病気と闘ってる皆様へ

私の乳癌治療はハワイのアーミートリプラー病院でした。

そこで手術、抗がん剤、放射線治療をしたんですけど、この放射線の先生が大好きでした。

Dr,スプレッグ もう引退された女性のカーネル。

他の医者が言わない事をよく言ってくれました。それは、、 

"You will be OK!!"  だいじょうぶよ!という優しい言葉。

医療関係の人に聞くと今は「ファイン」や「オーケー」はいわないそう。
もし「ファイン」じゃない場合、訴えられたりするからでしょうか?

でもその医者は大丈夫じゃない私に「だいじょうぶ」といつも言ってくれたのです。

「死ぬのよね」と泣く私に

「死ぬわよ~!!、でも99歳くらいかしらね!可愛い孫に囲まれてね」といってくださった先生です。


ある日、「私の腫瘍はおおきいですよね(4.5センチ)大丈夫な人は早期の人だけじゃないんですか?」と聞いたところ
「私の患者で75歳の女性の腫瘍の大きさは10センチ以上だったのよ、、7年前ね今も元気よ」など具体例を出してくれて、それは嬉しかったものです。 

そこでやっていた(乳癌サバイバーの会)にも時々顔を出したりしました。

いろんな方と話す機会が増えて、奇跡みたいな話も聞きました。

ある女性が妊娠してとても喜んでいたのもつかの間、乳がんが見つかりました。
しかも進行が早いタイプ。
 医者は「子供は諦めてすぐに手術、抗がん剤をはじめなさい。さもないと命は無い」と彼女につげました。
そこで彼女は医者の目をじっと見て

  "Fuc○ you!’ (皆さんご存知のとても激しい罵倒のことば)
「私の人生は私が決めるわ! 私の子供よ!」と言って産む方を選んだそうです。

医者は生まれるまでの余命はないと考えていましたが、赤ちゃんは無事に生まれました。
その後すぐに抗がん剤など治療を始めました。

癌は相当進行していて、母乳を出す為の胸も無くなり、髪も抜け、歯も抜け、彼も去っていったのです。

退院しても自分でトイレも行けず、赤ちゃんのオムツも変えられません。

家族が駆けつけたときには2人で汚物にまみれていたそう。

でも輝くばかりの美しさだったそうです。

自分で選んだ自分の人生。
彼女のその後は知りませんが元気でいるような気がしてならないんです。

奇跡を信じますか?

私は信じます。 

でもそれは奇跡ではなく自分の力かも知れないんです。

絶望の中でも光はあるはず。

あきらめないで下さい。 だいじょうぶです。 
あなたは強いのだから!!







一人でも多くの人に元気を出してもらいたいと思っています。
目に触れやすいようにクリック応援お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


関連記事

コメントの投稿

Secret

ありがとう

tomotanさん、ありがとう。感動してまた涙が溢れてしまいました。

No title

すばらしいお話ですね。自分の人生は自分で決める。つい誰かに決断をゆだねたくなる。そうしたらダメだった時に楽だから。。。誰かのせいにしてそれですめばいいなんて。自分で決めることができる人は強く美しいですね。私もそうありたいです。

ゆうだいさん、こんばんは!

ゆうだいさん、自分を信じて打ち勝ちましょう! あなたは強い人です!だいじょうぶです!!!

ミキさん、こんばんは。

ミキさん、いつもありがとう。
自分の人生、誰の物でもないですもんね。 
決断を迫られるとこもありますけど自分を信じたいです。
強い人になりたいなといつも思ってます。 とほほのほうが多いんですけど。

tomotanさんこんばんは。

Dr,スプレッグさん、素敵な方ですね。子供を産んだ女性も、すごく勇気のある方ですね。tomotanさんを含め、戦う女性は本当に美しい! ですね。私もそういう女性になりたいですけど。。。

ayhaさん,こんばんは。

優しいコメントをありがとうございます。
Drスプレッグのような素敵な先生が増えたらいいんですけどね。
希望をもらえました。 そして勇気も。

話は違いますが、、Ayahさん、本読むのすごく早い!!

No title

Dr.スプレッグさんの言葉はとても勇気づけられるし
説得力もあり、素晴らしいですね^^

妊娠を期に乳がんが見つかった方、
元気でお子さんと暮らしてるって私も思います!

奇跡を信じる=自分の力なのですね♡
tomotanさんの力強い言葉、とても感動しました!

コタロウ君とチャチャ丸君の「だいじょうぶにゃん」、
うんうん、絶対に大丈夫!!(´ω`*)

norori*さん、こんにちは!

> Dr.スプレッグさんの言葉はとても勇気づけられるし
> 説得力もあり、素晴らしいですね^^

そうなんです。 ああいう医者が増えて欲しいと思います。

わア、感動なんて~v-402恥かしいです。

でも皆だいじょうぶ、にゃん。

気を強く持ってください

私はICUのナースをしています。

もう今年8年目突入なので、今までにいろいろな患者さんを看てきました。
ICUということで、重症の患者さんしか相手にしていませんが、それでもたくさんの奇跡を見ます。
信じていれば、叶うことだって絶対あるはず!
病は気からといいますが、スピリットを強くもつことは闘病において一番大切なことだと思います。

絶対に負けないでください!
応援しています!

私が書いたブログ記事で、闘病して元気になった女の子のエピソード、リンクしたので、よろしかったらそちらご覧ください。 少しでも勇気づけになればと思ってリンクさせていただきました。

Angelさん、はじめまして。

> 私はICUのナースをしています。

ワア!スッゴク心強いです!!

> 病は気からといいますが、スピリットを強くもつことは闘病において一番大切なことだと思います
心から本当にそう思います。 ファイティングスピリットって大きいですよね。

> 絶対に負けないでください!
> 応援しています!
 ありがとうございます!! ただ私の場合は7年前なんです。 
再発の恐怖もありますし、まだ抗ホルモン剤などのんで治療は続けていますが、今は落ち着いています。
でも乳癌治療のこと書いておきたかった。そして、「ほら!でかい乳癌でもげんきになるんだよ」って
ブログをとおして伝えたかったんですね。

> 私が書いたブログ記事で、闘病して元気になった女の子のエピソード、リンクしたので、よろしかったらそちらご覧ください。 少しでも勇気づけになればと思ってリンクさせていただきました。
 皆すごく勇気付けられると思うので紹介させてください!!

とてもうれしいコメントありがとうございました。
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
12位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ