状況は悪いけど

今日も1日一緒にいました。
すごく嬉しそうだった。
たくさん話して、たくさん笑って。
家族ッていいなあと再確認しました。

状況は決してよくないのですが、幸せそうに見えます。
病院ではなく、仲良しの友達の家。
近所の友達もいつも来ていて、食品など持ってきてくれます。
親友も泊りがけで来てくれて、最後の日までいてくれるって。
ありがたいです。

近所の友達にはドクターもいて、彼女に腹水を抜いてもらっているとか。
オハイオから家族も来て(!)今日は狭いリビングルームに7人。
たくさん話をして、大笑いできました。
本当に来てよかった。

人生の残り時間は少ないかもしれないけど、たくさんの人に愛されて落ち着いて旅立つことができるのかな、、。

私もこんなふうに迎えたいと思えました。

明日はまた数人の友達と一緒に、部屋で映画を見ます。
ママは嬉しそうだった。
本当に来て良かったです。

タブレットから、投稿。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tomotanさん こんばんは。

たくさんの話して、たくさん笑えて良かったです。
ママさん、きっと嬉しいと思います。

>親友も泊りがけで来てくれて、最後の日までいてくれるって。
>ありがたいです。

ママさん素敵なお友達をお持ちですね。
日本ではあまり出来ないことだと感じます。
病院の殺伐としたところではなく、仲良しのお友達と
楽しく話しながらその時を迎えるなんて・・・。

一日でも、一時間でも長く楽しい、苦しみのないようにと
願うばかりです。

tomotanさんも長旅で気候も違うだろうし気をつけて下さいね。

理想的!

こんにちは。
お疲れさま!寝ないで早朝のフライトで移動って。。。大変でしたね。
でも病院で機器に囲まれて薬付けにされたままでもうろうとしているよりは、今の夫ママの状況は私の理想に近い生き方で、彼女の勇気とそれを支える友人、家族の力が羨ましい位素敵です。
深呼吸を忘れないで、無理をしないで、頑張ってね!

No title

確かに状況は悪く、回復の望みもないけれど
幸せそうというだけで救われます。
友人たち、家族・・・どれも侮れない力を与えてくれるはずです。
tomotanさんも、無理せずにこの時間を一緒に楽しんであげて下さい。

No title

おとーたんママ
tomotanさんに会えて嬉しいでしょうね。

辛い状況なのに
たくさん話してたくさん笑ってって
おとーたんママの性格が伝わってきます。
皆さんに愛されてる。
そして家族みんなが見守ってるって
本当にいいですね。

でも、案外と…

5年前、いろんな友達とか、取引先とか
親戚とか、家族とかがお見舞いに来てくれて

娘なんかは、妊娠したから
孫の顔を見てね…とか言うもんで

あぁ、俺、もうじき死んじゃうんだな…

等と思ったものでしたが
相変わらず、憎まれ口を聞きながら生きております。

周囲も含めて「最後」…とか、思っても
人は案外と丈夫なモノですから
そうはいかない…かも、ですよ(笑)。

でも、墓に布団もかけられず…ですから
よくしてあげてくださいね。
先週は丁寧なお言葉、ありがとうございました。

No title

こんばんは。
お疲れ様!
おとうたんさんママ、笑顔でよかったです(^^)
孤独や不安じゃなく、好きな人と一緒に居るっていいなぁと思います。
ひとりぼっちで病院のベッドで過ごす夜は不安で長く寂しいですものね。

楽しい時間を過ごして下さいネ!

No title

こんにちは。

素敵なご家族ですね。
病気になるのはいい事ではありませんが、
でもどんな時でも家族や仲のいい友人達と
楽しく心豊かに過ごせるってことはとっても幸せ
ですよね。

私も、私もそんな風に最後を迎えたいです。

Masumi

> tomotanさん こんばんは。
>
> たくさんの話して、たくさん笑えて良かったです。
> ママさん、きっと嬉しいと思います。
>
>親友も泊りがけで来てくれて、最後の日までいてくれるって。
> >ありがたいです。
>
> ママさん素敵なお友達をお持ちですね。
> 日本ではあまり出来ないことだと感じます。
> 病院の殺伐としたところではなく、仲良しのお友達と
> 楽しく話しながらその時を迎えるなんて・・・。
>
> 一日でも、一時間でも長く楽しい、苦しみのないようにと
> 願うばかりです。
>
> tomotanさんも長旅で気候も違うだろうし気をつけて下さいね。




Masumiさん、こんばんは!!


昨日というか今朝2時ごろに帰宅しました。

ママは決していい状態ではないのですが、痛みもなく、いつものジョークに大笑いしたりして。
すごく穏やかなんです。
アメリカは自宅で最後を迎える人が多いのですが、友達が何人もいて皆交代に看取ったりしています。
ママも今住んでいるお友達のだんなさんを同じように看取りました。
理想的ですよね。 友達と話しながら、気がついたらあちらの世界に行くという感じ、、。

長旅だし大変でしたが、行って良かったと心から思います。

Yokoさんへ

> こんにちは。
> お疲れさま!寝ないで早朝のフライトで移動って。。。大変でしたね。
> でも病院で機器に囲まれて薬付けにされたままでもうろうとしているよりは、今の夫ママの状況は私の理想に近い生き方で、彼女の勇気とそれを支える友人、家族の力が羨ましい位素敵です。
> 深呼吸を忘れないで、無理をしないで、頑張ってね!

こんばんは!!

行く時も寝ないで行きましたが、帰りも朝の便だったのに、ここについたら朝の2時でした。

私も夫ママの最後の迎えかた最高だと思います。
もちろん回復には向かってはいませんが、意識もしっかりしていて、いつもの冗談がでてきて。
ベッドの周りで皆が笑っていて、、。
本当にこうありたいと勉強させてもらった感じです。

りょうこさんへ

> 確かに状況は悪く、回復の望みもないけれど
> 幸せそうというだけで救われます。
> 友人たち、家族・・・どれも侮れない力を与えてくれるはずです。
> tomotanさんも、無理せずにこの時間を一緒に楽しんであげて下さい。

はい、ベッドの周りで笑ってばかりいましたよ。
状況は悪いです。 正直、今月いっぱいかもしれない。
でもすごく嬉しそうで、穏やかで行って良かったです。
友人にも心から感謝ですね。
誰かしらついていてくれて。 ベビーシッターはいらないのに!なんて言ってましたが(笑)

はっぴいママさんへ

> おとーたんママ
> tomotanさんに会えて嬉しいでしょうね。
>
> 辛い状況なのに
> たくさん話してたくさん笑ってって
> おとーたんママの性格が伝わってきます。
> 皆さんに愛されてる。
> そして家族みんなが見守ってるって
> 本当にいいですね。


おとータンママは息子にあえて一番嬉しいかな? 私はおまけなので、なんちて。

本当にベッドの周りで皆で笑って、いい時間でした。
もう少し先のほうが良かったけど、良い最後の迎え方だなあって思いました。
友人に本当に感謝です。
一日何人も様子を見てきてくれて、すごく安心しました。
いいですよね、暖かくて。

癌ダムさんへ

> 5年前、いろんな友達とか、取引先とか
> 親戚とか、家族とかがお見舞いに来てくれて
>
> 娘なんかは、妊娠したから
> 孫の顔を見てね…とか言うもんで
>
> あぁ、俺、もうじき死んじゃうんだな…
>
> 等と思ったものでしたが
> 相変わらず、憎まれ口を聞きながら生きております。
>
> 周囲も含めて「最後」…とか、思っても
> 人は案外と丈夫なモノですから
> そうはいかない…かも、ですよ(笑)。
>
> でも、墓に布団もかけられず…ですから
> よくしてあげてくださいね。
> 先週は丁寧なお言葉、ありがとうございました。


癌ダムさんへ


娘さんの気持ちを思うと胸が詰まりますよ。
お孫さんを無事に見られて、これからも成長を見られて、本当に良かったです。

墓に布団をかけられないって面白い表現!
本当にそうですよね。
夫母はもうかなり悪いんです。 医者からも宣告されていて、多分今月いっぱいだと思っています。
だから、無理してでも行きたかった。
とっても理想的な過ごし方で、私も最後はこうありたいと思いました。

Esperoさんへ

> こんばんは。
> お疲れ様!
> おとうたんさんママ、笑顔でよかったです(^^)
> 孤独や不安じゃなく、好きな人と一緒に居るっていいなぁと思います。
> ひとりぼっちで病院のベッドで過ごす夜は不安で長く寂しいですものね。
>
> 楽しい時間を過ごして下さいネ!


こんばんは!!

状況はかなり悪いんです。 絶対に回復はないし、もう待ってるだけなんですね。
でも痛みも無く、友人と家族がかわりばんこにやってきては、いろんな話をして笑ってって。
すごく良い時間を過ごせたと思います。
嬉しそうだったです、ほんとうに。
無理して行ってよかった~~!!

夢かあさんへ

> こんにちは。
>
> 素敵なご家族ですね。
> 病気になるのはいい事ではありませんが、
> でもどんな時でも家族や仲のいい友人達と
> 楽しく心豊かに過ごせるってことはとっても幸せ
> ですよね。
>
> 私も、私もそんな風に最後を迎えたいです。


こんばんは。

本当に私もそう思いました。
こうやって家族と友人に囲まれて、笑ってバイバイっていえたらいいなあって。
ほとんど寝たきりですが、とび切りの笑顔を見せてもらいました。
話もたくさん出来たし、本当に良かったなと思います。
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: