アメリカと日本の違い ER編

実は先日、夫が具合悪くなってERまで運転していきました。
具合が悪い、なんて10年に一回もないのですが、このときは「連れて行ってほしい」と言われてびっくりして飛び起きました(朝早かった)
本当に免許取ってよかった。

アメリカはよほどのことがないと救急車を呼びません。
 有料ということもあるけど、本当の本当のエマージェンシーのみ。
それから場所によっては来るのが時間がかかる場所もあるんです。
数時間とか。
行けない場所もたくさんです。
なのでほとんどの場合は自分で運転、もしくは家族。

私のひどい運転でERについたときはもっと具合が悪そう(笑っちゃいけないけど、、もう過ぎたからいいよね、、笑)

それなのに、受付にまず人が、、いない、、いない、、。
エクスキューズミ~!!
のろのろ出てきて、書類を書けと。
記入して、待つ、待つ、待つ。

これが普通です。
私は夜中具合悪かった時には3時間待たされました。 家で寝てた方が治る!
なので、ERも本当に緊急!!じゃないと行きません。

他に患者さんがいなかったので、意外と早く呼ばれましたが、中に入って、、、出てこない。
この日は2時間くらい待ったかな、、。

その間に猛烈な咳こんでる人が来て、ううう、もらって帰りたくない~なんて思ってしまった。
病院ってそれがありますよね。

この間に親友とツイッターのDMなどして「入って出てこないよ、点滴かな?」なんて書いてたら、やっとでてきた。

吐き気止めが効いて元気になって出てきたけど
「中で点滴したの?」「NO」「じゃあ何してたの」「寝かされてた」

思った通り~。 良い薬をもらったので、良かったけど、、。
夫はアイダホでER勤務でした。救急車も乗ってた。
事情をいろいろ知っているので、よほどのことがないと(行く)って言わないので本当にびっくりしたのです。

軍の病院なので無料ですが、民間の病院だと、こんなに待たされて吐き気止めだけで、とんでもない金額になると思います。
アメリカで暮らして初めて日本の保険制度ってすごいんだなあって見直しました。

帰りも処方箋を出してもらって、今度は病院の方(ERとだいたい離れてる)で、また、待つ、待つ。

全部で数時間。やっと、終わって帰れます。

あのね、帰りは自分で運転したよ?(笑)
アイルドライブ、だって~。 
でも「朝は本当に助かった、ありがとう」って言ってもらって、うれしかった。

いろいろ事情があって肉体的な疲れと精神的な疲れが溜まってしまってる夫。

おいしいものつくったり、一緒に映画観たり(なので、先週はたくさん見ました!)
せめて家では楽しく過ごせるように、と努力中。

「近くの町に飲みに行く? 運転するよ?」って言ってるのに 「いいよ、だいじょうぶ」って、なんでよう(笑)

病院もですが、夫婦のあり方も日本とアメリカだいぶ違います。

これは次回書こうかな、と思っています。




うちに来た次の日のチャチャ。

chibi chacha

やんちゃだったね。

chibi chacha


   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


乳がん ブログランキングへ 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

大事なくて良かった!

こんにちは。
本当に,運転免許証を取っておいて良かったですね。
知り合いでも60歳を超えてから,免許証を取られた方がいます:ご主人の持病があったので、無かったら,多分大変な苦労をする事になったのでは、と思います。
何年か前の話ですが、ヤマダニに食い込まれてそれを除去するのに終末救急病棟へ行った際、1時間近く待たされて,除去/処置に要した時間は15分以内。請求書にはPAの分と病院使用料の二つがあって,確か余りに酷いので交渉の結果半分に。それでも5万円位払った記憶です。
救急車を呼ぶだけで、これも数年前ですが(カリフォルニア州SF湾岸)、1700ドル前後してました。今は、もっと高いかもですね。
日本の保険/医療は健康な暮らしを送るには十分+:それを破壊しつつある状況は非常に嘆かわしいです!それこそ本当に「モッタイナイ」!

Yokoblueplanetさんへ

Yokoさん!!お久しぶりです。
ブログ訪問すっかりご無沙汰しています、後ほど訪問します。
ツイッターはいつも読んでますよ~!

> 本当に,運転免許証を取っておいて良かったですね。
> 知り合いでも60歳を超えてから,免許証を取られた方がいます:ご主人の持病があったので、無かったら,多分大変な苦労をする事になったのでは、と思います。

はい、本当に良かったです。 普段あまり運転しないのですが、いざ!という時本当にあった方がいいなと思いました。 NYに行くときにフリーウエーも運転したんですよ!

> 何年か前の話ですが、ヤマダニに食い込まれてそれを除去するのに終末救急病棟へ行った際、1時間近く待たされて,除去/処置に要した時間は15分以内。請求書にはPAの分と病院使用料の二つがあって,確か余りに酷いので交渉の結果半分に。それでも5万円位払った記憶です。

うわ~!大変でしたね。 入院ならまだしも、15分の処置に、というのは理解できないです。
でもヤマダニ怖いですもんね。
交渉できるってところもちょっと面白いというか日本と違いますね。

> 救急車を呼ぶだけで、これも数年前ですが(カリフォルニア州SF湾岸)、1700ドル前後してました。今は、もっと高いかもですね。

1700ドル!!でも、わかります。無料が当たり前の日本では、考えられないですよね。
私の治療は軍のトライケアがなければ半分もできなかったと思います。
お給料はすごく安いですが、そういうベネフィットを考えると、軍で良かったなと思います。 

> 日本の保険/医療は健康な暮らしを送るには十分+:それを破壊しつつある状況は非常に嘆かわしいです!それこそ本当に「モッタイナイ」!

日本の保険制度素晴らしいですよね。 こちらに来て初めてわかりました。 
日本でもたらいまわしなど問題もありますけど、その何倍もの時間待たされますからね。
破壊されつつあるんですか? あまり詳しく知らないのですが。

こんにちは!
ほんと!!免許取ってよかったですねーー\(^o^)/
おとうたんさん、
きっと、
か、感謝されてますよ。き、きっとーーーー

すごく待たされて、これじゃ、「救急」じゃない・・と思いました。
そのうえ、高額料金取られるんじゃ、家でお薬飲んで様子見ようかな・・・って思っちゃいますね。
日本は恵まれてる・・・とは、思います。が、しかーし!!!

でも今、この優れた医療制度や救急車の迅速な対応が災いして、「コンビニ受診」が問題になっています。
職業柄、夫からいろんな話を聞くのですが、本当に驚くような理由で気軽に救急車を呼び、気軽に救急病院を受診する人が多いのです。

たとえば、「お薬の飲み方がわからない」という若い御嬢さんとか、「朝の診療時間は混むから救急時間帯に診てほしい」というサラリーマンとか、「なんか、おしりが、いたい」というお年寄りの方など・・・・・

救急車は「往き」は乗せてくれますが、そのような方々は診療(?)が終われば自分で家まで帰らなければなりません。
で、「タクシー代化してください」とか…笑えないような話があります。(すごいよね!発想が!!)
そこで、今日本では救急車要請を有料にしようかという議論もあります。

私は日本の場合は、タクシーが比較的利用しやすいので タクシー会社と病院が提携して、病院への利用に限り低料金にするなどの考え方はどうかなーーーって思うんですよねー。
確かに、救急車を呼ぶほどじゃないけど、高熱で自分で電車やバスに乗って病院までいけない・・・というような人もいるとは思うし。

しかーーし!これは都会の話。
地方の「限界集落」と言われている場所や、そこまでではなくてもいわゆる「いなか」では、病院の数も少なく、総合病院なのに小児科や外科が無い(設備はあるのに医師がいないので診療科が閉鎖している)という状況のところもあり、救急に対応できていません。
一番懸念されているのが産婦人科です。
産婦人科を志す医師は減っており(キツイから。出産は時間の調整ができないからです。&訴訟が多い。)自分が暮らす町に産む病院が無い・・・なんて状況もあるのです。

というように、日本の医療体制は、保険診療も含めてジンワリと崩壊し始めています。
保険診療の問題点は長くなるので・・・(ここまででも十分長いね・・・ごめんなさい・・)
今のうちに手を打たないと、この先、本格的に崩壊する・・・かも、と医療関係者はすごく心配しています。

ご清聴(?!)ありがとうございましたーーー(^^;

おとうたさん、心と体、お大事に!!

Esperoさんへ!

こんばんにゃ!

> ほんと!!免許取ってよかったですねーー\(^o^)/
> おとうたんさん、
> きっと、
> か、感謝されてますよ。き、きっとーーーー


本当に良かった!!2年前です~!
乱暴な運転(わざとぢゃない)なんですけど、それでもオハイオの人よりはうまいです、えっへん(オハイオの人運転超下手です)


> すごく待たされて、これじゃ、「救急」じゃない・・と思いました。
> そのうえ、高額料金取られるんじゃ、家でお薬飲んで様子見ようかな・・・って思っちゃいますね。
> 日本は恵まれてる・・・とは、思います。が、しかーし!!!


待たされるんですよ~NYのダウンタウンなんかもっと長いんだろうなって思います。
Yokoさんが数年前で1700ドルだって書いてましたね。
ERに具合が悪くて行く場合のメリットは強いお薬もらえる、だけですね、きっと。 



> でも今、この優れた医療制度や救急車の迅速な対応が災いして、「コンビニ受診」が問題になっています。

これ読んで本当に(苦笑)でした。笑うに笑えないっていうか、ひどすぎる。
でも雑誌でも読んだことある。 酔っぱらって救急車呼ぶのとか、、。
タクシー代貸してくれなんてすごいなあ。



> そこで、今日本では救急車要請を有料にしようかという議論もあります。

これ賛成です。 後から払うとかでもいいかも。それか後から(本当に救急だった場合お金が帰ってくる)とか。


> 私は日本の場合は、タクシーが比較的利用しやすいので タクシー会社と病院が提携して、病院への利用に限り低料金にするなどの考え方はどうかなーーーって思うんですよねー。
> 確かに、救急車を呼ぶほどじゃないけど、高熱で自分で電車やバスに乗って病院までいけない・・・というような人もいるとは思うし。

↑ これはいいですね。 タクシーは障碍者手帳でも安くなったり無料になるし、病院と提携はすごくいいと思う。 緊急の場合のみのちほど返金されます、とかが。



> しかーーし!これは都会の話。

あはは、またでた~~しか~~~し!!

> 地方の「限界集落」と言われている場所や、そこまでではなくてもいわゆる「いなか」では、病院の数も少なく、総合病院なのに小児科や外科が無い(設備はあるのに医師がいないので診療科が閉鎖している)という状況のところもあり、救急に対応できていません。

日本も結構ありますもんね、そういう場所。 島なんか特にですよね。 ドラマなんかでよく取り上げられますよね。 うん、うん。

> 一番懸念されているのが産婦人科です。
> 産婦人科を志す医師は減っており(キツイから。出産は時間の調整ができないからです。&訴訟が多い。)自分が暮らす町に産む病院が無い・・・なんて状況もあるのです。

これはすごく困る!! 心配ですよね妊婦さん。 そういうところはまだお産婆さんだったりするのかな?
産婦人科は確かにきついですよね。 時間も長いですもんね。


> というように、日本の医療体制は、保険診療も含めてジンワリと崩壊し始めています。
> 保険診療の問題点は長くなるので・・・(ここまででも十分長いね・・・ごめんなさい・・)
> 今のうちに手を打たないと、この先、本格的に崩壊する・・・かも、と医療関係者はすごく心配しています。
>
> ご清聴(?!)ありがとうございましたーーー(^^;


大変ためになりました~!! 保険の話も聞きたいなあ。 日本の医者にかかったのは、もう何十年も前なので、いろいろ忘れてるし、変わったと思うし。 当時の医者はすんごく威張ってました。 どうしました?って顔も見ない医者もいたなあ。 
あ、息子の具合が悪くなって京都の小さい病院ではよくしていただきました~! 


> おとうたさん、心と体、お大事に!!

ありがとう~~!!下士官はすっごく激務なのです。アメリカで一番ストレスが高い仕事だってニュースで読みました。最近本当にストレスってます。

こんにちは!

大事に至らないで本当に良かったですね。
激務とのこと、ストレスいっぱい溜まっていらっしゃるんですね。…
どうぞ、お大事になさって下さいね。

こちらでアメリカの保険の話を聞かせていただいて、改めて日本の保険制度はありがたいシステムなんだなぁと思います。
ましてや今、ガッツリ保険制度の恩恵を受けてる身としてはなおさらです。
高額医療制度なかったらとてもじゃないけど、初発の乳がん治療費 厳しすぎます〜(~_~;)
今まで無駄に丈夫なヤツで、年に一度風邪ひくかどうか〜ってヒトだったので、今まで収めた保険料を一気に使ってる感じです。

救急車を気軽に使いすぎてシステムがパンクしそうになるって話題は、よくテレビでも取り上げられています。 何とかしないといけないですよね。

ケモで若干パワーは落ちてるかも?(笑)ですが、tomotanさんとご家族の健康を願ってパワー送りますね〜!

私の髪の毛 まだ頑張ってます!
もともと毛量は多い方でしたが、今は猫っ毛の人くらいかな?
でも、髪洗った時のボトッ抜ける感触が〜;^_^A

色々悩んだのですが、あえてショートヘアにはしませんでした。
セミロングをボブっぽい長さにしたくらい。
ウィッグに合わせてカットした感じです。
家族とそれぞれの親兄弟にしか病気の話はしてないのです。
あとはどうしても伝えないとまずい仕事先には話しましたが、まだ怖くて友だちには言えません。。。

ついこの間うちの夫もERにお世話になりました。
Tomotanさんもご存知のピンクのT病院です。
勤務中に突然眼が痛くなり仕事続行不能に…4時間待ったそうです.で、おかげで午後の仕事は殆ど出来ずに終了したらしいです。
私もここに戻ったばかりの頃、何度かERに行きました。私の場合別の病院でしたが、保険の支払いが上限を超えていた為少しの支払いで済みました。(どれ程になるかドキドキしていましたが…)
持病持ちは本当に日本の保険制度が羨ましくなる時が多々あります。
Tomotanさんのご主人帰りは元気になられて良かったですね!(うちの夫はただのものもらいでした。)やっぱり運転免許あると良いですよね〜うちは最初私が日本ではペーパードライバーだったから反対されたけど、「何かあった時にあなただけしか運転できないのは…」と説得して取得しました。
きっとTomotanさんのご主人は「助かったな〜」って、しみじみ感謝したことでしょうね。
ところで余談ですが…私が手術でフロリダの病院に行っていた時、そのT病院で以前働いていたという技師さんが私の住所を見て「え〜!そうなの〜じゃあのピンクのT病院を見たことあるよね?山の上にあってさ、ピンクだけどホテルじゃないよ!ジョークじゃないから〜あれは病院だから〜それも軍のだよ!なんでピンクなんだよ あはは(笑)」と。
で、私が「私の夫はミリタリーだから よぉ〜くその病院知っているわ」と言ったら…彼慌てて「Goodな病院だよ!あそこは良かったよ」と。もう遅い…散々言っておいてそのフォロー(笑)

Aki*さんへ

こんばんは~!

> 大事に至らないで本当に良かったですね。

はい、ありがとうございます。
米軍勤務ですが激務ですね。体を壊さないか心配です。


> こちらでアメリカの保険の話を聞かせていただいて、改めて日本の保険制度はありがたいシステムなんだなぁと思います。
> ましてや今、ガッツリ保険制度の恩恵を受けてる身としてはなおさらです。

本当にそうですよね。 払ってるだけの時はもったいないような気がしますけど、恩恵を受けるとおお~よかったって思いますもんね。日本の保険制度は素晴らしいと思います。


> 救急車を気軽に使いすぎてシステムがパンクしそうになるって話題は、よくテレビでも取り上げられています。 何とかしないといけないですよね。

やっぱりそうなのですか?? 有料でもいいかもですね。 呼ばれる方もオオカミが来るぞじゃないけど、またか?みたいなことになりそう。 真剣に受け止められなくなるんじゃと心配です。


> ケモで若干パワーは落ちてるかも?(笑)ですが、tomotanさんとご家族の健康を願ってパワー送りますね〜!

ありがとう~~。もうだいじょうぶです!


> 色々悩んだのですが、あえてショートヘアにはしませんでした。
> セミロングをボブっぽい長さにしたくらい。
> ウィッグに合わせてカットした感じです。
> 家族とそれぞれの親兄弟にしか病気の話はしてないのです。
> あとはどうしても伝えないとまずい仕事先には話しましたが、まだ怖くて友だちには言えません。。。

なるほど、自然にウイッグにシフトできますもんね。
私も友達には
長い間言えませんでした。 家族と親友だけでした。
カミングアウトしたことで、離れていった人も多かったです。
かなり重かったので、怖かったのかな?と今は思います。
タイミングが難しいですよね。

NaomiTさんへ

> ついこの間うちの夫もERにお世話になりました。
> Tomotanさんもご存知のピンクのT病院です。

おお~あそこですね~!


> 勤務中に突然眼が痛くなり仕事続行不能に…4時間待ったそうです.で、おかげで午後の仕事は殆ど出来ずに終了したらしいです。

4時間!! ひどいですね、、。 あのT病院は予約していても1時間くらい待たされていました。
だんだん行きたくなくなっていきました。


> 持病持ちは本当に日本の保険制度が羨ましくなる時が多々あります。

日本の保険制度は素晴らしいと思うのですが、今問題も多いそうです。
Naomiさんは上限がある保険ですか?トライケアではないのかな?

免許は何年も仮免まで取っていたのですが本当に下手で運転免許なんて無理!!と思っていのです。
オハイオだから(道がすいてるから)取れたのかもです。 ふ~~。


> ところで余談ですが…私が手術でフロリダの病院に行っていた時、そのT病院で以前働いていたという技師さんが私の住所を見て「え〜!そうなの〜じゃあのピンクのT病院を見たことあるよね?山の上にあってさ、ピンクだけどホテルじゃないよ!ジョークじゃないから〜あれは病院だから〜それも軍のだよ!なんでピンクなんだよ あはは(笑)」と。

あははは。
ホテルみたいですよね。外観は。 中は、、、ですが。
私は基地から来た人と一緒にケモしてましたけど、彼女はあの色が見えてくるともう吐き気が始まるって言ってました。
山の上なので入院はオーシャンビューで素晴らしかったですよ(笑)

わーーー!

tomotanさん!

旦那様、ホント大事に至らなくてよかったです。。。
読みはじめからとてもびっくりしてしまいました!
心配な中での運転も、大変でしたね。

しかし、ERでもその対応とは、せめてスピードだけでも上げてほしいですね。
私も一度急な高熱で救急時間(っていうんですかね、夜間)にいったときに、
5時間受付で待って返って具合が悪くなった経験を思い出しました。

アメリカ人の友達が、全然病院いこうとしない理由を身に沁みて理解しました(笑)。

疲れもたまってらっしゃるのでしょうから、
できるかぎりで、ゆっくり、ゆったりすごされて下さいね♪♪

マイコMaikoさんへ

タイトルの、わーー!!にびっくり(笑)ありがとう。


> 旦那様、ホント大事に至らなくてよかったです。。。
> 読みはじめからとてもびっくりしてしまいました!
> 心配な中での運転も、大変でしたね。

すごく丈夫な人なので(笑)本当に驚きました。 ERなんて2回目くらいかも。
運転はとても、その、、乱暴でして(わざとぢゃないの、、)
急ブレーキで余計気分悪くなって真っ青に!!


> しかし、ERでもその対応とは、せめてスピードだけでも上げてほしいですね。
> 私も一度急な高熱で救急時間(っていうんですかね、夜間)にいったときに、
> 5時間受付で待って返って具合が悪くなった経験を思い出しました。

↑ ↑ ↑ ええ~~~!! ひどい!!
私、「いつも待たされます」と書いて「私はそんなことないです」ってコメント来るかななんて思っていたら、皆さんもっとひどい!!長すぎます!! 5時間って!!


> アメリカ人の友達が、全然病院いこうとしない理由を身に沁みて理解しました(笑)。
>
> 疲れもたまってらっしゃるのでしょうから、
> できるかぎりで、ゆっくり、ゆったりすごされて下さいね♪♪

本当に病院行かないですよね。 風邪くらいじゃ絶対に行かないですよね、だって普通の薬くれるだけだし、たくさんジュースのんで、とか(笑)

疲れが溜まってるんですね、きっと
米軍の特に下士官はすんごく激務です。
ご心配おかけしました!!

旦那さんがERへ!?大変でしたね~でも帰りは自分で運転とは驚きです。大事に至らないで良かったですネ。ERのお仕事してたんですか~ そうそう聞きますね、米国は医療費が高いって。日本は世界で一番長寿国と言われますが、国民が健康保険証を保持し、いつでも医療が受けられるからだとTVで誰かが言ってた。救急車をタクシー代わりに使う人は困りもんですけどね。日本人は病院に行く回数も他国に比べダントツなんですよね。癌専門病院も他の病院でも 予約してても何時間も待たされますょ。今、待合室から携帯でカキコしてまーす

奈美さんへ

> 旦那さんがERへ!?大変でしたね~でも帰りは自分で運転とは驚きです。大事に至らないで良かったですネ。ERのお仕事してたんですか~ そうそう聞きますね、米国は医療費が高いって。

私のあんまりな運転に、、(笑)いやいや、もうだいぶ良くなっていたので、薬がすごく効いたそうです。
はい、アイダホではER勤務でした。 アメリカの医療費は本当にすごいですよ。

>日本は世界で一番長寿国と言われますが、国民が健康保険証を保持し、いつでも医療が受けられるからだとTVで誰かが言ってた。

これは納得ですね~~そうでしょうね。 長寿国というわけではないんでしょうね。

>救急車をタクシー代わりに使う人は困りもんですけどね。日本人は病院に行く回数も他国に比べダントツなんですよね。癌専門病院も他の病院でも 予約してても何時間も待たされますょ。今、待合室から携帯でカキコしてまーす

今まさに待合室なんですね。 予約してるのに待たされるんですもんね。もう少しどうにかならないかなと思います。 それでもERで5時間待つ、なんていうよりはいいのかも。

オトウタン大丈夫ーー?! 
良くなってよかったねぇ。

すごーーーく分かるよ。軍の病院に限らず、アメリカのシステム
おかしいよね。緊急で来てるのに、書類に記入って出来ないっつうの!!後にしてくれてもいいのにって思うけど、保険のあるないとか
保険会社取り扱ってるか確認するためらしいけど、人命より保険なんだって思った。

トモタンのバカ話が一番オトウタンには効くんじゃない?

スージーちゃん

> オトウタン大丈夫ーー?! 
> 良くなってよかったねぇ。

もう大丈夫です。 ありがとう~~!!
びっくりした!!丈夫なのにって。

> すごーーーく分かるよ。軍の病院に限らず、アメリカのシステム
> おかしいよね。緊急で来てるのに、書類に記入って出来ないっつうの!!後にしてくれてもいいのにって思うけど、保険のあるないとか
> 保険会社取り扱ってるか確認するためらしいけど、人命より保険なんだって思った。

わかるよね~~~!!! でも私よりみなさん長く待ってて驚いた!!
軍じゃなかったら、確かに保険が先かも。書類も長いし、なんでも書類だし、おかしいよね。


> トモタンのバカ話が一番オトウタンには効くんじゃない?

をい!(笑) でもあたり(笑)
楽しく笑わせてやったわあ~~(爆)
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: