乳がん闘病日記2003年の記録 5 手術後感染

☆ 前回は左胸摘出手術の後2泊で宿泊所に帰りましたが、やはり傷口から感染して、高熱が出ました。今まさに手術して入院してる方から参考になるとメールを頂き、とてもうれしかったです☆

3月28日 

入院した。 午前中病院へ
先生の言葉に夫怒る。(とても失礼なインターンでした)
抗生物質をIVで入れることにした。 2日入院することになる。

手が痛くてほとんど使えなかったけど、今は痛み止めが効いている。
右手の甲に針をさしたのでいたかった。
10時から薬を入れるそうだ。
2日間で胸の痛みと赤みがひいたらうれしいと思う。

胸の上がかなり腫れているし、胸の下も赤くなってる。チューブが入っていた中央部が痛い。
チューブの穴の周りが赤く腫れている。
穴はふさがっているけれど、その周りが痛痒い。

今日のドクターは胸を見て
「自分が見た限りノーマルだと思う。 昨日も言ったけど赤くなるのも痛いのも普通で毎日毎日来られても、こっちの時間が大変だから。点滴で抗生物質を入れる」と言う内容の事をすごく失礼な言い方で言った。

Every single dayを3回は言った。
病院から呼ばれて来ているのに。
そのうえ夫に「君が心配な気持ちはわかるけど、君はドクターじゃないからわからないだろう?」なんて言い方をして夫はカンカンになる。
医者は人間性もとても大事だと思う、若くて腕が良いとうぬぼれているのだろうか?

(このドクターはまだインターン生でした。 この後、他の部署に移ったようです。
この後は、関係のないことを書いてあるので省きます)




この入院や全ての事で、すごく人生に対する考え方姿勢などが変った。
そして家族の愛、友達の愛、色々大切なものが見えてくる。

特に夫と息子がどれだけ大切かを。
夫は心から心配しケアをしてくれる。
息子の一挙一動に心を奪われる。

小さいことで怒ったりして悪かった。
8歳の子供ってこんなにも素晴らしく、そして美しいのかと驚く。
怖さや寂しさを隠して無理しておどけてみせる。
夫と一緒にソファーベッドで寝ることも文句一つ言わない(基地の宿泊所は1部屋だったので)
でも、昨日の夜ついに号泣、可哀想だった。

病気に勝ちたい。 絶対に。
胸や髪の毛を失っても、家族の愛は失えない。





3月29日(土)

病院の夜はものすごくうるさくて、眠れない。
1時間か2時間おきに誰かが来る。
人の声、キャスターをガラガラ押す音。
朝7時ごろパンケーキの朝食。 その後うつらうつらした。

午後から夫と息子が来てくれた。
でも超意地悪なナースが来て
「12歳以下の子供は部屋に入れるの禁止よ」とすごく意地悪な言い方をされた。
「サインに書いてあるでしょう!」と、ひどい言い方で。

仕方なく待合室へ行く。
もう少しで1番中泣くところだった。
でも違う優しいナースが来てくれて、息子にジュースやジェローを持って来てくれた。
息子も喜んで、自分の持っているバッグなど見せていた。

こういうちょっとしたやさしさが心に沁みる。
私もこういう人になりたいと思う。

人の気持ちがわかると言うことは素晴らしいことだと思う。
待合室に病院食を持って来てくれたので、皆で食べられた。
ミートローフとミックスベジタブル。
まずい食事も皆で食べるとこんなに美味しい。
大切な私の家族。



3月30日 

夜はやはりうるさかったけど、まあまあ眠れた。
テレビでムービーをつけたまま10時ごろから眠る。
熱が少し出て悪寒。IVをする。
今日違う先生が来て傷を見て明日帰ってもいいと言われた。
でも赤い所も全く変らず腫れているのに、だいじょうぶなのだろうか?

朝、7時ごろに出た朝食。 パンがかびていた。 とほほ。

午後家に帰れた。


(ここは衛生管理がきちんとしてないように思います。 ナースがプラスティックカップを落としたのですが拾って、ゆすぎもしないで渡したり(洗ってくださいと言うとムッとされた) 一度挿して血管がが見つからなかったので、もう一度挿そうとしたり(夫が「まさか、それ使わないよね」と言うと、この人もじろり!!、こういうことが本当に多かったです。 感染したのも、こういう管理で?と疑っています。
良い人もたくさんいたけど、同じくらい意地悪な人もいて、毎回一喜一憂でした)

また続く。




確かダイソーの小さめのノート、バッグに入れてどこでもいつでも書いていました。

      034_20130212055248.jpg





開いたところ。 髪の毛を切る前日の写真と、ショートにした後の写真を入れていました。
ポラロイド!!

この頃はまだホルモン治療の前で、痩せていましたね。

    035_20130212055248.jpg




ガッツり記録しております。

   036_20130212055247.jpg




辛い時こそ(書く)という行為が良かったように思います。
今回は愚痴が多いですね。 でも(書く)ことで救われたのだと思います。
この後も愚痴がたくさんあるので、そういうのはなるべく省きます。














 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もしも~し、そこのインターン、それで医者やれると思ってんのかい?って馬鹿にして言いたくなる。ナンなのさ、その物言いは!OP後の腫れと感染の腫れの見極めもできないようなのを、よく一人で現場に出したわよね。その上司もいい度胸してるわ。まず基礎ができてないヤツを一人で出した事が問題。すくなくとも、この状態から医者の資格はないと判断して、別の道を探せって言うべきよ。ムカつくなあ。わたし、一度だけ、別の道を探せって言ったことがある。小さなことでも見逃さない、どっちかなと思ったら先輩か指導教官に尋ねる。めんどくさがられて能無し呼ばわりされてもいいじゃない?患者さんを重篤な状態に陥れる危険より、自分のリスクなんて小さい物よ。
でも、家族ってこんなに素晴らしいって再確認しただけでもよかった。
あれれ~~、ほんとだ!ちょっと痩せてる、今より(笑)

No title

こんにちは!お久しぶりです~~

読むと泣けてくる・・・同じお母さんとしてものすごく共感できます。
私も、きっと同じ事を思ったはず・・。
誰より何より、子供が寂しいだろう、不安だろう・・って思いますよね。

顔、ちっちゃい!
どんどん妄想が広がっちゃいます。前から思っていたけど、tomotanさん絶対美人だ!!!!!

書くのは頭の整理に繋がる!

こんばんは。
大変でしたね。態度の悪い医者はやはり嫌ですね〜言葉は武器にもなりますから、その使い方を知らない人は、医療現場には不向きと思います。
奥さんが癌になったら、彼女の親友と駆け落ちしてしまった男がいましたよ!こちらの知り合いですが、いやはや、彼女は癌の治療に専心しなければならない一番大切な時に、その男はやってくれました!男の風上にも置けない輩。
それに比べて、tomotanさんのご主人も息子さんもハグしたい程健気:大いに褒めるに値します!!
書くことは頭の、心の整理になるので、良いですよね。
前の本も今回の本も間もなく紹介しますね。ちょっと待ってて下さいね。

りょうこさんへ

> もしも~し、そこのインターン、それで医者やれると思ってんのかい?って馬鹿にして言いたくなる。ナンなのさ、その物言いは!OP後の腫れと感染の腫れの見極めもできないようなのを、よく一人で現場に出したわよね。その上司もいい度胸してるわ。まず基礎ができてないヤツを一人で出した事が問題。


うひひ。これ書いてるときに「きっと、りょうこさん怒ってくれる~」ってひそかに期待しました(笑)
その上司が担当の外科医だったんですけど、その人もちょっとなあの性格でしたね~。
私が高熱でよろよろで病院に入っていくときに玄関で会って「どうした!?」って一応言ってくれましたけど、多分インフェクション、、熱が出て、、って言ってるのに「今からジムだから、中にドクターMがいるから見てもらって」(問題のドクター)って。 ジムに行くなんていわなくてもいいんじゃないってムッとしました。
患者の一大事なのに~!って。


>すくなくとも、この状態から医者の資格はないと判断して、別の道を探せって言うべきよ。ムカつくなあ。わたし、一度だけ、別の道を探せって言ったことがある。小さなことでも見逃さない、どっちかなと思ったら先輩か指導教官に尋ねる。めんどくさがられて能無し呼ばわりされてもいいじゃない?患者さんを重篤な状態に陥れる危険より、自分のリスクなんて小さい物よ。

本当にさすがです。 私も彼には医者になってほしくないな。 もしかしたら激務とか30時間寝てないとか、なんかそういうのだったのかもしれない。 それでも患者の家族を馬鹿にするような権利はないですよね。


> でも、家族ってこんなに素晴らしいって再確認しただけでもよかった。
> あれれ~~、ほんとだ!ちょっと痩せてる、今より(笑)

あはは!!なんでわかるんですか~~。 痩せるまでやっぱり会わない(笑)
本当に家族の素晴らしさを再確認しました。
病気にならなければ分かりませんでした。
だから悪いことばかりじゃなかった!

Esperoさんへ

> こんにちは!お久しぶりです~~


> 読むと泣けてくる・・・同じお母さんとしてものすごく共感できます。
> 私も、きっと同じ事を思ったはず・・。
> 誰より何より、子供が寂しいだろう、不安だろう・・って思いますよね。


こんばんは!!お忙しかったですかあ?


(お母さん)ですもんね。 同じこと思いますよね。
最初は8歳ながらすごく頑張っていたんですけど、、手術や抗がん剤を重ねるうちに、なんというか壁が崩壊しちゃって、本当にかわいそうなことしました。
やはり子供のことばかり考えてしまいますよね。 


> 顔、ちっちゃい!
> どんどん妄想が広がっちゃいます。前から思っていたけど、tomotanさん絶対美人だ!!!!!


きゃ~~~私誰よりも顔でかいんですよ~~!! ちっちゃいのは写真です(笑)
美人、、、、いい響きだなあ~~ぽわ~~ん。 
もうね、妄想しておいて下さい、、、。会わないことに決めました(うそ、うそ)
ふつーです。 ふつーの太目のおばちゃんです。

Yokoさんへ

> こんばんは。
> 大変でしたね。態度の悪い医者はやはり嫌ですね〜言葉は武器にもなりますから、その使い方を知らない人は、医療現場には不向きと思います。


こんばんは!!
態度の悪い人とか失礼なこと平気で言う人とか結構多いです。
患者は医者の言葉で魔法のように具合が良くなったり悪くなったりしますからね、この人は最低でした。



> 奥さんが癌になったら、彼女の親友と駆け落ちしてしまった男がいましたよ!こちらの知り合いですが、いやはや、彼女は癌の治療に専心しなければならない一番大切な時に、その男はやってくれました!男の風上にも置けない輩。


うわ~ひどい!!でも似た話を聞いたことあります~! 最低な男ですね。 彼女の親友もひどすぎる!
ジュリースプリンガーショーの話みたい!! 頭にきますね。


> それに比べて、tomotanさんのご主人も息子さんもハグしたい程健気:大いに褒めるに値します!!
> 書くことは頭の、心の整理になるので、良いですよね。
> 前の本も今回の本も間もなく紹介しますね。ちょっと待ってて下さいね。



ありがとうございます。
夫と息子には本当に感謝しています。
病気になって再確認できたので、私は癌になっても良いこともあったと思えるんです。
本当に書くことで、胸の中のもやもやを吐き出せましたし、客観的に見られて良かったです。

本の紹介!!うれしいです!!楽しみに待ってます!!

No title

tomotanさん こんばんは。

闘病中の、医師や看護師さんとの意思の疎通って大切ですよね。
ルームにも、命にかかわるお病気ではないけれど、悩み苦しむ
お病気がを持っている方がいらっしゃいます。
ある方は、看護師さんの心ない言葉で、対人恐怖症になるきっかけと
なってしまった方がいらっしゃいます。
逆に、心を救われた方もいらっしゃって、すべてではないですが
tomotanさんも心が傷ついたよね・・・。

でも、家族の支えがあって、心から感謝しているところが本当に良かったんだと
思います。

それから、書くという事は心のバランスや客観的に物事を捉えるのに
良いことです。(ホント、びっしり書きとめていらっしゃるね)

うわぁ~tomotanさん可愛い~~笑顔がとっても素敵です(*^_^*)。
目隠しなしで見たいよ~~~<(_ _)>。

Masumiさんへ

> tomotanさん こんばんは。
>
> 闘病中の、医師や看護師さんとの意思の疎通って大切ですよね。
> ルームにも、命にかかわるお病気ではないけれど、悩み苦しむ
> お病気がを持っている方がいらっしゃいます。
> ある方は、看護師さんの心ない言葉で、対人恐怖症になるきっかけと
> なってしまった方がいらっしゃいます。
> 逆に、心を救われた方もいらっしゃって、すべてではないですが
> tomotanさんも心が傷ついたよね・・・。


Masumiさん、こんばんは!!

ドクターもナースも激務で大変だと思います。 イライラすることもあるでしょう。
でも本当にたった一言で心が砕けることもあるんですよね。
手術したてだったりしたら、もう少し優しくしてほしいと思っちゃいます。
でもドクターSのように言い方が本当にうまくて、救われたこともあります。


> でも、家族の支えがあって、心から感謝しているところが本当に良かったんだと
> 思います。
>
> それから、書くという事は心のバランスや客観的に物事を捉えるのに
> 良いことです。(ホント、びっしり書きとめていらっしゃるね)
>
> うわぁ~tomotanさん可愛い~~笑顔がとっても素敵です(*^_^*)。
> 目隠しなしで見たいよ~~~<(_ _)>。



家族の支えなしでは私は闘病できなかったかもしれません。
Yokoさんのコメントにあったように逃げ出してしまう男性も少なからずいるんですよね。
一番必要としてるときに逃げ出すなんて最低です。 でもそれだけ、重いことなんですよね。

本当に書くことで気持ちの整理がついたと思います。
びっしりと書いてあって自分でも引き気味(笑)

きゃ~~~かわいい~~~??もっと言って~~(笑)
まだ抗がん剤の前ですから、顔もちょっと細めですよね。

目隠しは必要~~~。 
でも、抗がん剤の後は本当に顔が変りました。 まん丸です。(やせたら戻るのかな?)

No title

ひどい医者ですネエ
でも日本でも今は少なくなりましたが
昔は結構いましたよね
今の日本のお医者さんは忙しすぎて
大変なので見逃す事もあるみたいですけどね
しかし人の命を預かるという
重大さが分かって無いのかなあ  (´ヘ`;)

加夢さんへ

> ひどい医者ですネエ
> でも日本でも今は少なくなりましたが
> 昔は結構いましたよね
> 今の日本のお医者さんは忙しすぎて
> 大変なので見逃す事もあるみたいですけどね
> しかし人の命を預かるという
> 重大さが分かって無いのかなあ  (´ヘ`;)


こんばんは!!

今また加夢さんのところの中年アルアル読んで笑ってました(笑)
わたしもいつかやります~!
ここの所ずっと闘病日記を写し書いているので、そろそろ笑いを、、。

本当にこの医者はひどかったですよ。
こういう人はならないで欲しいなあ。
言葉で患者の命を縮めますよね。

日本のお医者さんは威張ってる方が多かったですけど、最近はそうでもないんですね。
昔は怖かったですけどね。
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: