過去をそして現実を受け入れる。

昨日はずっしり重く長い文で失礼しました。
時々思い出して、どんよりしていましたが、吐き出して私はちょっとスッキリしました。
そしてカウセリングルームのMasumiさんのコメントから、

> 過去を吐きだすことって、大切なことです。
> そしてそれは、受け入れて解決できる準備が出来たからですね。

はっとしました。自分でも気がついていなかった気持ち。
きっとそうなのだなあ、もう受け入れる準備ができたんだなあと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。

過去と向き合うこともそうですが、現実を受け入れることも難しい場合がありますね。

がんの告知もその一つで、
(残念ですが乳がんです。かなり進んでいます)と言われ

「え?」

「え?」

「え?」

と思った後、頭が真っ白になりました。

全く受け入れられなかったですね、信じられない気持ち、嘘でしょう?という気持ち。

説明を聞き、いろいろ調べて、受け入れて、やっと涙が出てきました。

最初は泣けないほどのショックでした。

泣く行為は時には助けになったような気がします。

前も書きましたが、布団にくるまってわんわん泣く。
布団が子宮で、涙が羊水。
がばっと布団から出た後は生まれ変わっているんだって。

そうやって何回も生まれ変わったらいいんだなって。

私が元気ださないといけないんです。

乳がんになった時に、当時はあまりなかったブログを探して読みました。
亡くなってしまってる方が多くて、すごく落胆しました。

最近読みだしたブログの方は、数年前に妹さんを亡くされて、その時に(探しても探しても元気になったがん闘病本がなかった)と書かれていました。

今は(元気になった)という闘病本も多いかもしれませんが、何年か前は亡くなってからの出版や最後に亡くなってしまう話がとても多かったんですね。

希望ってとても大事だと思うので、私は絶対に元気でいなければ!と思うのです。
11年、来年で12年。

落ち込んでいる場合じゃない(笑)

毎日笑って、元気で生きなければだめだよね!!

がん闘病中の方はもちろん、健康な方だって心の問題や、あれこれ嫌なことがあって眠れなかったりしますよね。

それでもきっと明日はより良い日になっているはず! きっとそう!!

そう信じて歩いて行きましょう。




★えっと、すっ転ばないようにゴミ出してきます。 明日はたぶん、、、コートの事書きます(笑) 探してるんだもん~!!いいのがないよ~~~★


ランキングに参加してます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

準備が出来たからなのか… そうです、私も頭が真っ白になりました。その時 先生が説明をしてたのに全く耳に入ってなかった。子宮癌を卒業して半年だったのに…会計の時、バスを待ってる時 涙がボロボロ。翌日 何もなかった様に仕事へ行くのが辛かった。何度もトイレに駆け込み泣いた。 私は色々と本を買ったり、知人の乳癌患者から話を聞いたりしたゎ。blogだったか本だったか シンポジウムだったか忘れたが、 告知を受けたら 否認→怒り→不安と憂鬱→受容 なんだって。 私は受容できてるんだろうか… 昨日からTBSで始まった連ドラ。妻 乳癌 夫 肺癌で39才 2人の子供がいる家庭の実話を元にしたドラマ。奥さんは病院行った時は既に手術不可の状態まで進行してた。夫婦共になんて…ご本人はblogをやってたそうで見てみたいと思います。 アメリカは異例の大寒波とニュースで視ました!!どうぞお気をつけて下さいね

No title

tomotanさん こんばんは。

コメントの追加をしますと、苦しいこと悲しいこと、辛いこと、怒り・・・
あまりにも強いと、感情に抑圧がかかり人は蓋をしてしまいます。
でも、何か心の中で騒いでいる・・・モヤモヤ、フツフツみたいなね。

時という時間がたったり、寄り添ってくれる人が出来たり苦しみを
分かち合える人を認知した時に人は解決の道を歩き始めます。

カウンセリングは、そのお手伝いをするようなところですから
tomotanさんも、受け入れて解決する準備が出来たのではないかと
感じたのです。

泣くことは、辛い心を開放するにはストレスの物質を出すという点からも
理に叶っていますしね。
布団にくるまって泣いたのも、自然の行動だったわけですね(^^)

話は変わりますが、アメリカの大雪にはビックリです。
ハワイも氷点下だったなんて、どんな感じなのかしら?
すっ転ばないように、気を付けてくださいね~~~(*^^)

奈美さんへ

> 準備が出来たからなのか…
なんというか、もう解決しないとな、と思っている自分に気がついたと思っています。

>そうです、私も頭が真っ白になりました。その時 先生が説明をしてたのに全く耳に入ってなかった。子宮癌を卒業して半年だったのに…

それは本当にお辛かったと思います。 あんなにがんばったのにと思いますよ。辛い気持よくわかる。

> 告知を受けたら 否認→怒り→不安と憂鬱→受容 なんだって。 私は受容できてるんだろうか…

私もそれを書こうと思いました。 不安の後に取引もあると聞いています。 神様、直してくれたら◯◯をします、というような。こういう段階は皆あるのだろうなと思います。

> 昨日からTBSで始まった連ドラ。妻 乳癌 夫 肺癌で39才 2人の子供がいる家庭の実話を元にしたドラマ。奥さんは病院行った時は既に手術不可の状態まで進行してた。夫婦共になんて…ご本人はblogをやってたそうで見てみたいと思います。 アメリカは異例の大寒波とニュースで視ました!!どうぞお気をつけて下さいね

聞いたことあります。ブログでだったか、、本も出されているのではないかな?
元気になるドラマだったらいいなあ。 前にもっくんが出たドラマ良かったです。 題名はあやふやだけど、生存率87%、、だったかな?

はい、寒いけど頑張ります。

Masumiさんへ!

> tomotanさん こんばんは。
Maasumiさん、こんばんは!

> コメントの追加をしますと、苦しいこと悲しいこと、辛いこと、怒り・・・
> あまりにも強いと、感情に抑圧がかかり人は蓋をしてしまいます。
> でも、何か心の中で騒いでいる・・・モヤモヤ、フツフツみたいなね。
>
> 時という時間がたったり、寄り添ってくれる人が出来たり苦しみを
> 分かち合える人を認知した時に人は解決の道を歩き始めます。
>
> カウンセリングは、そのお手伝いをするようなところですから
> tomotanさんも、受け入れて解決する準備が出来たのではないかと
> 感じたのです。


↑すごく良くわかりました。 なるほど、すぐにどうのということではなくて、、受け入れる準備。
確かに蓋をしていました。 でも中ではぐつぐつしてました。 時々ひょっこり出てきて眠れなかったり。
受け入れて、吐き出して、先に進もうとしてるのだと思います。


> 泣くことは、辛い心を開放するにはストレスの物質を出すという点からも
> 理に叶っていますしね。
> 布団にくるまって泣いたのも、自然の行動だったわけですね(^^)


意外と気持ち良いというか、目が腫れて頭が痛くて最低なのに心は少し癒やされているような。
辛い時は、わんわん泣きました。


> 話は変わりますが、アメリカの大雪にはビックリです。
> ハワイも氷点下だったなんて、どんな感じなのかしら?
> すっ転ばないように、気を付けてくださいね~~~(*^^)

うはは、すっ転んでないですけど、つるーーーっと大股開きはやっちゃいました。
ハワイの氷点下は多分ハワイ島の山だと思います。ここはいつもスキーが出来るくらい雪降ります。
なのでワイキキビーチとかではないと思います。
今日も氷点下で寒いです(外に出てない~)
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: