乳がん治療日記 04の記録 19 ティッシュエキスパンダー

☆ 昨日のタイトルは再建手術でしたけど、正しくは(再建手術の為左胸にティッシュエクスパンダー挿入および右胸の縮小手術)です。 ティッシュエクスパンダーって何?と言う方の為に、、





こちら。。。。。。。。。

ティッシュ・エキスパンダー
人工乳腺を使った乳房再建を行う際、人工乳腺を埋め込む前に、その部位の皮膚や皮下組織を引き伸ばすために用いる組織拡張器です。人工乳腺は、埋め込む部位に予めティッシュ・エキスパンダーを入れて、十分なスペースを作り、組織の後戻りを防止して乳房の柔らかな感じを出してからシリコンを埋め込むのが一般的です。ティッシュ・エキスパンダーを入れた後は、定期的に生理食塩水を注入して少しずつ皮膚を伸展していきます。

乳がん用語集より





色々調べると大変な手術ではないらしいのですが、私の場合皮膚が癒着していたのと皮膚も火傷のあとのケロイドに近かったのでとても時間がかかりました。

もしこれほどの時間や痛みをともなうと知っていたら、きっと手術はしていなかったと思います。
再建前はすごくワクワクしていたので、とてもがっかりした記憶があります。

組織拡張器(水袋)を入れた方の胸はつねに違和感がありました。 痛みと違和感。 

普通に豊胸手術を受ける方は直接シリコンを入れますが、違和感はあるのでしょうか? 












昨日の続きから


04年4月3日

昨日は手術後3日目なのに気分が良かったのでキッチンなど片付けて疲れた。
2日目から歩けるようになったので、色々するの早すぎた。

夜全然眠れなかった。 うつらうつらして痛みで起きる。
5日間お通じなしなので自分でフリートをした。
ほとんど、もよおさなくてがっかりした。

具合が悪く横になっていた。


4月5日

今日は病院のアポ。 午前中から調子良かった、うれしい。
オンコロジーのドクターを待っている間に、Lに会う。
横田のカーネル。 Kも私も横田で乳がんになった。 

ドクターBは相変わらずで、名医なんて信じられない。
部屋の中はぐちゃぐちゃで(世界のヘンな物コレクション)が増えていた。

夜は買出し。
野菜とフルーツを山のように買う。


4月8日

1日気分が優れず、なんだかだるく、ぼーっとする。
手術のせいかどうかはわからない。
もう9日目なのでよくなって欲しい。

ベッドであれこれ本を読む。
向井亜紀の(16週)を読んで泣いた。

有吉佐和子の(恍惚の人)と(非色)を再読。
どちらもすごく好き。
女主人公が強くたくましい。
元気をもらえる。



病院用日記3冊分終わって、4冊目の大きな日記帳から。

少し飛んで



5月3日  水入れる1回目

病院で食塩水を入れた(ティッシュエクスパンダーに)
針は思ったよりも痛かった。
磁石になっていて水を注入する場所に針がくっつく仕組み。
50CC入れる。



5月10日

水入れ2回目、70CC入れる 見かけがかなり変った。
全部で120CC入った。

 




5月17日

3回目の水入れ。 また50CC。 これで170CC。
大分膨らんできたけれど、真ん中がボコンと言う感じに凹んでいる。
昨日突然生理になり、心配なくらいの出血。 病院に電話する。





5月18日

朝ヒッカムのほうの病院へ
OB(産婦人科)のドクターに会う。
パップシミアといって組織をとってがん細胞の有無など調べるテストとバイオプシーをする。
このバイオプシーはすごく痛いわけではなかった。
なんともなければいいけど、、。



5月19日

出血がぴたりと止まる。 
トリプラー病院にも電話。 明日はウルトラサウンド(超音波)

本を読むとタモキソフィンは子宮がんになるリスクが高まるそうで、心配になる。

(この頃はタモキソフィンと言う抗ホルモン剤を飲んでいましたが、この薬は子宮がんのリスクを高めるそうで、どうすりゃいいのさ?なんて思ったものです)




5月20日

病院で超音波。 かなりの長時間拘束された。
いつも心配なことがいっぱいだ。
ものすごく疲れて、次の日の予約はキャンセルした。




(この手術のあと、日記の中にもあったように突然の大量出血などあり、毎日のように病院で検査がありました。 水は入れるたびに痛くなっていき、この先卵巣に腫瘍が見つかります。
通院と心配でくたくたに疲れてしまいます)


続く




















 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
んんんーーーしんどそうですーーー。
再建っていっても厳しい手術なんですね・・・。

でも、元のようにしたいですよね。わかります。
命さえ助かればいい、というわけじゃない・・。人間は心でも生きていますもん。
もちろん、命が助かることが一番大事だけど、QOLも大事だといつも思います。

心配は本当に疲れますね。
不安って人を消耗させると思います。

がんばれ、日記の中のtomotanさん!!!

No title

今度はどうかな? コメント書いても反映されないので再再度チャレンジ(笑)
Dr.の中には、こりゃ何だ!というくらいデスクもその周辺もちらかって見える人がいる
けど、それでも本人には大切なもので何処に何があるかちゃんと分っているから
不思議よね。日本でも有名な脳外科の福島先生もそう。しかも自宅にはカップヌードル!
簡単に食べたい時に食べられるからですって、それにもビックリ。

ずっと読ませてもらって感じたけど、何が悪いかというと『不安』じゃないかなと。
痛みも吐き気も辛いけど、不安は心を弱らせる気がしたのね。これは必ず治る病気
だからと言える治療法が見つかればお互いにもっと強くなれそう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Esperoさんへ!

> こんにちは。
> んんんーーーしんどそうですーーー。
> 再建っていっても厳しい手術なんですね・・・。


こんにちは!
放射線で焼けちゃったのが原因ですね。
普通はこんなに厳しくないと思います。 
同時再建と言って乳房切除と同時にしてしまう場合もあるそうです。



> でも、元のようにしたいですよね。わかります。
> 命さえ助かればいい、というわけじゃない・・。人間は心でも生きていますもん。
> もちろん、命が助かることが一番大事だけど、QOLも大事だといつも思います。


そうなんですよね! 命が助かることがまず一番ですけど生活に支障がないようにもしたい。
骨が直接当たって痛かったので、クッションみたいになるかなと思ったのですが、、甘かった。
もう慣れましたけど、しばらくは見た目も本当に辛かったなああ。


> 心配は本当に疲れますね。
> 不安って人を消耗させると思います。
>
> がんばれ、日記の中のtomotanさん!!!



そうなんですよ。
(不安)で(心配)なのが一番嫌です。 待っている間とか。
これで直ると言われたら、どこを切ったってがんばれるんですけどね。

はい、がんばった~!!
日記の中のべそべそさんは10年後に強いシモネタおばちゃんになりました。(笑)

りょうこさんへ

> 今度はどうかな? コメント書いても反映されないので再再度チャレンジ(笑)

え~~ごめんなさいね、再々度!? Esperoさんもおっしゃっていました。 
おかしいですね、最近。


> Dr.の中には、こりゃ何だ!というくらいデスクもその周辺もちらかって見える人がいる
> けど、それでも本人には大切なもので何処に何があるかちゃんと分っているから
> 不思議よね。日本でも有名な脳外科の福島先生もそう。しかも自宅にはカップヌードル!
> 簡単に食べたい時に食べられるからですって、それにもビックリ。



有名な福島先生ってあの方かな?(神の手)と呼ばれる方? え~グチャグチャでカップヌードル?
ドクターBも癌腫瘍科では有名な先生なのだそうですが、めちゃくちゃで、世界中で買ってきた変な土器なんかがぐちゃぐちゃ置いてあるの(笑) でも大切な物もなくしてましたよ(笑)



> ずっと読ませてもらって感じたけど、何が悪いかというと『不安』じゃないかなと。
> 痛みも吐き気も辛いけど、不安は心を弱らせる気がしたのね。これは必ず治る病気
> だからと言える治療法が見つかればお互いにもっと強くなれそう。


そうそうそうなんです!!
(この治療で治る)と信じられたら、叫ぶほど痛くても辛くても我慢します。
でも、これほどの副作用でも(効いてるのか効いてないのかわからない)と言うのがつらいんです。
医者も「治る」とはいえない病気だし。 (治る)のであれば、私はどこを切ろうが何をしようが、がんばれます。 でも延命だけの為と言われたら、もう出来ないかなと思います。

鍵コメさんへ

当時は本当に色々重なって、卵巣の腫瘍が癌かもしれないと思ったときはもうなげやりになりました。

胸は痛い、抗がん剤も残ってる(残るんです、脳に影響します)
放射線で火傷。 その上卵巣?もう、やめる。って何回も思いました。

がんばったというか、、やけくそだったかも(笑)

いつも本当にありがとうございます。
勇気が出ます。

今週末も辛いですけど、できるだけのことをしてあげたいと思っています。





フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: