長崎原爆

私の祖父は、長崎原爆の被爆者でした。 

1945年 8月9日。 11時2分。 そのとき祖父は長崎にいたのです。

デスクワークをしていた祖父、鉛筆を落として机の下にもぐりこんだその瞬間だったそうです。

ものすごい光と爆音、次の瞬間には周りの何もかもが吹き飛び、焼けて、職場の人が皆死んでいたそう。

焼けた机の上を見ると、乗せていた4本の指先は、溶けていたそうです。 

小さいころから何度も聞いた話です。 祖父はそのまま現地に数日残り、遺体を集めたり、いろいろな手伝いをしたそうです。

祖母は小倉にいました。 数日帰らない夫。 あきらめた頃やっと帰ってきたのです。 小さいころ私は

「おばあちゃん、うれしかった?」と聞くと

「いいや!!幽霊かと思った。でもそれにしてはなんて臭いのと思った」と言っては笑ってました。 (はい、祖母は面白い人でした、私DNAいただきました)

祖母は何でもぼんぼん言う人だったのですが、それでも戦時中は口を開かなかった。 と言っていました。

”下手なことをいうと憲兵に連れて行かれる” 時代だったそうですが、今の日本あまり変わってないのでは、ないでしょうか?


原爆投下の第一目標は小倉でした。 小倉には祖母と高校生だった母が住んでいました。

歴史にもしはないといいますが、もし小倉だったら、私は存在してないかもしれません。

3回投下に失敗して目標を長崎に変えたそう(ウイキピディア)

祖父はその長崎で被爆し生き延びました。

。。。。。

別のエピソードですが、戦争が終わってからの話、、、。

戦争後の混乱期。 ある日アメリカ軍が来て祖父を連れて行ったそうです。

その時また祖母は祖父は「死んだ」と思ったそう。

当時は男は殺され女は強姦されると噂があったからだそうです。

でも祖父はまた生きて帰ってきた。 食料品を持って。

実は腕のいいシェフを探していて小倉基地で仕事をもらったのです。

少しずつ英語を覚え、皆から好かれたそう。 食糧不足だった当時の日本。 

仕事帰りにお土産といってハムやチーズを持たされ、近所の人に配り、泣いて喜ばれたそう。 

そのころ祖父が米軍の奥さんからお料理の本をプレゼントされたのですが、私の宝物です。 

祖父の話を息子に何回もしています。息子はこの話が大好きで、本も大事にしてくれると言っています。

そして、必ず息子や娘に伝えてね、と言ってあります。


祖父は被爆後も何年も元気でいましたが、20年ほど前癌で亡くなりました。 放射能と関係があるのかはわかりません。

Yokoさんのブログで長崎原爆から65年目に白血病になった方の記事を読んで、書こうと決めました。

男っぽく、やさしい人でした。 祖母を最後まで面倒見てから亡くなりました。

祖父とは血のつながりはありません。 でも祖父も祖母も大好きでした。
時々ふと2人がそばにいてくれるような気がします。 特に祖父はよく夢に出てくるんです。

見守ってくれているようなうれしい気持ちになります。



  私の誕生日は8月9日、長崎原爆の日です。 














人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
 
関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

tomotanさん、こんにちは!

とても素敵な話ですね。
そして原爆は恐ろしいですね。
机に潜って助かった・・・でも指は溶けてしまったのですね。
原爆の威力、恐ろしいですね。

>当時は男は殺され女は強姦されると噂があったからだそうです。

この話、よく聞きます。
沖縄のひめゆりの塔に行った時、色々な資料を読みました。
終戦のとき日本政府は、沖縄を見捨てて、「勝手に逃げろ」と言ったそうです。
捕虜になると「非国民」だから、ひめゆりの女の子たちはみんな自害しました。
生き残った沖縄の人たちを助けてくれたのは、アメリカ軍だったそうです。。。

No title

わぁー。
とても素敵なストーリーで感動しました!
このお話は代々伝えられていくといいですね。
本当にじ~んっときました。

No title

歴史は、変わらない・・・・。
しかし、旦那様との縁結びには、tomotanさんを、無償に愛していたおじいちゃまやおばあちゃまのお力添えかな?(うふふ・・)きっと、過去は変えられないが、tomotanさんなら、未来をかえてくれる。と、いつもおじいちゃまとおばあちゃまが応援しているのかな。すごーい。いろいろな運命を感じましたよ。
ちなみに、長崎原爆の日は、今日、しっかり覚えました。
これからも、今の日本を勇気づけるお言葉v-238、じゃん、じゃん期待しちゃいます。
PS 元気にがんばってますよ。空手も。(笑)

ayahさん、こんばんは!!

こんばんは!

> 机に潜って助かった・・・でも指は溶けてしまったのですね。
> 原爆の威力、恐ろしいですね。

ものすごく運がいいですよね、たまたま鉛筆が落ちるなんて。
指はずっと変形したままでした。

> 沖縄のひめゆりの塔に行った時、色々な資料を読みました。
> 終戦のとき日本政府は、沖縄を見捨てて、「勝手に逃げろ」と言ったそうです。
> 捕虜になると「非国民」だから、ひめゆりの女の子たちはみんな自害しました。
> 生き残った沖縄の人たちを助けてくれたのは、アメリカ軍だったそうです。。。

わあ、そうなんですか、、こういうこともっと勉強したいな。
あまりに知らないですもんね。 歴史の教科書だって都合よく書いてあるし。

だから沖縄の人は日本人嫌いなんですね。 見捨てられただなんて、かわいそう。

Luli&Lexiさん、こんばんは!!

うれしいです!!
ありがとうございます。
いつか書きたいなと思っていました。

> このお話は代々伝えられていくといいですね。
> 本当にじ~んっときました。

うれしいな!
代々伝えていきたいです。 
先祖の話って大事だと思うんですけどアメリカ人ってあまり気にしてない感じがしますね!?

イルカちゃん、こんばんは!!

> しかし、旦那様との縁結びには、tomotanさんを、無償に愛していたおじいちゃまやおばあちゃまのお力添えかな?(うふふ・・)

なんだか不思議でしょう? 
2人が生きていたら夫と息子のことすごく可愛がってくれただろうなと思います。

>きっと、過去は変えられないが、tomotanさんなら、未来をかえてくれる。と、いつもおじいちゃまとおばあちゃまが応援しているのかな。すごーい。いろいろな運命を感じましたよ。

未来を変える、、うう~かっこいい! そこまでは期待してないと思うけど{笑}でも母もここに連れてきたし、頼むぞって思ってるのかなあ??

おじいちゃんが『悪いのは戦争ぞ、アメリカやないぞ』って言ってくれてたから、この結婚もあったんだし、母も英語学校に行って、アメリカに住んでる、、。 運命って不思議だなあ~。

No title

tomotanさん こんにちは。

私は修学旅行で長崎の原爆ドームを見て、身が震える思いをしました。

>デスクワークをしていた祖父、鉛筆を落として机の下にもぐりこんだその瞬間だったそうです。
>ものすごい光と爆音、次の瞬間には周りの何もかもが吹き飛び、焼けて、職場の人が皆死んで
>いたそう。
>焼けた机の上を見ると、乗せていた4本の指先は、溶けていたそうです。 

すごい偶然ですね。
原爆の威力は凄いです。 人が形のまま影のようになってコンクリートの階段に残っている
写真とか見ました。
おじい様、命があって本当に良かったです。

>原爆投下の第一目標は小倉でした。 小倉には祖母と高校生だった母が住んでいました。
>歴史にもしはないといいますが、もし小倉だったら、私は存在してないかもしれません。

ホントですね。。。
こうやってtomotanさんのブログも見れないし、旦那様やご子息の一生懸命の日本語も聞けなかったし
可愛いニャンズにも会えなかったのよ~。
おまけにtomotanさん8月9日生まれなんて、スゴイ運命を持って生まれてきたのかしら(*^_^*)。

No title

なんて素敵なお話なのぉ~?(人´ω`)
これっておじい様の武勇伝じゃないですかぁ~!!!
何度も命拾いし、家族を守り、生き抜いたのですね^^
すごく素敵なお話です。

学生の頃、修学旅行で広島に行きましたが
あまりにもリアルで怖くて直視出来ませんでした。
当時の恐ろしい状況が、どうしても信じられず・・・

tomotanさんのおもしろDNAはおばあ様譲りだったとは(*´艸`)

そんなtomotanさんは、忘れられない日がお誕生日なのですね。
多くの命を奪った戦争が憎いです(;_;)

No title

受け継がれるDNA、運命、tomotanさんのお誕生日が原爆の日、などなど、とても偶然とは思えないことが、たくさん重なってますね!

おばあちゃんも面白いし、おじいちゃんがアメリカ軍と縁があったり、運が良かったり、なんだかtomotanさんへの流れが過去に出来てたかのような・・・。

不思議です。

「アメリカ軍が悪いんじゃなくて戦争が悪い」
深い言葉だわ。

男っぽくて優しくて、素敵なおじいちゃんですね。原爆や戦争をくぐりぬけて生き抜いたんですもんね。
語り継いでいくのが私たちの役目ですね。

No title

泣いちゃったよ、うるうるきたよ。
人の心は怖いですね。でも、あったかいです。
おいらが今酔っぱらってるから涙腺もろいんじゃないからね!w
原爆の写真などはいまだに怖くて直視できない自分がいます。
戦争中の狂気と紙一重の愛国心にも疑問をもったまま。
あれは本当に愛国心って言えたのかな?
ときどき考えます。戦争を知らない世代だけど、いつかは直視しなきゃね。

ありがとう。

おはようございます。
あの記事のコメントにお祖父様の事を書いて下さったので、そのお礼をと思っていたら、更に詳しくお話を書いて下さったのですね。感謝します。
原子爆弾の話は当事者に取っては未だに辛い内容のものであると思いますが、今度はその体験談を私達が引き継いで語り継がなければならないものであると思っています。
ありがとう。お祖母ちゃん DNA は生きるために必要な + 思考 DNA ですね。

No title

長崎の原爆投下と同じ日が誕生日ですか・・・なにか運命のような気がしますね。
語り継ぐために神様がこの日を選ばれたようです。
お爺様からの話が聞けていてよかったですね。噂に左右されず、戦争は戦争、しかし戦後復興に大きな力を貸してくれた国のことを、正しく知っているのは大切ですね。勿論、国同士の思惑も絡んでいるでしょうが、総じてアメリカ人はマジメで優しい人が多いですよね。主義主張も大切ですが、人としてどうなのかをしっかり見ていたいものです。

No title

おじいさん、生きて帰ってよかったです。指はその後どうなったのかな。でもまわりでたくさんの人が亡くなったのに命があって本当によかったですね。原爆の恐ろしさを経験した子孫が語る時代になりましたね。風化させないように、そして未来は原発なしの世の中にしたいです。

Masumi先生、こんにちは!

こんばんは!

> すごい偶然ですね。
> 原爆の威力は凄いです。 人が形のまま影のようになってコンクリートの階段に残っている
> 写真とか見ました。

本当に運がよかったとしかいえませんよね。鉛筆落としたなんて。

 原爆の後、親類が心配で町に入って被爆した人も沢山いるのに、何日もとどまって、祖父は無事でした。

でも何十年もたってから影響が出たのかも知れません。それはもう証明のしようもないですけど。

原発問題の今、原爆のこと伝えていかなくてはと思いました。

Norori*さん、こんにちは!!

ありがとう!!

武勇伝ですね! 
すごい強運の持ち主でした。
だから、こういう話が沢山あって、それを伝えなければって。

> tomotanさんのおもしろDNAはおばあ様譲りだったとは(*´艸`)
性格はめっちゃ、そっくりです。 きれいな人でしたけど、はっちゃけてましたね。

> そんなtomotanさんは、忘れられない日がお誕生日なのですね。
 
そうなんですよ、これは不思議ですよね。
なにかつながりがあるのかな? 
当時、祖父と一緒にいた誰かの生まれ変わりとか。
なんか運命を感じます。

Rosa8719さん、こんばんは!!

> 受け継がれるDNA、運命、tomotanさんのお誕生日が原爆の日、などなど、とても偶然とは思えないことが、たくさん重なってますね!

そうなんですよ~!! なんだか不思議な感じします。

> おばあちゃんも面白いし、おじいちゃんがアメリカ軍と縁があったり、運が良かったり、なんだかtomotanさんへの流れが過去に出来てたかのような・・・。

本当ですね、不思議な感じがします。 運命ってあるかな?
 
今原発問題の時にこの話しをしないと、いつする!と思って書きました。
息子にぜひ伝えていって欲しいと思ってます。

Bar ビーンズさん、こんにちは!!

あは、酔ってるんですね?

でもこの話はいつか書きたいなって思ってました。

> 原爆の写真などはいまだに怖くて直視できない自分がいます。
> 戦争中の狂気と紙一重の愛国心にも疑問をもったまま。
> あれは本当に愛国心って言えたのかな?

今まさに、そういう感じありますよね。
山本太郎の件とか。 原発について書かれたブログが変になったり。
言論の自由が失われていますね。

Yokoblueplanetさん、こんにちは!!

こんにちは!!

いつか書きたいなと思っていました。 今この時期に書かないと、ですよね。
あの記事に後押しされました。 あの方悔しかったでしょうね、、。
息子にも伝えていって欲しい、友達にも話をしてるようです。
ずっと伝えていかないといけないんですよね。

>ありがとう。お祖母ちゃん DNA は生きるために必要な + 思考 DNA ですね。

おばあちゃんは、いつもそうでしたね。 強い女でした。
ゲラゲラ笑って『幽霊にしては臭かった!』なんてなかなか言えないですよね。
戦後連れて行かれたときも『今度こそ死んだって思った』なんてね。
素晴らしい夫婦でした。

りょうこさん、こんにちは!!

> 長崎の原爆投下と同じ日が誕生日ですか・・・なにか運命のような気がしますね。
> 語り継ぐために神様がこの日を選ばれたようです。

そんな感じがします。 すごく不思議だなあって。 

> お爺様からの話が聞けていてよかったですね。噂に左右されず、戦争は戦争、しかし戦後復興に大きな力を貸してくれた国のことを、正しく知っているのは大切ですね。

そうなんです、祖父はアメリカのこと悪くいった事ないです。 戦争やけん、しょうがないっていってました。
そして、基地で働いて、すぐにアメリカ人の仲間が沢山出来て。 すごい人でしたね。

>勿論、国同士の思惑も絡んでいるでしょうが、総じてアメリカ人はマジメで優しい人が多いですよね。主義主張も大切ですが、人としてどうなのかをしっかり見ていたいものです。

さすがいいことをいう!りょうこさん! 本当にそうです。 誤解されえてる所も多いですよね、まじめで正直な人が多い気がします。 でもこの国に暮らして初めてわかったことですけど。

ミキさん、こんにちは!!

> おじいさん、生きて帰ってよかったです。指はその後どうなったのかな。

指は4本とも変形したままでした。 小さいころ良く、このお手手はどうしたの?ってきいてました。

原爆の恐ろしさを伝えていかないといけない。 
でも2回も爆撃を受けてよくわかってるはずの日本が、なんだか今放射能に興味ないように見えるのはどうしてなのかなと思います。
コントロールされてるのかなと。 何もいえない風潮とか、戦時中と同じ。

No title

こんな心あったまる、そして不思議な話を
tomotanさん!ありがとうございます!
tomotanさんがどうして色んなことに一生懸命なのか
少し垣間見た気がしましたよん(ノ´∀`*) 面白いのもね(^^ゞ

小倉が候補から外れたのは天候か何かだった?かな?
でもすごい運命に身をおかれたのですね!
お祖父様、カッコイイですね!お祖母様を最後まで守りきって!!
きっと、今もずっと皆さんを見守ってらっしゃいますね☆

戦争の恐ろしさ、原爆の恐ろしさを
日本だけが知っているのに…
日本は平和ぼけしてしまってるのですね…。

でも、いい話を聞いてじ~んときました。
絶対誰かに話してしまいます。勝手にごめんなちゃい(ノ´∀`*)

はっぴいママさん、こんにちは。

ありがとうございます。

ちょっと不思議ですよね? でも怖くないって言うか、、。
何もかもがつながっているんだろうなって思ってしまいます。

すごい強運の持ち主だったんですよね、見守ってくれてるといいなあ。
道に外れそうになったら怒られたいです。

> でも、いい話を聞いてじ~んときました。
> 絶対誰かに話してしまいます。勝手にごめんなちゃい(ノ´∀`*)

わーい、話して話して~!! 全然構いませんよ~!!
皆がじーんとしたと書いてくれて嬉しかったんです。
ありがとう!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
12位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ