あなたの癌の(予兆)は?

私のブログ友達であり癌の戦友の癌ダムさん(ブログはこちら気道戦士 喉頭癌ダム)の記事(皆さんの予兆)

癌と診断された方たちには偶然健康診断で見つかったと言う方と、なにか(予兆)があって「おかしいな」と病院に行った方に分けられると思うのですが、この(予兆)を見逃さないことはとても大事なことだと思います。

なので、私の場合を書きます。

私は、ずばり(左胸の痛み)でした。 

その頃、一般的には(癌は痛くないから見つかりにくい)と言われていました。
なので、ボランティアをしてた学校で、仕事仲間と
「すごく胸が痛くて」「ふ~ん、乳腺炎じゃない?癌は痛くないから」なんていう会話をしたものです。

確かに乳腺炎を数回してます。 長い間母乳でした。 

授乳中、その後も胸の中はしばらく(ごつごつ)したかたまりがあったり、わきの下がゴルフボール大に腫れたり、熱が出たりしたものです。

その感じにすごく似ていたんですね。

触ってみても、本に書いてあるような(乳がんの初期は小豆大、またはパチンコ玉のような感触)などはなくて全体が硬い感じ、特に上のほうにみかん位の硬い塊を感じていました。


当時の知り合いも「そんな大きいのが癌だったら、もう生きてないって」なんていう今思うと無責任なこと言ってましたが 「だよね~」なんて笑ってた、おばかな私、とほほ。


それでもさすがに心配になって、基地の中の(住んでいたので)病院に数回行きました。

ドクターの触診でさえ「こんな大きな塊だから、癌じゃないと思うよ」と言われて見逃された、でかい癌。

それでも「マンモグラフィーの予約は入れて」と言われたのですが、すごく込んでいて予定が取れなかったり、壊れていたり、、、なので「何か変」から4ヶ月以上経ってしまったのでした。

今思えば、日本の病院に行けば良かったのですが、「痛いし、医者も違うと言ってるし、きっと癌じゃないよね」と思い込んでいたので、あっという間に数ヶ月が、、、。

マンモグラフィーを撮ってからは、先生方の顔色変り「明日精密検査にハワイに飛びなさい!!」「え!??せめて週末開けてから」と言う具合に進み、ハワイに着いたその足でバイオプシーをして、そのまま日本へは帰れず、数年間治療の日々を送ったのです。

それでも今日こうして元気で生きていることにすごく感謝しています。

あの時、もしマンモグラフィーに行かなかったら、、そう思うとぞっとします。

「何か変」と言う感じがある方、絶対に病院へ行ってくださいね。

「告知されたら怖いから」行かない方も多いと思います。

でも早期であればあるほど、治療も簡単にすみますし、生存率だってぐんと違ってくるんです。

ある友人は最近「何か変」を感じ小さい病院での診察で何も見つからなかったのですが、「納得いかない、やっぱりおかしい」と違う病院へ行き、病気が見つかりました。

自分の命を自分で守れる場合もありますよね。

「何か変」と感じたら、すぐに病院へ行ってくださいね。

 
辛い思いをする人が減って欲しい。 同じ病気の参考にもして欲しい。

少しずつ、また癌のこと、書いていきます。 

(闘病日記)を全部出してきて手術の事など書いていきます。

皆、いっしょにがんばろうね!!!


















にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村



アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おぉ・・。
わたし今日ちょうど、ブログで、がんの闘病記の本を読んだってお話しを書いたところでした。
今はこうしてネットがあって、たくさんの方が、ご自身やご家族のがんなどの闘病について記していらっしゃるので、情報も集めやすくいいですよね。
怖い、知りたくない。ってひとも中には居ると思うけど、やっぱり、知りたい人のほうが多いんじゃないかなぁ。
そうして、警告を受けたり、同じ気持ちを分かち合ったり、希望をもらったりしながら、乗り越えて欲しいですよね。
言葉で言うほど簡単なことじゃないのは充分承知しているけど。

No title

tomotanさんの生活が、
ある日突然ガラリと変わっちゃたんですね。
家族の支えとやtomotanさんの努力
色んなことがあったに決まってますけど
今のtomotanさんとブログを通して出会えて
私、本当に良かったです。

日本に帰れと言う旦那様じゃなくって
本当に良かったですね~。
遅ればせながら結婚記念おめでとうございます~~(・∀・)ノ
お手手つないでお買い物☆いいじゃないですかぁ~!

ずっとずっと仲良しな夫婦、ご家族みなさんで
いてくださいね!
チャチャ丸くんとコタローくん今も子供のころもとっても仲良し☆
みーんな仲良し♪♪ですねーヽ(^。^)ノ 

No title

tomotanさんの癌は、これまでの常識がまったく通用しないタイプだったんですね。
痛いといえば乳腺炎と考えてしまいますし、しかもデカイ。
結果を聞くのが怖い気持ちも分かるけど、やはり早い発見が一番ですよね。
悪い診断結果を聞くことより、発見の遅れが一番怖いこと。でも怖いんだろうな・・・。

No title

癌の予兆ですか・・・。

私は発見の数年前から乳がん検診に行ってたんで
「自分は乳がんにはならないだろう」という変な自信があったんです(笑)。
もちろん自覚症状は全くなく、見つかったときは青天の霹靂でしたね。
石灰化だったのでしこりもありませんでしたから。

でも、今の職場の同僚が乳がん検診をすすめてくれたから見つかったので
どんな事が命を救ってくれるかわかりませんよ。

癌になったことはとってもショックでした。
でも見つかって治療したから今の生活があると思うと
検診を受けて本当によかったと思ってます。
生きるための検診ですよね。


乳腺炎だよね

私も左は乳腺炎だと思っていました。
でも、今から考えると、「乳腺炎だと思いたかった」のかな?
左右同時に見つかりましたが、
右は自分では気がつかなかったし、
「ここですよ」と言われた場所を触っても、やっぱりわからなくて、
自己触診にすっかり自信を失いました。
今ではヘナヘナしたこと言わずに、
入浴時にちゃんと触診しています。
今のところ触感はスムーズ(^O^)/

自分の勘

こんばんは。
本当にそうですね。
自分の勘は軽くあしらってはいけないですよね。

メール送っちゃいました。

あっと、メアド、ご内聞に。

Momeさんへ

> おぉ・・。
> わたし今日ちょうど、ブログで、がんの闘病記の本を読んだってお話しを書いたところでした。

すごい!!いいタイミング! 私もいつも書こうと思っているんですよ、筋ジストロフィーについて。
色々調べたんです。 今度書きますね。 Momeさんには本当に頭が下がります。


> 今はこうしてネットがあって、たくさんの方が、ご自身やご家族のがんなどの闘病について記していらっしゃるので、情報も集めやすくいいですよね。
> 怖い、知りたくない。ってひとも中には居ると思うけど、やっぱり、知りたい人のほうが多いんじゃないかなぁ。
> そうして、警告を受けたり、同じ気持ちを分かち合ったり、希望をもらったりしながら、乗り越えて欲しいですよね。
> 言葉で言うほど簡単なことじゃないのは充分承知しているけど。


最初は怖いんですよ、ネットなんかで読めば読むほど「えええ~???」って。
でもそのうち、受け止められるようになります。
そして、もっと知りたい。知れば知るほど(よし!!)っていう気持ちになれるというか、、。
たくさん情報はあっても良いと思うんですよね、それに振り回されなければ。
私も振り回されたんですけどね~、、(><)
でもいろんな人の意見を聞いたほうがいいですね!

はっぴいママさんへ

> tomotanさんの生活が、
> ある日突然ガラリと変わっちゃたんですね。
> 家族の支えとやtomotanさんの努力
> 色んなことがあったに決まってますけど
> 今のtomotanさんとブログを通して出会えて
> 私、本当に良かったです。

うれしい~~~やっぱり、はっぴいままは優しいですね~!!
いろいろなことがあって、私は良かったかもしれないです。
元気なままだったら、病気の人の気持ちは到底わからなかったと思います。
私もはっぴいままに出会えてよかった!!
優しく強い人が世の中にいることを知りました。


> 日本に帰れと言う旦那様じゃなくって
> 本当に良かったですね~。
> 遅ればせながら結婚記念おめでとうございます~~(・∀・)ノ
> お手手つないでお買い物☆いいじゃないですかぁ~!

にゃはは、ありがとうございます。
本当に「帰れ~」って言われなくて良かった~!!
きっと帰っちゃってた(笑) 
仲良し老人夫婦になりたいです。



> ずっとずっと仲良しな夫婦、ご家族みなさんで
> いてくださいね!
> チャチャ丸くんとコタローくん今も子供のころもとっても仲良し☆
> みーんな仲良し♪♪ですねーヽ(^。^)ノ 


仲良しっていいなあって思います。
好きな人が自分のことも好き、なんて素晴らしいのおおおって(単純)
にゃんずも仲良しでよかったです。 

りょうこさんへ

> tomotanさんの癌は、これまでの常識がまったく通用しないタイプだったんですね。
> 痛いといえば乳腺炎と考えてしまいますし、しかもデカイ。


そうなんです。時々いるみたいですね。 でも自分が乳がんになって、色々調べて分かったことですから。
病気をしてなければ、今でも「癌は痛くない」って信じてたと思います。

> 結果を聞くのが怖い気持ちも分かるけど、やはり早い発見が一番ですよね。
> 悪い診断結果を聞くことより、発見の遅れが一番怖いこと。でも怖いんだろうな・・・。

悪いニュースは聞きたくないんですよね。信じたくない気持ちよく分かる。
でも早期がいかに大事かを伝えていこうと思っています。
(癌)って言う響きがねえ、怖いですよね。

夢かあさんへ

> 癌の予兆ですか・・・。
>
> 私は発見の数年前から乳がん検診に行ってたんで
> 「自分は乳がんにはならないだろう」という変な自信があったんです(笑)。
> もちろん自覚症状は全くなく、見つかったときは青天の霹靂でしたね。
> 石灰化だったのでしこりもありませんでしたから。


見つけにくいですよね、石灰化の乳がんは。
私も人一倍元気でしたから「まさか、まさか」でした。


> でも、今の職場の同僚が乳がん検診をすすめてくれたから見つかったので
> どんな事が命を救ってくれるかわかりませんよ。
>
> 癌になったことはとってもショックでした。
> でも見つかって治療したから今の生活があると思うと
> 検診を受けて本当によかったと思ってます。
> 生きるための検診ですよね。


本当に良かったですよね。
私もあのままマンモグラフィーしてなければ、もうこの世にいないだろうなと思います。
私も検査に行って本当に良かった。

マンモもだいぶポピュラーになってきましたね。
皆が受けて欲しいなと思います。

パナピンさんへ

> 私も左は乳腺炎だと思っていました。
> でも、今から考えると、「乳腺炎だと思いたかった」のかな?

それもありますよね。
でも、やっぱり痛みました?乳腺炎に似てますよね。


> 左右同時に見つかりましたが、
> 右は自分では気がつかなかったし、
> 「ここですよ」と言われた場所を触っても、やっぱりわからなくて、
> 自己触診にすっかり自信を失いました。

左右同時だったのですか、、。
でも早く見つかって良かったです。
わからないくらい小さいって良いことです!!

> 今ではヘナヘナしたこと言わずに、
> 入浴時にちゃんと触診しています。
> 今のところ触感はスムーズ(^O^)/

良かった~~!!
私は左は胸の痕跡もありませんが(笑)右はいつもなにか中にあるような感じで落ち着かないです。
前回も「絶対になにかある!」って医者に言ったら触診で「本当だ」と言われて泣きそうになりました。
結果は胸の中の脂肪の塊、、、。 でも良かったです(^^)

Yokoさんへ

> こんばんは。
> 本当にそうですね。
> 自分の勘は軽くあしらってはいけないですよね。

こんにちは!!
ある意味、自分の勘が一番正しいかもしれません。
毎日見てるものですし、「あ、おかしい」って思います(違う場合もありますけど、それは嬉しいです)
なので(ん??)と思ったらすぐに病院がいいですね。

プレアデスさんへ

> あっと、メアド、ご内聞に。

だいじょうぶですよ~!
読んで返事書きました。
質問などありましたら、いつでもどうぞ!!
私もリンクに入れましたよ~!

No title

予兆の記事、皆さんが書いてくれるといいですよね。

僕自身も、書いてみて改めて思いましたが
最初の頃書いたつもりでも、案外と書いてないこと…多いですね。
そして、5年経って読み返してみると
なんか、間違っていたり、情報が古かったり…と
書き直したほうがいい記事も沢山あって

折に触れ、おさらいした方がいいよなぁ…などと
また少しずつ「闘病時代の話」も書いていこうかと思いました。

でも段々と仲間も増えて、がん関係の記事も増え
みんなの力だけど、とっても良い状況ですよね。

癌ダムさんへ

> 予兆の記事、皆さんが書いてくれるといいですよね。

そうですね、皆さん違うのだなーと改めて思います。


> 僕自身も、書いてみて改めて思いましたが
> 最初の頃書いたつもりでも、案外と書いてないこと…多いですね。
> そして、5年経って読み返してみると
> なんか、間違っていたり、情報が古かったり…と
> 書き直したほうがいい記事も沢山あって

> 折に触れ、おさらいした方がいいよなぁ…などと
> また少しずつ「闘病時代の話」も書いていこうかと思いました。

ぜひ、お願いします。
私も前は何回も書くとしつこいかななんて思ったのですが、意外と遡って読まないんですよね、探すのも大変だし。 
なので、時々闘病記を書こうと思いました。
日記をつけていたので、それだけのブログを作っても良いかなーとか。


> でも段々と仲間も増えて、がん関係の記事も増え
> みんなの力だけど、とっても良い状況ですよね。


そうですね、情報がたくさんあるっていいですよね。
私の頃もそれほどブログってメジャーじゃなかった。
色々読めて、コメント書いたりできるのって、いいです!
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: