乳がん告知で世界が真っ暗になったあの日から、もうすぐ13年。

ずっと乳がん記事を書いていませんでした。

なのでブログ村の乳がんカテゴリーも外していました。 

でも毎日訪問して、たくさんの乳がん患者さんのブログを読んでいます。

手術や治療で苦しんでいる人や、再発や転移をしても希望を捨てずに頑張っている人がたくさんおられます。

そして世界中に今この瞬間にも「乳がんです」と告知されている人がいるのだと思うと、とてもつらくなります。

承諾を得ていないのでお名前は控えますが、かわいい漫画のアメリカブロガーさん、お休みされているなと思っていたら乳がんの治療が始まっていたそうです。

私が乳がんになる前は、告知された時の気持ちなんて想像もできませんでした。

「ブレストキャンサーです、かなり大きくなっています」。

そう言われた瞬間

目の前が真っ暗になり、頭が真っ白になりました。

あの日から、もうすぐ13年になります。

手術も何回もして、抗癌剤も放射線も辛かったですが、

ブレストキャンサーだと言われた瞬間が一番つらかったのです。

あとは夢中で治療をしました。 もちろん、落ち込んだり痛みと戦ったり、苦しんだり。
いろいろありましたが、やはりあの日のことは忘れられません。

そして、胸の痛み、心の痛みを知っている私は、やはり時々乳がんのことを書いていかなくてはいけないと思うのです。

今まで何度も何度も言っていますが、本当にかなり進行した癌でした。 
ステージ2以上だと思うと言われ、手術してからの病理検査でステージ3と言われました。

生存率を聞いて絶望したものです。

当時の目標はとりあえず5年!!5年は越したい!と思っていました。

まだ8歳だった息子。せめてティーンになった姿が見たいと。

ドクターがやったほうが良いと思うという治療は全部しました。 
強めの抗癌剤や大量の放射線。こんなことも必要なのかと思うような子宮摘出まで。

私は生きていたかった。

息子の成長を見届けたかった。

そして、もうすぐ息子は21歳になります。

あの日からもうすぐ13年になります。

これから治療の皆さん、がんばってください。

きっときっと、大丈夫です。

それから、健康な皆さんもマンモグラフィーを受けてくださいね。

早ければ早いほど治癒率も高い乳がん。 

そして自分で触ることのできる唯一の癌とも言われています。

自己検査してくださいね。

皆でがんばりましょう。

そしていつの日か特効薬が出来るとか、予防薬ができるとか、、

癌という病気がなくなりますように!!!



クリックで応援してね。 ありがとう~!

にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

tomotanさん、こんばんは。
告知から13年になるんですね。同じステージの方がこうして元気でいて下さること、本当に輝く光です。
私は5月で告知から2年になります。
でも私にとってこの2年は記憶が曖昧な2年となりました。手術、抗がん剤、放射線、ハーセプチンを1年、治療をこなすだけの日々をひたすら送っていただけで、最初の1年は泣いてばかりいました。
病理結果が想像以上に悪くてそれからネット検索が始まり、そんな時にステージ3か生存率かのワードでtomotanさんにたどり着いたのだと思います。まだLAにいらっしゃった最初のところから一気に読みました。乳ガンの情報が欲しくて読み始めたのに乳ガン以外のおとうたんや息子さんとの楽しい日常やにゃんずちゃんの可愛い写真など いつの間にかtomotanさんのブログのファンになっていました。
tomotanさんの13年、きっといろんな思いの詰まった濃い濃い13年でしたよね。私もそんな風に振り返ることが出来る年を重ねて行きたいと思っています。
tomotanさん、ありがとう。これからも楽しく読ませてもらいますね。

アカデミー、ディカプリオ取れましたね。
なんかほっとしました。めでたし、めでたしです。良かった。

NoTitle

昨日、友人が電話をくれて、乳がん告知から5年経ったと。本当にうれしかった。賛否はあると思いますが、純血種のブリードに打ち込んで癌との戦いの力にしています。生まれた子猫たちに寝る間を惜しんで食餌させて。この子たちがいるから、がんばって生きていられるんだと考えさせられます。彼女がTomotanさんのように苦しんでいた日々も知っています。Tomotanさんも彼女も、元気な年月がもっともっと長くなれと応援しています。

NoTitle

おはようございます。

この記事を読んで私も自分が告知を受けたときのことを思い出しました。
確か主治医の「これは治療したほうがいいですね」
ということばに「悪性ですか?」という返事をし、それに主治医が頷いたって感じでした。
その時は頭が真っ白で何も考えられなくなるっていうよりは、なんとかしなきゃ!って思いが先走り、次に私の口から出た言葉が、
「先生、手術って最速でいつですか?」って聞いたのを
覚えています。
本来ならば、一度家に帰り、家族でよく考えた上でセカンドオピニオンにまわって。。。っていうのが今考えれば普通なんじゃないかと思いますが、とにかくその時は1秒でも早く癌をなくしてしまいたいと思ったのです。
そしたら主治医もノリが良くて(笑)カレンダーを見ながら答えたのがなんと10日後でした。
で、あれよあれよといろいろその日のうちに入院手続きやらなんと麻酔科の診察まで済ませ、次に主治医に会う時は手術の前日というスピードでした。
検査を受けたのはいわゆる総合病院で、癌の専門病院でも有名な大学病院でもないんですよね〜。
でも、先生との相性が良さそうだと思ったので全く迷いはありませんでした。
時間がなくてあれこれ余計なことを考えずにすんだのは、今思えばかえって良かったんだと思います。

むしろ焦ったのは術後の病理の結果で術前ではでなかったHer2が有った事で、それにより術前にはやらなくていいって言われてた抗がん剤が必要になった時ですね。。。
悪性度がアップしたようなものですもんね。
ステージは術前よりもさがった事もかすんでしまうくらいショックでした。

その時から私も2年経ちました。
治療は手術、放射線、抗がん剤、ハーセプチンのフルコース、いろいろ副作用やら何やらありましたが元気ですよ〜!
tomotanさんには本当にたくさん元気をもらい、助けて頂きました。
だから同じように私も今頑張っている人たちに言いたいです。
一緒に元気になろうねって!

こんにちは♪( ´▽`)

13年、おめでとうございます〜。
長い長いホルモン治療も含め、お疲れ様です!

私の告知は、サラッとしてました。
「これね、スペシャルってかいてあるけど、普通の乳がんですね〜」
って感じでした。
私自身、しっかり話を聞いていたつもりだったのですが、全く覚えていません。笑
告知・病理結果の話しの際の記憶はないです。再発が決定した時に、改めて病理結果を聞いたくらいです。
希望のtomotanさん、家族…支えられて、今の私がいます。

若年性だったけど、片乳は失ったけど、リンパ節にたくさん転移してたけど、再発までしてしまったけど、tomotanさんのあとに続け‼︎って感じでいます。

とりあえず、術後2年は経ちました。
娘1号は6歳から8歳に。
娘2号は4歳から6歳に。
第一目標は、娘2号の卒園式でした。
その目標は、今月27日に達成します。
第二目標は、娘1号の卒業式です。
あと4年ですね。

肩の力を抜いて頑張ります〜〜。笑


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

エマ410さんへ

> tomotanさん、こんばんは。
エマ410さん、こんばんは!!


> 告知から13年になるんですね。同じステージの方がこうして元気でいて下さること、本当に輝く光です。
> 私は5月で告知から2年になります。

エマ410さんもステージ3だったのですね。 大丈夫です!元気ですよ!


> でも私にとってこの2年は記憶が曖昧な2年となりました。手術、抗がん剤、放射線、ハーセプチンを1年、治療をこなすだけの日々をひたすら送っていただけで、最初の1年は泣いてばかりいました。


同じです。 私も1年以上泣いてばかりでした。 すっごくネガティブでした(笑)私も記憶があいまいだったりしました。
日記をつけていたので闘病日記がかけました。


> 病理結果が想像以上に悪くてそれからネット検索が始まり、そんな時にステージ3か生存率かのワードでtomotanさんにたどり着いたのだと思います。まだLAにいらっしゃった最初のところから一気に読みました。乳ガンの情報が欲しくて読み始めたのに乳ガン以外のおとうたんや息子さんとの楽しい日常やにゃんずちゃんの可愛い写真など いつの間にかtomotanさんのブログのファンになっていました。

きゃ~嬉しいです!! LAにいた頃はまだ体力的にもイマイチで、心配してました。
それでもハワイではあまり楽しめなかったので、LAで楽しもうといろいろチャレンジしたりしてました。
オハイオに来てドーンと落ち着きましたね。


> tomotanさんの13年、きっといろんな思いの詰まった濃い濃い13年でしたよね。私もそんな風に振り返ることが出来る年を重ねて行きたいと思っています。
> tomotanさん、ありがとう。これからも楽しく読ませてもらいますね。


すごく長かったような、あっという間だったような。不思議な気持ちです。
もっといろいろ出来たのではないか?なんて思うこともありますが、、
のんびり生きているこの感じが健康に良いのかな?
これからもよろしくおねがいしますね。


> アカデミー、ディカプリオ取れましたね。
> なんかほっとしました。めでたし、めでたしです。良かった。

本当に良かった~~やきもきしました。
映画見てないんですが、もうレオにあげてよおお~~~って(笑)

Maaiさんへ

> 昨日、友人が電話をくれて、乳がん告知から5年経ったと。本当にうれしかった。

良かったですね!!!5年が区切りですものね。乳がんはちと長いのですが5年OKなら10年OKって私は思っています。


>賛否はあると思いますが、純血種のブリードに打ち込んで癌との戦いの力にしています。生まれた子猫たちに寝る間を惜しんで食餌させて。この子たちがいるから、がんばって生きていられるんだと考えさせられます。彼女がTomotanさんのように苦しんでいた日々も知っています。Tomotanさんも彼女も、元気な年月がもっともっと長くなれと応援しています。


生きている力になり、子猫たちも大事にされてるんですもん、否定なんてもちろんないです。
(希望)と(生きる力)ってすごく大事です。 私も当時息子が生きる力でした。
治療が苦しいですもんね、精神的にも胸を切るなんて想像を絶する辛さですね。 
だから治療薬がもっともっと効いて皆が元気になればいいなと思います。

Aki*さんへ

> おはようございます。
Aki*さん、こんばんは~~!


> この記事を読んで私も自分が告知を受けたときのことを思い出しました。
> 確か主治医の「これは治療したほうがいいですね」
> ということばに「悪性ですか?」という返事をし、それに主治医が頷いたって感じでした。
> その時は頭が真っ白で何も考えられなくなるっていうよりは、なんとかしなきゃ!って思いが先走り、次に私の口から出た言葉が、
> 「先生、手術って最速でいつですか?」って聞いたのを
> 覚えています。

ああ~~よくわかります。
もうわかったら、一日でも早く切ってくれ~ですよね。
私はそこから長く待たされました! 手術がいっぱいだったんですね。
でも本当、待つ間辛かったです。


> 本来ならば、一度家に帰り、家族でよく考えた上でセカンドオピニオンにまわって。。。っていうのが今考えれば普通なんじゃないかと思いますが、とにかくその時は1秒でも早く癌をなくしてしまいたいと思ったのです。
> そしたら主治医もノリが良くて(笑)カレンダーを見ながら答えたのがなんと10日後でした。
> で、あれよあれよといろいろその日のうちに入院手続きやらなんと麻酔科の診察まで済ませ、次に主治医に会う時は手術の前日というスピードでした。

良かったですよね。 一日一日長くて、こんなことしている間にも癌が大きくなる~!!って思いました。
ホテルでしたし、なにも持ってくなくて辛かったなあ。 10日後はラッキーですよね。



> むしろ焦ったのは術後の病理の結果で術前ではでなかったHer2が有った事で、それにより術前にはやらなくていいって言われてた抗がん剤が必要になった時ですね。。。
> 悪性度がアップしたようなものですもんね。
> ステージは術前よりもさがった事もかすんでしまうくらいショックでした。



そうだったのですか、、。ステージは下がっても悪性度が上がるってあるんですね。
抗癌剤をするのは本当にショックですよね。
やらなくていいなら、そのほうがいいですもんね。
でも私は抗癌剤がすごく効いたような気がしてなりません。



> その時から私も2年経ちました。
> 治療は手術、放射線、抗がん剤、ハーセプチンのフルコース、いろいろ副作用やら何やらありましたが元気ですよ〜!
> tomotanさんには本当にたくさん元気をもらい、助けて頂きました。
> だから同じように私も今頑張っている人たちに言いたいです。
> 一緒に元気になろうねって!


良かった良かった~~辛い2年だったと思います。
副作用も辛いですね。
でも皆で一緒に元気になる!!
すっごくいい言葉!!
私も時々書いていこうと思います。

ゆうさんへ

> こんにちは♪( ´▽`)
ゆうさん、こんばんは~~~~!!


> 13年、おめでとうございます〜。
> 長い長いホルモン治療も含め、お疲れ様です!

ありがとうございます~~!
ホルモン治療は長いですよね。
まじで男になる~って思いました(笑)


> 私の告知は、サラッとしてました。
> 「これね、スペシャルってかいてあるけど、普通の乳がんですね〜」
> って感じでした。
> 私自身、しっかり話を聞いていたつもりだったのですが、全く覚えていません。笑


普通でもスペシャルでも、、いやですよね、、。
私も真っ暗になったというよりも真っ白になりました。
え?え?なんて?いまなんて?って言う感じで。
その後スーッと冷静になり、それから大泣きでした。


> 告知・病理結果の話しの際の記憶はないです。再発が決定した時に、改めて病理結果を聞いたくらいです。
> 希望のtomotanさん、家族…支えられて、今の私がいます。
>
> 若年性だったけど、片乳は失ったけど、リンパ節にたくさん転移してたけど、再発までしてしまったけど、tomotanさんのあとに続け‼︎って感じでいます。


希望のTomotanうひ~いつもありがとう、嬉しいです。
でもそうですよ~本当に。 続いてください!
私も元気、ゆうさんも元気です! 
本当に尊敬します。お仕事もされてて、明るくてすっごいパワーを感じます!!


> とりあえず、術後2年は経ちました。
> 娘1号は6歳から8歳に。
> 娘2号は4歳から6歳に。
> 第一目標は、娘2号の卒園式でした。
> その目標は、今月27日に達成します。
> 第二目標は、娘1号の卒業式です。
> あと4年ですね。
>
> 肩の力を抜いて頑張ります〜〜。笑


おお~第一目標達成ですね。
第2目標だって大丈夫ですよ!

というか、結婚式、、いやいや私みたいに孫を抱っこを目標にしてください~!!
がんばれママ!!

鍵コメさんへ

コメントありがとうございます。
とても嬉しいです。

コロンバスではないのです~1時間半くらいかかります。
テンスケに時々行きます(笑)

こちらこそよろしくお願いいたします。 

サバイバー

13年!素晴らしい!
これからも、
私の希望の光でいてくださいね。
こちらは年度末で、新学期の準備と
並行して、自分の検査…バタバタしてます。
CT検査で卵巣嚢腫があると言われ
婦人科で検査したところ、嚢腫は
悪いものではなさそうだが、
腫瘍マーカーのひとつが高いと言われ
そのマーカーは消化器系にも反応するらしいので、
胃カメラ、大腸カメラも追加になりました、とほほ。
検査が終わるまでは、気持ちも落ちつきません。
体は元気で、仕事も行ってます!
ではまた。

aimoriさんへ

> 13年!素晴らしい!
> これからも、
> 私の希望の光でいてくださいね。


13年、自分でもおおおと驚いています(笑)
希望の星~ありがとうございます。
皆で希望になりましょう!!


> こちらは年度末で、新学期の準備と
> 並行して、自分の検査…バタバタしてます。
> CT検査で卵巣嚢腫があると言われ
> 婦人科で検査したところ、嚢腫は
> 悪いものではなさそうだが、
> 腫瘍マーカーのひとつが高いと言われ
> そのマーカーは消化器系にも反応するらしいので、
> 胃カメラ、大腸カメラも追加になりました、とほほ。
> 検査が終わるまでは、気持ちも落ちつきません。
> 体は元気で、仕事も行ってます!
> ではまた。

実は私も、やっと落ち着いた頃に卵巣に腫瘍があると言われ9センチにもなってると言われました。
その時は手術してみなければ良性、悪性はわからないと言われ、、
切除するか検査だけするかすごく悩みました。
もう本当に手術は嫌だったのですごく悩んだのですが、、、結局切除することにしたんです。
結果としては良かったのですが、落ちつかない気持ちすごくよくわかります。

お仕事もされてるなんてずごいです! 私はなにもしないままです。
検査結果が良いものでありますように!!!
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: