911のこと、それから人命救助、動物救助のこと。

アメリカは今日9月11日。

同時多発テロは14年も前なのですね。
あの日のテレビ報道は忘れられないです。
今日MSNBCというテレビ局が14年前の放送をそのまま流していました。
時間も同じで、当時の荒い映像を見てあっという間に14年前に戻ったような気がしました。

どのチャンネルも同じだったので、14年前も全く同じ映像と解説を見ていました。
当時はニュースはあまり聞き取れなかったけれど、全く同じ箇所でドキッとしました。
それはアナウンサーが
「アメリカが攻撃されています、パールハーバー以降初めてです」と言った時。
なんとも言えない気持ちでした。

ですが、そんな気持ちは吹き飛ぶほどのあまりにも悲惨な映像、、。

本当のことだとすぐに信じられなかった、あの日、、。
何も変わらないアイダホで、いつものように空も青くて、、でもそんなことが起こっているなんてと。
すごく複雑で不思議な気持ちの次に理不尽な暴力への怒りと悲しみが湧いてきて、、、。

当時基地からすぐにNYに半分近く応援に行ったと思います。
夫は待機側でしたが、すぐにでも行きたそうでした。

職業柄、有事があると救助や補助またそのための待機になります。
311の時は日本にいなかったので(友達作戦)には参加できませんでした。
夫の性格を知っているので、志願してでも行っていると思います。
アメリカ軍人は悪く言われることが多いのですが、(そしてもちろん悪いのもいますが)
私の知ってる人は皆、自国民も他国民も助けたい!と言います。
そのためにはどこにでも行くという人達。

話を聞くと、自衛隊も同じような人が多いような気がします。 
悪口を言われ、デモの旗に(米軍と自衛隊の訓練反対)と書かれ、辛い気持ちになるでしょうね、、。
それでも311の時の素晴らしい活躍、それから今回の鬼怒川氾濫の救助の活躍の写真には胸が打たれました。

日本の皆さんは生放送でご覧になったと思います。
私はツイッターで知りました。

ヘリで降りて屋根の上の人、そして犬を救助するところ。

ルール違反だという声も上がったそうです。
ですが、ルール違反ではないのです。

あまり知られていないとおもいますが、日本でも
ペットとの同行避難』は環境省で【推奨】されています。
詳しくは環境省のHPを。

あなたの家族です。 堂々と一緒に避難してください。

アメリカでは2005年8月29日ハリケーン・カトリーナが南東部を襲いました。
この時やはり動物と一緒に避難できず、一緒でないければ避難しないと言った人が半数以上いたそうです。

たくさんの人も動物も生命を失いました。

参考ハリケーンカトリーナから10年

この後すぐに大規模な動物救出作戦が始まり、数千という動物が救助され、そして

ここから転載
ナショナルジオグラフィック日本版より

こうした状況を受けて、立法府が立ち上がった。緊急避難のときに動物を救えるようにと、「ペットの避難・輸送基準(PETS)法案」が提出されたのだ。避難計画に、飼い主に連れられたペットや介助動物も組み込んだ州や自治体に限り、連邦緊急事態管理局(FEMA)を通じて資金援助を行うという内容である。
。。。。。。。。。。。。。ここまで。

アメリカも動きました、そして日本も。

3月11日の災害から原発事故、その時の避難でやはりペットが置いて行かれました。
それからたくさんのたくさんの人達の力で(環境省のペット避難奨励)までこぎつけたのだと思います。

それを知らない人が多いのがとても残念です。

少しでも広めて行けたらなあと思います。


911も311も忘れない。

大切な生命を失ってしまった人たち動物たち。
心からご冥福をお祈りいたします。

ツイッターより




応援~ありがとう~。 すごく励みになっています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

9 11から14年になるのネ。TV朝日の生放送中の出来事でした。凄いショックだったのと同時に、勤務する米軍基地が狙われるかもと不安でした。昨日は基地内の米国旗は半旗でした。有志グループは私服で行進してましたよ。昨日は9 11そして 3 11から4年半の時でした。 鬼怒川の氾濫はTVでみて衝撃的でした。家屋が濁流に流される光景は、3 11を思いださせました。皆さんどんなに怖かった事か。 ワンコを抱いて家の屋根の上で救助を待つ夫妻。まだ子犬なので一緒に助けて欲しい!と頼んで 救って貰ったそうです。3 11の時は多くの家畜とペットが犠牲になりましたね、可哀想でなりません。 9 11の時も 3 11の時も、米国基地はとても忙しかったのは外部であまり知られてないですネ。救援物資をせっせと送ってました、書類が次々と来て エンドレスだったわ~ 放射能汚染の為の飲み薬まで配布されたっけ。

奈美さんへ

> 9 11から14年になるのネ。TV朝日の生放送中の出来事でした。凄いショックだったのと同時に、勤務する米軍基地が狙われるかもと不安でした。昨日は基地内の米国旗は半旗でした。有志グループは私服で行進してましたよ。

もう基地で仕事してらっしゃったのですね。当時そう言われていましたよね、基地が狙われているって。
すごく良く覚えています、、、。

>昨日は9 11そして 3 11から4年半の時でした。 鬼怒川の氾濫はTVでみて衝撃的でした。家屋が濁流に流される光景は、3 11を思いださせました。皆さんどんなに怖かった事か。 ワンコを抱いて家の屋根の上で救助を待つ夫妻。まだ子犬なので一緒に助けて欲しい!と頼んで 救って貰ったそうです。3 11の時は多くの家畜とペットが犠牲になりましたね、可哀想でなりません。

やはり皆さんテレビご覧になったのですね。母もずっと見ていて涙が出たと行っていました。
自衛隊にありがとうと言いたいです。

>9 11の時も 3 11の時も、米国基地はとても忙しかったのは外部であまり知られてないですネ。救援物資をせっせと送ってました、書類が次々と来て エンドレスだったわ~ 放射能汚染の為の飲み薬まで配布されたっけ。

そうらしいですよね、トモダチ作戦もそれほど大きく報道されてないとか。
当時はよくブログに書いていて、鍵コメで作戦に関わっていた方からコメントを頂いたりして嬉しかったのを覚えています。
悪いことばかり書かれるのがフェアじゃないですよね。

No title

tomotanさん こんばんは。

9.11から14年ですか・・・
あの時の事、テレビをつける前からあの惨劇が映し出される
全てを今も覚えています。
テロなんて言葉も浮かばず、なんていう事故が起こったのかと
何が起こっているのかわかりませんでした。

9.11の頃から世界中の事件が、自然災害が変わっていった
ように感じるのは私だけかしら・・・。

3.11にはトモダチ作戦でお世話になりましたね。

鬼怒川氾濫は、3.11を思い出してしまうほどの濁流に驚きました。
私も記事を書いたのですが、屋根の上のご夫婦と犬が二匹
自衛隊員が速やかに救出してくれたのです。
順番を待っている間、犬も濁流の恐怖にじっと静かにしていてくれて
本当に良かったと思いました。

ペットの同行避難については、ルールの取り決めや周知が必要だと
思います。でも、以前よりはペットを連れている人も多く見かけた
のでホッとしました。大切な家族ですから・・・。

Masumiさんへ

> tomotanさん こんばんは。

Masumiさん、こんばんは~!!


> 9.11から14年ですか・・・
> あの時の事、テレビをつける前からあの惨劇が映し出される
> 全てを今も覚えています。
> テロなんて言葉も浮かばず、なんていう事故が起こったのかと
> 何が起こっているのかわかりませんでした。

すごく驚いたので、、克明に覚えていますよね。
見たいテレビがあったので送って行って急いで帰ってきたんです。
どのチャンネルも同じで「映画のプロモーションかな?」と思いました。
現実のことと思えませんでした。


> 9.11の頃から世界中の事件が、自然災害が変わっていった
> ように感じるのは私だけかしら・・・。
>
> 3.11にはトモダチ作戦でお世話になりましたね。

そうですね、あのあと戦争になってしまって大きなことがいくつもありました。
3.11のトモダチ作戦もそれほど報道されていないと聞いています。
その後、米兵が東電を訴えたことのほうがクローズアップしているみたいです。


> 鬼怒川氾濫は、3.11を思い出してしまうほどの濁流に驚きました。
> 私も記事を書いたのですが、屋根の上のご夫婦と犬が二匹
> 自衛隊員が速やかに救出してくれたのです。
> 順番を待っている間、犬も濁流の恐怖にじっと静かにしていてくれて
> 本当に良かったと思いました。

読みました! 皆さん生放送で見ていたのですね。
見たかった~Youtubeとかに出てるかな。
自衛隊員、流石です。 
ワンコのことを「ご家族の方ですね」と言ってくれたそうで涙でます。


> ペットの同行避難については、ルールの取り決めや周知が必要だと
> 思います。でも、以前よりはペットを連れている人も多く見かけた
> のでホッとしました。大切な家族ですから・・・。

同行避難のこと奨励されていても市のほうで禁止もあるとか。
それでも大きな進歩だと思うんですよね。 はじめから同行避難禁止!よりも。
ただ、避難場所は別にする必要がありますよね、アレルギーの方もいらっしゃるので、、。

No title

こんにちは!!
もっと早くコメントしようと思いながら遅くなってしまいました・・

9.11からも14年も経ったんですね。
私もあの日の衝撃は忘れられないです。
世の中のバランスの微妙なところが崩れていった瞬間だったように思います。

鬼怒川の一連の救出活動は私も見ていて「あのころ」と比べて変わってきたな、と感じました。
わんちゃんが救出されるところ、手に汗を握ってみてましたよ~!
でも、現実的には避難所の運営側、飼い主双方とも、未だにペットとの同伴避難については認識が薄いのだな~って・・・まだまだこれから?かな??

遅ればせながらこのことはブログに・・・・と「思って」はいます^^;
さて、いつになることでしょうかぁ~~~

今からmasumiさんのところもコメしにいってきま~す^^



Esperoさんへ

> こんにちは!!
> もっと早くコメントしようと思いながら遅くなってしまいました・・

Esperoさん!こんばんは~!
いいえ~、Esperoさんの記事もっと良かったです。

> 9.11からも14年も経ったんですね。
> 私もあの日の衝撃は忘れられないです。
> 世の中のバランスの微妙なところが崩れていった瞬間だったように思います。

そうなんですよね、こんなことも起こりうるんだ、と。
アメリカ神話が崩れた日というか、、。
いろいろなことが変わりましたね。


> 鬼怒川の一連の救出活動は私も見ていて「あのころ」と比べて変わってきたな、と感じました。
> わんちゃんが救出されるところ、手に汗を握ってみてましたよ~!
> でも、現実的には避難所の運営側、飼い主双方とも、未だにペットとの同伴避難については認識が薄いのだな~って・・・まだまだこれから?かな??

本当に良い方に少しづつ変わってきていますね。
ワンちゃん救出良かったです。 それでも賛否両論なのですね。
避難所にそのまま連れて行くのは私も反対なのですが、特別避難所ができてくれたらと思います。ペット同伴専用避難所とか。


> 遅ればせながらこのことはブログに・・・・と「思って」はいます^^;
> さて、いつになることでしょうかぁ~~~
>
> 今からmasumiさんのところもコメしにいってきま~す^^

ブログ読みましたよ~~。
実はEsperoさんが書くかなーって待っていました(笑)
とっても良かったです!!!
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: