エボラ USA  飛行機内での感染は?

CNN ジャパン (日本語サイト

duncun-liberia-belgium-us-cnn.jpg

日本語サイトから転載です。。。。。。。。


(CNN) リベリア人男性が9月下旬、米国に入国した後にエボラ出血熱を発症した問題で、地元テキサス州の保健当局は2日、男性と接触した可能性のある人が約100人に上ることを明らかにした。現在、聞き取り調査を進めているという。

調査の対象となっているのは、男性が受診した病院や滞在先のアパートやその周辺で、男性との接触の可能性のある人々だ。

テキサス州保健当局の広報担当者は「念のため、患者や患者の家庭と少し接触した人を含む非常に広い網を掛けることにした」と、述べている。

米政府関係者は2日、CNNに対し、男性と直接接触した人はすでに判明しただけで「12人を超えた」と答えた。直接の接触が判明した人々に対しては、保健当局が1日に2回訪問し、熱を計って症状の有無を尋ねるという。

これまでのところ、監視対象者のなかで症状が出た人はいないという。

男性は、パートナーの女性とその家族が住むテキサス州のアパートに滞在中に発症した。女性の子供が通っていた学校では一部の親が感染を恐れて子供を休ませる事態となり、地元の教育長は2日の出席率が約86%に落ちたとと語った。「校内にウイルスがあるとは思わない」としつつも、いつもより徹底した校内の清掃や消毒を行っていると述べた。


転載はここまで。。。。。。。。。。。


以降CNNの転載は青字の部分です。

日本語でのCNNサイトではリべリア人男性となっていますが、
Thomas Eric Duncan とアメリカでは報じられています。

昨日までの報道で大きな問題は

1,彼がリべリアでエボラ患者と接触していた(重症患者を運んだ)のにもかかわらず、リビリアを出るときに「接触はしていない」と嘘をついたこと。

2,症状が出てから行った病院で(Texas Health Presbyterian Hospital Dallas)大きなミスがあったこと。
リべリアに行ってたと話したのもかかわらず、病院内で、話が伝わらずに返された。

"A travel history was taken, but it wasn't communicated to the people who were making the decision. ... It was a mistake. They dropped the ball," said Dr. Anthony Fauci, director of the National Institute of Allergy and Infectious Diseases.
☆旅行の記録がわかっていながら、病院はコミュニケーションが上手く行かず、ヘマをした(Dropped the ball)とNIH(国立アレルギー伝染病学会)の責任者 ドクターアンソニーファウシーが語っています。

3, そのために接触者がすごく増えたこと。 100人以上だと言われています。


そして今
トーマスダンカンの家族は隔離されて、接触した人たちやそのまた接触した人たちまで網を広げて検査しているところ。


私が心配だったのは、飛行機内でも多くの人と接触しただろうということでした。
グラスを手渡したであろうアテンデント、同じバスルームを使った人たち、、。

同じくCNNに、この疑問に対する答え(?)が乗っていましたので転載します。


Can you catch Ebola on a plane? 
飛行機内でエボラは伝染るのか?
 こちらサイト英文


(CNN) -- You're settling into your tiny coach seat on your next business trip, and the person next to you starts coughing.
In the past, you might have grumbled about him flying with a cold. But now travelers may want to know: Does your seatmate have Ebola?
Probably not. But given the news of the past week, it's hard not to worry.


あなたが、次の出張の時、狭い席に座っている隣の乗客が咳をし始める。
ちょっと前なら風邪引いてるのに飛行機乗るなよと文句を言ったかもしれない。今現在、旅行者が知りたいのは、エボラに感染しているか?どうかだろう
きっと、感染していない。 
それでもここ数週間の報道を見ていたら、心配するなという方が難しい。


Affected passengers may not show symptoms for up to 21 days, said CNN Chief Medical Correspondent Sanjay Gupta.

Case in point: Thomas Eric Duncan, the first Ebola patient diagnosed in the U.S., was screened for the virus before departing Liberia for the United States on September 19, but he didn't show symptoms until he had been in Dallas for a few days. People who came into contact with him in the United States are being tracked down for monitoring.


接触した乗客は、最高21日までの間は徴候を示さないかもしれないと、CNNチーフ・メディカルのサンジェイ・グプタ。

例: トーマス・エリック・ダンカン(米国で診断される初のエボラ患者)は9月19日にリベリアを立ってアメリカ合衆国に向かう前にウイルスのスクリーニングを受けた。しかし、2、3日の間ダラスにいるまで、症状が出なかった。
アメリカ合衆国で彼と接触した人々は、モニタリングのために探し出されている。



In one CDC study, the Ebola virus lived in a perfectly controlled environment for up to six days. But the environment at an airport, for example, is not perfectly suited to support viruses.

It's unlikely the virus would spread on an airplane unless a passenger were to come into contact with a sick person's bodily fluids, said Dr. Marty Cetron, director of CDC's Division of Global Migration and Quarantine.

"This is not an airborne transmission," Cetron told CNN. "There needs to be direct contact frequently with body fluids or blood."


CDC研究では、エボラウイルスは完全に制御された環境で6日間生きた。 しかし、空港の環境は、ウイルスには適していない。
乗客が病人の身体の流体と接触することでない限り、ウイルスが飛行機で広がることは、ありそうもないと、マーティ・シートロン博士(Global MigrationとQuarantineのCDCの部局長)
「これは、空気伝染でありません」と、シートロンはCNNに話した。 「しばしば体液または血との直接接触がある必要があります。」


これを読む限りでは、パニックになる必要はなさそうですが、事態の深刻さに変わりはないと思います。
トーマスダンカンは隣人の重病患者を運ぶ手伝いをしたそうですが、実際に(体液)に触れたのでしょうか?
そうだとしたら(感染してるかもしれない)とわかったはずです。
最近アメリカのジャーナリストも現地で感染しました。
アメリカではこうやって情報もあふれているのみ関わらずです。
(血液)や(体液)の接触だけで伝染るというのは本当なのか?
これも私は疑わしいなと思うのです。


今日はちと重い話題でした。 あ!いけない!!週末なのに。
明日はいつものぼけぼけブログにします。






 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんサバイバーへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちはー。ニュースを色々読んでいたら、この男性、駐車場で吐いたりしていたし、あと、一緒にアパートで暮らしていた人達は、外出禁止となった後も、アパートを離れたりしていたそうで、近所の人は戦々恐々だと思います。

アメリカは衛生環境も段違いに良いし、国民もこのウィルスの知識を持っているので、そう簡単に拡散はしないと思いますが、潜伏期間の日数がたった頃に、また、患者が出ました、というニュースが流れないといいですよね。

かよ☆かあちゃんさんへ

> こんにちはー。

こんばんは~~!

>ニュースを色々読んでいたら、この男性、駐車場で吐いたりしていたし、あと、一緒にアパートで暮らしていた人達は、外出禁止となった後も、アパートを離れたりしていたそうで、近所の人は戦々恐々だと思います。

ぎゃ~吐いたなんて知らなかった! アパート離れたというのは読みました。外出禁止くらいじゃ甘いなと思うんですよね、20日間だけなんだから、その間だけ隔離できる施設とかに移すべきだと思うなあ。


> アメリカは衛生環境も段違いに良いし、国民もこのウィルスの知識を持っているので、そう簡単に拡散はしないと思いますが、潜伏期間の日数がたった頃に、また、患者が出ました、というニュースが流れないといいですよね。

そうなんですよね。、病院の環境もすごく違うから、ちょっと安心していますが(インフルエンザ)くらいで病院行かない、いけない人も多いのでそれも怖いなって。 それにしても現地はひどいですね、道端に放っておくとか、、もう少し何とかならないのかなあ、、。

No title

こんにちは!
エボラ出血熱はほんの数個のウィルスが体内に入るだけで感染してしまう感染力の強さですから、少しでも患者との接触があった人は本当に危険ですね。
アメリカは万全の体制で感染を食い止める、と信じたいです。

えすぺろさんへ~~

> こんにちは!

こんばんは~!!
わーい、エスペロさんだ!

> エボラ出血熱はほんの数個のウィルスが体内に入るだけで感染してしまう感染力の強さですから、少しでも患者との接触があった人は本当に危険ですね。

ええ~~そうなのですか??知らなかった。
空気感染じゃないから!ばかりクローズアップされてますが、パニックにならないためなんだろうなと思います。


> アメリカは万全の体制で感染を食い止める、と信じたいです。

そう信じていたのですが、病院が痛恨のミスをしましたね~。 後本人が嘘をついて帰ってきたり。
嘘付く人が増えるかもですね、そうしたらどうなるのかなと怖いです。
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: