悲しい!馬のジョンに会えなくなっていました。

オハイオに引っ越してきて、すごく好きだったことは豊かな自然と野生動物、優しい人たち。

それから田舎とはいえ、郊外型の大きいモールがすぐそばにあることでした。 綺麗な街で大好きです。 

そして家のすぐそば歩いて5分位のところに馬のいる広場があったことも気に入りました。

厩舎と走れ回れる広い馬場(?っていう?) 
広い野っ原のような場所で数頭の馬が見られました。

はじめて見つけた時は大感動!!

大声で「ジョーーン」(大きめの動物名は全部ジョン、、、笑)

パカパカ走ってきてくれた馬さんズ

写真は2012年のものです。 そんなに経つんですね。

015 - Copy (2)

一応フェンスで囲ってあります。


お!新しい人間だ~。観察され中
018 - Copy

ジ~~~~~~と見つめるジョン、、、。ドキドキ良い人間かな? 良い人間だよ~

017 - Copy

じゃあ、こんにちは。 はい、こんにちは。

013 - Copy


あの、おみやげの人参は? 今日は何も持ってきてないの。

014 - Copy


え!!? 
じゃあなんで大声で呼んだの! ってブルルンって行っちゃった。 そんな顔しないで~~。

016 - Copy

この日はじめて会いました。

ここのフェンスの前が行き止まりの道路になっているので、車の練習もここでしました。(オハイオで免許取りました)

8の字にバックをするのがどうしても出来なくて、フェンスの前で泣いたこともあります(笑)

ジョンがトコトコやってきて

「泣かないで、車の免許取れ無かったらボクに乗ればいいよ」って言ってました。
狂ってないです(笑)ほんとーです。

時々あるんです、友情を感じる時が。 ゴリラともありましたし(笑) 過去記事こちら 動物園に行きたいな

ガラス越しに心が通じました。 ゴリさん、私に「虫取って食べてもいいよ」って(笑)

snap_kotachacha_20123620048_20160503132247a78.jpg


お友達だね。
皆笑ってたけどね。

馬のジョンもフェンスの前で泣く私を優しい目で見てくれていました。 上のバカにしている写真ではない(爆)

そんな馬さんの場所が!!なんとなんと~~!!
オーナーが土地を売っちゃったのです~~。

Saleの看板は知ってましたが、もっと後だと思っていました。
気がついたら、もう馬たちは違う場所に移っていました、、、。

さよならもできなかった、、悲しいなあ。

こちらの写真は確か2015年。 こちらは季節も夏頃でしょうか。

かなり広い場所です。 遠くに見えるのはタウンハウス

IMG_20150501_134101_503_20160503125839a37.jpg

遠くにいると見えないくらいです。

IMG_20150501_134105_209 - Copy

こちら側には私達のコミュニティーがあり、私の家からは見えないのですが、この正面に立っている家が数軒あります。
ここの家の人たち、この広々とした景色がとても気に入っていたそう。 

ですが、なんと買った人はアパートをたくさん建てるそうで、すごく怒ってました。

IMG_20150501_134118_485_2016050312583883b.jpg

寂しいなあ

IMG_20150501_134122_615_20160503125837b3e.jpg

角を曲がれば、いつでも会えると思っていました。

近かったから、いつでもいけるからと、あまり会いに行けなかった。

何年も住んでいるのに。

もっと写真を撮ったり、スケッチしたり、人参あげたりしたかった。

(ずっと)は、ないんですよね。

気がついたら、もう売れていた後で馬たちも持ち主が他の厩舎に移していました。

さみしいなあ、、、。

つい最近まで「都会がやっぱり好き!」と思ったりしたんですが、、こういうのどかな場所がなくなっていくのも寂しいですね。

でも自分の家だってそうやって鹿たち野生動物の住処を追いやって建てているのですよね、、。

なんだかいろいろ考えてしまいました。

ジョンたち(ちなみに英語でジョンズって言っちゃいけません(笑) 

ありがとう。

また会おうね。



クリックが励みになっています!ありがとう。

にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

なんだか、今日も楽しく面白く読みましたが、ジョンたち(ジョンズはダメダメね)が去っていってしまったなんて・・・
寂しいですね~~~~~
でも動物と意思の疎通ができるTomotanさん、素敵だし私もそういう経験あります。
動物だって、「目と目で通じ合う」ってもんですよね。
日常で当たり前にそこにあると思うと、人間は空気みたいに感じちゃいますね。
私ももっとそういうことたちを大切にしたいな、と思いました。

あ、ちなみに、私もヘアダイで失敗することしょっちゅうです。

NoTitle

癒される動物がいなくなると寂しいですよね! しかも、その跡地がアパートになるのもね。 でも、ここ最近、こちらでも凄いです。 そこら中にアパートやタウンハウスが建てられています。今まで、自然だったところが、が~~~あああ~~と削られて。 

ところで、tomotanさんのブログをリンク追加にと・・・思ったのですが、tomotanのブログに『このブログをリンクに追加する』という所がなく、やり方が分からなかった~~~。 皆さん、どうやって、tomotanさんのブログをリンクに追加しているのかしら??? 

悩めるうさぎさんへ

> なんだか、今日も楽しく面白く読みましたが、ジョンたち(ジョンズはダメダメね)が去っていってしまったなんて・・・
> 寂しいですね~~~~~

そうなんですよ~。 暖かくなって、また行こうと思っていました。 
毎日家に引きこもってないで、会いに行けばよかったなあ。


> でも動物と意思の疎通ができるTomotanさん、素敵だし私もそういう経験あります。
> 動物だって、「目と目で通じ合う」ってもんですよね。

目と目で~♪ってあの声で再生されました←昭和女ですね、私。
うさぎの足だん!とかね、猫も悲しい時にそっと側によってきて腕をかけてくれたりします、、。


> 日常で当たり前にそこにあると思うと、人間は空気みたいに感じちゃいますね。
> 私ももっとそういうことたちを大切にしたいな、と思いました。

そうなんですよね、、
当たり前は当たり前ではなくて、ずっともなくて、、本当に大切にしなくちゃと思います。


> あ、ちなみに、私もヘアダイで失敗することしょっちゅうです。

あは~同じですか~!なんでしょう、変な色~(笑)いま少しづつ色が抜けて、、でもなんか不良みたいな、、(笑)

Kikoさんへ

> 癒される動物がいなくなると寂しいですよね! しかも、その跡地がアパートになるのもね。 でも、ここ最近、こちらでも凄いです。 そこら中にアパートやタウンハウスが建てられています。今まで、自然だったところが、が~~~あああ~~と削られて。 

なんだか、寂しいです。家に閉じこもっていないで、一日一回くらい散歩を兼ねて会いに行けばよかったなって。
結構広い土地なのでアパートが何軒も建つのかな、と。 デパートならいいのに(笑)


> ところで、tomotanさんのブログをリンク追加にと・・・思ったのですが、tomotanのブログに『このブログをリンクに追加する』という所がなく、やり方が分からなかった~~~。 皆さん、どうやって、tomotanさんのブログをリンクに追加しているのかしら??? 

あ~そうですね~折りたたみのにしてたので、公式じゃなかったですね。 この際やり変えます。
KikoさんFC2ですよね。 

1,左の設定、の中にリンクの編集があるので、そこをあけます。
2,一番上にリンクに入れたいサイトがあるのでブログの名前とURLをコピーペーストします
3,クリックすると、一番下(古い順で新しいのは下にきます)に入ると思います。

でも整理して元のにもどしますね。

フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: