乳がん闘病日記2003年の記録 4 手術後からリカバリー

 ☆ 少しの間続けます、闘病日記03 手術から宿泊所に帰ってからです☆



3月20日

3日目に帰ってきた。
2日目に夫と息子が来てくれた頃から少しずつ吐き気がおさまった。
お昼ビーフコンソメスープ1杯飲めた。 ゼリー1口、グレープジュースコップ1杯。アイスティー砂糖を入れて1杯。 すごく元気になる。
その後はどんどん良くなって、うとうとしながらも、たまにテレビをつけたり、トイレにもスッと起きて行けるようになり、すごく回復しているのを感じた。

夕食の時また夫と息子が来てくれて嬉しかった。
またリキッドフード。 チキンコンソメ、ゼリーほとんど全部食べる。 パインジュース1杯。 ティー砂糖を入れて一杯。
食べられるので夕食(ソリッド)を持ってきてもらう。
硬いご飯を3口くらい、お肉1切れ、グリーンビーンズ2本、パン1枚食べた。 力が出た。
夕食のときに「次の日退院」と言われびっくりした。
でも気分が良かったので嬉しい。


最初の夜は隣のベッドの人がすごくうるさく眠れず、2時間おきに血圧などチェックに来るし、人の声がうるさく起こされた。
次の日はましだったけど、やはり2時間ごとにチェックしに来るのがいやだった。
吐き気が止まったのはすごく嬉しかった。

病院には2泊。 手術から次の日まで吐き気。 
チューブを入れたのどが痛くガラガラ声、カテーテルを入れた膀胱も痛い。

あの、がくがくした時のすごい記憶。
映画のようだった。 自分の足が見えた気がした。 歯がなっていた。
自分のうめき声。 息が出来なかった(注 これはチューブを抜いている時だと思います)ベッドがガチャガチャなり、誰かがOH!NO!と言ってる。
Do you remember me?の声 私を呼ぶ声。
She is coldという声シーツで包まれる感覚。
「寒いんじゃなくて苦しいのよ」と言いたいけど言えず、そう思っている自分、、。




3月21日

昨日TIFに帰ってきてお寿司を食べ5時過ぎまで寝た。 極彩色の色を見る。
夫が作った夕食を食べる(ご飯、味噌汁、サーモンとのり)
夜ずっと眠れずうとうとしては、ハッと目が覚める。
チューブから血が少し出ていた。

☆イラストがチョコチョコ書いてあって(チューブの跡が痛い)など書いてあります☆


背中とお知りのチューブの当たっていた所が痒い。
せなかに大きいにきびが3箇所も出来ていた(これはなぜかわからない)



3月22日

昨日は10時間くらいぐっすり寝た。
でも痛み止めを飲まなかったので、朝痛かった。
飲んでいるのはOXYCODONE 4,5時間おきに。 1日5回。




23日

5日間便通なし。 きばったら傷口がすごく痛くなる。
痛み止め1つの所を2つ飲んだら痛みは治まったけど、猛烈に気分悪くなる。
全身がしびれて息が上手に出来なかった。


少し汚いところもありますが、なるべくそのまま書きます。
手術の後はホルモンなども狂うのでしょう、いきなり全く違う周期で生理になったり、にきびが出来たり、便秘になったりしました。 今回の手術ではないですが、残した方の胸から母乳が出たこともあります。 とても不思議な感覚でした。

数日は同じような感じで、夫が食事を作り息子と私の世話をしてくれました。





24日

明日病院。 胸が痛い。
特にチューブのついてる穴。
胸の上の傷も腫れてる、横から見るとぼこぼこだ。
キモと放射線を同時に出来たら1年が半年くらいになるのでうれしい(できませんでした)
用語を少し書いておこうと思う。



Modified redical mastectomy 乳房とリンパを取り除く手術(私がした種類)
Biopsy 病理検査
Mammogram マンモグラフィー
Anesthesia 麻酔
Limphnodes リンパ節
Chemotherapy 抗がんざい治療
Radiation therapy 放射線治療
Reconstruction 形成手術(胸の)


3月25日

朝が一番痛いけど痛み止めは10分くらいで効く

病院アポ チューブを抜く。 今までデ一番痛かった。 激激痛。
しかも2回(2本だったので)
汗が噴出して、ぐったりして、大泣き。 
こんなにも痛いものなのか、、。(実は炎症を起こしていて、それなのに引っこ抜いたので激痛でした)

かえって倒れるように寝る。
起きた時ものすごい悪寒、がくがくした。これは熱が出ると思い計る。
101F 101,3 101,8 とグングン上がる
モートりんを飲み、水とスプライトをがぶがぶ飲んで朝は熱が下がった。
次の日も1日中具合が悪く、また100度まで上がった。 
病院に電話すると「すぐに来い」と言われた。




病院帰り

病院まで歩けず車椅子に乗った。
針で検査をするというので泣く。
昨日のチューブのところがすごく痛かったので。

チューブを抜いた穴を消毒してから小さい注射で麻酔して、そのあと長い針を穴から入れて検査。
幸い、仲間でばい菌が入ってないと言うことでオペは避けられた。
アンティバイアレック(抗生物質)を飲む。病院からのはCephalexin 





☆ しかし、このあとも熱が下がらず、28日に入院することになります。 インフェクションですね。
それでも日記を病院にもって行って書いていて、がたがたの字が迫力があるというか、、。 
あまりにも重い内容ではないですか? 大丈夫でしょうか? 参考になればと書いていますが、読んでる方具合が悪くなるのでは? でも折角始めたので、もう少し続けたいと思います☆















 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ




関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

こんにちは!
入院日数がやはりすごく短いですね・・。びっくりします。
私は帝王切開でも上の子の時は2週間も入院しました。

もう今は元気なtomotanさんだと知っているのに「がんばれ~~」って思いながら読んでます(^^;

tomotanさんがんばったんやなぁ・・・えらかった!

Esperoさんへ

> こんにちは!
> 入院日数がやはりすごく短いですね・・。びっくりします。
> 私は帝王切開でも上の子の時は2週間も入院しました。


えすぺろさん、こんばんは!!

短いですよね。
最初から4日か5日程度と言ってたけど、「固形物が食べられて、一人で歩けたら」帰ってもよいのです。

「病院にいたほうが衛生的ではないですか?」と聞いたら「病院ほど汚いところはないよ」って。
私は入院くらいなので嬉しいです。



> もう今は元気なtomotanさんだと知っているのに「がんばれ~~」って思いながら読んでます(^^;
>
> tomotanさんがんばったんやなぁ・・・えらかった!



ありがとうございます!! がんばりました~!
今まさに、こういう状態の人もたくさんいて、そういう方たちにエールを送りたいなあ。
10年後シモネタも連発できるようになるよって。 あ、べつにシモでなくてもいいのか(笑)
参考になったり、元気になったりして欲しいです。

短過ぎる!

こんばんは。
私も入院期間がいくら何でも短過ぎると思う。
保険の関係で短くなっているようだけれど、術後は色々出てくる可能性もあるので、最低でも1週間は入院させて欲しいと思うけどな〜病院で変な菌を貰ってしまう事もあるから、あまりいたい所ではないけれど。
術後の炎症が一番恐いし、院内感染も恐い。
でもご主人と息子さんが親身になって世話のできる人たちで良かったですね。日本の身内が近くにいない場合、これは本当に大きな++です。
知り合いの駐在家族の奥さんが病気になって臥せっている時に、男だけの3人はお弁当を買って来て枕元に置いただけだったと悔しがってましたよ。

No title

tomotanさん こんばんは。

ホント!大手術なのに、退院早いですね・・・
姉は、温存手術でしたが手術前日入院で、術後4日目だったかな
それでも早いと思いましたが、術後の状態はtomotanさんよりはるかに
軽く、傷跡も小さくて何も変わらない状態でした。

Esperoさんと同じく、今は元気なtomotanさんだから、安心して
読んでいられます。

よく克明に書いていらしたよね~。貴重だと思う。
私だったらその場をしのぐだけで、書き記しておくことができなかったかもしれない。
人間の記憶は、曖昧になってしまうから、ガタガタの字とかそうゆうの含めて
記録だよね~。

具合悪くはならないと思いますよ。
なんて言ったって、今のtomotanさんが元気になっているという事が励みになると思います。

No title

なんだかね。
辛くて、言葉にならなくて。

手術って本当に大変なものだけど、わたしも自分の卵巣のう腫の手術の時を思い出したけど、それとはもう比較にもならないくらい大変な思いをされたんだなぁって、しみじみというか、あらためて実感しました。

本当にがんばったね!!

しかし本当に入院期間が短すぎるよ~~。
家に帰ったほうが気持ちは落ち着くかもしれないけど、家に帰ると、どうしても無理しちゃうしねぇ。

No title

食べられる、歩けるとは言っても少し早いと思いますね。
大手術のあとは、全身に狂いが生じている可能性が高いですから、急変という事を
考えておく必要があります。食べられる、歩けるでも4~5日間は病院にいれるか?と
訊いて、納得してくれたら居てもらいます。入院費の心配がある方は、帰っていただきますが
リスクは十分説明しなければ、お互い不安じゃないかと思うんですが・・・。私が用心しすぎる?
それでも、この姿勢を通させてもらっています(笑)

Yoko さんへ

> こんばんは。
> 私も入院期間がいくら何でも短過ぎると思う。
> 保険の関係で短くなっているようだけれど、術後は色々出てくる可能性もあるので、最低でも1週間は入院させて欲しいと思うけどな〜病院で変な菌を貰ってしまう事もあるから、あまりいたい所ではないけれど。
> 術後の炎症が一番恐いし、院内感染も恐い。



こんばんは!!
個室で優しいナースなら1週間いたいですけどね~。
夜は眠れないし、乱暴だし、やはりそこは陸軍病院たるところでしょうか。
術後の炎症、ばっちりしちゃいました。 



> でもご主人と息子さんが親身になって世話のできる人たちで良かったですね。日本の身内が近くにいない場合、これは本当に大きな++です。
> 知り合いの駐在家族の奥さんが病気になって臥せっている時に、男だけの3人はお弁当を買って来て枕元に置いただけだったと悔しがってましたよ。


そうなんですよ。 私も良く聞きました。 靴下がどこにあるかも分からないだんなさんが多いんだとか。
夫は退院するとご飯を炊いて、お味噌汁作ってくれます。
息子も気がつくほうだし、本当にその点はラッキーですね。

Masumiさんへ

> tomotanさん こんばんは。
>
> ホント!大手術なのに、退院早いですね・・・
> 姉は、温存手術でしたが手術前日入院で、術後4日目だったかな
> それでも早いと思いましたが、術後の状態はtomotanさんよりはるかに
> 軽く、傷跡も小さくて何も変わらない状態でした。


Masumiさん、こんばんは!!

アメリカは早いですよね、特に軍の病院だからかなと思っています。
全摘出で2日は早いですけど、このときは早く帰りたかったので嬉しかったんです。
出産の時はさすがにもう一日入院したかったです。


> Esperoさんと同じく、今は元気なtomotanさんだから、安心して
> 読んでいられます。
>
> よく克明に書いていらしたよね~。貴重だと思う。
> 私だったらその場をしのぐだけで、書き記しておくことができなかったかもしれない。
> 人間の記憶は、曖昧になってしまうから、ガタガタの字とかそうゆうの含めて
> 記録だよね~。
>
> 具合悪くはならないと思いますよ。
> なんて言ったって、今のtomotanさんが元気になっているという事が励みになると思います。


本当に読み直すと自分でも痛そうだナーなんて思っちゃって(笑) 
嫌な記憶はあっという間に忘れるんですね、忘れると言うか、勘違いして覚えてることもあったりして10年の月日を感じます。

痛かったり苦しかったりしたから書いていたんだと思います。
まわりは英語だし、自分の気持ちを日本語で書いておきたかったのかもしれないですね。
「こんなこといわれた!」なんて書くと気分もスッとしますし(笑)

今は元気だよ、皆もだいじょうぶだから、というつもりで書いていますが、あまりにも重いかナーと思うときもあります。 痛いばっかり書いてある(><)

Momeさんへ

> なんだかね。
> 辛くて、言葉にならなくて。
>
> 手術って本当に大変なものだけど、わたしも自分の卵巣のう腫の手術の時を思い出したけど、それとはもう比較にもならないくらい大変な思いをされたんだなぁって、しみじみというか、あらためて実感しました。


ありがとう~!
今はすっかり元気なのでだいじょうぶです!

 卵巣のう腫だったんですね。 私も腫瘍を摘出してます。 どんな手術でもいやですよね。
眠ってる間に器官を切られるなんて、本当は怖いですよ。


> 本当にがんばったね!!
>
> しかし本当に入院期間が短すぎるよ~~。
> 家に帰ったほうが気持ちは落ち着くかもしれないけど、家に帰ると、どうしても無理しちゃうしねぇ。


がむばりました。

やっぱり短いですかね。 でもですね、出産した時、普通のお産だと1日で追い出されるんです。
これは参りました。
それに比べたら、、と言う感じです。
家に帰ると、ついいろいろやっちゃいますよね。 わかってる~!!

りょうこさんへ

> 食べられる、歩けるとは言っても少し早いと思いますね。
> 大手術のあとは、全身に狂いが生じている可能性が高いですから、急変という事を
> 考えておく必要があります。食べられる、歩けるでも4~5日間は病院にいれるか?と
> 訊いて、納得してくれたら居てもらいます。入院費の心配がある方は、帰っていただきますが
> リスクは十分説明しなければ、お互い不安じゃないかと思うんですが・・・。私が用心しすぎる?
> それでも、この姿勢を通させてもらっています(笑)



ああ~りょうこ先生が担当医だったら良かったのに~。
皆さん「早すぎる~!!」って。 でも軍の病院ってこんな感じですよ。
特にお産のとき、産道もかなりダメージですごく縫ったのに、やっぱり1日で放り出されました。
このときはもう一日いたい~!!って本気で思いました。

トリプラーは個室でもなかったし、早く帰りたい!!って思いました。

No title

わあ~読んでて何故だか知らないけど涙が出てきました!
大手術の内容、まだ無邪気な息子さんとのやりとり、それから現在は末期がんと闘っているママとのやりとり・・・そしてtomotanさん自身の自問自答。
すべてが奇跡と言うか神秘性を感じました。
絶対tomotanさんは大きな力で守られている人だと何となく感じたんですよ!
ママにしたって、当時はママさんが泣いていて、tomotanさんの方がすごい闘病されていたんですよね。
人生というのはミラクルだというのは一理あるような気がしてきました。
だから諦めたらアカンのですね!!!
自分を信じて、自分の体を愛してやる事というのは本当に大切なことなんだと確信しました!
ありがとう!

Reireiさんへ

> わあ~読んでて何故だか知らないけど涙が出てきました!
> 大手術の内容、まだ無邪気な息子さんとのやりとり、それから現在は末期がんと闘っているママとのやりとり・・・そしてtomotanさん自身の自問自答。
> すべてが奇跡と言うか神秘性を感じました。


わ~い、嬉しいです!! 
ちょっと心配しながら書いてたんです。
こんな重い内容だと読んでいていやかな?とか。
もう少し続けようと思います。 皆さんがお嫌でなければ~!



> 絶対tomotanさんは大きな力で守られている人だと何となく感じたんですよ!
> ママにしたって、当時はママさんが泣いていて、tomotanさんの方がすごい闘病されていたんですよね。



すごく嬉しいです。 大きな力で守られているのを感じます。
でも皆さんそうだと思うんですよ。 誰かのどこかの大きな大きな力で守られているんだとおもいます。
ここに出てくるママはうちの母です、すいません。 丸写しなので、変えてなかった。
夫ママの方はこの1年後くらいに発症します。 


> 人生というのはミラクルだというのは一理あるような気がしてきました。
> だから諦めたらアカンのですね!!!
> 自分を信じて、自分の体を愛してやる事というのは本当に大切なことなんだと確信しました!
> ありがとう!


そうです!!自分を信じて諦めないって大事だと思います、、。
なんて、偉そうなこと今だからいえるんですけどね、えへへ。
当時は「もうだめだあ」なんて泣いてばかりいましたから。
でもミラクルってあると思います!!
こちらこそ、ありがとう~!!
元気でました!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
8位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ