乳がんの標準治療と怪しい民間治療


pink_20170706065811d20.png


週刊新潮7月6日号 小林麻央さんが標準治療を拒否し、怪しい民間治療に頼ったという記事の見出しを見ました。購入するためにアマゾンカートに入れていたら、あっという間に売り切れてしまいました。 それだけ関心も高いのだと思いました。

どういう記事だったのかネットで調べてみると、麻央さんの場合最初の病院での乳がんの見落とし、そして「すぐに再検査を」と言われて数ヶ月遅れてしまった。その後違う病院で乳がん発覚。 脇のリンパの転移もありステージ3と言われたのだそうです。

ここまで私の時と全く同じでした。 その後麻央さんは手術、抗がん剤、放射線の標準治療を拒否されたのだそうです。 週刊誌の記事それからネットの記事なのでどこまでが真実なのかはわかりません。 今更言っても命は戻ってきませんが、もし標準治療受けていたら、すぐに手術をしていたら…今でももしかしたらお元気なのではと残念でならないのです。

お若く美しかった方ですから、胸を切り取ったり、髪が抜けたりする恐怖の気持はとてもわかります。それにお子さんももっと欲しかったという記事も読みました。 

癌はたとえ同じ大きさで同じステージで同じ治療を受けたとしても全員結果は違います。 標準治療だったら絶対に助かっていたとは言えません。 

それでも統計的に見るといまでは治療後の5年生存率も、すごく高くなっています。

もし…と言い出したらキリがないですが、残されたご家族、特にお子さんのことを思うと胸が締め付けられます。

もしも治療を迷っている方がいらっしゃったら、どうか標準治療も恐れないで欲しいと思うのです。
そして高額な怪しい民間治療に頼らないでほしいのです。

こんな私でさえ手術や抗癌剤は辛い選択でした。 抗がん剤の途中は何回もやめたいと思いました。
そんな時に週刊誌に載っていた「これでガンが治る!」というきのこに心が揺れました。 記事を読むと、もうそれだけで魔法のようにガンが消えて、治療も無しですむのかなと思いこんでしまいそうになりました。 非常に高額だったことを覚えています。

弱みに付け込む悪質な犯罪だと今では思っています。

医療は発展し、乳がんの治療、標準治療でさえ選択肢が増えていると思います。 主治医を信じて、治療方法をよく相談してみてくださいね。



このブログでも乳がん治療の記録をまとめてあります。
クリックでページに飛びます。

乳がん闘病日記 まとめ前半

乳がん闘病日記 まとめ後半

それから投稿小説サイトにいくつかあげています。

(カクヨム)  乳がんサバイバー 

 第一話 遅れたマンモグラフィー





悲しい思いをする人が一人でも減ることを心の底から祈っています。




いつもクリックありがとうございます。 すごく励みになっています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

治療を拒否して、民間療法に頼ってた事を最近 何かでよみました。 水素水だそうです。。。

うちの職場にも居ました。乳癌でなく肺ガンでしたが
治療を拒否して、水素水に頼ってた。
食事は半断食。癌に栄養を与えてはいけないとかで、野菜と玄米のみでした。みるみるまに痩衰えましたよ。
病院を自主退院までして、民間療法に頼ってました。何ヶ月後には 悲しい知らせを聞くことになったのでした。

乳癌の絵門ゆうこさんは、西洋医学を信じず、検査ですら拒否してましたよね。ピラミッドの中に入るだとか、変な液体を塗りたくるとか、訳の分からない民間療法に何百万も費やしてるあいだに、全身に転移させてしまって。。。

治療はするなと言う 有名なドクターも居ますよねー

奈美さんへ

> 治療を拒否して、民間療法に頼ってた事を最近 何かでよみました。 水素水だそうです。。。

最近ツイッターで見ました。ライセンスも取っていなかったとかで問題になっていますね。


> うちの職場にも居ました。乳癌でなく肺ガンでしたが
> 治療を拒否して、水素水に頼ってた。
> 食事は半断食。癌に栄養を与えてはいけないとかで、野菜と玄米のみでした。みるみるまに痩衰えましたよ。
> 病院を自主退院までして、民間療法に頼ってました。何ヶ月後には 悲しい知らせを聞くことになったのでした。


治療をしながら、よい食事をというのはわかります。
最近の研究で食事はほとんど関係ないこともわかって来ているので、好きなものをお腹いっぱい食べてほしかったですね。




> 乳癌の絵門ゆうこさんは、西洋医学を信じず、検査ですら拒否してましたよね。ピラミッドの中に入るだとか、変な液体を塗りたくるとか、訳の分からない民間療法に何百万も費やしてるあいだに、全身に転移させてしまって。。。
>
> 治療はするなと言う 有名なドクターも居ますよねー


本読みました。お母さんの闘病を見て西洋医療に不信感を持たれたそうですね。

西洋治療で皆が治るわけではないけれど、それでももっと医者を信じて治療をして欲しいと思いました。
わらをもつかみたい患者さんの弱みに付け込むのは許せないです。
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: