乳癌手術患者さんに乳首のタトゥー

スージーさんから素晴らしいニュースを教えていただきました! スージーさんのユタでの面白い生活ブログはこちら
アメリカのユタ州からスージー話


乳がん手術患者に新たな人生を、リアルな胸を再生する米タトゥーアーティスト
【4月2日 AFP=時事】



濡れたTシャツで胸などを透けさせる美人コンテストの一種「濡れTシャツコンテスト」で優勝することもできるよ、と顧客に告げるタトゥーアーティストは珍しい。
米メリーランド(Maryland)州フィンクスバーグ(Finksburg)のありふれたショッピングセンターに店を構えるビンセント・ビニー・マイヤーズ(Vincent "Vinnie" Myers)さん(49)は、乳がん手術を受けた女性に乳首と乳輪のタトゥーを施すのが専門だ。




26e591a1-d675-4b99-864f-c4435d298084_s.jpg



 マイヤーズさんは精密に混ぜ合わせた顔料で、乳腺切除手術を受けた女性の胸に、まるで立体に見えるイリュージョンを描き出す。
タトゥーアーティストとしての28年のキャリアのうち、過去10年間は手術後の元患者への美容タトゥーに専念してきた。
「今まで自分がやってきたどんなことより、ずっと働きがいがある」と語る。


 これまでに行った乳がん手術後の美容タトゥーは3000例。その多くは、店から車で30分の距離にあるボルティモア(Baltimore)の名高いジョン・ホプキンズ(Johns Hopkins)医療センターからの紹介だった。施術後の状態を見た女性たちの多くは、「完全に戻った」と実感して感情をひどく高ぶらせるという。


 ボルティモア生まれのマイヤーズさんは1980年代、韓国駐留米軍の軍医だったときにタトゥー施術を覚えた。そして2001年、友人から乳房再建手術を受けた女性にタトゥーを施すことを打診された。


■「精神面にとても大きな影響」

 その日、マイヤーズさんの店「リトル・ビニーズ・タトゥーズ(Little Vinnies Tattoos)」を訪れたスーザンさん(58)は、「できるだけ普通に見える」ことを望む典型的な顧客の1人だ。「自分のためにタトゥーを入れるの。タトゥーは私の気分をずっとよくしてくれるのよ」


 マイヤーズさんはまず、合併症やアレルギーがないかどうかスーザンさんに問いかけ、慎重な手つきで顔料を混ぜながら「施術が終わったら、濡れTシャツコンテストで優勝できるかもしれませんよ」とジョークで場を和ませた。続いて、「桃色ではなく、モグラ色に近い色、少し青みがかった色で施術します」と述べ、スーザンさんの白い肌に顔料を少量塗って色の配合が適切かどうかを確認した。


 タトゥーにかける時間は平均して2時間ほど。乳首の色や乳輪のサイズは1人1人に合わせて決める。施術料は、技術の複雑さの度合いによって350ドル(約2万9000円)~1000ドル(約8万3000円)。


「完璧に再建された乳房は、乳首がないようには見えません」と、マイヤーズさん。「朝、目が覚めて、鏡に姿を映すと乳首がない――これは精神的にとてもショックなことです。見た目がノーマルに可能な限り近いことが非常に重要なのです」




■求められる専門タトゥーアーティスト


 病院でも、乳腺切除後のタトゥー施術は提供されている。だが、病院でのタトゥーは「数日程度」の訓練しか受けていない看護士が施すのが一般的だとマイヤーズさんは指摘する。


 また、施術を受けるのが病院ではなく、どこにでもあるようなタトゥーショップだということも、女性たちの気分をずっと楽にしているという。リラックスできるうえ、「ここなら、病院よりも多少は楽しめますからね」とマイヤーズさん。


 需要はうなぎ上りだが、こうしたサービスを提供しているタトゥーアーティストは少ない。マイヤーズさんは技術を2人のタトゥーアーティストに継承する傍ら、ニューヨーク(New York)やフィラデルフィア(Philadelphia)、ニューオーリンズ(New Orleans)などまで出張施術にも出向いている。(c)AFP=時事/AFPBB News





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



素晴らしい技術ですね。
この方は乳首もタトゥーでつくるのですね。 
 
友人は外科手術で乳首を作りました。
皮膚を切って、それを折りたたんで乳首らしく盛り上げて作ったそうです。
その傷が治ってから色をタトゥーで入れていました。
私は出来なかったのでとても羨ましかった。

でもこのタトゥーのほうがいいですね。
どれほどの女性が救われるかわかりませんね。

えぐれていてもこんなかわいい乳首があったらいいなあ。
こういうのだったら、またやってみてもいいな、なんて思いました。

ちなみに夫ママちゃん、両胸を切除しましたけど、前からタトゥーいれようかな~?って言ってました。
大きいバタフライなんかいいかも~?って。 
平らになった胸に蝶、いいかも~♪

ちなみに夫ママちゃん、もうすぐ70歳です。





にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

前向き!

こんばんは。
夫ママさん、若いですね!
これだけ前向きだったら,何が来ても大丈夫ですね!

No title

tomotanちゃ~んv-238
すご~~~~~いね。
きっと、この朗報に多くの方の笑顔が生まれますね。
そして、夫ママちゃんもtomotanちゃんも、素敵よ。
そうそう、、かわいい桜のポストカード見つけたよ。
まさに、夫ママちゃんとtomotanちゃんが話しているみたいなメッセージがかかれてたよ。
『生きているかぎり、信じるかぎり、可能性は無限大』
さすが、素敵なお二人ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Yokoさんへ

> こんばんは。
> 夫ママさん、若いですね!
> これだけ前向きだったら,何が来ても大丈夫ですね!

こんにちは!!
本当に粋で面白い姑です。
2回も乳癌になったんですけど、すごく気丈というか気楽(に見せてるのかも)
あっちの世界もきっといいわーなんて言ってます。 まだ行ったら駄目よっていいましたけど。

イルカちゃ~~ん

イルカちゃん!!

> きっと、この朗報に多くの方の笑顔が生まれますね。
> そして、夫ママちゃんもtomotanちゃんも、素敵よ。

ね~すごいでしょう?? 日本もそうなったらいいなあって思います。
昔は「もうお歳だから胸なんていらないでしょう?」って言われたらしいけど、そういうもんじゃないものね。
若い人も多いし、自信を取り戻せるかも!

> そうそう、、かわいい桜のポストカード見つけたよ。
> まさに、夫ママちゃんとtomotanちゃんが話しているみたいなメッセージがかかれてたよ。
> 『生きているかぎり、信じるかぎり、可能性は無限大』

わ~~素敵な言葉!!昔イルカちゃんに貰ったカードも好きだった。
あなた自身のままで100点満点っていうの。 泣いた。
がんばるぞって思えるね、ありがとう。

鍵コメさんへ!!

きゃ~~昨日文春と週間女性注文しちゃった。 

でも気持ちがすごく嬉しいありがとう~!!
次回、ぜひ!! メールします。ありがとう!!

No title

いろんな方がいろんな活動をされてるんですね。

日本でもそういう方法があることは聞いたことあるのですが、
ちょっとでもリアルにしてもらえればいいですよね。

私は今後どうするか考えたませんけど、でも、少しでも
以前の形に近づけるのでしたら、こんなにいい事ないですよ。

夢かあさんへ

こんにちは!!

橋下市長はタトゥーのこと色々言ってましたけど、こういうのは素晴らしいですよね。

> 日本でもそういう方法があることは聞いたことあるのですが、
> ちょっとでもリアルにしてもらえればいいですよね。

日本の会社の(つける胸)もすごくリアルでした。 雑誌で見たんですけど。
義足や義手もとってもリアルになってるし、いいことですよね。


> 私は今後どうするか考えたませんけど、でも、少しでも
> 以前の形に近づけるのでしたら、こんなにいい事ないですよ。

私もです。
すっかり慣れてしまいましたけど、ぐいっとえぐれてるので、せめてペッタンコだったらいいなとか、
手術はもう嫌だけど、こんなタトゥーだったらいいかなとか思っちゃいますね。
もっと簡単になるかもしれないですね。スタンプとか?

No title

いいですね。タトゥーは、日本では聞いた事がなかったような気がします。
バタフライもいいけど、シェルとかハートはどう? この記事だったから俊介が遠慮したのね。
あれ、なんで書き込まないんだろう、そうか、書きにくいかなって納得しています(笑)
せっかくの土曜日、どうも雨になりそう・・。日曜の晴れに期待するしかないみたいです。

りょうこさんへ

ボンジュールりょうこさん。 フランス楽しんでますか?

> いいですね。タトゥーは、日本では聞いた事がなかったような気がします。
> バタフライもいいけど、シェルとかハートはどう? 

いいですね~!!真っ赤な薔薇もいいですね~!! どうせなら楽しんじゃおうかな~?


この記事だったから俊介が遠慮したのね。
> あれ、なんで書き込まないんだろう、そうか、書きにくいかなって納得しています(笑)

あ!そうですね。 コメントのしようがない?(笑)
でも昨日は2つもコメントいただきましたよ!
私が弱音を吐いてたら「うちの奥さんだったら怒る」て(笑)

> せっかくの土曜日、どうも雨になりそう・・。日曜の晴れに期待するしかないみたいです。

フランスで雨っていうのも、なんだか素敵な気がします。
行った事ないのでイメージだけなんですけど。 南フランスの田舎なんて素敵そうだな~。
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: