Hi from OHIO!

国際結婚おかしい家族の話、猫たち、オハイオ、アメリカ情報、乳がん闘病記など書いてます。

Entries

皆様へ 心から感謝いたします。

たくさんのコメント、メッセージ、メールを頂きました。

優しく、暖かいお心遣いに心から感謝いたします。

「お悔やみ申し上げます」という言葉で、とても癒やされました。

それから、「なんと言っていいかわからない」と書かれながらも、ご自分の体験談やお気持ちを心をこめて書いてくださり、当たり前ですが悲しいことがあったのは私だけではないんだと再確認しました。


気持がどんどん楽になっていきました。 心の整理が付いて来たような気がします。

母は楽しいことが大好きでした。 私の大きな笑い声が良いと言ってくれていました。

なので、泣いているよりも思い出を話し合って笑ったりしたいと思うのです。


今年1月頃のことですが、気持が沈んでいたことがありました。

「最近落ち込んでいる~」と母に言ったことがあります。

「え?Tomochanらしくないじゃない、ダメよ」なんて言うので笑ったこともあります。

「ダメって何よ、私だって元気ないときあるよ」というと

「あんたは、ダメ」なんて言うので「なんでよう」と笑ってしまいました。

だから、悲しんでいると「ダメよ」って言われるかもしれないですね。

そんなふうにおかしかったことを考えるようにしています。

せっかく悲しみを我慢しているのに夫のほうがまだ立ち直っていないです。

「お店でママの好きなカシューナッツを見た」と涙目に。 ああ~もう。
皆でべそべそしてたら怒られるよ!

思い出を胸に私たち家族そして妹家族が仲良く幸せに生きていくことが母の願いだと思います。

私も妹も母の思いを胸にしっかり人生を歩いて行きます。

産んでくれて、育ててくれてありがとう。



もうすぐ、超元気になる予定です!

日本旅行記の続きも書きますね。






にほんブログ村


関連記事

コメント

No title 

tomotanさん、記事を読み少し安心しました。
とても悲しくて当然ですし、時間もかかるかと思いますが、
焦らずに、tomotanさんらしくいてください。
お母様がtomotanさんとずっと一緒にいてくださって、
これからも笑い声を聞いていてくださいますように。
  • アリス 
  • URL 
  • 2016年08月20日 18時54分 
  • [編集]

ご冥福をお祈りします 

突然の家族とのお別れ、、
私も二度ありました
うまく受け入れるのに時間がかかります、、、よね。

心も楽になられたとの事
安心しました。

お母さまが 笑ってて  っていってらっしゃったと言っても
悲しいときや寂しいときは 泣いていいと思います
ゆっくりと時間をかけ ご自身の心をいたわってあげてください。

帰国されたときにお母さまと時間ももて本当に良かったですね。

お母さまの魂はいつも傍にいらっしゃいますね。
  • はちきんイジー 
  • URL 
  • 2016年08月21日 03時09分 
  • [編集]

お母様 

言葉が見つからなくて、今も見つからずなかなか書き込め無かったのですが。。。
ともたんさんのお母様、天国で早速インターネット契約してこの投稿も読んでらっしゃると思います。そして笑顔でご家族仲良くアメリカで生きる姿を嬉しく感じてらっしゃるはず。
お元気で!

涙が枯れることはないけれど 

悲しみは乗り越えられるものではない
しっかり受け止めて受け入れるものだと
教えてくれた人がいます。
お見送りに間に合ってよかったですね
わたしも 父の死には間に合わなかったけれど
これから 母をみおくります。
会話が持てない母親でしたが
長いお別れをするつもりです。
焦らず 急がず 近い思い出から
遠くの思い出など写真を整理しながらでも
少しずつ少しずつtomotanさん おかあさまと、、
ことばが見つからなくてすみません。
みこころの導くままにお過ごしください。
  • gavo-22 
  • URL 
  • 2016年08月23日 21時06分 
  • [編集]

 

ようやくコメントできました。
前回、アクセスが上手く行かず
コメント欄を開くこともできませんでした。
このたびは心よりお悔やみ申し上げます。
私は母が52歳で亡くなり、もう14年…
子供を産んで育てる時に、自分の母がいない心細さとか寂しさを痛感しました。
こんな病気で、いつまで元気でいられるか分かりませんが
子供たちが私を必要としてくれている間は生きていたいと思います。
お母様のこと、本当に残念ですが、
日本に帰国した時に会えたのは良かったですね。
日本とアメリカ 遠く離れていても
お母様はいつも、tomotanさんのことを気にかけていらしたでしょうから…。
落ち着いたら、またブログ再開してくださいね。
  • aimori 
  • URL 
  • 2016年08月25日 06時33分 
  • [編集]

アリスさんへ 

> tomotanさん、記事を読み少し安心しました。
> とても悲しくて当然ですし、時間もかかるかと思いますが、
> 焦らずに、tomotanさんらしくいてください。
> お母様がtomotanさんとずっと一緒にいてくださって、
> これからも笑い声を聞いていてくださいますように。

アリスさんへ

返事が遅くなりました。ごめんなさいね。
テキサスに行っていました。
元気になってきました。
本当に一緒にいて笑い声を聞いて欲しいなと思います。

コメントありがとうございます!
  • tomotan 
  • URL 
  • 2016年08月27日 11時34分 
  • [編集]

はちきんイジーさんへ 

> 突然の家族とのお別れ、、
> 私も二度ありました
> うまく受け入れるのに時間がかかります、、、よね。

イジーさんも、そうでしたか。。
本当に突然であまりにも突然で。
高齢だったけれど信じられませんでした。

> 心も楽になられたとの事
> 安心しました。
>
> お母さまが 笑ってて  っていってらっしゃったと言っても
> 悲しいときや寂しいときは 泣いていいと思います
> ゆっくりと時間をかけ ご自身の心をいたわってあげてください。

ありがとうございます。
最初のショックは過ぎたのですが、時々スーッと寂しく悲しくなりますね。
時間が解決してくれるのを待つ行かないかなと思います。


> 帰国されたときにお母さまと時間ももて本当に良かったですね。
>
> お母さまの魂はいつも傍にいらっしゃいますね。

ありがとうございます。
こんなことならもっと会えば良かったと思いますが、本当にあえて良かったと思います。
ありがとうございます。
  • tomotan 
  • URL 
  • 2016年08月27日 11時38分 
  • [編集]

りょうこさんへ 

> 言葉が見つからなくて、今も見つからずなかなか書き込め無かったのですが。。。
> ともたんさんのお母様、天国で早速インターネット契約してこの投稿も読んでらっしゃると思います。そして笑顔でご家族仲良くアメリカで生きる姿を嬉しく感じてらっしゃるはず。
> お元気で!

ありがとうございます。
インターネットを契約して、というところ笑ってしまいました。そうですね、そうであってほしいなあ。
時々寂しくなりますが、元気になってきました。
ありがとうございます。
  • tomotan 
  • URL 
  • 2016年08月27日 11時40分 
  • [編集]

gavo-22さんへ 

> 悲しみは乗り越えられるものではない
> しっかり受け止めて受け入れるものだと
> 教えてくれた人がいます。
> お見送りに間に合ってよかったですね

ありがとうございます。
受け止めて受け入れる。そうですね。
ふと寂しくなりますが、だいぶ元気になりました。



> わたしも 父の死には間に合わなかったけれど
> これから 母をみおくります。
> 会話が持てない母親でしたが
> 長いお別れをするつもりです。
> 焦らず 急がず 近い思い出から
> 遠くの思い出など写真を整理しながらでも
> 少しずつ少しずつtomotanさん おかあさまと、、
> ことばが見つからなくてすみません。
> みこころの導くままにお過ごしください。


ありがとうございます。
母の荷物を整理して少し持ってきたものを見ても、まだ辛いですね。
これほど遠くに住んでいるのに亡くなる直前に会えてよかったと思います。
だいぶ元気になりました。少しづつ心の整理もしていきます。
  • tomotan 
  • URL 
  • 2016年08月27日 11時45分 
  • [編集]

aimoriさんへ 

> ようやくコメントできました。
> 前回、アクセスが上手く行かず
> コメント欄を開くこともできませんでした。

すみませんでした。
時々不具合が生じるようです。

> このたびは心よりお悔やみ申し上げます。
> 私は母が52歳で亡くなり、もう14年…
> 子供を産んで育てる時に、自分の母がいない心細さとか寂しさを痛感しました。
> こんな病気で、いつまで元気でいられるか分かりませんが
> 子供たちが私を必要としてくれている間は生きていたいと思います。


ありがとうございます。
お母様お若かったのですね、、。
私の母は高齢でしたので「来年は会えないかな」と思うこともありましたが、突然でした。
寂しいですよね。

> お母様のこと、本当に残念ですが、
> 日本に帰国した時に会えたのは良かったですね。
> 日本とアメリカ 遠く離れていても
> お母様はいつも、tomotanさんのことを気にかけていらしたでしょうから…。
> 落ち着いたら、またブログ再開してくださいね。

本当に会えて良かったと思います。
そして楽しく過ごせて。 安心してしまったのかな?
そうですね、私たち姉妹をいつも心配してくれていました。
だいぶ落ち着いてきました。

ありがとうございます。
  • tomotan 
  • URL 
  • 2016年08月27日 11時51分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドメニュー

プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活23年目、アメリカ生活16年目です。市民権をとり6年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。21歳の息子と6歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー13年目になります。

乳がん治療の記録

2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。

FC2カウンター

フリーエリア

あなたの国は何時? オハイオはニューヨークと同じ時間です。

amazon

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
9位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

チャチャとコタローです

ようこそいらっしゃいました。

メールフォームがうまく機能しないので、ご質問などはコメント欄をご利用ください。非公開コメントも可能です。

チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。

全記事(数)表示

全タイトルを表示

全記事表示リンク

検索フォーム

Amazon

摂氏/華氏 温度変換器

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

twitter

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム