米軍とPTSDの話

米軍のことを時々書いています。
戦争に参加し引退した兵士(ヴェテラン)それから戦地での活動をしてきた方の多くがPTSDに悩まされているそうです。

ここでは統計などは書きませんが、聞いた話、実際に経験したことだけ書きますね。

陸軍病院で乳がんのためのボランティアを数回したことがあります。
簡単テーブルに自己触診の仕方のパンフレットやピンクリボンを置いて早期発見を呼びかけるものでした。

入り口の受付の場所でしたので、様々な患者さんを見ることができました。

印象に残ったのが年配のヴェテランの方。 メンタルな問題を抱えていました。

Helloとこちらに来られ、本当に普通に話をしていた時に突然遠い目になって
「ジャップ(ご存じ日本人を侮蔑する言葉)が来るから、俺はあ~~○×△~~」と大声を出されたのです。

それまでとても礼儀正しかったおじいちゃん。 顔つきも変わっていました。
夫は日本人への侮蔑は絶対に許さないタイプですが、すぐにはっと気が付きました。 
メンタルプロブレム。

数日間のボランティアのうち、この方だけではなかったのです。

 数人が明らかにいまだに(戦場)に戻っていました。

そんなに長くたってからも、苦しめられてる人がいる。

それからこれは友人の話。 海兵隊だった夫の友人。
ベトナム戦争に行った方です。
しばらくは、普通に仕事をして暮らしていましたが、うつ病を患い、家も追い出されてしましました。
もう少しでホームレスになるところでした。
 LAの狭い我が家のアパートでしばらく同居して、そこから夫も協力してあちこちに電話。

やっとヴェテランが入居できる施設に入ることができましたが、 数か月かかりました。

ツイッターで元海兵隊の旦那様がおられる方をフォローさせていただいていますが、この方の旦那様は怪我をされて軍を退かれた方です。
 その後の書類上の手続きなど大変な思いをされたとか。 なので、やはり日本国のこれからのことを心配されています。 米国の抱える問題を、医療費のことなどを。

私たちの友人もそうでした。
あちこちに電話、こっちは違う、あちらに、いやあちらに、、とたらい回し。
そういう施設なども国の予算ではとても賄いきれないので民間の寄付で成り立っています。

この友人も泊まるところがなければホームレス。実際にホームレスの退役軍人は多いそうです。


映画(ドライランド)では、PTSDに苦しむ軍人の姿がよく描かれていると思います。
LAで基地の軍人達が(私たちを含め)たくさん試写会に招待されました。

この映画の中で、戦場から帰ってきた主人公が、隣りで寝ている愛する女性に襲い掛かるシーンがあります。
夢と現実とがまぜこぜになるシーンですが、実際にあった事件です。

家族が犠牲になっています。 自殺者ももちろん多いのです。 

それから、自衛隊の話。

NHKクローズアップ現代が4月16日、「イラク派遣 10年の真実」を放送したそうです。
私は見ていないのですがネットのニュースに


 この番組の中で、イラクへ派遣された陸海空の自衛隊員は、5年間でのべ1万人にのぼり、このうち帰国後28人が自殺していたことと、睡眠障害や不安など心の不調を訴えた自衛隊員が、どの部隊も1割以上にのぼり、3割を超える部隊もあったことなどが指摘されていた


と書かれていました。
実際に戦闘に参加していなくても、28人もの自殺者。
PTSDはその何倍にも上ると思われます。

私はとても心配なのです。

ツイッターやネットを見ると 今回決まった日本のこと=戦争、行きたくない。
というコメントが目立ちます。

実際に行くであろう自衛隊員のことは、どれほどの人が気にかけているだろうか?と

自衛隊員に「日本を守ってくれてありがとう」という言葉をかける人がいるだろうか?と。


夫は軍服を着て外出を嫌いますし、(短い時間だけ)という規則もあります。
仕事帰りに軍服を着て買い物をするような場合に

「国を守ってくれてありがとう」というような感謝の言葉を頂き、握手を求められたりします。

とても、とても嬉しいと言います。 
本人も退役軍人を見かけたら同じことをしています。

ミリタリー割引も多かったり、本国ではとても感謝されることが多いのです。

命令されればどこへでも行かねばならない軍人。生死は隣り合わせです。

他国を救いに行ったつもりで帰れと言われたり、命を狙われたりする軍人ですが、こういう、ありがとう。の一言で数われる人もいるのだと思います。

自衛隊にも感謝してほしいなと思います。 そして精神的なケアや引退後の生活なども守られると良いと思います。

日本国の代表はそういうことも含めて決定しただろうか?と、そんなことを思っていました。








にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


乳がん ブログランキングへ 




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

tomotan

昨日の夜のニュースで日本テレビのNews everyでやってた乳がん遅漏の最前線でね、凄いのやってたよ!!!

ビデオYoutubeで引っ張ったから見てみて!!
トモタンのメールに送ろうか?
そしたら、記事にしてもらえるもんね。
内容もコピペしておくね!!

スージーちゃん

ありがとう!!メールも見た!! 記事にするね。
内容も詳しいのありがとう。
乳がん治療がこうやって進歩して、すごく簡単になればなあって思う。

ブログも見てるよ。 毎日が楽しそうで本当に良かったと思う。スイカは高いけど(笑) 

こんにちは!

平和な暮らしを守るために誰かの命が犠牲になる・・・ってすごく矛盾を感じます。

このクローズアップ現代は、どちらかというと全体的には「自衛隊ってすばらしいよ」という雰囲気の番組のような感じ・・・かな?
動画を見つけました。⇒イラク派遣 10年の真実 - http://www.dailymotion.com/video/x1p1tpt_%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E6%B4%BE%E9%81%A3-10%E5%B9%B4%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F_news @DailymotionUSAさんから

「これから」が大事だと思います。
戦争をしない国、としてここでどういう方向を向くのか・・・。大事だと思います。

米軍基地でもPTSDの事はよく聞きますょ… そのおじいちゃん、日本での戦争の事がフラッシュバックしたのでしょうか… 今日 職場で丁度 suicide prevention のトレーニングを受けました。全部英語だから難し~い。陸軍が一番自殺者が多いそうです… そういえば職場の兵隊がイラクに行く事になった時、僕がいかなくて誰が行く!僕が守る と頼もしい事を言ってた。凄いな~と思ったゎ ☆ダンカンの奥様、9年の闘病で47才って。私と近いじゃん…他人事に思えませんでした。

Esperosさんへ~!


こんばんは~!!

> 平和な暮らしを守るために誰かの命が犠牲になる・・・ってすごく矛盾を感じます。

本当にそうですよね。 ではどうしたらいいのかというのも答えが出ないんです。 誰もが他国を襲わない、ということだったら、、でも国内でも紛争があったりもするし、、。

> このクローズアップ現代は、どちらかというと全体的には「自衛隊ってすばらしいよ」という雰囲気の番組のような感じ・・・かな?

そうだったのですか? 動画見てみますね。 私は動画を見ないでネットのニュースだけ見ました。
驚きました。


> 「これから」が大事だと思います。
> 戦争をしない国、としてここでどういう方向を向くのか・・・。大事だと思います。


今回の件で問題なのは国が押し切ったことでしょうね。 
そしてこれからもそうならないように考えないといけないですね。
すごく大事なことだと思います。

アメリカについては米軍は必要だと思いますが、その後の個人個人のケアが足りなすぎるんです。
こちらも大きな問題ですね。 

奈美さんへ

> 米軍基地でもPTSDの事はよく聞きますょ…

よく話題に上りますよね、、。 今回(又聞き)のことは記事にしませんでしたが、ひどい話も聞いてます。

>そのおじいちゃん、日本での戦争の事がフラッシュバックしたのでしょうか…

そうだと思います。 若い頃のことなので、怖かったのでしょうね。 最初はびっくりしましたけど、それからつらい気持ちになりました。

>今日 職場で丁度 suicide prevention のトレーニングを受けました。全部英語だから難し~い。陸軍が一番自殺者が多いそうです… そういえば職場の兵隊がイラクに行く事になった時、僕がいかなくて誰が行く!僕が守る と頼もしい事を言ってた。凄いな~と思ったゎ


陸軍はやはり最前線に行くからでしょうか? 自殺多いですね、家族も結構多いんですよね、在日基地の中で。待っている方もつらいことです。


☆ダンカンの奥様、9年の闘病で47才って。私と近いじゃん…他人事に思えませんでした。

なぜ両側切除を勧められたのか?など詳しいことはわからないのですが、、同じ病気の方の訃報はつらいですね。

追伸!
クローズアップ現代、PTSDをクローズアップしたことはすごく画期的というか、よかったと思います!
最後に「おじさん」がちょっとしゃべりすぎちゃってて・・・(^^;
ムードが変わってしまったんですよ・・・・・。

えすぺろさんへ

さっき、最初を少し見ました。わーおもしろそう、と思いました。語弊があるかな?興味深いという意味で。
もう遅いので明日じっくり見ることにします。
私のコメントの驚きました、というのは、自衛隊員の自殺のことです。あんなに多かったとは。怖いんですよね、、。

自衛隊の方が28人も自殺していたなんて全く知りませんでした。
実際の戦闘に参加していなくても、やはり尋常じゃない世界で、想像を超える体験をされているのですね。。。
ご家族の方もどんなに辛かっただろうと思うと、いたたまれない気持ちになります。

これから日本はどうなってしまうんだろう? どこへ行ってしまうんだろう?と言うことはとても心配です。

ニュースでも官邸前で反対する人たちの映像が流れていましたが、今は出張の釈明会見で見で大泣きした議員の映像ばかり。。。
(世界のあちこちで笑われている模様)
マスコミがそっちに食いついているその影でまた着々と次のステップへと進められていないか心配になります。

軍人のPTSDがホームレス問題に繋がって行くのも、重い問題ですね。
国のために尽くした人の行き着く先がそれでは悲しすぎます。
なんとかできないのでしょうかね。。。

AKI* さんへ

> > 自衛隊の方が28人も自殺していたなんて全く知りませんでした。
> > 実際の戦闘に参加していなくても、やはり尋常じゃない世界で、想像を超える体験をされているのですね。。。
> > ご家族の方もどんなに辛かっただろうと思うと、いたたまれない気持ちになります。

> Esperoさんが実際の番組の動画を送ってくださったので、あとで見ようと思いますが、やりきれないですね。
> 非戦闘地帯でも(しか行ってないはずなのです)すごい恐怖だったといいます。
> 軍人も心の病気になる人多いです。
>

> > ニュースでも官邸前で反対する人たちの映像が流れていましたが、今は出張の釈明会見で見で大泣きした議員の映像ばかり。。。
> > (世界のあちこちで笑われている模様)
> > マスコミがそっちに食いついているその影でまた着々と次のステップへと進められていないか心配になります。



> デモの様子はネットで見ました。 あまり大きな報道されなかったとか、、。
> あの大泣き議員は、、、大笑いしてしまった。 テレビで流れてるんですか? それもびっくり。
> 何で、そんな映像のほう流すんでしょうね、、。
>
>
> > 軍人のPTSDがホームレス問題に繋がって行くのも、重い問題ですね。
> > 国のために尽くした人の行き着く先がそれでは悲しすぎます。
> > なんとかできないのでしょうかね。。。


>
> 大きな問題ですね。 戦闘で怪我をして帰ってきた人には保証が出ますが、精神的なことのケアは行き届いてないと思います。 仕事ができない、施設に入れないとホームレスへ、、。
> アメリカはとてもボランティア(寄付も)多くて民間が助けている状態です。
> でも日本は、、どうなのでしょう? そこまで行かないような気がします。

今更ですが・・・

この記事、読ませていただきました。
本当に、難しい問題だと思います。

うちの義理息子はイラクに2年間いましたが、背骨?腰?を悪くして
軍から補助を受けてます。
イラクから帰国して、すぐに自分の生みの母親を探し回り 
(それまでずっと連絡よこさなかったので母親は行方不明でした。
うちの旦那との離婚の原因は、彼女の育児放棄です。汗)
会ってみたら、母親は自分のことは覚えていないし、泥酔して暴力事件は起こすし、
毎回お金をせびってくるし・・・・・・で義理息子はさらに精神的に参ったと思います。
そして、その頃知り合ったのが現在の彼のお嫁です。
お嫁は何も言わないけれど、義理息子には色々な問題があるのでは、と思います。
全てを包んでくれる女神のようなお嫁に出会えて、うちの義理息子は幸せだと再確認しました。

悩めるうさぎさんへ

こんばんは!!
わあ、嬉しいです。 そんな前の記事を~って感激です!

義理息子さんにそんな過去があったのですね、、。
イラクに2年と聞いただけでも、きっとつらい思いをされたのだと想像します。

そんな経験から(産みの母親)に会いたいと思う気持ちも分かりますね。
想像でしかないのですが、、。話したいことがたくさんあったのではないかなあ。

それにしても育児放棄だったとは、、ひどいです。

> 会ってみたら、母親は自分のことは覚えていないし、泥酔して暴力事件は起こすし、
> 毎回お金をせびってくるし・・・・・・で義理息子はさらに精神的に参ったと思います。

↑ ひどい!! どうしてそんなこと出来るのか不思議です。
どれほど傷ついたかなあ、義理息子さんと思ってしまします。


> そして、その頃知り合ったのが現在の彼のお嫁です。
> お嫁は何も言わないけれど、義理息子には色々な問題があるのでは、と思います。
> 全てを包んでくれる女神のようなお嫁に出会えて、うちの義理息子は幸せだと再確認しました。


お嫁さんに出会って、本当に良かったですね。 女神のようなお嫁さんなんて、なかなか出会えないですもんね、本当に幸せだと思います。 傷ついた心が癒やされるといいな~。
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: