生きようね

だいぶ体調戻ってきたような気がします。 食生活も見直さないとですね。



今日は諦めないの続き…

乳がんの後、あんなに「生きたい!」って思ったのが嘘のように、どうでも良くなった時期もありました。

手術や治療を終えて、再建に挑戦して何回か破れたりして挫折して、、その後くらいだったでしょうか。

治療期間も長いですし、つねに転移の恐怖との戦いで疲れてしまうんですよね。

昨日も書きましたけど一度マンモグラフィーで「危ないかもしれない」ということがあったんです。

 そのときは度重なる手術と精神的にも参っていて(人前に出られなくなっていた時期)本当に(やれることは全部やったのに)とがっくりきてしまって、きっとこの世界に要らない人間なんだななんて思ったりもしました。

がん患者さん、せっかく生き延びたのに自死を選んでしまう方も少なくないんです。 
あえて治療をしないという選択をされる方も。 

もういいやと思う瞬間があるんですよね。 

私にもありました。

私は家族に救われました。 8歳だった息子の小さい手。 ママと覗き込む顔。 親が居なくなることが一番怖い時期だったでしょう。 

毎日毎日泣いていました。学校にも行けなくなった。そして転移の疑いがあった時のことを昨日書きましたけど、「新しいママはきっと面白いことしない」って言った後

「違うママはいらない、このママがいい、同じママがいいの」って号泣して、たまらなくなって私も泣きました。

そして片付けてた荷物を見て、夫もこっそり部屋で一人で泣いていました。

そんな2人を見て、「大事にしなくてはいけない」と思ったのです。

転移した方、どれほど気落ちするかよくわかります。

でもあきらめないで欲しいのです。

特に今は医学もどんどん進んでいます。 今じゃなくても数年先には新薬が出来るかもしれない。

癌なんて「薬飲んで寝てたら治る」くらいの病気になる日だって来るかも。 

そして癌じゃなくても人生がつらい方、生きていてください。 

自分で人生を終りにするなんて絶対に駄目です。

きっと、きっと良いことがあるから、、、。


がんばろうね。











 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

モノを片ずけるというのがどういうことかを知っているおとうたんは辛かっただろうな。
おまけに8歳の子供に『他のママは要らない』と言われれば、90%ダメかもしれないと
思っても、即取り消さなきゃね。生きるんです。そのために、私達も可能な限りの
勉強と体力の限りを尽くしているつもりだから。よく遊びに行ってるじゃないか!という
お叱りもあるとは思いますがこれは休みの日だから・・。気分転換させてね。わたしね
俊介を誰にも渡したくないから、必ず彼より1時間でも長生きするぞって決めてるの。

りょうこさんへ

> モノを片ずけるというのがどういうことかを知っているおとうたんは辛かっただろうな。

私の前ではいつも励まして明るくしててくれたので、、影で泣いてるのを見て「がんばらないと」と思いました。

> おまけに8歳の子供に『他のママは要らない』と言われれば、90%ダメかもしれないと
> 思っても、即取り消さなきゃね。生きるんです。

この言葉は本当に胸をわしづかみでした。 
そりゃあそうですよね、すぐに変りのママって訳には行かないですよね~。 

そのために、私達も可能な限りの
> 勉強と体力の限りを尽くしているつもりだから。よく遊びに行ってるじゃないか!という
> お叱りもあるとは思いますがこれは休みの日だから・・。気分転換させてね。わたしね
> 俊介を誰にも渡したくないから、必ず彼より1時間でも長生きするぞって決めてるの。

医療関係の方には本当に感謝しています。 ドクターに対していつも文句言ってるみたいですけど、違いますからね~。 私の大好きだった先生にもすごく救われたんです。 「孫を抱くのよ!」って。

おお~~それもわかる~渡したくない気持ちも。 
私は夫に悲しんで欲しくなかったけど、再婚してでれでれしてたら、やっぱりやきもち焼くかも(笑)

No title

わあ・・・今日の日記は涙が溢れてしまいました。。。e-445
人生にはどうにもならんことがあるだろうけど、tomotanさんの日記を見てやっぱりやれる限りのことはやって(自分の愛する家族がいるなら尚更!)力を振り絞りたいなあという想いに駆られました!
tomotanさんのこの強いメッセージはいろんな人を元気にしてると思いますよぉ!!!

しかしたとえ短い命だったとしても、母親が身の回りの物を処分する必要は全くないと思います。子供にとっては本当の母親はただ1人!その母親の思い出の品が子供の人生を勇気付けることだってあるだろうし・・・
思い出というのは生涯消えない宝物ですね~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。

>「違うママはいらない、このママがいい、同じママがいいの」

そうですよね。「ぼくのママ」は「ボクのママだけ」。代わりなんてないよね・・。
私は親が亡くなったとき、もういい大人でしたけれど、同じ事を実感しましたもの。
町で後ろ姿が母に似ている人を見かけたりしたら、ついて行っちゃって・・・でも、違うんです。全く(あたりまえだけど)

私は、なんとなく 親もガンだったし早死にするのかな~って思いながら生きていますが、今日のブログを読んで やっぱり健康に気をつけて がんばって生きようと思いました。

子ども達が「お母さん、いつまで生きるつもりだろ・・どうする?この先誰が面倒見るのさ~」なんて 悪態つく頃まで(^^)

tomotanさん、一緒におばあさんになって、アメリカと日本で遊ぼ!!!ね!!!!

No title

わたしはねぇ。
自分自身が、命に関わるような大病をしたことがないから、きっと、やっぱり正しく理解することはできないんだろうなぁって思うんです。
でも、想像することは出来る。
その想像力の種を、いつもtomotanさんたち、サバイバーのみなさんから貰っています。
そうして、想像して、痛みを分かち合っていければ、その心に寄り添っていければ。って、いつも思います。
ひとりじゃないよって、あなたが今いることをとても嬉しく誇らしく思っているよって。

つらい気持ち、体調の不良、恐怖、いろんな想いがあることと思います。
でも大丈夫。
楽しいこと、いっぱい考えていきましょ。

No title

こんばんは。

私は早期の乳がんでしたが、でも十分奈落の底に落とされた気持ちに
なりましたよ。
私のからだの中にがんがいる。そう思っただけでも恐ろしくてなりませんでした。

ただ、うちは息子達がもう一人で十分に生きていける年齢になっていたので
それだけは救いでしたね。

tomotanさんは息子さんもまだ小さい時期だったし、転移の心配もあれば
気持ちも落ち込みますよね。人間てそんなにすぐ受け入れられませんもの。

でも、本当にそれを越えてこられたからこそ、今の家族一緒の生活が
あるんですよね。

諦めない心。
深い一言です。医療も日々進歩しています。新しい薬も出来ています。
まだまだ期待できますよ。
生きていればいい事、あります。

そんな時こそ笑って楽しく過ごしたいですね。

No title

tomotanちゃ~んv-238
『うん!がんばろうね(*^_^*)』
そうだよね。きっと、きっと、良いことたくさん・・・待っているよね!

だって、『あなたが、大好き!』なだけではなく、『あなただから、大好き!』なのかな・・・・・
tomotanちゃんだから、息子ちゃんもおとーたんも・・・そして、私も。

ちなみに、娘がブログを見たらしく、今日は仕事から帰るとやさしかったよ。(ハーゲンダッツのアイスを、おごってくれた(笑))
tomotanちゃんからいろいろと教えられてますよ。ありがとう。
やっぱり、甘いものは最高!と、単純な母は、喜び、思わずCD代、あげちゃtった!(あれ?まんまと・・・ひっかかったかしら?(;一_一))

No title

体調もどってきたのですね、よかった!

生きようね、って…… ああ、また泣かされてしまいました。
ものを片付けたり、大事なものを誰かにもらってもらったりするときの人の気持ちというのは、ぎりぎりの所まで参っている状態だといいます。もう自分で結論は出てしまっていて、自らいのちを終えてしまう数歩手前のところまで、文字通り、ぎりぎりなんです。おとうたんの涙と息子さんの言葉で踏みとどまって、生きなくちゃと思ってくれた事、私が言うのも妙ですが、感謝でいっぱいです。ありがとう。生きていてくれて良かった。ここにこうして、ブログを発信してくれていて、私にも、他の人にも、大事な事を見せてくれ続けているtomotanさん。不安や恐怖は消せないだろうに、その不安に対し、家族で一緒に向き合って来て、お互いを大事にしてきたのね、そしてこれからもそうしていくんですね。
そんなtomotanさんから発される言葉だからこそ、皆のこころに届くんです。通りすがりだった他人の私がこうしていりびたる(笑)ようになったのも、こころを揺り動かされたからです。

私がこないだまで、がんセンターのマスタクトミー専門のブティークにボランティアで入ってたとき、サバイバーの人たちに囲まれていました。センターに来る患者さんも、仲間のボランティアスタッフの多くも、それぞれが、がんと、がんが連れて来たいろんな事乗り越えてきた人たちで、うまく言葉にできないけど、それぞれの生き様を覗かせてもらうと、ただただ敬意に満たされます。
特にサバイバーのスタッフはtomotanさん同様に、優しく強いオーラを出してますよ。彼女達は自分の経験から何かを伝える為に、他の仲間たちを励まし支える為に、ボランティアでそこにいるのだもの。そんな一人は私よりも年下で、今でも再建手術がコンプリケーションおこして「もう何度めの手術?しょうがないね…」と苦笑しながら、休んでは復帰、を繰り返していて、なんてパワーだろう! 
私は(新米以下だけど)ナースとして、大事なものを彼女達とtomotanさんからもらいました。今はこんな無職のままじゃしょうがないんだけど、わたしがいつか現場にたつことが出来る日が来たら、絶対忘れない。

ありがとう。

reireiさんへ

> わあ・・・今日の日記は涙が溢れてしまいました。。。e-445
> 人生にはどうにもならんことがあるだろうけど、tomotanさんの日記を見てやっぱりやれる限りのことはやって(自分の愛する家族がいるなら尚更!)力を振り絞りたいなあという想いに駆られました!
> tomotanさんのこの強いメッセージはいろんな人を元気にしてると思いますよぉ!!!

うわ~~~ん!!すごくうれしいです。
どうにもならないことでも、どうにかしようとすれば、少しでも動くかもしれないですもんね。
出来る限りしたら、何かが変るかもしれない。
大事なのは、諦めないことですよね。(でもすぐに、もうだめだあってベソベソするんですけど笑)


> しかしたとえ短い命だったとしても、母親が身の回りの物を処分する必要は全くないと思います。子供にとっては本当の母親はただ1人!その母親の思い出の品が子供の人生を勇気付けることだってあるだろうし・・・
> 思い出というのは生涯消えない宝物ですね~

そうか、そういう考えもありますよね。
なんていうか思い出の品はとっておいても、ごみみたいな物は捨てておこうかナーって。
なんでも取っとくって言って捨てなさそうなので(笑)
でも本当に思い出って一番大事ですよね。

鍵こめさんへ

だいじょうぶですよ~~。
心が動いたなんて最高に嬉しいですから!!
コメントって嬉しいんですよ!

ね、だからよけいに、、
こんなにがんばって生きてるのに母親!こら!!って思っちゃうんですよ(笑)
貴重な時間なんだからなって。



Esperoさんへ

こんばんは!!


> そうですよね。「ぼくのママ」は「ボクのママだけ」。代わりなんてないよね・・。

はっとしました。 でもすごく優しい人がお母さんになってくれたら、と思わずにはいられなかったです。

> 私は親が亡くなったとき、もういい大人でしたけれど、同じ事を実感しましたもの。
> 町で後ろ姿が母に似ている人を見かけたりしたら、ついて行っちゃって・・・でも、違うんです。全く(あたりまえだけど)

うわ~~ん、かなしくなった。 辛かったんですね、、。 突然だったんですか? 私は父親を亡くしていますけど、ずっと別居してたんですよね。 それでも今でも「もっと何とかできなかったのかな?」と考えてしまいます。


> 私は、なんとなく 親もガンだったし早死にするのかな~って思いながら生きていますが、今日のブログを読んで やっぱり健康に気をつけて がんばって生きようと思いました。

そうですよ~!!駄目ですよ~!! おかあさんだって怒っちゃいますよ。 ずっと元気で居ないと駄目ですよ~!!

> 子ども達が「お母さん、いつまで生きるつもりだろ・・どうする?この先誰が面倒見るのさ~」なんて 悪態つく頃まで(^^)
>
> tomotanさん、一緒におばあさんになって、アメリカと日本で遊ぼ!!!ね!!!!


いいねいいね~~悪態つかれつつ、「じゃあ今度は何処で遊ぶ?」ってね~!!くすくす(妄想中)

Momeさんへ

こんばんは!

> 自分自身が、命に関わるような大病をしたことがないから、きっと、やっぱり正しく理解することはできないんだろうなぁって思うんです。

私はMomeさん本当に強い人だと思っています。 私こそ、もし息子が病気を抱えていたら、と想像できないです。それでもいつも強く優しく「なんでもない」ことのように言うMomeさん、すごいです。


> でも、想像することは出来る。
> その想像力の種を、いつもtomotanさんたち、サバイバーのみなさんから貰っています。
> そうして、想像して、痛みを分かち合っていければ、その心に寄り添っていければ。って、いつも思います。
> ひとりじゃないよって、あなたが今いることをとても嬉しく誇らしく思っているよって。


本当に有難う。私もいつも想像してる。 筋ジストロフィーのこともっともっと知りたい。 私も分かち合いたいから。

> つらい気持ち、体調の不良、恐怖、いろんな想いがあることと思います。
> でも大丈夫。
> 楽しいこと、いっぱい考えていきましょ。

うんうん、そうしましょう~~!!
体調悪いとちょい沈むんですけど、だいたいは大丈夫です。
Momeさんもショップ始めたりして、いいね~~!!素晴らしいと思う~~!!

夢かあさんへ

こんばんは。

> 私は早期の乳がんでしたが、でも十分奈落の底に落とされた気持ちに
> なりましたよ。
> 私のからだの中にがんがいる。そう思っただけでも恐ろしくてなりませんでした。

そうですよね、本当に。 たとえ1ミリだとしても癌は癌。 そんな物を抱えてるなんて「聞いてないよ~」です。 私の4.5センチもあったんですよ~握りこぶしくらいです。こわい!


> ただ、うちは息子達がもう一人で十分に生きていける年齢になっていたので
> それだけは救いでしたね。
>
> tomotanさんは息子さんもまだ小さい時期だったし、転移の心配もあれば
> 気持ちも落ち込みますよね。人間てそんなにすぐ受け入れられませんもの。


そうなんですよ。 
小学校2年生でしたから、一番親が居なくなったらどうしようなんて怖い時期なんですね、なのでかわいそうでした。
私自身、子供の成長を見られないなんてと、すごく動揺しました。 


> でも、本当にそれを越えてこられたからこそ、今の家族一緒の生活が
> あるんですよね。
>
> 諦めない心。
> 深い一言です。医療も日々進歩しています。新しい薬も出来ています。
> まだまだ期待できますよ。
> 生きていればいい事、あります。
> そんな時こそ笑って楽しく過ごしたいですね。

そうなんです。
家族の絆はすごく強くなったと思います。
生きていれば色々あるけど、それでも楽しいことのほうが多いです。
落ち込む時もなるべく楽しく笑って過ごしたいなと思います。

イルカちゃんへ!!!

いるかちゃ~~~んv-238

> 『うん!がんばろうね(*^_^*)』
> そうだよね。きっと、きっと、良いことたくさん・・・待っているよね!

そう!!ちょっとくらい凹むことあっても、その後はどっかーんと良いことがある!!(絶対)


> だって、『あなたが、大好き!』なだけではなく、『あなただから、大好き!』なのかな・・・・・
> tomotanちゃんだから、息子ちゃんもおとーたんも・・・そして、私も。

うわ~~~~~んv-406あぢがどう~~~~~。


> ちなみに、娘がブログを見たらしく、今日は仕事から帰るとやさしかったよ。(ハーゲンダッツのアイスを、おごってくれた(笑))


あはははは!!娘ちゃん好き!!アイスをおごってくれる所もいい!!

> tomotanちゃんからいろいろと教えられてますよ。ありがとう。
> やっぱり、甘いものは最高!と、単純な母は、喜び、思わずCD代、あげちゃtった!(あれ?まんまと・・・ひっかかったかしら?(;一_一))

ア、やられてる(笑) でも優しいね、良い娘ちゃんずだよね。 
いるかちゃんが愛情いっぱい~~で育てたんだもん。 
世界一のママが元気で居てくれなくちゃ困るって思ったんだね。 だから元気出るようにアイス、、え?(笑)

Chachaさんへ

> 体調もどってきたのですね、よかった!

ありがとうございます!!

> 生きようね、って…… ああ、また泣かされてしまいました。

うわ~ん、ごめんなさい!!

> ものを片付けたり、大事なものを誰かにもらってもらったりするときの人の気持ちというのは、ぎりぎりの所まで参っている状態だといいます。もう自分で結論は出てしまっていて、自らいのちを終えてしまう数歩手前のところまで、文字通り、ぎりぎりなんです。

そうなんですか、、。自分で終えようとは思ってなかったんですが、主治医から「転移したらあなたの命はとても短い」って言われてたので、これは大変だと思っちゃったんです。

>ここにこうして、ブログを発信してくれていて、私にも、他の人にも、大事な事を見せてくれ続けているtomotanさん。不安や恐怖は消せないだろうに、その不安に対し、家族で一緒に向き合って来て、お互いを大事にしてきたのね、そしてこれからもそうしていくんですね。

わあ、うれしいです。自分のことじゃないみたい(笑)
本当に私は家族に救われました。 そして、いろんな人に支えられました。

> そんなtomotanさんから発される言葉だからこそ、皆のこころに届くんです。通りすがりだった他人の私がこうしていりびたる(笑)ようになったのも、こころを揺り動かされたからです。

あはは、どんどん入り浸ってください~!!

Chachaさんもボランティアされてたんですね。 サバイバーの会のようなところ出たことありますけど、すごく強い方いらっしゃいますよね。 

> 特にサバイバーのスタッフはtomotanさん同様に、優しく強いオーラを出してますよ。彼女達は自分の経験から何かを伝える為に、他の仲間たちを励まし支える為に、ボランティアでそこにいるのだもの。

経験したからこそ、伝えられることってありますし、私も他のがん患者さんに励まされたんですね。 私も一人でも多くの人を元気にしてあげたいなーと思います。


> 私は(新米以下だけど)ナースとして、大事なものを彼女達とtomotanさんからもらいました。今はこんな無職のままじゃしょうがないんだけど、わたしがいつか現場にたつことが出来る日が来たら、絶対忘れない。
>
> ありがとう。

オンコロジーのナース絶対に実現させてくださいね!! キモルームに行くとナースの皆さんがハグしてくれたりして、すごく励まされました。 患者の気持ちが分かる素晴らしいナースになりますね!! きゃ~期待してます!!こちらこそ、ありがとう。

No title

息子さん、おもしろいことするママ!
tomotanさんじゃなきゃイヤなのですよ!
本当に、ぐっとくることを言いますね。
嬉しいじゃないですか~!

旦那さんも、大きい体で
ひっそり泣いていらしたと思うと泣けてきます。

家族の支えがあってこそのtomotanさんの命ですね!

ガンと闘っている多くの患者さん
どうか勇気をもって、生きてほしいです。

生きることの意味

Tomotanさんお久しぶりですが、お元気でしょうか。
ブログを読みながら、生きることについて、
いつも考えさせられています。

お陰で今まで入院するような病気をすることもなく、
明日に希望が持てないような、トラブルに巻き込まれたこともありません。
お陰でそれほど悩まずに生きて来ることができました。

私にはtomotanさんのことを想像するしかないのですが、
一日一日を感謝しながら生きて来られたのでしょうね。
その支えになったのがダンナ様と息子さんでしょうが、
強い意志がなかったら、挫折していたかもしれないし、
ましてや癌に負けていたと思いますよ。

まだまだ癌に対する恐怖は終わったわけではないのでしょうね。
そんな思いに疲れてしまうこともあると思いますが、
美味しいアイスクリームを食べて、忘れることも大切ですね。

ご自身のことを信じて、一日でも長く生きて下さい。
いつか心から安らげる日が来ることを願っています。

はっぴいママさんへ

> 息子さん、おもしろいことするママ!
> tomotanさんじゃなきゃイヤなのですよ!
> 本当に、ぐっとくることを言いますね。
> 嬉しいじゃないですか~!

すごくすごく嬉しかったですね~!!
はっとして、がんばらないと!!って。
きれいで優しいママのほうが良いんじゃないって思ったんですけど(笑)


> 旦那さんも、大きい体で
> ひっそり泣いていらしたと思うと泣けてきます。
>
> 家族の支えがあってこそのtomotanさんの命ですね!


本当にそうでした。すごく支えてもらいました。
患者の方はわがままになっちゃうんですよ、痛かったり辛かったりすると。 
でもすご~く感謝してるんです。


> ガンと闘っている多くの患者さん
> どうか勇気をもって、生きてほしいです。

本当にそう思います。
癌じゃなくても皆生きて欲しい。 命の終りが来る日まで。
特にいじめで自分の人生を終りにしたりしないで欲しいです。

Takechan0312さんへ

> Tomotanさんお久しぶりですが、お元気でしょうか。
> ブログを読みながら、生きることについて、
> いつも考えさせられています。

お久しぶりです!
下ネタあり、シリアスあり、まとまりのないブログですが、ありがとうございます。

> お陰で今まで入院するような病気をすることもなく、
> 明日に希望が持てないような、トラブルに巻き込まれたこともありません。
> お陰でそれほど悩まずに生きて来ることができました。

本当はそれが一番なんですよね!
悩まない楽しい人生というのが。


> 私にはtomotanさんのことを想像するしかないのですが、
> 一日一日を感謝しながら生きて来られたのでしょうね。
> その支えになったのがダンナ様と息子さんでしょうが、
> 強い意志がなかったら、挫折していたかもしれないし、
> ましてや癌に負けていたと思いますよ。

ありがとうございます。
自分もがんばりました!でも支えてもらえなかったら、へにゃ~ってなってたと思います。
言葉ってすごく大きいんですよね。 忘れられない言葉がたくさんあります。


> まだまだ癌に対する恐怖は終わったわけではないのでしょうね。
> そんな思いに疲れてしまうこともあると思いますが、
> 美味しいアイスクリームを食べて、忘れることも大切ですね。

あはは!!そこなんですよ。 面白いテレビを見て笑ったり、美味しいものを食べたり。
その瞬間ってとっても幸福で色々考えないですからね~。
癌の事はあまり考えないようにしてるんでうが、痛かったりするとどきりとします。


> ご自身のことを信じて、一日でも長く生きて下さい。
> いつか心から安らげる日が来ることを願っています。

ありがとうございます!!
将来のことも考えられるようになりました。
世界中、行ってない所たくさんあるので旅行に行きたいですね。 コアラも抱っこ!!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
11位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ