読むと、え~なんて自分で驚いたりして。


うちの奥さんは自分は経験していないけど、ムネをガンガン叩かれている気がするんだって。もう少し早ければとか、イロイロ考えるみたいでね。そして、結局最後は尊敬しあえる家族がいることが生きる希望とか力になるんだなってよく分る。たくさんの人にtomotanさんの記事を読んで欲しいな。
> 書き写しって結構大変だと思うから無理しないでね。


りょうこ先生は優しいんですよ。 患者側に立って気持ちを分かろうとしてくれる。嬉しいですね。
でも自分でも何回も「もっと早かったら」と思います。
だからこそ、この記事を続けて、早期発見の大事さを訴えていきたいです。

書き写して、後から読むとすごく変な漢字書いてあったりして、笑っちゃいますね。 
でも治療関係の所は続けたいと思います。

傷んだ皮膚

おはようございます。
再建手術ももう壮絶ですね〜放射線治療で再生できなくなっている細胞があるので、もろくなっている皮膚。想像しただけで辛い過程ですが、そんな努力が失敗に終る時の気持ち、、、堪りませんね。
でもそんな事も乗り越えて、今の猫たちとの、大切な家族との生活がある〜素晴らしい事ですよね!

Yokoさんへ

> おはようございます。
> 再建手術ももう壮絶ですね〜放射線治療で再生できなくなっている細胞があるので、もろくなっている皮膚。想像しただけで辛い過程ですが、そんな努力が失敗に終る時の気持ち、、、堪りませんね。
> でもそんな事も乗り越えて、今の猫たちとの、大切な家族との生活がある〜素晴らしい事ですよね!

こんばんは~!

そうなんですよ。 何もかも壮絶で(笑)
放射線治療で皮膚がそんな風になると知らなかったので、再建に挑戦しましたが、知っていたらしてないですね。 友人のKがすごくきれいに再建できたと言ってたので「じゃあやってみようかな!」。でも彼女は放射能治療してなかったので、皮膚も弾力があったんですね。
何回もの手術でめげそうになりましたけど、今幸せ~なのでよかったです。
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
12位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ