パトリシアコーンウエル検屍官シリーズ

それにしても暑いオハイオ。 今夕方7時過ぎですがカッ!!と日が照り、82度Fもあります。
日中また28度前後まであがり、もうエアコンつけちゃった、、。

さて、時々本や映画のことを書きたいと思います。

前回ジェフリーデーヴァーのリンカーンライムシリーズが好き、と書きました。

もう一つ好きなシリーズがあります。

パトリシアコーンウエルのケイ.スカーペッタシリーズです。

一番始めの検死官、すごくおもしろかったのです。

検死で証拠をという科学捜査。ドラマCSIのような感じでしょうか。 実はこの人気ドラマ見ていないんです。

R&S日記のりょうこさんがCSIマイアミに嵌ったというので絶対見ようと思っています。

リッチモンドで検死局長を務めるメイ。
残酷な連続猟奇殺人事件、被害者の検死から、さまざまな証拠をつかみます。 
続く殺人、狙われるケイ。意外な人物が、、、。



つねに同じクオリティーを保持しているデーヴァーと違い、残念ながらコーンウエルは1作ごとにレベルダウン。

それでも2作目の証拠死体、4作目の真犯人、はとてもおもしろかったです。 
それから気持ち悪い描写もありますが、死体農場。 これは実際にある施設です。 
色々な状態の死体を放置して観察する場所だそうです。


そんな好きなシリーズですが、業火、黒蠅 あたりからどーんと失速。
設定までもおかしくなったり(ケイが若返った)
 
もう14作目だそうですが、後半3作くらいはもう(ありえない)残念なありさま。
もう最後にしよう、もう止めようと思いつつ、、最新作また買っちゃった、、、。

51n3PkHLggL__SL500_AA300_.jpg

変死体という題名のような変死体はでてこないです。 
今回のは、無理にケイスカーペッタにしなければ、良かったんじゃないかと思います。
なぜか突然、ケイが軍人の大佐になって登場します。 え?ええ?? 

以前、軍に関わっていたという誰も知らない設定です。 。。。やってくれました。
軍の機密や軍事ロボットが出てくるストーリー。 これは無理にケイじゃなくて良かったんじゃない?

どの作品かわかりませんが映画化になるそうです。 以前はケイの役はデミムーアと聞いていましたが、パトリシアさんからOKが出ず、最近アンジェリーナに決まったそうです。 アンジーのケイスカーペッタ♪あり~!

。。。。。。。。。。。。。。。。

軍といえばアフガニスタンの銃乱射。 絶対に許せないですが、今回4回目の前線だったとか。
本人は「覚えていない」と主張しているそうです。 普段はよき夫で子煩悩だったそう。

PTSDの治療が必要だったのではないでしょうか?
オハイオの小さい町出身と聞いて、悲しくなりました。

のどかで、いい人が多いオハイオです。 
学生の時は「物静かないい青年」だったそうです。

9・11の後、陸軍に志願したそうです。

まだ詳しいことはわかっていませんが、、なんだか、やりきれない感じがします。











にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村





人気ブログランキングへ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

CSI、マイアミだったかラスベガスだったか・・忘れちゃったけど、わたしも以前に観ましたよー。
面白かったですよ^-^

日本のTVドラマは、あんまり観ないんですけど、アメリカのドラマはよく観ます。
今、嵌っているのは、「クリミナルマインド」と「NCIS」と「メンタリスト」と「ドクターハウス」
中でも、クリミナルマインドが、好きですね、かなりディープだけど。

ところで、下の記事の、お母様の絵、素敵ですね!!
日本の田舎の田植えの風景。
懐かしくて、暖かい絵。
tomotanさんの、絵の才能はお母様譲りなのかな?うらやましいなぁ!!

No title

パトリシア・コーンウェルの第一作は買って・・・途中までしか読んでないです。それも
どれくらい前に買ったかも忘れてる。忙しい時って、集中して読めないから・・・。
デミムーアより、アンジーが嵌るような気がしますがどうだろう。疎いんですよね・・・。
銃乱射の一件ですが、いつどうなるか分らない状況では、周囲全てが敵に思えてしまうことは不思議じゃありません。それほど、同僚が痛い目にあわされているのを何度か経験していると、いつも冷静ではいられないでしょう。4回の前線勤務は酷です。わたしは、許します。よくいままで頑張ったと。暖かく接してあげなければならないと思いますよ。前線の兵士の立場で考えてみれば、そうなっちゃいます。アメリカもちょっと手を広げすぎていますね。ここだけは!という拠点に集中して、自国の若者の命や心を最小限の犠牲で終らせる工夫が欲しいところです。民族・宗教絡みの紛争に終りはないんじゃないかとさえ思います。

Momeさんへ

> CSI、マイアミだったかラスベガスだったか・・忘れちゃったけど、わたしも以前に観ましたよー。
> 面白かったですよ^-^

ワーン、見たいみたい~!!日本のアマゾン見たらセットで9800円!!アメリカは14ドルでした。この差はなんでしょうね。 高すぎです!!


> 日本のTVドラマは、あんまり観ないんですけど、アメリカのドラマはよく観ます。
> 今、嵌っているのは、「クリミナルマインド」と「NCIS」と「メンタリスト」と「ドクターハウス」
> 中でも、クリミナルマインドが、好きですね、かなりディープだけど。

すごい!!クリミナルマインドは皆が面白いって言いますね。 私も見ようっと。 楽しみが増えました。
DVDっていうのはいいアイディア。 
>
> ところで、下の記事の、お母様の絵、素敵ですね!!
> 日本の田舎の田植えの風景。
> 懐かしくて、暖かい絵。
> tomotanさんの、絵の才能はお母様譲りなのかな?うらやましいなぁ!!

ありがとうございます!! 喜ぶので伝えます~!
でも私は才能ないです。変なイラストだけ(笑)
母はクロスステッチとか細かい作業が好きなんです。 私には出来ない~!!

No title

うひゃ~!
検屍官 残酷な連続猟奇殺人事件って
tomotanの大好きな分野ですね~U>ω<)ノ

軍の事件、ニュースで見ました。
オハイオ出身だったのですね。
本当にやりきれないですね。
人が人として全うできる世の中に、、、
世界中がそうなって欲しいって思うのは
甘いのかもしれませんが心からそう願います。

りょうこさんへ

> パトリシア・コーンウェルの第一作は買って・・・途中までしか読んでないです。

こういう分野も読むんですね、以外です。 でも「この切り方は違うわあ」なんて怒りそう(笑)
夫も軍関係の映画では敬礼の手の位置が違うとかうるさいです。

> 銃乱射の一件ですが、いつどうなるか分らない状況では、周囲全てが敵に思えてしまうことは不思議じゃありません。それほど、同僚が痛い目にあわされているのを何度か経験していると、いつも冷静ではいられないでしょう。

追い詰められていたんだと思いますね。 前回は車が襲撃されたんでしたっけ? 自分も頭部損傷だとか。
そういう人をまた行かせるって、、それがおかしいですよね。


>ここだけは!という拠点に集中して、自国の若者の命や心を最小限の犠牲で終らせる工夫が欲しいところです。民族・宗教絡みの紛争に終りはないんじゃないかとさえ思います。

私もそう思います。 きっと終りはないし、人類は同じことを繰り返す。
心のケアもきちんとやって欲しいと思っています。
そういう予算は削って欲しくないですね。 犠牲者を出さないためにも。

はっぴいままさんへ

> うひゃ~!
> 検屍官 残酷な連続猟奇殺人事件って
> tomotanの大好きな分野ですね~U>ω<)ノ

でへへへ、はい~!!否定せず~!
ギャー怖い~おもしろい~って興奮します。
でも、、かわいいマンガも読みます(笑)

> 軍の事件、ニュースで見ました。
> オハイオ出身だったのですね。
> 本当にやりきれないですね。

そうなんです。 よい夫で子煩悩だった、、なんて聞くと、、。
前線は本当に過酷だと思います。きっと想像以上に、、。
なのでつらくなりますね。4回も行かせる前に、治療をして欲しかったですね。

> 人が人として全うできる世の中に、、、
> 世界中がそうなって欲しいって思うのは
> 甘いのかもしれませんが心からそう願います。

本当に理想です。
争いの無い世の中になってほしいと思います。

第二次世界大戦の時に。

こんばんは。
コーンウェルの作品は、CSIなどの番組が出来た下地になってます。
非常に衝撃的なデビューでしたね。確かに作品の質にムラが見えるようになっていて残念です。特にスカルペッタの私生活、ベントンとの恋愛関係/夫婦関係が不自然な雰囲気があり、コーンウェルには無理な領域なのではないかと見ています。
事件にだけ集中して書いた方が良い作品になると思うのだけれど、科学捜査がもっと進化するように研究所を設立したりして社会的貢献度が高くなっているのが救いですね。
PTSDは予測のつかない状態に陥らせることがあるので、十分注意して兵士の健康管理をして欲しいですよね。命を賭けて任務にあたって来た若者たちを廃人にしてしまわないで。
この件に関してはりょうこさんに同感です:政治の道具に使われないことを祈ります。
叔父の話ですが、第二次世界大戦の時に兵士の数が不足し若い10代の男の子たちも徴兵されましたね。中国に派兵されて,戦線が悪化したりした時や現場の混乱があった時に、不都合な情報拡散を防ぐために兵士を日本に帰さず,軍中枢部は戦地を転々とさせてといたと云うことです。叔父は最終的にビルマで終戦を迎えるのですが、司令部はさっさと芸者を連れて逃げてしまい、兵士たちだけが残されたそうです。叔父たちは現地の方々に助けられて,無事日本に戻ることができ、戦後その方達の子孫との交流が続いていました。
アメリカのヴェテランの色々な話を聞いていると,同じようなことがここでも今現在起きているのではないかと懸念しています。

No title

こんばんは~。私もコーンウェルは第一作でやめました。
というか、二作目を読む気力がわかなかったんです。これはこれで完成しちゃったような、続きはいらないくらいの完成度に思った記憶があります。

CSIは私も大好き! べガスもマイアミもN.Y.も!
The Whoの曲を使っているのも好きです。マイアミはね、ホレイショがめっちゃカッコいいのです。男だぜ~。
ホレイショみたいな上司が欲しいと心底惚れ惚れ。その心理は鬼平犯科帳に相通ずるものがありますよ。
同じブラッカイマーのコールド・ケースも面白いですが、あれは私とってもやるせなくなるのです。大好きだけど悲し過ぎて切ないラストばかりで。その点ではCSIはユーモアやウィットもあり、悲しいだけではないときもありますよ。

Yokoさんへ

> こんばんは。
> コーンウェルの作品は、CSIなどの番組が出来た下地になってます。
> 非常に衝撃的なデビューでしたね。確かに作品の質にムラが見えるようになっていて残念です。特にスカルペッタの私生活、ベントンとの恋愛関係/夫婦関係が不自然な雰囲気があり、コーンウェルには無理な領域なのではないかと見ています。

すごいですね、Yokoさん、さすがです。 コーンウエルはゲイだと思います。カミングアウトはしてないけど。なので男性との夫婦生活の描写は無理があるのかなと思いました。 
マリーノが好きだったけど、どんどん変な男になってきました。

> PTSDは予測のつかない状態に陥らせることがあるので、十分注意して兵士の健康管理をして欲しいですよね。命を賭けて任務にあたって来た若者たちを廃人にしてしまわないで。

本当にそう思います。 想像以上に過酷なのだとおもいます。 神経もおかしくなるとおもうんですよね、、。

すごく貴重な叔父様の話しをシェアしていただいてありがとうございます。
ビルマの竪琴を思い出しました。 無事に帰られてよかったです。


> アメリカのヴェテランの色々な話を聞いていると,同じようなことがここでも今現在起きているのではないかと懸念しています。

怖いことですよね、無事に撤退して帰ってこられますように、、。

Barビーンズさんへ

> こんばんは~。私もコーンウェルは第一作でやめました。
> というか、二作目を読む気力がわかなかったんです。これはこれで完成しちゃったような、続きはいらないくらいの完成度に思った記憶があります。

完成度高かったです。 すごく良いなあって思って2作目買ったら、おや?(笑)3,4とよくって5でおや?
でも止められないのです、困った。

> CSIは私も大好き! べガスもマイアミもN.Y.も!

もー絶対に購入決定!! 

> The Whoの曲を使っているのも好きです。マイアミはね、ホレイショがめっちゃカッコいいのです。男だぜ~。
> ホレイショみたいな上司が欲しいと心底惚れ惚れ。その心理は鬼平犯科帳に相通ずるものがありますよ。

りょうこさんがはまったのは、そのホレイショなんですって。 カルーソ、そんな役してるんですね。


> 同じブラッカイマーのコールド・ケースも面白いですが、あれは私とってもやるせなくなるのです。大好きだけど悲し過ぎて切ないラストばかりで。その点ではCSIはユーモアやウィットもあり、悲しいだけではないときもありますよ。

コールドケースも面白いって聞きました。 っていうかアメリカに住んでるのにちっともドラマ見てない(笑)
悲しいラストっていやですね、なんたってコールドケースですもんね。すっきりしないのかな?

よし、CSIとクリミナルマインド見てみよう。 
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: