命の重み ”78円の命”

乳がん前は命のことをそれほど考えただろうか?と自問します。
人間も動物もすべての生き物に(命)の終わりがいつかは来ます。
100パーセント逃れられない運命として。

動物も同じです。 家族の一員として一生大事にされて終わる命もあるし、生まれたとたん殺される命もあります。

今日はツイッターで知った「78円の命」という最優秀賞をとった小学校6年生の作文を紹介します。

にゃんままのブログさんより 「78円の命」 こちらから


転載です。。。。。。。。。。。。。。。。。



「78円の命」

第41回 T市小中学生 
話し方大会 最優秀賞作品

6年生 Tさんの作文


 
近所に捨てネコがいる。
そのネコは目がくりっとしていて、しっぽがくるっと曲がっている。
かわいい声をあげていつも私についてくる。
真っ黒なネコだったので、魔女の宅急便から「キキ」と勝手に名付けてかわいがった。
人なつっこい性格からいつの間にか近所の人気者になっていった。

子ネコだったキキも2年たった頃にうれしい出来事があった。
赤ちゃんを産んだのだ。
でもキキは捨てネコだったので、行き場所のない子ネコたちを近所の鈴木さんが預かってくれた。
毎日のように子ネコたちを見に行って、まるで自分の飼いネコのようにかわいがった。

ある日、突然子ネコの姿が見えなくなった。
そこで鈴木さんに尋ねてみると、「○○センターに連れて行ったよ」と、うつむきながら言った。
私はうまく聞き取れず、何を言っているか分からなかったが、たぶん新しい飼い主が見つかる所に連れて行って幸せに暮らせるんだなと思った。

次の日、学校でこのことを友達に話したら「保健所だろ?それ殺されちゃうよ」といった。
私はむきになって言い返した。
「そんなはずない。絶対幸せになってるよ」殺されちゃうという言葉がみょうに心にひっかかり、授業中も保健所の事で頭がいっぱいだった。

走って家に帰ると、急いでパソコンの前に座った。
『保健所』で検索するとそこには想像もできないざんこくなことがたくさんのっていた。

飼い主から見捨てられた動物は日付ごとにおりに入れられ、そこで3日の間、飼い主をひたすら待ち続けるのだ。
そして飼い主が見つからなかった時には、死が待っている。

10匹単位で小さな穴に押し込められ、二酸化炭素が送り込まれる。
数分もがき、苦しみ、死んだ後はごみのようにすぐに焼かれてしまうのだ。

動物の処分、1匹につき78円。
動物の命の価値がたったの78円でしかないように思えて胸が鳴り張りさけそうになった。
そして、とても怖くなった。

残念ながら、友達の話は本当だった。
調べなければ良かったと後悔した。

現実には年間20万匹以上の動物がこんなにも悲しい運命にある事を知り、さらに大きなショックを受けた。
動物とはいえ、人間がかけがえのない命を勝手にうばってしまってもいいのだろうか。
もちろん人間にも、どうしても動物を育てられない理由があるのは分かっている。
一体どうすればいいのか分からなくなった。

キキがずっと鳴いている。
大きな声で鳴いている。
いなくなった赤ちゃんを探しているのだろうか。
鳴き叫ぶその声を聞くたびに、パソコンで見た映像が頭に浮かび、いてもたってもいられなくなり眠れない夜が続いた。
キキのかわいい声もいつの間にかガラガラ声に変わり、切なくなった。
言葉が分かるなら話をしたい。
私はキキをぎゅっと抱きしめた。

最近キキの姿を見かけなくなった。
もしかしてキキも保健所に連れて行かれたのかと一瞬ひやっとした。

それから1週間後、おなかに包帯を巻いたキキを見かけた。
鈴木さんがこれから赤ちゃんを産めない体に手術をしてくれたのだ。
私は心から感謝した。
この先キキも赤ちゃんも捨てられずにすむという安心した気持ちと、鈴木さん家のネコになってしまったんだというさみしい気持ちとで複雑だった。
正直、とてもうらやましかった。

命を守るのは私が考えるほど簡単なことではない。
かわいいと思うだけでは動物は育てられない。
生き物を飼うということは1つの命にきちんと責任を持つことだ。
おもちゃのように捨ててはいけない。
だから、ちゃんと最期まで育ててやれるという自信がなければ飼ってはいけない事を学んだ。

今も近所には何匹かの捨てネコがいる。
私はこのネコたちをかわいがってもいいのかどうか、ずっと悩んでいる。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。ここまで




日本の保健所、それからアメリカのシェルターもまだ殺処分が行われています。

アメリカではほとんど注射での安楽死(先に睡眠薬など注射)が多いと聞きますが、子猫や子犬が窒息死などと聞くと胸が張り裂けそうです。

ペットを、とお考えの方は保健所、シェルター、里親会などに足をお運びください。

そして殺処分がなくなる世の中になりますようにと心から願っています。










にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


乳がん ブログランキングへ 


関連記事

コメントの投稿

Secret

こんにちは!

子供の感性は「損得勘定」が無くて、素直で、胸を打たれます。
本当は、大人もこの気持ちを持ち続けなくてはならないのに、都合の悪いことは「経済性重視」とかなんとか言って、自分を納得させてしまうんですよね。

78円で命を無いものにしたほうが、シェルターを運営したり、お世話する人を雇ったり、里親募集を知らしめたり、ということに係る費用より安上がりだということなのでしょう。

市民が「それは望まない。税金で小さな命を殺すなんて、それがたった78円でも、そんなことには使ってほしくない」という意思表示をする必要があると思います。
そして、動物たちを生かすことになら税金をもっと使ってほしいということも。

行政は市民の望む方向へと時間はかかっても導かれるものだと思います。
今の日本の殺処分は、これまでの市民の心の持ち方が映されたものだと思うんです。

変えていかなければ・・・ですね!

もっとたくさんの人が、現実を知り、罪の無い命を助けるようになりますように。

ここでも、ASPCAとHumane Societyとか大きな組織が、犬・猫たちのための寄付を大々的な広告で募っています。でも、これらはKillシェルターです。Non-killシェルターは、小規模な個人のボランティアたちで成り立っていて、なかなか大変なのが実情のようです。地元のキャットクラブがショーの利益を寄付したり、フリマや、ボランティアたちの映画エキストラでの出演料の寄付とかで、アダプション施設での餌やトイレ砂をまかない、医療費等を払っています。経済効果を考えれば、78円で処分したほうがどれ程安上がりか。命を絶ってしまうことへの何の痛みも感じ無ければ。もちろん、殺処分ゼロを望んでいますが、今せめて、残酷な方法ではなく注射での安楽死をと願います。

Esperoさんへ!

こんばんは~!


> 子供の感性は「損得勘定」が無くて、素直で、胸を打たれます。
> 本当は、大人もこの気持ちを持ち続けなくてはならないのに、都合の悪いことは「経済性重視」とかなんとか言って、自分を納得させてしまうんですよね。

この作文、本当に胸を打たれました。 
特にキキが大きな声で鳴いている。というところは涙があふれました。
とっても素直な感想の作文で素晴らしかったなあ。



> 78円で命を無いものにしたほうが、シェルターを運営したり、お世話する人を雇ったり、里親募集を知らしめたり、ということに係る費用より安上がりだということなのでしょう。
>
> 市民が「それは望まない。税金で小さな命を殺すなんて、それがたった78円でも、そんなことには使ってほしくない」という意思表示をする必要があると思います。
> そして、動物たちを生かすことになら税金をもっと使ってほしいということも。

本当にその通りです。78円という値段は、(10匹ほどまとめて)〈二酸化炭素ガスでの窒息死)というのもあると思います。 あなたの税金ですよ?いいんですか?と問いたいですね。
どうしても殺処分ならば、せめて本当の安楽死を、と願います。


> 行政は市民の望む方向へと時間はかかっても導かれるものだと思います。
> 今の日本の殺処分は、これまでの市民の心の持ち方が映されたものだと思うんです。
>
> 変えていかなければ・・・ですね!

一人一人がこつこつと、ですね。 反対だと手紙を出す。署名する。動物愛護に力を入れてる政治家に投票する。そして、こんなこと行われているんですよ、と世間に広める(私たち)のも大事なことだと思います。
小さな力は集まれば大きくなると信じています。

Maaiさんへ

> もっとたくさんの人が、現実を知り、罪の無い命を助けるようになりますように。

現実を知るってとても大事だと思います。
私だって、最近まで例えばペット産業の実情など知りませんでしたから。


> ここでも、ASPCAとHumane Societyとか大きな組織が、犬・猫たちのための寄付を大々的な広告で募っています。でも、これらはKillシェルターです。

Aspcaの活動は素晴らしいと思いますが、あのCMは好きになれないです。Kill シェルターとは知りませんでした、、。

>Non-killシェルターは、小規模な個人のボランティアたちで成り立っていて、なかなか大変なのが実情のようです。

やはり日本と同じですね。にゃんずを譲り受けた里親会はやはり小規模でした。 にゃんずが5匹はいっていた段ボール箱が今でも忘れられません。(兄弟5匹でした) 飼い主さんは泣いていた。 Kill シェルターにもっていかなくてよかったです、、。日本ももっとこういう場所があればと思います。

>経済効果を考えれば、78円で処分したほうがどれ程安上がりか。命を絶ってしまうことへの何の痛みも感じ無ければ。もちろん、殺処分ゼロを望んでいますが、今せめて、残酷な方法ではなく注射での安楽死をと願います。

私も同じです。 窒息はとても苦しい死に方だと思います。せめて、本当の安楽死をと願っています。安らかに眠ったままで、、という注射が高いのなら、持ち込んだ飼い主に払わせたらいいと思いますね。

tomotanさん、こんにちは!

知りませんでした、殺処分より安価な方法を…
嘆かわしい限りです。

この記事を読んで、昔、うちの近所に飼われていた犬の事を思い出しました。
その犬は生まれたときから障害があって、首は傾げたまま、目は半開き、
歩き方もヨタヨタしていました。
聞いた話だと、もらわれ口がなくて、
決して裕福ではない家の方が、かわいそうだからと引き取って育ていました。
外で飼われていたんですが、犬小屋から出てちょこんと座って、
首を傾げながら、じっと飼い主のいる部屋を見てるんです。
時々ふわっと尻尾を振りながら…
毛並みもきれいじゃないし、
今よく見る着飾ったようなペットたちとはかけ離れていたけれど。
飼い主の方は、経済的に苦しい中で精一杯にその子を育て、
その子も自分のご主人が大好きなのだと…
見ていてとても伝わってくるものがありました。

生き物の命を考えるときに、
お金で推し量れるものは存在しないはずですよね。
捨てられる犬・猫達を処分するのに78円。
はたまた、ショップで生後6ヶ月のわんちゃんが3割引大セール。
こんな価値観、人間のエゴ以外何者でもないです。
この障害を持った子は、
お金をかけてもらっていなくても幸せそうでした。
我が家の子供たちにも、犬や猫を飼うなら、
ペットショップには行かないよ、と言ってあります。
一人一人が命の重さを、本当に真摯に受け止め考えられる社会を、
強く望みます。

まゆささんへ

まゆささん、こんばんは!!


> 知りませんでした、殺処分より安価な方法を…
> 嘆かわしい限りです。

78円だなんて、私も知りませんでした。
以前ドキュメントでも見た保健所の殺処分が忘れられません。
窒息なんて苦しいですよ、、。

裕福ではない方が障害のある犬を引き取ったというお話、ジーンとしました。

> 今よく見る着飾ったようなペットたちとはかけ離れていたけれど。
> 飼い主の方は、経済的に苦しい中で精一杯にその子を育て、
> その子も自分のご主人が大好きなのだと…
> 見ていてとても伝わってくるものがありました。

情景が浮かんできますね、、。 
障害のある動物を引き取るというのはとても勇気がいることだと思うんですね。
以前にツイートしたのですがストリートパーフォーマンスの貧しい男性が猫の世話をするもので、胸がいっぱいになりました。


> 生き物の命を考えるときに、
> お金で推し量れるものは存在しないはずですよね。
> 捨てられる犬・猫達を処分するのに78円。
> はたまた、ショップで生後6ヶ月のわんちゃんが3割引大セール。
> こんな価値観、人間のエゴ以外何者でもないです。
> この障害を持った子は、
> お金をかけてもらっていなくても幸せそうでした。

保健所に飼い主が(引っ越し先で飼えない)なんていう理由で置いていくんですもんね、ひどいものです。
(命)を簡単に考えないでといいたいですね。 人間のエゴ、まさにその通りだと思います。
保健所には、その年に(流行った)犬種が多いんだそうです、、。 一時はハスキー、今はチワワ。大きくなって困ったのか、、最低ですよね。



> 我が家の子供たちにも、犬や猫を飼うなら、
> ペットショップには行かないよ、と言ってあります。
> 一人一人が命の重さを、本当に真摯に受け止め考えられる社会を、
> 強く望みます。

素晴らしい!命の重さを真摯に受け止める。まさにその通りですよね。

 実は私は猫は(拾って飼う)ものだと思っていました(笑)そしてLAには全く野良猫がいなくて、猫もペットショップなのかなあと覗いてみたら、動物がいない。 話を聞くと、売買はもうしてないけど里親会が来る、と。 そうやって、にゃんずと会うことができました。
今でこそ「ペットショップ反対!」なんて言ってますが、数年前はこんな知識でした。
だから一人一人に広まるといいなと思って時々書いています。

こんなサイトがありました。内容、長いです:
http://www.flashreport.org/blog/2014/07/09/humane-society-charity-rating-revoked/
HSUSがシェルターを持っていないって・・・知らなかった。間違ったこと書いて、ごめんなさい。でも、こんな酷い組織だったなんて、もっと驚きました。

Maaiさんへ

> こんなサイトがありました。内容、長いです:
> http://www.flashreport.org/blog/2014/07/09/humane-society-charity-rating-revoked/
> HSUSがシェルターを持っていないって・・・知らなかった。間違ったこと書いて、ごめんなさい。でも、こんな酷い組織だったなんて、もっと驚きました。

まだ見ていないのですが後で見てみますね。
ヒューメインソサエティーですか? ハワイはすごく良かったと思いましたが、、。
後ほど見てみますね。情報ありがとうございます。
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
フリーエリア
あなたの国は何時? オハイオはニューヨークと同じ時間です。
amazon
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
11位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
Amazon
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ