日本とアメリカの動物愛護法と刑罰の違いについて

☆ 引越し作業はしばらくかかりそうです。 途中まであっていると思うのですが、反映しない~。 メールで問い合わせしてみましたが、お返事来ない~←今ここ。 明日違うブログ会社も試してみようと思います☆


* * * * *

ネコの虐待に心痛めて書きたかった記事がありました。 ですが写真を目にしてしまい、どうにもこうにも立ち直れないほど落ち込んでしまいました。 書き出すと思い出してウッときてバタンと寝込むような始末。 

残酷なドラマもホラー映画も大好きですが、現実世界の例えば遺体の写真など卒倒しそうになります。

ものすごく、ヘタレです。 

一週間ほどして少し落ち着き、投稿サイトの猫エッセイの方に書きました。

私と同じヘタレな方(失礼な!)に残酷表現なしで今回の日本の猫虐待のことと、アメリカで最近起こったやはり猫の虐待事件の刑罰のことを知ってもらいたいと思い、ここにも載せることにしました。

投稿サイトのエッセイに書いたものと全く同じです。 ブログと投稿サイトの読者様は違うのでこちらにも転載しようと思います。

多くの人に知ってもらいたい事実なのです。


* * * * *


 
日本とアメリカの動物愛護法と刑罰の違いについて

 
 つい最近日本であまりにもひどい虐待を猫にしていた犯人が捕まった。驚いたことに52歳の税理士だそうだ。そしてその翌日、また別の猫虐待犯が捕まった。こちらは親がペットフード会社を経営していた。どちらも虐待の動画をインターネットに流していて、目にした人たちが通報をして逮捕に至った。

 動物の虐待はそれだけでも絶対に許すことのできない卑劣な犯罪だ。そして人間へ特にか弱い子どもたちへの犯罪に繋がる場合が多い。

 少し前の日本では警察は動物虐待では動いてくれなかった。動物愛護法の法改正の度に少しづつ厳しくなっていった。諦めずに声を上げてきた国民の声が大きいのではないかと思う。
 
 日本は1999年まで、動物愛護法では飼われていない猫をみだりに殺傷した者に対する刑罰は「罰金3万円」が上限だった。

それが2007年現在では環境省HPによると

 愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪で、違反すると、懲役や罰金に処せられる。とある。

愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者
→2年以下の懲役または200万円以下の罰金

愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者
→100万円以下の罰金

愛護動物を遺棄した者
→100万円以下の罰金
 
 厳しくなったとはいえ、(みだりに殺した)場合でも2年以下の懲役。これは軽すぎるのではないだろうか?

 アメリカの場合 犬猫を虐待したり殺したりした場合の刑罰はかなり厳しいものになっている。

 アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA)は「動物には権利があって、法律のもとに保護されていなければならない」と1866年にすでに設立された。

 アメリカの動物虐待者への刑罰は非常に厳しい。

 最近の事件ではカリフォルニア州で2015年に起きたネコ連続虐待致死事件について、裁判所は懲役16年の実刑判決を言い渡した。

 事件が起きたのは、カリフォルニア州サンノゼのカンブリアンパーク。約2か月の間に21匹ものネコが次々と誘拐され、身体的あるいは性的な虐待を受けた末に殺されるというもので、2015年10月8日にロバート・ロイ・ファーマーという若い男が容疑者として逮捕されていた。

 乗っていた車から証拠が発見されて現行犯逮捕となったのだが、この男がサンノゼ警察の元署長の息子であることが判明した。
元所長の息子といえども裁判所は容赦なかった。16年の実刑判決を受けた。

 動物の命を楽しみだけのために奪った犯罪。あってはならないことだ。私はこの実刑判決が重すぎるとは思えない。

 日本はここまで厳しくなるのに、まだ数年かかるかもしれない。それでも諦めずに声を上げていくことが大事なのではないかと思う。

 それからもちろん虐待する犯人が一番悪いのだが、のら猫を増やさないことも大事なことだと思う。アメリカは場所にもよるけれど、例えばロスアンジェルスにいたときは一匹も見かけなかったし、ここオハイオも飼い猫は外に出ているけれど、のら猫は一匹も見かけない。

 アメリカも昔はのら猫がたくさんいたと聞いている。保護に力を入れここまでになったのだと思う。日本も地域猫のTNR活動がさかんになってkいた。これは(Trap/捕獲し,Neuter/不妊去勢手術を行いReturn/元の場所に戻す)という意味だ。手術をした猫は片耳が桜のように少し切られて目印があるという。

 いつの日か保健所やシェルターの殺処分がゼロになり、すべての犬猫が安心して暮らせる世の中になって欲しいと心から願っている。

* * * * *

長文失礼しました。 最後まで読んでくださりありがとうございました。

動物に対してもですが子供への虐待に対しての刑罰も軽すぎると思います。

私にも出来ることを少しづつしていきたいと思っています。

例えば、署名する。政府への手紙。そして情報を発信していくこと。




皆が安心して暮らせる世の中になりますように。

baby_cat_dog.png


にほんブログ村

 







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tomotanさん、こんにちは。
いつもチャチャとコタローさんの記事に癒されてます、
ありがとうございます。

お引っ越し作業中に、コメント失礼致します<m(__)m>

動物虐待の話しは、身が削られる思いで、直視できないのですが、
ねりまねこさんの記事で署名活動されてるというのを知り、https://ameblo.jp/nerimaneko/entry-12308198090.html

もっと日本も動物虐待に対して厳しくしてほしいですね(T_T)

クランベリさん、はじめまして。

> tomotanさん、こんにちは。
> いつもチャチャとコタローさんの記事に癒されてます、
> ありがとうございます。

クランベリさん、はじめまして~。
ありがとうございます!

> お引っ越し作業中に、コメント失礼致します<m(__)m>

いいえいいえ、いつでもどうぞ~。


> 動物虐待の話しは、身が削られる思いで、直視できないのですが、
> ねりまねこさんの記事で署名活動されてるというのを知り、https://ameblo.jp/nerimaneko/entry-12308198090.html
>
> もっと日本も動物虐待に対して厳しくしてほしいですね(T_T)


本当にそうですね。虐待はなくなって欲しいなあと思いますが、それが無理ならせめて少なくなって欲しいと思います。
厳しい刑罰は抑制になると思っています。署名やメールを書くとかできることからするのは良いことですよね。

コメントありがとうございました。
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
10位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ