安楽死延期を決めたかもしれない1通の手紙(追記 速報 ブリタニーさん安楽死決行)

追記 ブログをアップしたすぐ後でブリタニーさんが安楽死を決行したことがわかりました。 残念です。 記事はこのまま残します。

11月1日に安楽死すると決意していた ブリタニー・メイナード(Brittany Maynard)さんが、延期をすると発表しました。
心から良かったと思います。 


皆さんご存知かもしれませんが、この女性は29歳、結婚して1年。激しい頭痛のため病院に行くと悪性の脳腫瘍で、余命6ヶ月と診察されます。 ブリタニーさんは安楽死が合法となっているオレゴン州に引っ越し、安楽死の決意を固めていました。

こちらのネットニュースを転載します。

 一つ違うところは、ここでは尊厳死と書いてありますが、尊厳死は例えば、機械がなければ生きていけない場合に(延命装置を外す)処置など。
安楽死は自分の意志での医者の介助による自殺です。




AFP=時事 10月31日(金)10時16分配信 より転載


尊厳死予告の米女性が新たな動画、実行日の延期を示唆


【AFP=時事】末期の脳腫瘍を患い、11月1日に自らの命を絶つと宣言して波紋を呼んでいた米国人女性が30日、新たな動画を公開し、死期を少しのばす可能性を示した。

 ブリタニー・メイナード(Brittany Maynard)さん(29)は今年、尊厳死を予告する動画をインターネット上で公開したところ、数百万人のユーザーに閲覧され、話題を呼んだ。

 メイナードさんが激しい頭痛に襲われるようになったのは、結婚したばかりの頃。今年1月に余命6か月の宣告を受け、侵攻性のがんであることから苦痛を伴う死になると告げられた。メイナードさんは当時、夫のダン・ディアス(Dan Diaz)さんとの間に第一子をもうけようとしていたが、病気のため断念した。

 夫妻は、当時住んでいたカリフォルニア(California)州から、米国内で「死ぬ権利」が認められている数少ない州の一つであるオレゴン(Oregon)州に移り住んだ。これによりメイナードさんは、自宅の寝室で家族に見守られながら自らの命を絶つのに必要な薬剤を、医師から処方されることが可能になった。

 メイナードさんは当初、人生の幕を閉じる日は、夫の誕生日の10月26日と自身の誕生日の11月19日の間になる予定と語っていた。

 だが、新たに公開された6分間の動画の中でメイナードさんは、尊厳死用の混合薬剤の自己投与を当面延期するかもしれないと語っている。「私はまだ十分に気分がいいし、十分な楽しみもあり、家族や友人たちと笑いあっているので、今すぐというのは正しいタイミングではないみたい」「でも、だんだん体調が悪化していると感じるので、いつかはその日が来ます。(体調悪化は)毎週起きています」

 この動画は、尊厳死の支持者らを支援するための募金集めの目的で立ち上げられたウェブサイト「www.thebrittanyfund.org」に投稿された。今月インターネット上に広まった最初の動画は、動画共有サイト「ユーチューブ(YouTube)」で再生回数が900万回を超えている。また、「www.thebrittanyfund.org」への訪問者は、およそ350万人に上る。【翻訳編集】 AFPBB News

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。ここまで



そして、この延期になったきっかけになったのは手紙(公開書籍)がきっかけかもしれないという記事を読みました。


ジャパンインデプスから岩田太郎さんの記事 


米オレゴン州は、不治の病に苦しむ人に「尊厳死」を法的に認めている5州のひとつだ。そこに、尊厳死を認めていない南隣のカリフォルニア州からブリタニー・メイナードさん(29)が、引っ越してきた。

彼女は、膠芽腫(こうがしゅ)と呼ばれる脳腫瘍を患っている。昨年末の結婚直後に耐えられない頭痛が続いたことで発覚した。運動麻痺や痙攣(けいれん)に加え、夫の名前さえ言えなくなる見当識の一時的低下があるという。このがんは浸潤性(転移する性質)が強く、予後(快復率)も極めて悪い。医師は4月、ブリタニーさんに余命半年以下の宣告をした。

ブリタニーさんは、その後、夫や友人とアラスカやイエローストーン国立公園などに旅行に出かけ、人生最後の楽しい思い出を作った。彼女は10月、メッセージビデオを公開し、いかに膠芽腫がつらい病気かを訴え、処方された安楽死ができる薬の容器を見せながら、「私は自宅で11月1日に尊厳死をします。私のことで、尊厳死が全米規模で認められるよう願います」と語った。このビデオは世界中で1千万回近く再生された。

この立場は政治的に「自己選択の権利」擁護派である。ブリタニーさんの動画に出演した母親も、「ひとり娘が自分らしく生きて、自分が選択するときに死ぬ」ことを支持している。

だが10月30日、ブリタニーさんはもう一本の動画を公開し、尊厳死の決行を延期する意向を明らかにした。「まだ私には(生きるために)充分な歓びがあり、まだ家族と笑ったり微笑んだりしている」ことが理由だという。

この尊厳死延期の決断には、同じ膠芽腫を患うジョー・ネイヤーさんが10月28日に、「死ぬ権利よりも大切なものがある」と、ブリタニーさんに公開書簡を送ったことが影響している可能性がある。ジョーさんは、「僕は余命14ヶ月と宣告されたのに、もう2年も生きている」として、ブリタニーさんにもっと生きることを勧めた。

彼は、「去年、人生最後だと思ってサンフランシスコの金門橋に出かけて、『これが最後の金門橋だ』と考えてみたが、その時におかしくなって笑ってしまった。だって、医者が間違っていて、また来られるかも知れないじゃないか」と述べ、飄々(ひょうひょう)とした文体で、こう呼びかけた。

「ブリタニーさん、僕たちは同じ病気だ。死の宣告は、とてつもなく怖い。だが、不治の病と言うけど、少数ではあるが直った人もいるんだぜ。死ぬことを怖れたら、今日を楽しく生きられないだろ。医者が何と言おうが、君はまだ生きているんだ」

「僕は、明日コロッと死んでしまうかも知れない。僕も尊厳死の権利については深く考えた。だが、自分に与えられた運命を受け入れて生きることもできる。そう考えたら、前向きになれたよ」

ブリタニーさんは余命宣告以来、ストレス過食で太ってしまい、以前の美しい容貌が失われたことがつらいと、最新の動画で切々と語る。病状の進行で一日に2回も痙攣が起こり、夫の名前も思い出せない状態になる苦しさを訴える。「私が死んだら、夫は再婚して、かわいい子供を新しい奥さんと作ってほしい」と話す部分は、涙なしには見られない。

人生は与えられた運命をまっとうする定めなのか、個人の選択なのか。ジョーさんのメッセージは、説教や政治的権利ではなく、死の病をくぐり抜けてきた悟りから語られている。ブリタニーさんが、これを読んだ可能性は高いだろう。

彼女は自分の選択を手放したわけではない。もし人生が耐えられないものになれば、その時点で尊厳死の決行を選ぶとしている。これからどのような選択をするにせよ、ブリタニーさんを通して、多くの人が死と表裏の“いのち”について、深く考えるようになったことは間違いない。



。。。。。。。。。。。。。。。。。ここまで転載です。

ジョーさんはオハイオの方でした。
こちらのサイトにインタビューと手紙の全文が載っていました。
手紙を転載します。

上の記事はインタビューからのようですね。

インタビューの一部
★ I'd say, 'Brittany, you know we're all in this together. And it is a scary thing to be given a terminal diagnosis. It sure is. But there's more to be investigated. There's more to be learned. There's more to be discovered.'




手紙は。。。。。。。。。。。。。ここから。

A letter to Brittany Maynard: There’s more than the right to die

Dying with dignity includes living with quality.

Hello. My name is Joe Neyer. I was diagnosed with glioblastoma multiforme (GBM) in November 2012. I had to face a terminal diagnosis, so I can relate to what Brittany Maynard is facing. I was given 14 months to live. I had surgery and chemo, but the tumor returned, which made my prognosis even worse. Months at best, they said and more likely weeks. That was over a year ago now.

I was given options, but they all involved living as a glio patient on chemotherapy or other hospital trials and that was not really how I wanted to finish out my life experience.

I decided to include medical treatment with other alternatives.

I looked into what other ways I could approach the "baby" growing in my brain.

I realized that my right to die included my right to live, that I could accept my condition and still accept being alive and living as well as I could. And in that acceptance alone I began to see positive effects in my condition.

I noticed others were also looking into these same things, asking similar questions, and discovered more and more. It is not without ups and downs, but opening to the actuality of the condition does help shed understanding on the fear that can arise when given a terminal diagnosis. Now I am looking to understand it, not run from it, so I pour my heart into that, understanding as much as I can. Understanding unfolds like a lily on a pond, naturally opening up and revealing what seems hidden in the depths.

I am now almost two years out from that diagnosis and defying all expectations.

I am not bed-ridden, not incoherent -- actually seeing improvements in all areas of function.

It is not a miracle cure.

I am still a human dealing with glioblastoma.

I take some meds: anti-seizure, low dose steroids and pain meds, adjusting these as needed as time moves along. Also, I include all sorts of other practices that have been a part of my life for decades now.

So, it seems to me there are many ways to approach a terminal diagnosis.

Sometimes we are limited by our own assumptions or by what the doctors and charts tell us ‘will be.’

Medicine should not be ignored or neglected of course, but there are often other things we can include that will make a big difference, not only in quality of life, but in the extension of life as well. As a human with glioblastoma multiforme who is defying the odds and the expectations, I think it is important to share this aspect as well when we are talking about the right to die with dignity.

It was great to see this conversation brought into the open by Brittany and there is much more to explore, it seems. Those with glio who watched her story were given death with dignity as an option. That is one story to be told here.

I would like to add to it about living with quality while facing a terminal condition. It seems to me those same people afflicted with GBM who saw her story may benefit to know there are other options that they do not know. Not only on how to live, but potentially how to live well -- if we are open to possibility

The right to die with dignity involves the right to live with quality. We are beginning to find out just how much we can do in this regard when it concerns a terminal diagnosis such as GBM.

Thanks for your time.



。。。。。。。。。。。ここまで。


今日は転載ばかりしてしまったけれど、読んで何かを感じてほしいと、そう思いました。
余命宣告されても、長く元気で生きている人も大勢いるのです。


ブリタニーさんを止めたかもしれない手紙。

安楽死の選択があってもいいと、私は思います。
それでも、まだ早いと思うのです。

雑誌の表紙になっていたので、その雑誌を買ってきて数ページの特集を読んでみました。

まだ延期決定の前の記事でした。
そして、両親へのクリスマスプレゼントはもう買ってラップしておいてあると、という件は涙が出ました。

ブリタニーさんの気持ちへではなく、娘が11月に安楽死した後、クリスマスにそれを開く両親の気持ちを思って、、。

そんなこと親にさせてはいけない、と私は思います。

これからサンクスギビングもあり、クリスマスもあり、まだ元気かもしれない。
ベッドに横になっていたとしても、愛する家族とプレゼントを開けられるかも。

もう少し、待ってほしい。 


そしてそう決断したブリタニーさん、本当に本当に良かったです。

ピープル誌のカバーになりました。

IMG_20141101_211547_322.jpg

たくさんの思い出を残しました。

IMG_20141101_211717_475.jpg

自分が見た腫瘍の中でも一番の大きさと、ドクター。
IMG_20141102_200147_348.jpg

旦那さんとご両親と。
IMG_20141102_200309_170.jpg


追記 先ほどツイッターでブリタニーさんが安楽死を決行したことを知りました。 残念でたまりません。 
ニュースのリンク 
もう少し待っても良かったのにと思ってしまいます。 安楽死については反対ではないけれど、もう少しだけ、頑張って欲しかったなと思わずにいられません。 今とてもショックです。 
RIP


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もこの事は気になっていました。
おなじように早すぎると思い、、、。

この手紙に書かれていること 、、、これこそ 広めて行きたい内容に感じます。


はちきんイジーさんへ

> 私もこの事は気になっていました。
> おなじように早すぎると思い、、、。
>
> この手紙に書かれていること 、、、これこそ 広めて行きたい内容に感じます。


今、追記を書いていたところです。 残念なことに亡くなってしまいました、、、。
もう少し待てなかったのかな、元気なうちに、、ではなくても良いのにと思わずにいられませんでした。
残念で残念でたまりません。
そしてこの手紙を書いた男性はどんな気持ちでいるだろうと思ってしまいます。

え!?亡くなったのですか…残念でならない。数日前くらいからニュースでやってた。今朝も視たわ。現在 現地時間で夕方4時ですがまだ何の連絡も入ってないと言ってたの。延期するかと思ってた… 安楽死と尊敬死の違いを先日 説明してた。 日本は安楽死は認められてないと。 私は癌患者会の先輩が尊厳死協会に入会したと知った時に、自分も入ろうと思い資料を取り寄せた。でも父の事を思うと、まだ書けないままです

No title

私も早すぎるのでは?と思ってました。
確かに元気そうに見えてもなんらかの症状が出ている時は、「こんなのが続いたらとても耐えられない。。。」と思う気持ちはよくわかりますけど。。。

それとtomotanさんも書いていらっしゃるように、クリスマスプレゼントを開ける時のご両親の気持ちを考えたら、とてもやりきれません。
一番悲しみや寂しさが来る頃にクリスマスですもんね。

私も病気になって本当に今まで考えなかったようなこともいっぱい考えました。
けど、高齢の両親にこのような思いは絶対にさせたくないとあらためて強く思いました。
この手紙を書いた男性もどんな気持ちかと思うと悲しくなります。
ショック受けて彼の免疫力おちることがないよう願うばかりです。

No title

ブリタニーさん 本当に辛かったんでしょうね…。
でも、同じ病気で苦しんでいる患者さん達の心情を考えると…思い直して、考えてほしかったと思いました。
確かに彼女はこの苦しみから抜け出す方法をひたすら考えた挙句の決断だったのかもしれません。
私が慢性の病気と闘う間いつも思っていたことは「明日、(完治する)新薬ができるかもしれない!」ということ。ブリタニーさんもその「明日」をもう少し待っていてほしかったです。
若すぎます…本当に悲しいことですね。
彼女の、そして彼女のご両親やご主人の心境を考えると…辛いです。

残念でした

心の平和とともに旅立たれたことを祈るばかりです。

ジョーさんがおっしゃっていることが

死の宣告を受けられた患者さんに届くことも願います。

奈美さんへ

> え!?亡くなったのですか…残念でならない。数日前くらいからニュースでやってた。今朝も視たわ。現在 現地時間で夕方4時ですがまだ何の連絡も入ってないと言ってたの。延期するかと思ってた…

ほんとうに残念ですよね。昨日何時間かかけて調べてブログ書いて更新した後にすぐにニュースが入ってきて、悲しかったです、、。


> 安楽死と尊敬死の違いを先日 説明してた。 日本は安楽死は認められてないと。 私は癌患者会の先輩が尊厳死協会に入会したと知った時に、自分も入ろうと思い資料を取り寄せた。でも父の事を思うと、まだ書けないままです

尊厳死の書類は病院でできるようになればいいですね。 アメリカは手術の前に書かされるんです。 延命を希望するかどうかを。 これから大きな手術の前に、なんかドライだなとも思いましたが、はっきりさせておいたほうがいいなと今は思います。

Aki*さんへ

> 私も早すぎるのでは?と思ってました。
> 確かに元気そうに見えてもなんらかの症状が出ている時は、「こんなのが続いたらとても耐えられない。。。」と思う気持ちはよくわかりますけど。。。

早すぎますよね。 確かにビデオでは元気そうに見えますが、最後の力を振り絞ったのかもしれないし、、本人にしかわからないですけど、、。


> それとtomotanさんも書いていらっしゃるように、クリスマスプレゼントを開ける時のご両親の気持ちを考えたら、とてもやりきれません。
> 一番悲しみや寂しさが来る頃にクリスマスですもんね。

ご両親は安楽死について賛成されていますが、それでも気持ちを考えるとほんとうに辛いです。


> 私も病気になって本当に今まで考えなかったようなこともいっぱい考えました。
> けど、高齢の両親にこのような思いは絶対にさせたくないとあらためて強く思いました。
> この手紙を書いた男性もどんな気持ちかと思うと悲しくなります。
> ショック受けて彼の免疫力おちることがないよう願うばかりです。

私の母親も高齢で、闘病中は(先に行ってはならない)と思いました。

手紙を書いた男性も同じ病気で苦しんでいる中、あえて公開書籍にして手紙を出したのに、残念ですね。

Naomi.Tさんへ

> ブリタニーさん 本当に辛かったんでしょうね…。
> でも、同じ病気で苦しんでいる患者さん達の心情を考えると…思い直して、考えてほしかったと思いました。
> 確かに彼女はこの苦しみから抜け出す方法をひたすら考えた挙句の決断だったのかもしれません。

辛かったのだと思いますが、早い決行はもっと症状がひどくなる前に、とも思ったのかなと思います。
真相は本人にしかわかりませんが、、、。


> 私が慢性の病気と闘う間いつも思っていたことは「明日、(完治する)新薬ができるかもしれない!」ということ。ブリタニーさんもその「明日」をもう少し待っていてほしかったです。
> 若すぎます…本当に悲しいことですね。
> 彼女の、そして彼女のご両親やご主人の心境を考えると…辛いです。

同じです。 私もそう考えてました。
とりあえず1日でも長く生きられたら、新薬できることだってあるかも!とか。 希望ですよね、やはり大事なのは。
若くて結婚したばかりで、、本当に辛いです。

はちきんイジーさんへ

> 心の平和とともに旅立たれたことを祈るばかりです。

私も同じ気持です。家族に囲まれて穏やかだったとニュースでは読みました。


> ジョーさんがおっしゃっていることが
>
> 死の宣告を受けられた患者さんに届くことも願います。

そうなんです。 選択があるのはいいかもしれないけど、余命というのはみな違うと思うんですよね。
ジョーさんみたいに笑ってほしいと本当に思います。 今日はがっくりして、力がでないです。。

No title

こんにちは。

とっても考えさせられました。

死ぬときに心が「安楽」なら「安楽な死を迎えた」、ということになるのかもしれない・・・って思ってみたりします。
神様がお決めになったリミットを安楽な気持ちで迎えることができればそれが一番なのかもしれません。

そして、「知りすぎる」ということはこんなにも人を苦しめるものなのだ・・・と怖くなりました。

未来を想像する力を持つ人間だけが抱える難しい問題なのでしょうね・・。

Esperoさんへ

> こんにちは。
こんばんは!


> とっても考えさせられました。
>
> 死ぬときに心が「安楽」なら「安楽な死を迎えた」、ということになるのかもしれない・・・って思ってみたりします。
> 神様がお決めになったリミットを安楽な気持ちで迎えることができればそれが一番なのかもしれません。

クリスチャンの多いアメリカなので、この問題はここまで大きくなったのだと思います。
自殺は絶対にダメという人たちと、これは自殺ではないという人たちと真っ二つです。
私は正直な気持ちを言うと選択はあってもいいと思うんです。
でも、もう少し先でも良いのでは、、なんて思ってしまって、、。
安楽な気持ちで迎える死、きっと誰もが望むことですよね、、。


> そして、「知りすぎる」ということはこんなにも人を苦しめるものなのだ・・・と怖くなりました。
>
> 未来を想像する力を持つ人間だけが抱える難しい問題なのでしょうね・・。

そうですね、これからこうなっていくと言われる恐怖。 結婚したばかりの29歳の女性をどれほど苦しめたかなと思います。 そういうことを考えると、昔の日本の告知をしない。ということもありかもしれないなあと思うんです。
今はPCでなんでも調べられるし、知りたくないことまで知ってしまったりしますよね。
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
9位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ