今日は本の紹介です。 乳がん、サスペンスいろいろ。

今日は本について書こうと思います。

はじめに紹介したいのは乳がんになったときに親友が送ってくれたこちらの本。
何回も読みました。 おっそろしい写真もたくさん載っていますが、とても役に立った本です。
私は自分の病気を(知りたかった) 知識は人を強くすると信じているから。

乳がん全書乳がん全書
(2002/03)
福田 護

商品詳細を見る


 


それから、千葉敦子さん。 前も紹介しましたけどもう一回。
ニューヨークで乳がんと戦ったジャーナリスト。 
残念なことに亡くなりましたが、特にこの2冊はその直前までの克明な記録です。 
激しく燃え尽きましたが、たくさんのファイターを生んだと思います。
私もその一人。 

よく死ぬことは、よく生きることだ (文春文庫)よく死ぬことは、よく生きることだ (文春文庫)
(1990/02)
千葉 敦子

商品詳細を見る


「死への準備」日記 (文春文庫)「死への準備」日記 (文春文庫)
(1991/05)
千葉 敦子

商品詳細を見る



千葉さんの本はどちらもタイトルにぎょっとしますけれど、読むとすごく闘志がわいてきます。 
この方は転移や副作用などである日(声)と(香り)を失い、とても失望するのですが、次の瞬間

「でも私はまだ耳も聞こえるし、目も見える」。 

どれほど勇気を貰ったか、わかりません。





。。。。。。。。。。。。。。。



そーして、こちらはがらりと変わってエンタメ♪



私の大好きなサスペンススリラー。
美しき連続殺人犯のグレッチェンに殺害寸前助けられたアーチー刑事の苦悩、新しい連続殺人。 
はらはら、わくわく。そして時々「んなわけ、な~~い」と突っ込みどころも合ったりして、私好み。
スピーディーで残酷、よく出来たキャラクター。 まさに好みの作品です。
再読しました、今続きビューティーキラー2を再読中です。


ビューティ・キラー1 獲物 (ヴィレッジブックス F ケ 3-1)ビューティ・キラー1 獲物 (ヴィレッジブックス F ケ 3-1)
(2008/06/20)
チェルシー ケイン

商品詳細を見る


 


そして、こちらは、大好きな有吉佐和子さんの作品です。 

、、が、ですがあ~~~!!

この本だけは何回も途中で止めようかと思いました、、。


音子という主婦が主人公、大企業の社宅で暮す人々の生活。 

常に子供たちの進学などの競争意識があり、隣と比べ、悪口と陰口を言い合い、それが湾曲して伝わっていったり、それはそれは女の嫌な部分を描ききった、といってもいいでしょう。 うまいです、確かに。

でも、この社宅のような環境、一番嫌な世界です~!
(でもちょっと前の在日基地の学校は日本の方も入れたので、こういう感じありました、、。)

それから有吉佐和子の描く主人公は好きな人が多いのですが、音子だけは我慢できないほど嫌いでした。

夕陽ヵ丘三号館 (文春文庫)夕陽ヵ丘三号館 (文春文庫)
(2012/02/10)
有吉 佐和子

商品詳細を見る







猫好きには必読。涙が出ますが、優しい気持ちになります。
町田康!! ロッカーだった私にはパンクロックの町田のイメージしかないのですが、作家になっちゃった。
しかも芥川賞取っちゃった。 そして、犬猫保護してます、パンクロッカー。
野良猫をたくさん保護してきて、そのために引越しまでしちゃってます。
お勧めの本です。

人生ってわからないものですね。




猫にかまけて猫にかまけて
(2004/11/16)
町田 康

商品詳細を見る







それから、こちら、、。

読んだのは大分前ですが一番怖かった、一番嫌だったのがこちら。
ゾンビものだって連続殺人ものだって、喜んで読む私ですが、この本はしばらく落ち込みました。

一応フィクションですが、タイの児童買春宿についての話です。 
まだ幼児な子供たちが売られて、訓練させられて売春させられます。 
使い物にならなくなったら、捨てられる。
 あまりの描写に吐きそうになりました。 
子供の出てくる残虐な話は本当に駄目なんですが、このほとんどが、きっと実際に起こったであろう話というのが一番怖くて、つらいです。






闇の子供たち (幻冬舎文庫)闇の子供たち (幻冬舎文庫)
(2004/04)
梁 石日

商品詳細を見る






大分改善されたそうですが、本当になくなってほしい物の一つです。

知らないことが世の中にはたくさんあって、知らなければ良かったと言うのは簡単ですが、目をつぶってはいけないこともたくさんあると思います。 

子供の(虐待、いじめ、など)のことや動物たち(殺処分、警戒地区に置き去りの動物、虐待)のこと、しばらく立ち直れないこともあります。 
それでも知らなければ助けようもないのですから。


お化けよりゾンビより、怖いのは人間ですね。






 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

ネ、わたしも有吉佐和子は好きだけど、これでけは嫌い。
一番悪い部分をこれでもかみたいなところが・・・。
途中で、本を捨てたと思います。
児童買春。100%オトコが悪い。そういう奴は、親・姉妹・娘を
そのオトコの前で同じめに遭わせればいい。家族には無関係でも
黙って許す、或いは気がつかないのも罪です。わたし、俊介が
そうしたら、即、頚動脈切断します。言い訳などさせない。
相変わらず、過激だな~・・・。

りょうこさんへ


オ!今また同時でした。 

> ネ、わたしも有吉佐和子は好きだけど、これでけは嫌い。
> 一番悪い部分をこれでもかみたいなところが・・・。
> 途中で、本を捨てたと思います。

はははは、私も捨てたくなった。 すっごく無理して読みました。
うまいんですよね、音子は架空の人なのに、こんなに皆を怒らせちゃうって。
有吉佐和子もっと読みたいです。 


> 児童買春。100%オトコが悪い。そういう奴は、親・姉妹・娘を
> そのオトコの前で同じめに遭わせればいい。家族には無関係でも
> 黙って許す、或いは気がつかないのも罪です。わたし、俊介が
> そうしたら、即、頚動脈切断します。言い訳などさせない。
> 相変わらず、過激だな~・・・。

あわわ。過激だ~手元狂わないですもんね、スパっと。 でも児童買春だけは許せないです。
しかもタイで客は日本人が多かったらしいです、は~がっかり。
だいぶ取り締まってきたようですけど、まだまだあるそうですね、本当にひどい。
小さい子供を性の対象にするなんて、考えられません。

No title

tomotan


色んなジャンルを読むんだねぇ。私も、今、単行本ちびちび読み中。日本から友達が来た時に貰ったの。

乳がんの詩、普通の人だって同じだよね。人間だもん!!
記事にしたけど、また、マンモ受けるんだよ。健康保険加入するために。ま~何度やってもいいけどね。あの、挟んでぺしゃんこにされるのが痛くて。でも、手遅れになるのが一番痛いもんね。我慢だぁ。。。

最後のこの児童買春?知らなかった、本があるんだね。前にニュースでベトナムでデブで剥げた日本人の男がホテルで現地の小学生位の女の子をSMみたいな事して泣き叫んでるのを周りが聞いて通報して発覚して捕まったけど、全く反省してない男の言葉と態度が腹がたったの思い出した。子供に性的な興味がある人は病気なのかな?どっかのフットボールのコーチも選手に何かしたってやってたよね?あれ、じいちゃんだったよね?!


スージーさんへ

> 色んなジャンルを読むんだねぇ。私も、今、単行本ちびちび読み中。日本から友達が来た時に貰ったの。

お友達来てたよね~!どんな本? 本大好きなの、マンガも(笑)


> 乳がんの詩、普通の人だって同じだよね。人間だもん!!
> 記事にしたけど、また、マンモ受けるんだよ。健康保険加入するために。ま~何度やってもいいけどね。あの、挟んでぺしゃんこにされるのが痛くて。でも、手遅れになるのが一番痛いもんね。我慢だぁ。。。

そうなんだ、保険すごく高いんでしょう? マンモは痛いときと痛くないときがあるから、その角度は痛いって言ってみたらどうかな? 絶対手遅れなんかにならないで~!!


> 最後のこの児童買春?知らなかった、本があるんだね。前にニュースでベトナムでデブで剥げた日本人の男がホテルで現地の小学生位の女の子をSMみたいな事して泣き叫んでるのを周りが聞いて通報して発覚して捕まったけど、全く反省してない男の言葉と態度が腹がたったの思い出した。子供に性的な興味がある人は病気なのかな?どっかのフットボールのコーチも選手に何かしたってやってたよね?あれ、じいちゃんだったよね?!


フットボールのコーチは最近だよね、でもベトナムのことは知らなかった。 タイの話は結構いろんな人が書いてると思うけど、これは一応小説の形を取ってるの。 でも事実だと思う。 ひどいよ。 日本から売春ツアーとかあるんだよ。 早くなくなって欲しい。

No title

こんにちは!

本の紹介ありがとうございます!!
「闇の子供たち」は私も読みました。梁石日さんは大好きです。
これはノンフィクション的な本で、結構落ち込みますよね。
売られた子供がうちに帰ってきて・・・「ぎえええええええ・・・」となりました。
救いのない本ですよね。
似たような本で「神が棄てた裸体」というのがあって、イスラム社会の児童虐待・売春などをルポした本なのですが、そっちも衝撃です。泣きながら読んでました。
梁石日さんは「血と骨」とか「夜を賭けて」いいです。夜を賭けては、これも泣きました。
町田康もいいですね。この猫のやつは、泣いちゃいそうだから読んでないんです。「告白」読みたいです。
有吉佐和子さんのも面白そう。先に積んでる「非色」読みます。
「獲物」もamazonで買っちゃおう~~。連続殺人鬼が美女なんですね。それは面白そうだ~~~!!!^^

No title

うわ~、興味のある本たちですね。

乳がん全書はもちろん、「猫にかまけて」lこちらはぜひ
読ませていただきますよ。
楽しみが増えました~。

最後の本

こんばんは。
東南アジアの貧しい地域には、日本も含めて世界各国から子どもを含めた売春を求めて出かけて来る人達がたくさんいます。以前、ジョンベネ少女殺人事件でニセの自白をして世間を騒がせた男もその一人でしたね。
こんな状況はアフリカでも同じで、一昨年のエチオピアでは町全体で西洋からの訪問者への警戒心が高まっていました。以前は男性の専売特許のように言われていたこの現象、女性も同様な行動に出ているようでした。
小説では "Fattening for Gabon" と云うタイトルだったか、この問題を書いたものがありますね。
ヨーロッパなど一人旅をしていると,変なおじさんが近づいて来たりしますから、問題は深く広いです。

Ayahさんへ

こんにちは!

> 本の紹介ありがとうございます!!
> 「闇の子供たち」は私も読みました。梁石日さんは大好きです。
> これはノンフィクション的な本で、結構落ち込みますよね。
> 売られた子供がうちに帰ってきて・・・「ぎえええええええ・・・」となりました。
> 救いのない本ですよね。

本当に落ち込みました。ほとんどノンフィクションだろうなと思います。 せっかくかえってきたのに、、。
あんまりですよね。 男の子もかわいそうだった、、。

> 似たような本で「神が棄てた裸体」というのがあって、イスラム社会の児童虐待・売春などをルポした本なのですが、そっちも衝撃です。泣きながら読んでました。

読みたいなあ、でもまた落ち込むかも。イスラムだったかレイプされた女性ほうが石打の死刑だとか、どうなってるのかと思いますよね、あんまりにもひどい。


> 梁石日さんは「血と骨」とか「夜を賭けて」いいです。夜を賭けては、これも泣きました。
> 町田康もいいですね。この猫のやつは、泣いちゃいそうだから読んでないんです。「告白」読みたいです。

そうなんですか!読んでみよう。告白は映画になったやつですか? 


> 有吉佐和子さんのも面白そう。先に積んでる「非色」読みます。
> 「獲物」もamazonで買っちゃおう~~。連続殺人鬼が美女なんですね。それは面白そうだ~~~!!!^^

非色は私の中ではベストです。 獲物は違う意味でベストと言うか(笑) もうこんなの大好きです。
Ayahさんお好きだと良いけど、、。 

夢かあさんへ

> うわ~、興味のある本たちですね。
>
> 乳がん全書はもちろん、「猫にかまけて」lこちらはぜひ
> 読ませていただきますよ。
> 楽しみが増えました~。

わ~~よかった!!

乳がん全書は読み物というよりも、乳がんについて、すごく詳しく分かりやすく書かれた本でした。

千葉敦子さんの本はお勧めですけど、今絶版なんですね、、図書館とかにあるかな?
猫にかまけては良かったですよ。 町田さんが、好きになりました(笑)

Yokoさんへ

こんにちは!!

> 東南アジアの貧しい地域には、日本も含めて世界各国から子どもを含めた売春を求めて出かけて来る人達がたくさんいます。以前、ジョンベネ少女殺人事件でニセの自白をして世間を騒がせた男もその一人でしたね。

そうでした!見るからに気持ち悪かったですね。まだまだたくさんいるんだろうな、、ああいう人達。


> こんな状況はアフリカでも同じで、一昨年のエチオピアでは町全体で西洋からの訪問者への警戒心が高まっていました。以前は男性の専売特許のように言われていたこの現象、女性も同様な行動に出ているようでした。

アフリカはレイプがひどいらしいですね、前に本で読みました。女性が?少年を襲ったりでしょうか? アメリカは学校の先生が、というのが多いですよね。

> 小説では "Fattening for Gabon" と云うタイトルだったか、この問題を書いたものがありますね。
> ヨーロッパなど一人旅をしていると,変なおじさんが近づいて来たりしますから、問題は深く広いです。

読んでみたいです。 最近ノンフィクションが読みたいなと思ってるのですが、精神的にドーンと来ることもあって、なかなか。 この小説探してみます。 アフリカは女子の割礼もなんとかならないのでしょうかね、、。
あれは、ひどすぎるなあ。
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
12位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ