被災者に言ってはいけない言葉 心理カウンセラーMasumiさんより

数日前にサバイバーズ・ギルトについて書きました。 過去記事こちら

病気からのサバイバーもギルトを感じることがあることを書いたのですが、大きな事故や事件からのサバイバーの方とは一緒にはできないですね。
もっと大きな、大きな心の傷が残ると思います。

この時の記事にブログ友達であり、心理カウンセラーのMasumiさん (ブログ カウンセリングルーム M.heart
から素晴らしいコメントを頂きました。
コメント欄だけではもったいないので、こちらで紹介させていただきます。

そのまま転載しますね。


。。。。。。。。。。。。。。ここから

tomotanさん こんにちは。

再登場です<(_ _)>

このサバイバーズ・ギルトについては、私も良く考えさせられます。。
確かに病気でも、似たような感情になると思うのです。

事故や災害では、日本では東日本大震災や御嶽山噴火など
韓国のセオル号の事故に巻き込まれた方々もそうですね。
九死に一生を得た方々が、さらに苦しむという心の問題です。

「サイコロジカル・ファーストエイド実施の手引き 第2版」
には、家族や親しい人を亡くした被災者に、言ってはいけな
い言葉が紹介されています。

・きっと、これが最善だったのです。
・彼は楽になったんですよ。
・これが彼女の寿命だったのでしょう。
・少なくとも、彼には苦しむ時間もなかったでしょう。
・がんばってこれを乗り越えないといけませんよ。
・あなたには、これに対処する力があります。
・できるだけのことはやったのです。
・あなたが生きていてよかった。
・他には誰も死ななくてよかった。
・もっとひどいことだって、起こったかもしれませんよ。
 あなたにはまだ、きょうだいもお母さんもいます。
・耐えられないようなことは、起こらないものです。

相手を思いやって励まそうとして、かけやすい言葉が
サバイバーズ・ギルトには辛く、心を閉ざすことになります。

かける言葉より、気持ちを聴いてあげることが大切と・・・
私達カウンセラーは、現代のカウンセリングの基礎を築いた
臨床心理学者ロジャーズの説から、傾聴を基本としています。
傾聴の「聴」は「耳へん」に「十四の心」と書きます。
そのことから傾聴は、「“十四の心”ほどのたくさんの心遣いで
相手の話に耳を傾けること」などと表現されます。
この傾聴こそが、技法に勝るものと言われていますが、ついつい
かける言葉に意識が向いてしまう事があります。

なんだか長くなってしまいましたが、これは大切な心の問題を
tomotanさんがお話し下さったので、ごめんなさいね。
カウンセラーとして、身が引きしまりました(^^)

>サバイバーのというか
>私の役目は旅立った人が残した大事な家族を守ること。
>そして同じ病気の人を励まし、情報を発信すること。
>そう思っています。

tomotanさんの気持ち、聴いたよ。温かい思いをありがとう。


。。。。。。。。。。。。。。ここまで



サイコロジカルファーストエイドというのがあるのですね。
この言ってはいけない言葉、すごく良くわかります。

私が思ったのは病気の場合は「あなたが生きていてよかった」は嬉しい言葉だと思うんですね、ですが大きい災害で「なぜ自分だけが、、」と生き残った事自体に罪悪感を感じている人には辛いんですね、、。


(かける言葉より、気持ちを聴いてあげることが大切と・・・ )

本当にそのとおりだと思います。

気持ちを聞いて欲しい。
辛い時は、それだけで本当に楽になりますものね。



それからMasumiさんの最新記事は(のこされた動物たち写真展)の詳しいレポートです。


ブログ カウンセリングルームM.heart 太田さんの写真展に行ってきました。

こちらの記事もとても良かったです。

福島の被災者の方たちも動物たちもサバイバーですね。

(生きる)という大切なテーマ。 これからも取り上げていきたいと思っています。



↓写真をクリックで応援とともにブログ村に飛びます。 いつもありがとう~!!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

tomotanさん こんばんは。

コメントと記事のご紹介ありがとうございます。
コメントは、定義されているお話が重要な内容だったので、話したい事を要約
するのが難しく、まとまりがないですね(^^ゞ

サイコロジカル・ファーストエイド実施の手引きは、大変良い本です。
本の帯に書かれている言葉を紹介します。

『心に傷を負った人に接するすべての人へ、何をやるべきで、何をやる
 べきでないのか。幼い子供から、思春期、大人、高齢者、障害者まで、
 繊細かつ大胆なアプローチ法が列挙された
 「災害被害者のための心理的支援マニュアル」決定版!』

『共感と気づかいに満ちた支援とはどういうものか。』

このような事が、要約されわかりやすく書いてあります。
あとは、心をこめて実践していかなくてはならないのですが・・・

>福島の被災者の方たちも動物たちもサバイバーですね。

本当ですね・・・。苦しみた続いています。
小さな小さなことでも、何かしていかなくてはと思います。

Masumiさんへ

> tomotanさん こんばんは。
Masumiさん、こんばんは!

> コメントと記事のご紹介ありがとうございます。
> コメントは、定義されているお話が重要な内容だったので、話したい事を要約
> するのが難しく、まとまりがないですね(^^ゞ

こちらこそ、とっても役に立つ記事やコメントをいつもありがとうございます。
まとまりがないなんて、そんなことないと思います。
すごくわかりやすいです。

> サイコロジカル・ファーストエイド実施の手引きは、大変良い本です。
> 本の帯に書かれている言葉を紹介します。
>
> 『心に傷を負った人に接するすべての人へ、何をやるべきで、何をやる
>  べきでないのか。幼い子供から、思春期、大人、高齢者、障害者まで、
>  繊細かつ大胆なアプローチ法が列挙された
>  「災害被害者のための心理的支援マニュアル」決定版!』
>
> 『共感と気づかいに満ちた支援とはどういうものか。』

すごく良さそうですね! (何をやるべきで、何をやるべきでないのか)
とても難しい場合がありますもんね。
読んでみたくなりました。
こういう言葉ってどこの国の人にでも当てはまるのでしょうか?
時々そういう場面があるのです。 
アメリカ人には嬉しいけど日本人にはどうかな?というような時が。


> このような事が、要約されわかりやすく書いてあります。
> あとは、心をこめて実践していかなくてはならないのですが・・・

心がこもっている言葉はわかりますね。
傷ついている時には特に、、。
素晴らしい言葉も心がこもっていないと嫌味に聞こえたりしました。


> >福島の被災者の方たちも動物たちもサバイバーですね。
>
> 本当ですね・・・。苦しみた続いています。
> 小さな小さなことでも、何かしていかなくてはと思います。


私も小さいことでも続けていきます。
忘れないで発信していきたいと思っています。

これは病気の事も災害の時も当てはまるでしょうね…聴くって 14の心なんですね! 確かにそうです、きいて欲しいですもの。最近 新聞に載ってました。先月でJR福知線の脱線事故から10年。何日間か連載されてた。死者107名、負傷者は5百人以上。サバイバーズ ギルトの事が書かれてました。計り知れない苦しみがあるのだな…と思いました。

奈美さんへ

> これは病気の事も災害の時も当てはまるでしょうね…聴くって 14の心なんですね! 確かにそうです、きいて欲しいですもの。最近 新聞に載ってました。先月でJR福知線の脱線事故から10年。何日間か連載されてた。死者107名、負傷者は5百人以上。サバイバーズ ギルトの事が書かれてました。計り知れない苦しみがあるのだな…と思いました。

こんばんは。
特に事故などの災害の被害者が辛い思いをするのだと思います。JRの事故はひどかったですもんね。 その場に居合わせたら、目の前に全て見えているわけで、忘れることはできないと思います。 すごく苦しいと思いますが、少しでも記憶が薄れてお元気でいて欲しいと思います。
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
フリーエリア
あなたの国は何時? オハイオはニューヨークと同じ時間です。
amazon
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
10位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
Amazon
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ