チャチャを連れてERへ

我が家の2匹の猫は兄弟なんですが性格が全く違います。

20161109_021056 - Copy


グレータビーのコタローはおっとりしていて、いつもビクビクしています。
少しでも変わったものがあると飛び上がるほどびっくりしたりします。

今さっきもキャビネットから少し顔を出していたフライパンの取っ手に猫パンチしていました(笑)

オレンジタビーのチャチャの方はいたずらっ子です。 頭がよく遊ぶのも大好き。
こちらは変わったものがあると躊躇せずに飛び込んでいくタイプです。

20161109_021055 - Copy



ERとタイトルに書きましたけど、今日はとっても元気です。 ご安心ください。



昨日の夕方のことです。 

2階にいる私のそばでスーパーの袋(だいたい買い物したまま置いてあったりする)で遊んでいました。

朝、私が起きないときにもよくやります。

ガサガサ、ガサガサ、ガサガサ、ガサガサ

「ん、も~うるさー~い!!ヽ(`Д´)ノ」
と起きるとニヤニヤしながら(ように見える)階段を振り返りながら降りていきます。

昨日も「まーたやってるう~」と思いつつ、いつもすぐに取り上げるんですが、昨日はちょっと考え事をしていました。

ガサガサ、ガサガサ、ガサふんぎゃ~~~~~~!!

ものすごい声と共に白い塊が私の前を駆け抜けました。

はい、頭に袋がかぶったまま抜けなくなりました。

ブギャ~~~
と言いながら階段を多分転がり落ち(誰も見てないけどそんな音だった)そのまま、夫のいるリビングを駆け抜け、ゴミ箱やテレビリモコン立てをひっくり返しながらソファーの後ろにうずくまりました。

私と息子は走ってリビングへ。 シャーシャー威嚇するチャチャから夫はそっとビニール袋を取りました。

「大丈夫??チャチャ、どこか打ったんじゃない??」 確認のために足を触ろうとすると

ううううう~~~~
と野生動物のように威嚇(郵便屋さんが玄関に来るとやる…笑)その後にシャーシャー。

「今興奮してるんだよね、後で調べようね」シャー

でも心配症な息子は
「そばにいる、心配だなあ。チャチャだいじょうぶ?」 シャー

「そっとして様子を見よう」 シャー

って、自分で袋被って走り回ったんだよね?

書きながら今ではそう思いますが、昨日は心配でした。

5分位でケロッと出てきて
「ご飯ちょーだい」と可愛い声でにゃ~~~ん(笑)


ほっとして笑いながら「チャチャ~~」と近寄ると、後ろ足地面についてない!!

よく見ると指が曲がってる!!



きゃ~~~~~!!折れてる??

夫がすぐにかかりつけの動物病院に電話をしました。
時間が過ぎていたのでERを教えてもらい、すぐに連れて行くことに。

先にキャリーを出すとだ大変なことになるので、足に気をつけて抱っこしたままキャリーを出し(見た瞬間シャー)車で連れていきました。

初診は100ドル。 レントゲンを取るとさらに150ドルでした。

人間のERと同じく次々に来る患者猫と犬。 

チャチャはすぐに病室に連れて行かれて、私たちは2時間位待ったと思います。

「長いね」「心配だね」とそわそわしていました。

やっと呼ばれてドクターがタオルで巻かれたチャチャを連れてきます。

「なんともなってないです」

「え??」

「最初は痛そうだったので痛み止めを飲ませました、でも骨も折れてなさそうだし、筋も大丈夫そうよ」

「でも中指がこうやって曲がってたんです」

夫と一緒に指で真似を。

「今こうやって触ってもなんともなさそう、だからレントゲンも必要ないと思うわ」

見たら指曲がってないやん。

なんだったんだろう、演技か?

「いやあ、良かった、良かったああああ」と初診代金と薬代だけ支払い連れて帰りました。

今だからふざけて書いてますが、昨日は何回か涙が出ました。

指を見たときは卒倒しそうにもなり、病室から聞こえるにゃーという声に涙が(ここは人間が一緒に入れないようになっていました)こぼれそうに。 そして買い物袋を放っておいた自分も責めました。

ペットは家族で、いつかはいなくなる日が来るのかと思うと心臓がきゅーっと痛くなります。

もっと気をつけなければいけないと思いました。

「様子を見てね」と言われましたが、すっごく元気です。

本当に良かった。


写真は何日か前のもの。

20161109_021048 - Copy


本当に良かったです…。

20161109_021100 - Copy





ここをクリックでブログ村のランキングになります。 ありがとう。

  ↓

にほんブログ村



関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

おはようございます。

無事でよかったですね〜! ERって見て私もドキっとしました!
確かに診察代とかそれなりのお値段ですが、今回は安心料ですね。

5月にお星様になったウチの尻尾息子、実は癌だったのですが、お尻のところだったので放射線治療に大学病院に通ってました。
先におかーさん(笑)が放射線経験済みだったので、そりゃ〜色々放射線科の獣医さんに質問しまくりでしたよ。
多くの場合犬や猫は動いてしまうので麻酔らしいのですが、ウチのはお尻で外からわかりやすい場所であることもあり、ハンモックみたいなものに四肢を出す形でぶら下げて尻尾を持ち上げておけば麻酔なしで治療できました。
毎回麻酔なんて怖いですもんね。。。

そのおかげで腫瘍は小さくなり、先生たちも効いたね〜って喜んでくださいました。
後は、ストレスは犬の腫瘍にとってもよくないので、毎日のんびり楽しく過ごして下さいって教授に言われました。
無理な治療はウチも診てくださった外科の教授も選択しませんでした。
やっちゃいけない事は何もないので今まで通り楽しく飼い主さんと過ごすのが元気でいる1番の治療だってお話でした。

そのおかげ?かがんと診断されてから1年半、なくなる1週間前までお散歩ができるほど元気に過ごせました。
お友達のわんこでも何匹か癌になってしまった子がいますが、多くの場合宣告されてから3ヶ月前後だったので覚悟はしていましたが、うまく治療が効いたみたいで半年以上は寿命が延びたように思います。

その時通った大学病院、かかりつけの獣医さんから紹介状がないと見てもらえません。
それだけ重症のコが多かったです。
紹介状とレントゲンや採血のデータも入ったROMを持って予約時間に行くって、まるで人間と同じです。
しんどそうではあってもどのコも飼主さんの愛情をいっぱい受けて暮らしている穏やかな顔でした。

ERはもっと緊急性の高いコばかりだからもっと緊迫してると思いますが、ちょっぴり放射線に連れて行ってた時の事を思い出しました。
大分時間が経ち、冷静に振り返ることができるようになった今、あの時精一杯のことをやってよかったと思います。
ご本犬も痛い思いはしない治療でしたしね。
ただ、面白いように諭吉さんがおててをつないで出て行きました〜。゚(゚´Д`゚)゚。

チャチャさま! ホントにホントに無事でよかった!

No title

なんともなかったようで何よりです♪、シャーシャーと威嚇しまくりだったんですね(笑) きっと痛すぎて しばらく手が曲がっちゃった?のかもですね。 でも飼い主にしたら焦りますよね。。。Anyway, 骨折じゃなくって良かったですね(^-^)

No title

Tomotanさん、元気出てる?

ニャンズ可愛すぎ。 もう、こんなフォトを見たらメロメロよね。

それにしても何ともなくって良かった。 私だって、Tomotan さんの絵の様な指を見たら、直ぐに猫君を病院へ入るれて来ますよ。 何ともなかったから、笑えるけど。

これからもニャンズに癒されて下さい。

No title

動物のER病院って
悲しいものありますよね
一度行きました。

元気で良かったですね

ご家族でいい週末を

Aki*さんへ

> おはようございます。
Aki*さん こんばんは。

> 無事でよかったですね〜! ERって見て私もドキっとしました!
> 確かに診察代とかそれなりのお値段ですが、今回は安心料ですね。

無事で良かったです~!
人間に比べると診察料安いですよね。


> 5月にお星様になったウチの尻尾息子、実は癌だったのですが、お尻のところだったので放射線治療に大学病院に通ってました。
> 先におかーさん(笑)が放射線経験済みだったので、そりゃ〜色々放射線科の獣医さんに質問しまくりでしたよ。


お母さん、経験してるんですもんね。 わんちゃんも癌で放射線なのですね。

それからストレスもいけないのですね。
わんちゃんもねこも癌になるんですね…

本当にに早く癌の治療法見つかるといいのにと思います。

ゆうさんのことも心配です。 ブログ閉じられたみたいなので…


> ERはもっと緊急性の高いコばかりだからもっと緊迫してると思いますが、ちょっぴり放射線に連れて行ってた時の事を思い出しました。
> 大分時間が経ち、冷静に振り返ることができるようになった今、あの時精一杯のことをやってよかったと思います。
> ご本犬も痛い思いはしない治療でしたしね。
> ただ、面白いように諭吉さんがおててをつないで出て行きました〜。゚(゚´Д`゚)゚。

思い出しますよね。
ERといっても遅い時間で獣医さんが閉まっていたから、という感じの患者さん?が多かったです。
あの時足が折れていたら、とかもっと悪いことも起こったのかもと思うとゾッとします。
もっと気をつけようと思いました。



> チャチャさま! ホントにホントに無事でよかった!

ありがとうございます~~! 今度は私を看病してくれました。

奈美さんへ

奈美さん、こんばんは。

> なんともなかったようで何よりです♪、シャーシャーと威嚇しまくりだったんですね(笑) きっと痛すぎて しばらく手が曲がっちゃった?のかもですね。 でも飼い主にしたら焦りますよね。。。Anyway, 骨折じゃなくって良かったですね(^-^)

もう、チャチャは飼い主にもシャーシャーくんなんですよ。甘えるときもすごいんですけど。
痛かったんですね、びっこみたいに歩いてて、折れてる~!!って思いました。
今度は私が風邪で看病してくれました。

KIKOさんへ

> Tomotanさん、元気出てる?

元気でたんですけど、風邪ひきました~!

> ニャンズ可愛すぎ。 もう、こんなフォトを見たらメロメロよね。

ありがとうございます。 実はこの写真選挙の夜に撮ったんです。テレビの前で。
なので悲しみが癒やされました。

> それにしても何ともなくって良かった。 私だって、Tomotan さんの絵の様な指を見たら、直ぐに猫君を病院へ入るれて来ますよ。 何ともなかったから、笑えるけど。
>
> これからもニャンズに癒されて下さい。


そうなんですよね、後から笑えるけど、本当に心配で泣いてました。
3本足でひょこひょこって。うわ~折れてる~って思いましたもん。
本当に良かったです。

はちきんイジーさんへ

> 動物のER病院って
> 悲しいものありますよね
> 一度行きました。

そうでしたよね、あの時…ですよね。
今日のブログも読みました。
時々すれ違ったりするんですね。
複雑なお気持ちだろうと思います…。

> 元気で良かったですね
>
> ご家族でいい週末を

骨折れてなくて良かったです!!
風邪引いたんですけど、今なんとか起きてます~。
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
13位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ