抗がん剤との戦い

しばらく書いていなかった乳癌の事を書きます。 今日は抗がん剤について。

ちょっと経過も書いておきます。

。。。。。。。。。。。。。。。

2003年3月。横田基地でのマンモグラフィーで乳癌が見つかりハワイのトリプラー病院でバイオプシー検査。

ステージ3の乳癌発覚、サイズは4,5センチでした。左胸全摘出手術(リンパ含む)

その後もう1つリンパに見つかり、再手術。

リンパには合計4つ、取り残されたのなんか1センチもあったのに、見落とすかな?と不信感。

手術の事も何回か書いてますけど、又今度書きます。

今手元にあるのが当時の2冊の日記。 抗がん剤と放射線の記録です。

001_convert_20120424085312.jpg


。。。。。。。。。。。。。。

5月から抗がん剤はスタートしました。 昨日書いたようにACを4回(2週間づつ)Tも4回。

抗がん剤はもともとマスターガスという毒ガスです。 いい細胞もなんもかんも破壊していきます。

癌と戦うというよりも抗がんざいとの戦いと言ったほうがいいかもしれません。

前日から病院で血液を取ったり、薬を飲んだりします。

朝からまず点滴で水分を体に入れていきます。 左のわきリンパを取っているので、左腕に注射をさせないので、2003年以来、あらゆる注射、血圧はかるのも全て右腕です。

右腕、何度も注射していれる所がなくなり、手の甲にさしてました。 親指の下のほう。 ここ結構痛いです。

9時ごろから水分、その後Aを2本注入。 1本20分くらいかけて。 Cはその後1時間くらいかけて。

髪が抜け始めたのは2回目以降でした。 最初はちくちくと引っ張られるような痛み、その後ばさばさと抜けていきます。 ウイッグ、帽子、などは早めに準備したほうがいいですね。

何回も書きましたけど、もう一度。 抜け始めたときに夫が私の髪を剃ってくれたのですが、そのときに
「おそろいだよ」って自分の髪もつるつるに。(当時は髪の毛いっぱいあった、笑)
これが、どれほど嬉しく、元気づけてくれたか分かりません。 とても落ち込んでいたので、、。 



副作用で有名なものは吐き気ですけど、今はいい薬があるのではないでしょうか? 
当時一番よかったのはゾフランという薬でした。 吐き気はこれでおさまりました。

疲労感が一番困った。なにもできずにベッドに横たわり、なんとも形容の仕様がない「気分の悪さ」が過ぎるのを待ちます。 1日、時には3日。 2週間おきなので休む間もなく次の抗がん剤です。

3回目くらいから、今度はのどが焼けるように痛く飲み込めない。 お腹が痛む、下痢と便秘。内臓にきました。
味もめちゃくちゃで、水を飲んでも、ものすごく甘かったり、ちょっとの塩でもものすごく辛かったり。

後半は何を食べても抗がん剤の味がして参りました。 そして食べられなくても太っていきます。 むくむというか。

まん丸の顔、つるっぱげ、眉毛もまつげも無い顔。 若い頃はそれなりに自信もありました、でも色々なパーツをとると人間ってこんななんだな、と悟った瞬間です。 

それから抗がんざいって肌細胞も破壊するのか、ものすごいしみと顔色。20歳くらいふけた気がしました。

Tのほうの抗がん剤タキソールは当時あまり使われていなくて「新しいの試してみる?」なんてのりでした。
こちらの副作用はとにかく足が痛い!! 時には激痛。 歩けない日が1日、2日でした。

癌と戦う方のブログにコメントしたのですが、抗がん剤の後、白血球を増やす注射を10日間うちました。

8回の抗がん剤なので80本でした。 60本だと勘違いしてた(辛いことだって時間が経てば忘れます!)

これも医療関係者の夫に打ってもらいましたけど、日本を引き上げてハワイに移ることになって、手続きなどで離れることになったので自分でうつことになりました。

「出来ない~絶対にできない~!!」と弱音吐きまくり、左手でおなかをつかみ、にらむこと5分。 ブルブル震える注射器がぶす~って偶然刺さったのです。 ありゃ~!!そのまま注入~!!できた!! 

2日目からは「へ」です。 「怖いのは最初だけ、なんか色々当てはまるんじゃない~」なんて下品なこと考えつつ、10回ずつ、80回やりました!!

たまに痛いところにあたっちゃうんですけど(神経?) でもだいたいはちょちょっと消毒してぷす~。 
へのかっぱです(古いな)

これから治療の皆さん、怖いのは最初だけ。 やっちまえば後は大丈夫です。

出来るかぎりの治療をして生きてください!! 髪の毛が抜けるのが嫌で抗がん剤しない人も多いんです。

毛なんて生えてきます!! 最初はダチョウの産毛みたいで驚きますけど、すぐに本物が生えてきます。

ダチョウの産毛は赤ちゃんの産毛に似てる。生まれ変わった証拠です。

生きていたら楽しいこといっぱいある! 絶対にある!!

あきらめないで下さい。 涙の後には笑顔ですからね!

私の癌結構悪かったんですよ、でも9年前です!! いまも元気!

ちょっと疲れやすい(放射能ぶらぶら病?)ふけちゃった(年だよ)胸が1個になった(これはもういいや)などありますが、楽しく生きています!!

検査も行ってくださいね。早期発見のためにも! 

長くなったので、続く。






008_convert_20120424092546.jpg
ちゅじゅくの??怖いにょよ~!! ちゅうちゃ、いや~!!




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ


関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

あらあら~、コタロウくん、ちゅうちゃいやなの?好きってのはヘンなオクスリが好きな人だもんねえ。 放射線も、抗癌剤も、ずいぶん改良されて癌組織だけをピンポイントで照射してずい分患者さんの負担も軽くなってきたんですが・・・。それでも、激しい吐き気だけで消耗するってきいたことがあります。どういうものか分っていれば、それなりの覚悟を持って治療に臨めますから、どんどん書いて下さいね。お願いします。

りょうこさんへ

> あらあら~、コタロウくん、ちゅうちゃいやなの?好きってのはヘンなオクスリが好きな人だもんねえ。

あはは、変なお薬がちゅきな人ってな~に~って聞いてますよ。
実はコタローもチャチャも病院大丈夫です。ちゅうちゃも。


>放射線も、抗癌剤も、ずいぶん改良されて癌組織だけをピンポイントで照射してずい分患者さんの負担も軽くなってきたんですが・・・。それでも、激しい吐き気だけで消耗するってきいたことがあります。どういうものか分っていれば、それなりの覚悟を持って治療に臨めますから、どんどん書いて下さいね。お願いします。

ありがとうございます。
私も知れば知るほど恐怖がなくなる、知識は人を強くすると信じています。
せっかく経験者なのだから、知ってることは全部書いて行きたいと思います。
下ねたの間に(笑)
タイトルは(まじめ&ふざけ日記)にすればよかった。

No title

Tomotanさん、放射能や抗癌剤の治療の事、本当に大変でしたね。
眉毛、髪の毛が抜ける事、想像するだけでもとても怖いような気がしてしまいますが、
でもまた生えてくるんですよね! 生命ってすごい!
ご主人がTomotanさんと一緒に毛をそられたという話し、本当に優しい旦那様です!!!涙....
Tomotanさんの話しを聞いて、どれだけ多くの人が励まされているか....
私もいつも元気一杯もらってます!

No title

 tomotanさん・・生きててくれてありがとう。
tomotanさんが生きてて嬉しいのと、辛かっただろうなとか、なんか混ぜ混ぜの涙があふれました。

ところでそんな後に書き込むのもどうかとは思いますが、「ケ!」について・・・・
どう一生懸命に考えても、京言葉の「ケ」が思い浮かびません・・(^^;

やっぱり「ケ」は「けっ!!」です(^^)
まちごうでも「お」はつけまへんなぁ。(訳:間違っても「お」はつけません)

ついでに「へ」も「へ」かな~。

No title

だいぶ元気になられたようですねっ。良かったです。
運転の他に、記事のために日記を
少し読み返していたせいもあったのでしょうか?

辛い体験を書いてくださってありがとうございます(´Д⊂ヽ
tomotanさんの記事のお陰で
たくさんの方が勇気をもらえるでしょうね!
まず生きることが一番だいじなのですよね。

不謹慎一家でいいじゃないですか!(↓)
笑いは癌細胞に効くって聞いたことがありますし((´^ω^))…

tomotanさん、いつも元気をありがとうです。

No title

こんばんは。

術後の治療、大変だったんですよね。
でも、本当にそのがんばりがあったから今があるのは間違いない事実。
このブログで病気と闘ってるなんてわからないくらい元気なtomotanさんに
私も力を貰っています。

ちょっと前に病院の患者会に行った時、術後落ち込んでいる患者さんが
「みなさんが元気で普通に生活してる姿がうれしい」と話してたことを
思い出しましたよ。このブログで元気で生活してらっしゃるtomotanさんの
姿は同じ病気でがんばってる人達の励みになるはずです。

「生きていたら楽しい事いっぱいある」
本当にそう思います。がんばって楽しく生きていきましょうね。

励み!

そっか~私も2年生になったのだから
tomotanさんもさらに進級していたのねー。9年生?
最初出会った時、お~術後?6年!!
同じステージ3←データーだけみると、ほれ、5年生存率もアレでしょ?
なのに、予後絶好調!!と感じて、私も、5年、6年、10年、30年!
頑張るさーと思ったり。(でも、たまにへたったり・・・)
頑張ったよねー
白血球アゲアゲ注射80本は私の周りでは聞いたことがありません。

吐き気止めは、09年に出たイメンドが素晴らしいみたいで
それ以前はケモは、ほとんど入院治療。
あるドクターのブログで、看護師さんが夜、あの部屋でもこの部屋でも
患者さんが吐いてます・・・と言ってきて、ホント辛かったと。
イメンドの出現で、ケモも外来治療で出来るようになったと書かれてました。

これから治療する人たちが少しでも副作用少なく
良い治療を受けられるといいのですが・・・
でも、サバイバーになってから、乳癌学会をはじめ、いろいろなセミナー・講演会
に出ましたが、わずか数パーセントでも治療成績の向上を願って
多くの研究者、ドクターたちが頑張ってくれていることを知り、感謝してます。

可愛猫子さんへ

> Tomotanさん、放射能や抗癌剤の治療の事、本当に大変でしたね。
> 眉毛、髪の毛が抜ける事、想像するだけでもとても怖いような気がしてしまいますが、
> でもまた生えてくるんですよね! 生命ってすごい!

大変な日々でした。日記を見ると。結構忘れてるんですけどね。
ちゃんと又生えてくるんですよ~!!鼻毛が最初だったときはすごくがっかりしました(笑)
まつげがプチプチと生えてきたときはすごく感動でした。


> ご主人がTomotanさんと一緒に毛をそられたという話し、本当に優しい旦那様です!!!涙....

夫は本当に本当にやさしい人です。出会えたことに感謝してます。
でも癌で絆が強くなったことも確かです。


> Tomotanさんの話しを聞いて、どれだけ多くの人が励まされているか....
> 私もいつも元気一杯もらってます!

わ~~そういってもらえるとすごく嬉しくてやる気になります~!!
時々書いていかないとと反省してます。

Esperoさまへ

>  tomotanさん・・生きててくれてありがとう。
> tomotanさんが生きてて嬉しいのと、辛かっただろうなとか、なんか混ぜ混ぜの涙があふれました。

わあ、Esperoさん、優しいですね~!!ありがとう。
私も生きてて、ブログやって、本当に良かったです。


> ところでそんな後に書き込むのもどうかとは思いますが、「ケ!」について・・・・
> どう一生懸命に考えても、京言葉の「ケ」が思い浮かびません・・(^^;
>
> やっぱり「ケ」は「けっ!!」です(^^)
> まちごうでも「お」はつけまへんなぁ。(訳:間違っても「お」はつけません)
>
> ついでに「へ」も「へ」かな~。

ぎゃはは、やっぱし「お、はつけまへんなあ」って上品!!おけ!なんていいませんよね。
へ、もへ、ですかあ?? 何かありそうだけど、品の良い言葉が、、香の煙がでますえ~とか。

はっぴいママさんへ

> だいぶ元気になられたようですねっ。良かったです。
> 運転の他に、記事のために日記を
> 少し読み返していたせいもあったのでしょうか?

はい、開き直り作戦で、元気に(笑)
でもそうですね、読み返すと「こんなに頑張ったのに、今の私何よ!」って思います。


> 辛い体験を書いてくださってありがとうございます(´Д⊂ヽ
> tomotanさんの記事のお陰で
> たくさんの方が勇気をもらえるでしょうね!
> まず生きることが一番だいじなのですよね。

生きるのが大事です!!どんな傷や障害が残っても。
でも話が重いと読むの嫌になりませんか?
いつもそれが心配です。


>
> 不謹慎一家でいいじゃないですか!(↓)
> 笑いは癌細胞に効くって聞いたことがありますし((´^ω^))…
>
> tomotanさん、いつも元気をありがとうです。

うわ~こちらこそ!!いつも優しい言葉や励ましを有難う!!
すごく元気が出ます!!

夢かあさんへ

こんにちは!!
>
> 術後の治療、大変だったんですよね。
> でも、本当にそのがんばりがあったから今があるのは間違いない事実。

そうですよね。 大変でしたよね。
めげそうになりました。。


> このブログで病気と闘ってるなんてわからないくらい元気なtomotanさんに
> 私も力を貰っています。

わ~うれしいです!! そういってもらえると、もっと書かないと思っちゃう。

>
> ちょっと前に病院の患者会に行った時、術後落ち込んでいる患者さんが
> 「みなさんが元気で普通に生活してる姿がうれしい」と話してたことを
> 思い出しましたよ。このブログで元気で生活してらっしゃるtomotanさんの
> 姿は同じ病気でがんばってる人達の励みになるはずです。

私が癌と告げられた時、「自分より悪いがん」でも「元気な人」の話が読みたいって思いました。
当時はブログもポピュラーじゃなかったし、あまりいませんでした。
励みになりますよね!

> 「生きていたら楽しい事いっぱいある」
> 本当にそう思います。がんばって楽しく生きていきましょうね。

そうしましょう~!!
命を大事にして、楽しいことをたくさんしましょう!!

Yannchanさんへ

> そっか~私も2年生になったのだから
> tomotanさんもさらに進級していたのねー。9年生?

進級しましたよ~! 今日の記事読みました。 励みになりますよね。同じステージだと特に。

> 最初出会った時、お~術後?6年!!
> 同じステージ3←データーだけみると、ほれ、5年生存率もアレでしょ?
> なのに、予後絶好調!!と感じて、私も、5年、6年、10年、30年!

生存率、あれ、でしたね~。 ものすごく落ち込みました。
私のときはブログでも元気な方はあまりいなかったんですよ。 
自分と同じくらいかもっと悪くて元気な人、ばかり探してました。


> 白血球アゲアゲ注射80本は私の周りでは聞いたことがありません。
>
> 吐き気止めは、09年に出たイメンドが素晴らしいみたいで
> それ以前はケモは、ほとんど入院治療。

入院なんですね。 アメリカは日帰りです。 吐き気は辛いですよね。


> あるドクターのブログで、看護師さんが夜、あの部屋でもこの部屋でも
> 患者さんが吐いてます・・・と言ってきて、ホント辛かったと。
> イメンドの出現で、ケモも外来治療で出来るようになったと書かれてました。

うわあ、かわいそう。 吐き気が一番嫌いです。麻酔の後ひどいですよ、私は。

> これから治療する人たちが少しでも副作用少なく
> 良い治療を受けられるといいのですが・・・
> でも、サバイバーになってから、乳癌学会をはじめ、いろいろなセミナー・講演会
> に出ましたが、わずか数パーセントでも治療成績の向上を願って
> 多くの研究者、ドクターたちが頑張ってくれていることを知り、感謝してます。

本当に有難いですよね。 早く特効薬のようなものができたらいいのにって思います。
講演会などに行かれてるんですね、すごいな。
9年前とは明らかに違いますもんね。 医療ってすごいです。
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
7位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ