2つ目の記事。 のこされた動物達

ブログBless youさんから転載です。 お知らせ


       ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


東日本大震災から1年2ヶ月。

警戒区域に置き去りにされた動物たちの真実の姿をあなたの目で確かめて下さい。

無かったことにしないために。


    
 
2012y04m04d_232455828.jpg


「のこされた動物たち」 
福島第一原発20キロ圏内写真と映像で語る真実
太田康介・大網直子 報告会@京都


【日時】2012年5月4日(祝・金)
     午後4時30分~午後7時(午後4時受付開始)

【場所】法然院  京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ談町30  哲学の道沿い

【報告者】
◆太田康介(フリーカメラマン)

◆大網直子(福島原発20キロ圏内・犬猫救出プロジェクト代表)

◆中島徹(APF通信社)

◆佐々木ちはる(個人ボランティア) 

【参加費】500円(お茶とお菓子をご用意しております) 予約不要 





主催 「のこされた動物たち」@京都 代表 かわしま
     問合せ先 mail:espero3.11@gmail.com


 

        ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

こちらも転載です



これまで、報道すらされなかった警戒区域の動物たちの真実の姿を、その目で確かめに来て下さい。
無かったことにしないために・・・。

震災の鎮魂のための「悲願会(ひがんえ)」という宗教的な行事の一環として
場所をご提供下さいました。

そして、のこされた動物たちにとって、厳しい現実をもたらした「警戒区域」が指定された4月22日という日・・。

その日 福島と東京で警戒区域内どうぶつ慰霊祭 が執り行われます。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


Bless you の Espero lumoさん。 京都で太田さんの写真展も開かれました。 



残された、たくさんの動物達。 

警戒地区が決まった4月22日。 

どれほど多くの人が「すぐに帰るからね」と言って泣く泣くペットを置いてきたのでしょうか?

どれほど多くの動物が「まだかな?遅いな?どうしたのかな?」と待っていたのでしょうか?

たくさんの動物達が力尽きました。 

驚くほど真実を報道しないメディア。

一度だけユーチューブの映像を見ました。 

一時帰宅でペットの名前を呼びながら家に入る映像のすぐ後に悲鳴が。

冷たくなった小さな犬にはモザイクがかけられていました。

ごめんねと号泣する飼い主さん。 置いてきたくなかったよね。

すぐ帰れるなんて誰が言ったの? おいていかれた動物達、不安だったね。

ごめんね。 ごめんね。 



本当に胸が引き裂かれそうです。

もし、家に帰ってコタローとチャチャがそんな姿になっていたらと思うと、この瞬間にも悲鳴を上げそうです。

忘れないで下さい。たくさんの動物達。

太田さんの写真にはそんな動物達の写真がたくさん載っているそうです。

いるそうですというのは、、私はまだ買えないへたれだからです。

もう少し時間が経ったら購入したいと思っています。

写真展も悲しい写真がたくさんあると思いますが、世界に、後世に、伝えていかなければいけないと思っています。

同じことが起きないために。  









太田さんの著書

 

のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録



92571.jpg



福島第一原発20キロ圏内で助けを待ち続ける、動物たちの写真集。



著者

太田 康介 著


出版年月日

2011/07/26

ISBN

9784864101028

定価

本体1,300円+税



内容説明

20キロ圏内で、動物保護のボランティアをするカメラマンが撮りためた、3か月に及ぶ記録。

無人の家で飼い主を待ち続ける犬、最後の力を振り絞って助けを求める猫…。

強く生きる姿も、助けられなかった命も、

動物たちの現状を、ありのままに伝えます。



【私は、ごめんよ、ごめんよ、と謝りながら写真を撮りました。私にできることは、写真を撮り、今起こっている現実を多くの人に知ってもらうこと。それしかできないのです。

やがて怒りが沸いてきて、チクショー、チクショーと呻きながらシャッターを切りました。

その怒りは、私を含めた人間に対してのものです。(本文より)】







にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

tomotanさま

ありがとう。
なんだか読んでいて泣けてきて・・。
言葉が見つかりません・・・。

心が伝わる転載をして下さったことに感謝します。

本も写真も、動物を愛する人には本当につらいものです。
それでも、私は見たかった・・知りたかったんです。

なぜなら、絶対に「次」を作りたくないから・・・。
でも、道はけわしいです・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Espero様

こんにちは!

> ありがとう。
> なんだか読んでいて泣けてきて・・。
> 言葉が見つかりません・・・。
>
> 心が伝わる転載をして下さったことに感謝します。

そんな、ありがとうございます。
転載するくらいしか応援が出来ないですから、、。
日本にいたらGWを利用して京都に行ってたのにと残念です。


> 本も写真も、動物を愛する人には本当につらいものです。
> それでも、私は見たかった・・知りたかったんです。
>
私も知りたい。 もう~すさんのブログを見ては、泣いてました。
知れば知るほどつらくて、、、。


> なぜなら、絶対に「次」を作りたくないから・・・。
> でも、道はけわしいです・・。

そうですよね。 次は絶対になしにしてほしいですね。
ペットを連れて逃げなければいけない法案を作って欲しい。

鍵コメ様へ

いい情報を有難うございます。
それでは少し待ってみようかな?
いつかは買おうとおもってはいるんです。
ありがとうございました!

No title

tomotan

朝から泣けちゃった・・・。横でカービーがおやつをかじってるけど、あのときまでは皆、普通にこんな事してたのにいきなり離れ離れになり置いていかれて、どんだけ怖かっただろう。力尽きる時まで、待ち続けてたのかと思うと痛いです。

スージーさんへ

こんにちは!!

> 朝から泣けちゃった・・・。

わ~ん、ごめんね。
でも本当につらかっただろうなって。
昔は「置いていくなんて!」って怒ってたんだけど、その場で絶対に駄目だって言われたら難しいよね。
それでも私だったら、、やっぱり置いてはいけないけど、、。
皆、泣く泣くだったと思うよね。

>横でカービーがおやつをかじってるけど、あのときまでは皆、普通にこんな事してたのにいきなり離れ離れになり置いていかれて、どんだけ怖かっただろう。力尽きる時まで、待ち続けてたのかと思うと痛いです。

だって、わからないもんね、人間の、しかも原発の事情なんてね。
きっと「どうしたのかな?お母さん」って待ってたんだと思うと、もうつらくて。
せめて、(次)をなくさないとって思います。
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
8位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ