乳がんについて レースフォーキュア リボンウオーク

今月はガッツリ乳がんのことを書いていきます。


右側に私の治療の記録も簡単に書いておきました。

アメリカでは8人に一人がかかるといわれています。 夫ママも同じ病気を戦った戦友なのですが、最近内臓に転移しました。 

乳がんは骨や脳に転移が多いと聞いていたのですが胃に転移でした。

これは胃癌とは違います。 あくまでも乳がんの胃への転移と呼ばれて予後も良くないと言われています。

夫ママは「余命6ヶ月」と宣言されました。

私も過去再発を疑われた時に「もしも再発ならあなたの人生はすごく短い」と言われました。

どの癌でも再発は怖いのですが、乳がんは特に期間が長く10年でも安心できないようです。

癌が大きくなるとリンパに乗ってどんどん全身に広がっていくのだそうです。 

私の癌はリンパにすでに転移していました。脇の下のリンパ腺に3つ(1つは大きかった、後ほど手術)胸のリンパにも転移がありました。 これは脇よりさらに悪くなります。

当時で5年生存率50パーセントくらいでした。

そう聞かされた日、具合も何も悪くないのに突然の(生存率)だの(予後)だの。 
ショックよりもなんだか現実で無いような「うそだあ~~」なんていう感じ。 え?え?え?です。

どうしてそう思ったかと言うと、触診検査で3人ものドクターに「ごつごつした塊はあるけど脂肪だと思う」だとか「乳腺炎のあとだ」(やってます)と言われ安心してしまってたのです。

胸はかなり大きい方でした。そして母乳も2年。 つねに乳腺がはれたりごつごつしたりしてたのです。
なので痛みがあるなあと思ったときも(またはれたのかな?)くらいの気持ちでした。

それでも医者にはマンモグラフィーは受けたほうがいいけど、といわれたのですがボランティアなど忙しく、なかなか病院へいけなかったのです。

マンモを受けたときにはもうまぎれもないデッカイ乳がんになっていました。

その後の治療は乳がんカテゴリーに書いてありますが、今月又まとめたいと思います。

壮絶な戦いでした。 もっと早く発見していたら、手術も軽く、生存率に振り回されなかったかもしれない。

治療中に何度も何度も後悔したものです。

夫ママももっと早ければ、再発してないかもしれない、、。

なので特に今月は早期発見の大切さを書いていきたいなと思っているのです。

日本でもピンクリボン運動盛んになってきたそうですね。

私の大親友のイルカちゃん、なんと毎年参加してくれています。 今年は6日の土曜に開催されるそうです。 

私は2003年10月と2004年の2回ホノルルレースフォーキュアに参加しました。

参加費はドネーションとして乳がん研究費などに当てられます。

ハワイではサポートの方は白いシャツ、サバイバーはピンクのシャツでした。 

2003年たくさんのピンクのシャツを見て、とても勇気をもらったものです。

一人じゃないんだって。


この写真はウオークのあと 記念撮影

Picture 006


皆、がんばろうね。



日本のピンクリボンフェスティバル こちら

アメリカ レースフォーキュア スーザンコーマン こちら
















ポチってね~。
 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

アメリカ合衆国(海外生活・情報) ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おとうたんのママ、転移でなく原発性の胃癌だったらよかったのにね。
転移巣となると、治療する側でもウーンとなってしまうから。
それでも、元気が楽しい残りの日を過ごしてほしいよね。
tomotanさんの勇気と元気を分けてあげて。
みなさんの行動が早期発見のきっかけになると思うから、これからも頑張って!

俊介さんへ

> おとうたんのママ、転移でなく原発性の胃癌だったらよかったのにね。
> 転移巣となると、治療する側でもウーンとなってしまうから。

そうなんですよね。 原発性の胃癌は早期だと治る可能性が高いんですよね。 夫ママは転移でしかも、かなり大きくなってて腹水もたまってる状態だそうです。 あまりよくないですよね。

> それでも、元気が楽しい残りの日を過ごしてほしいよね。
> tomotanさんの勇気と元気を分けてあげて。
> みなさんの行動が早期発見のきっかけになると思うから、これからも頑張って!

はい。 すごく楽しくて癌なんて忘れるくらいに、って思っています。 難しいですけど、、。
母ひとり子一人だったので夫の事とても心配してるんです。 だから私に任せて!って言ってあげよう(笑)

私のブログを見てマンモに行きました、なんて言ってもらえるとうれしくて。 
一人でも多く早期発見で助かって欲しいです。

No title

こんにちは!
来週、マンモの予約入れようと思ったらけっこう混んでました。
やっぱりピンクリボンの効果かしらね!
私はキャンセル待ちで、再来週にずれ込みそう・・。
実は「初めてのマンモグラフィー」なんです~~~(お恥ずかしい・・・)

あのう・・・いつもオットに「触診」してもらってて~・・・。
おっぱいは貧乳なので、わかりやすい方だそうです(恥&汗)
でも、やっぱりそれだけじゃぁ心配だから、行ってみます!!
乳腺炎もやりましたしね。

アメリカの学校、運動会はないんですね。
今週がすめば、ちょっと一息です(^^)

Espero さんへ

> こんにちは!

こんばんは!!

> 来週、マンモの予約入れようと思ったらけっこう混んでました。
> やっぱりピンクリボンの効果かしらね!
> 私はキャンセル待ちで、再来週にずれ込みそう・・。
> 実は「初めてのマンモグラフィー」なんです~~~(お恥ずかしい・・・)

おお~そうなんですか!! ぜひぜひキャンセル待ちでもやってください。
ピンクリボンの効果!!いいですね。 


> あのう・・・いつもオットに「触診」してもらってて~・・・。
> おっぱいは貧乳なので、わかりやすい方だそうです(恥&汗)

きゃ~~~お医者さんゴッコ~~って、本物のドクターですもんね!
でも触診からのなんじゃかんじゃになったりしたりしないのかな?うひひ(←シモネッター健在)


> でも、やっぱりそれだけじゃぁ心配だから、行ってみます!!
> 乳腺炎もやりましたしね。

はい、真面目な話に戻りまして(笑)行ってきた方がいいと思います。
触って分からない石灰化のものもありますし。

> アメリカの学校、運動会はないんですね。
> 今週がすめば、ちょっと一息です(^^)

お疲れ様でした。
大変ですよね。
お弁当たくさん作って場所取りとか(一応知っています)一大イベントだと妹が言ってました。

自己触診も

こんばんは。
毎日の入浴時の触診も大切。それから眼で見ることも。
食事も、ね。
がんばりましょう!

No title

僕の方は、家内の母親に卵巣ガンが見つかって
この10日に治療の方針が決まります。
たぶん手術と抗がん剤かなぁ?という感じです。

後期高齢者なんで、医療費の負担がどうなるのか?
その辺も心配事の一つですが
僕の医療費も半端ではないので、困ったモンですね。

田舎の方では、僕の母もまた子宮ガンで
こっちの方は、放射線治療がメイン。
弟が面倒を見てくれているので、まずは安心ですが
僕もずっと入院中だったので、見舞いにも行けず
こっちもそろそろ行かなくては…と、問題は山積み。

親父は、僕と同じ喉頭がんだったし
日本も本当に「がん大国」ナンだなぁ・・・などと
言ってる場合じゃなさそうですね(苦笑)

お互い、気を強く持って、がんばりましょう。

No title

こんばんは。

そうそう早期発見早期治療が出来る事が
一番なんですよね。

でも、うちの地域でも乳がん検診の受診率が低いって
ニュースでやっていましたよ。私の職場は100%なん
ですが、うちのクリニックにくるとある患者さんに
話の流れで勧めたら「わかってるんですけど、なかなか
行けなくて・・」と言われてしまいました。

検診施設が少ないのと婦人科系は行きにくいのが
原因なんでしょうか・・・。

でも、早期に発見すると予後がいいだけでなく
治療にかかる時間やお金も少なくて済みます。
まずは検診から、勇気をだして一歩踏み出してほしいです。

No title

何年も前に気になることがあってマンモ受けました。
その時は何事もなく「よかったぁ!」で終わり。
で、そのまんま。

これじゃほんとダメですよね。
動かねば。

Yokoさんへ

> こんばんは。
こんばんは!!

> 毎日の入浴時の触診も大切。それから眼で見ることも。
> 食事も、ね。
> がんばりましょう!

そうですね、自分の体の変化は自分が一番わかってますから。
ちょっとでも変だなと思ったら、すぐ病院へ!ですね。
食事などの毎日のことも大事ですね。

ガンダムさんへ

> 僕の方は、家内の母親に卵巣ガンが見つかって
> この10日に治療の方針が決まります。
> たぶん手術と抗がん剤かなぁ?という感じです。

そうだったのですか、、。今日のメールを読んで驚きました。
ご高齢の方ですと手術も抗がん剤もつらいですよね。

> 後期高齢者なんで、医療費の負担がどうなるのか?
> その辺も心配事の一つですが
> 僕の医療費も半端ではないので、困ったモンですね。

日本は医療費が安いと思っていたのですが、他の方のブログを見るとやはり自己負担分がけっこうかかっていますね。 手術も本来は高価なんでもんね。

> 田舎の方では、僕の母もまた子宮ガンで
> こっちの方は、放射線治療がメイン。
> 弟が面倒を見てくれているので、まずは安心ですが
> 僕もずっと入院中だったので、見舞いにも行けず
> こっちもそろそろ行かなくては…と、問題は山積み。

大変ですね。 ガンダムさんもずっと病院だったんですもんね。
子宮がんは手術しないんでしょうか?


> 親父は、僕と同じ喉頭がんだったし
> 日本も本当に「がん大国」ナンだなぁ・・・などと
> 言ってる場合じゃなさそうですね(苦笑)
>
> お互い、気を強く持って、がんばりましょう。

本当に増えましたね。 いやな言い方ですが、知り合いもどんどん癌になって行きます。
アメリカも多いですよ。 

本当そうですよね、、気を強くもってがんばりましょう!!
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: