形成外科の可能性

米国で「最も広範囲な」顔面移植、36時間の手術で成功


3月27日、米メリーランド大学メディカルセンターは、リチャード・ノリスさんに行った全顔面移植手術について会見を行った。写真左は手術前、右が手術後。提供写真より作成(2012年 ロイター)





               20120328reu00m030003000p_size5.jpg


 [ボルティモア 27日 ロイター] 米メリーランド大学メディカルセンターは27日、リチャード・ノリスさん(37)に先週行った全顔面移植手術について会見を行った。これまで行われた顔面移植手術の中で、同手術は最も広範囲に及んだとしている。

 バージニア州ヒルズビル出身のノリスさんは、1997年に顔面を撃たれ、鼻や唇を失い、ほとんど口を動かすことができなくなった。それ以降、手術を複数回受けてきたが、社会的に復帰できると思うほどには回復しなかったという。

 今回の手術は36時間に及び、形成外科医や頭蓋顔面の専門家ら約100人から成るチームが手術に関わったという。会見を行った医師らは、ノリスさんが術後6日で舌を動かしたり、目を開閉したりするなど、回復が予想よりも早いことを明らかにした。

 顔面移植手術は昨年、テキサス州やマサチューセッツ州でも成功している。ノリスさんの手術は、会見で発表された写真や映像から、外面的な美しさの形成に最も成功したとみられる。同大学メディカルスクールのE・アルバート・リース博士は「これは前例のない、歴史的な手術だ」と述べた。

 同大学は、今回の手術が米国防総省海軍研究局から資金提供を受け、10年にわたり行われている研究の一環で、アフガニスタンなどで負傷した兵士らの治療に役立つとしている。


2012年3月28日 


。。。。。。。。。。。。。。

素晴らしい技術だと思います。 最初私は右の写真だけ見ました。 ボクサーかな?喧嘩かな?なんて。 そのくらい、違和感が無いと思います。 


昨年も移植手術成功のニュースがありました。 その女性は2年前にチンパンジーに襲われ、目も鼻も口も両手さえなくなってしまったのです。 ボストンの病院で移植手術を受けました。 記事はこちら 注意(ニュースに飛びます。治療前の写真も小さくですが載っています)

こちらの方のほうが寝ているからかマスクのように見えますね。 それでも素晴らしい技術だと思います。



アメリカは整形外科が盛んですけど、ものすごく違和感のある蜥蜴チックな外見が多いような気がします。

いつも思っているのですが、手先の器用さにかけては日本人が一番。 アメリカ人は正直ぶきっちょが多いような気がします。 

私の左胸、外科手術の後はきれいだったのですが、その後の形成外科が縫った後、がちゃがちゃでびっくりしました。

その方は軍医で、戦地で活躍される方だったんですね。
なので吹き飛んだ腕をつけたりするのはきっとものすごくうまいんだと思うのですが、、、。


    経過を説明しますと、

☆ もともとの胸がUSのDカップと大きかった。
☆ 左胸を乳癌で全摘出。
☆ 1年後、再建するつもりで左にエキスパンダー挿入
☆ 左を小さめに作る予定だったので右胸をそれにあわせて小さくした。
という予定が、皮膚が弱っていて、何回も破れ失敗しました。
結局左胸は取り出して元どうり、右胸は形成手術で小さくなりました。




なので右胸はしばらく傷だらけでした(いまでも傷は見えます)

それでも1個しかない大きい胸は重力に勝てずに下がってたので、今のほうが気に入ってます。

胸の下をつまんでみてください、手術後はそういう感じです。

でも!!この先生の縫い目はひどかった。 がったがたです。

もし私が民間病院で乳房を小さくしたい整形手術を受けたのだとしたら、これは失敗です。

乳首の周りをぐるっと縫うのですが明らかに形がちがーう。 まがってます。



乳首といえば、乳癌手術で全摘出の方で再建を考えている方、なんと自前乳首(?)を取っておけるそうです。

「下腹部などに一時的に移植しておき、再建時にまた切り取り、元の位置につける」 そうです。

めっちゃびっくり!! そんなことできるのおお??と思っていましたけど、他のニュースで足切断の患者さんの足を悪くならないように(?と思います)お腹に一時的につないでるのを見ました。 

おなかから突然足が生えてる写真はすごくシュールでしたけど、下腹部の乳首って言うのも、、すごい、、、。

軍病院ではこの選択はなかったので、再建に成功した友達は整形でにせ乳首を造ってもらって、ピンクのタトゥーで色付けしたそうです。 これもすごいですね。

胸のガタガタ、オハイオの先生に見せたら「きれいに治せるわよ」とのこと。 でもまた切って縫うのはいやだなあ。










にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

よく顔面修復はやってるようですけど、最大の問題は神経。これさえ問題なかったら
表情もでてくるんですよね。お面を被ったようでは・・・。
ムネのは、私も一度頼まれてやったことありますよ。タレのデカパイを小さくアップするの。
これは簡単です。tomotanのデカパイ、小さくしちゃう?チクビの保存も簡単。
ガタガタでも、おとうたんが満足ならガタガタでもペッタンコでも構わないと思うんですけど。

Re: No title

こんばんは!!

> よく顔面修復はやってるようですけど、最大の問題は神経。これさえ問題なかったら
> 表情もでてくるんですよね。お面を被ったようでは・・・。

なるほど、神経がつながれば表情が出ますもんね。
動かないと変ですもんね。


> ムネのは、私も一度頼まれてやったことありますよ。タレのデカパイを小さくアップするの。
> これは簡単です。tomotanのデカパイ、小さくしちゃう?チクビの保存も簡単。

もう小さくなってますよ~。 やったのはそれだと思います。
へえ~簡単なんですね。 やっぱりプロの話は面白い~!

> ガタガタでも、おとうたんが満足ならガタガタでもペッタンコでも構わないと思うんですけど。

あはは、はい。 
やさしいおとうたんは1つで十分なんて言ってくれます。 君がハッピーならなんでもいいって。
じゃあ大きいの3つにするかなーなんて言ったら、NO~~なんて笑ってたけど。

神経

こんばんは。
今回の移植手術は美しさも一番かもですね。
りょうこさんの云うように、神経を繋げることが出来なければ,顔の表情が出ないままになってしまうので大変ですが、、、
ビートたけしもオートバイ(スクーター?)事故で怪我した右側がうまく動いていませんから、未だに。でも良くこれまでに回復したと思います。
以前、夫に猟銃で顔を吹き飛ばされてしまった女性(20代)がいましたが、彼女も移植手術受けてましたね。
銃は怖い。あまりにも手軽に手に入るから,簡単に使ってしまう。
フロリダのサンフォードの事件は、これからまだまだ騒ぎが続きそうですね。
最後に、りょうこさんと同じ意見:ご主人がこれで良いと言うであれば、そしてtomotanさんが良いのであれば、痛い思い、しなくても良いと思う!
そのエネルギー、体調管理の方に注いだ方が結果良くなるんじゃないかと。

すごい技術です

このニュースはこちらでも放送されました。
そう右に写真だけを見ていると、
誰かが喧嘩でもしたのかと思いますよね。
でもそのニュースを見てビックリです。
これだったら事故で顔が見られないくらいに
破損してもなんとか生まれ変われます。
と言っても手術費用もバカにはなりませんが。

Yokoさんへ

こんばんは。

> 今回の移植手術は美しさも一番かもですね。

すごい技術ですね、正直驚きました。

そういえばビートたけし、そうですよね。 ワルの役をやるときなんか、かえって凄みが出ましたね。

> 以前、夫に猟銃で顔を吹き飛ばされてしまった女性(20代)がいましたが、彼女も移植手術受けてましたね。
> 銃は怖い。あまりにも手軽に手に入るから,簡単に使ってしまう。

ありました。それにしてもかつては好きだった女性の顔を撃つなんて信じられません、、。

> 最後に、りょうこさんと同じ意見:ご主人がこれで良いと言うであれば、そしてtomotanさんが良いのであれば、痛い思い、しなくても良いと思う!
> そのエネルギー、体調管理の方に注いだ方が結果良くなるんじゃないかと。

そうします。実はもう再建手術する気持ちは無いんです。 元気なほうが良いです。
ハワイでは水着になることが多かったのですが、もうパッドもいれずに泳いでました。

Takechan0312さんへ

> このニュースはこちらでも放送されました。
> そう右に写真だけを見ていると、
> 誰かが喧嘩でもしたのかと思いますよね。

そうなんですよ、「あら、目が腫れちゃって」っていうくらいですもんね。


> でもそのニュースを見てビックリです。
> これだったら事故で顔が見られないくらいに
> 破損してもなんとか生まれ変われます。
> と言っても手術費用もバカにはなりませんが。

アメリカはなんといっても、これですよね。
手術費用ですよね。 
それから事故の場合は綺麗に手術できても、酸をかけられたりして、火傷は難しいですね。
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: