今日の素敵なニュース。 教室で泣きだした赤ちゃん、、その時、、。

心が暖かくなる素敵なニュース。

イスラエルの大学でのこと。
生徒が連れてきた赤ちゃんが泣きだし、教室を出ようとした生徒に
「ちょっと待ちなさい」と教授がよびとめ、そして、、。


f06cc_1302_4298666f14a5b330de97e1c4d9dbc6ad.jpg
(Sarit Fishbaine - 携帯アップロード)


教授があやして抱っこしたまま授業をしたそうです。

素敵すぎる

13741_03.jpg

生徒であり実の娘さんがFacebookにアップしてあっという間に世界中に広まり大絶賛を受けたそうです。



詳しくはこちら、、。

Live door Newsから転載します。

。。。。。。。。。。。。。ここから

この「事件」が起こったのはイスラエルの首都エルサレムにあるヘブライ大学でのとある授業中のことでした。
Sydney Engelberg教授による組織行動学の授業中、とある学生ママの赤ちゃんが突然泣き始めてしまったのです。学生ママは泣く我が子を連れて教室から退出しようとしました。
しかしそうさせる代わりにEngelberg教授は赤ん坊を抱き上げ、教室を歩きまわって泣き止ませ、赤ん坊を抱っこしたまま何事もなかったかのように授業を続けたのです。

Engelberg教授の実の娘であり、この授業に出席していたSarit Fishbaineさんがその写真を撮りFacebookにアップしたことで、教授のこの行いはあっという間に世界中に知られることとなり、大きな賞賛の嵐となっています。
Engelberg教授は子どもや赤ちゃんが大好きで、自らも5人の孫を持つおじいちゃん。Fishbaineさんに寄るとイスラエルでは若い母親が多く、Engelberg教授は彼女らに赤ちゃんを教室に連れてきなさいと普段から言っていたとのこと。なお、こうした出来事は珍しいことではなく、多くの女子学生が赤ちゃんと共に講義に出席し、授乳していることも珍しくなかったということです。
そうした訳で、Engelberg教授はこの画像が世界中で何百万というビューを稼ぎ出し、人々に大きな衝撃を与えた理由がさっぱり分からなかったとのこと。それほどこの行為は教授にとっては「ごく自然の当たり前のこと」だったというわけです。


ここまで。。。。。。。。。。



「赤ちゃんを教室に連れてきなさい」。 素晴らしい教授ですね。

私も在日基地の大学で講座を受けていたことがあるのですが、赤ちゃんがいて大変だったことをよく覚えています。
夫も大学のクラスをとっていたので、時間をずらして出ていました。(交代する)
母も週末は泊まりに来て手伝ってくれました。
そうしなければ、授業に出るどころか宿題もできなかったです。

家族のいないシングルマザーの若い母さんだって勉強したい人たくさんいると思うのです。
それでも、、勉強どころか保育所さえ足りず、仕事もままならないような状態だとよく聞きます。

それから前も書きましたが、

日本では泣いてる赤ちゃんに対して厳しい意見が多いですね。
いろいろな点で不親切なアメリカですが、、
(小さい赤ちゃん)をつれている場合はアメリカのほうがうんと良かったです。
泣きっぱなしのような場合は別だと思いますが、ぐずりだすと必ず誰かしら、声をかけてくれて気持ちが楽になりました。
私も声をかけますよ (そして、なんと、、私は赤ちゃんを笑わせる天才、、、笑)

最近(幼稚園がうるさい)と高い塀を建てたニュースをちらっと読みました。

少し寂しい気持ちになったのは私だけでしょうか?





↓写真をクリックで応援とともにブログ村に飛びます。 いつもありがとう~!!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

日本は保育園(Childcare)に預けて働くことに罪悪感を感じないといけないですしね。
私はオーストラリアで子育てができてよかったと、ここ最近のニュースを見て思いました。
しかし、この教授は抱き方がこなれてますねぇ

ゆりだんさんへ

> 日本は保育園(Childcare)に預けて働くことに罪悪感を感じないといけないですしね。
> 私はオーストラリアで子育てができてよかったと、ここ最近のニュースを見て思いました。
> しかし、この教授は抱き方がこなれてますねぇ

ゆりだんさん、こんばんは。
オーストラリアの子育てって、すごくのんびりして子どもの教育の良さそうなイメージです。
実際もそうなのでしょうか? 
3メートルの塀を見て、なんとも言えない気持ちになりました。
この教授、本当に抱っこうまいですよね。
私もブックマークに入れさせていただきますね。

ほんと素晴らしい教授だゎ~安心できますネ。 そうなんです、子供の声=騒音とみなされ、高い塀が出来るし、幼稚園の建設に反対する所もあります。子供がグズると周りは嫌な顔をするし、文句いう人も普通に居ます。体が不自由な人達にも冷たい。私は杖を蹴られたり、体を押された事がある。杖仲間も同じ経験してた。もっと酷いのは盲導犬への虐待やいじめ。目の不自由な人達にとって盲導犬は 目 なのに… あっ!話がそれちゃってごめんちゃい。

No title

こんにちは~!
うう~~ちょっと気を抜くと(笑)どんどん更新してらっしゃるからコメントが追い付きませ~ん^^;

保育園は慢性的に足りていないみたいですネ~。
保育園に預けるには「仕事をしている」ことが条件なのに、仕事を探すには保育園に子供を預けていないと無理!という「ほな、どないせいっちゅうねん!」な状態のお母さんたちです。酷いですね。

そして、保育園を新しく建築しようとすると、たいていは周辺住民から反対されます。
周辺にお住いの方々(特に年配の方たち)は、保育園は「迷惑施設」とみなし、土地の資産価値が下がる、とか、静かに暮らしている環境が侵される・・などの理由を挙げ、行政の方と揉めている場所が多数あります・・・。

頼れる親族が近くにいない人にとっては、なかなか過酷ですよね。
なぜ日本の大人たち(特にご年配の方々)は子どもを嫌うのでしょう・・・・

かぜ、大丈夫ですか?
お大事にネ!!

奈美さんへ

> ほんと素晴らしい教授だゎ~安心できますネ。 そうなんです、子供の声=騒音とみなされ、高い塀が出来るし、幼稚園の建設に反対する所もあります。子供がグズると周りは嫌な顔をするし、文句いう人も普通に居ます。体が不自由な人達にも冷たい。私は杖を蹴られたり、体を押された事がある。杖仲間も同じ経験してた。もっと酷いのは盲導犬への虐待やいじめ。目の不自由な人達にとって盲導犬は 目 なのに… あっ!話がそれちゃってごめんちゃい。

こんな教授ばかりだと本当にいいですけどね、日本はいつからそんなになったのだろう。
昔はそんなことなかったような気がするけど、、 高い塀を見て唖然としました。刑務所みたい。

杖を蹴られたなんて、ひどいですね。 確かに体の不自由な方にも冷たいかも。 アメリカは自然に誰かしら当たり前に手伝います。そこが好きかな。 盲導犬のニュースも見て体が震えるほどでした。 ひどすぎます。

Esperoさんへ

> こんにちは~!
> うう~~ちょっと気を抜くと(笑)どんどん更新してらっしゃるからコメントが追い付きませ~ん^^;

えすぺろさん、こんばんは~!
気を抜くと?(笑) でも私結構おさぼりしてるんです。 一日置きとか、、。毎日きっちり更新されてる方すごいですね!


> 保育園は慢性的に足りていないみたいですネ~。
> 保育園に預けるには「仕事をしている」ことが条件なのに、仕事を探すには保育園に子供を預けていないと無理!という「ほな、どないせいっちゅうねん!」な状態のお母さんたちです。酷いですね。

笑っちゃいけないけど、「ほな、どないせいっちゅうねん」にくす! でも本当に悪循環ですよね。なにそれは~って。保育園と後、、介護も大問題ですよね、、。 設備が足りなすぎる。


> そして、保育園を新しく建築しようとすると、たいていは周辺住民から反対されます。
> 周辺にお住いの方々(特に年配の方たち)は、保育園は「迷惑施設」とみなし、土地の資産価値が下がる、とか、静かに暮らしている環境が侵される・・などの理由を挙げ、行政の方と揉めている場所が多数あります・・・。


へえ~これは知らなかったです。 最近見た(高い塀ができた)ニュースを見てショックを受けました。
資産価値がさがる~?? そうなのかなあ??
日本ってそんなじゃなかったですよね? どうしたんだろう~~??


> 頼れる親族が近くにいない人にとっては、なかなか過酷ですよね。
> なぜ日本の大人たち(特にご年配の方々)は子どもを嫌うのでしょう・・・・


前から無許可の保育園やベビーシッターの事件がありましたけど、こういう事情があるんですね、、。
年配の方が嫌うんですね、、なんだか寂しい気がするなあ~。


> かぜ、大丈夫ですか?
> お大事にネ!!

はい、ありがとうございます。
今日もドクターの往診があったので(笑)だいぶ良くなりました。
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
フリーエリア
あなたの国は何時? オハイオはニューヨークと同じ時間です。
amazon
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
Amazon
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ