乳癌の本について

喉頭がんを克服されて前向きにがんばっておられる{気道戦士 癌ダム}さん(リンク先からどうぞ)
昨日の記事で(いのちの乳房)という写真集を紹介されています。 
乳房を再建された方達のヌード写真集だそうで表紙を見ただけで感動しました。
アマゾンのレビューを読むとカメラマン(アラーキー)の優しい目を通しての素晴らしい写真集だそうです。
あとがきに「彼女達は女神だよ」って言葉があるそう。
一気にアラーキーのファンになってしまった(笑)
それからももう一冊{乳房、花なり}という本。 残念ながら亡くなってしまった歌人の歌とヌードの写真集で、この方は再建されてなくそのままだそうです。
どちらも機会があったら見てみたい本です。

私が闘病中よく読んでたのは、イルカちゃんがすぐに送ってくれた

{乳がん全書}(福田護 編集) 法研 とてもくわしく、ためになりました。



中島みちの(がんと戦う。がんから学ぶ。がんと生きる) 文春文庫
同じ乳癌で小さい子供のいる方だったので、すごく共感できました。 男の子が病室でお母さんのために歌を歌う所では泣けました。

それから、すごく特別な本
千葉敦子さんの (よく死ぬことは、よく生きることだ) 文春文庫
        (死への準備日記)  文春文庫

この方はNYのジャーナリストでした。昭和62年に亡くなった方ですが、最後の最後まで自分の病気と向き合い、冷静にジャーナリストの目でご自分の病気を記録された本です。
この2冊には特に感銘を受けました。

たとえば度重なる再発で声も嗅覚も失うのですが、この方は

「声と嗅覚を失ったけれども、まだ私には目が見えるし、耳も聞こえる。 失った物を嘆くよりは、残された機能の活用に努めよう」 (よく死ぬことは、よく生きることだP235より)

こんな風に考えたことのなかった私はすごくショックでした。 そして勇気がわいてきました。
こうやって、少しづつ立ち直っていったのかもしれません。

失った物も多かったけど、得た物もすごく多かったと今では思っています。 特に家族や親友の大きな愛情。

親友といえば夫の親友が感謝祭からしばらく泊まることになりました。
今、夫が休みを取ってネバダまで迎えに行っています。
足も悪く、仕事もなく、いくところがなくなってしまった。 夫がロスの軍の施設を調べて書類を手伝って、そこが空くまでどのくらいかわかりませんが、一緒に暮らします。 
「小さいアパートでソファーだけど、それでもいいならここに来て」って言いました。 
「それとも、、私達のベッドの真ん中で寝る? 両側から子守唄歌ってあげるけど? ステレオよ」なんて。
これはまあ冗談ですが。

出費も多くなると思いますが、家族や親友のピンチ、絶対に助けたい。 
私もとても助けられたのだから。 

こういうことも癌になって初めてわかったのかもしれません。
人として大事なことを学びました。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

こんにちは!
素敵です☆
今の日本では
ひょっとすると助け合いの精神が
失われているのかもしれません.
今日のブログを読んで
ハタと目の覚める思いでした.
大切なことを忘れていたような気がします♡

!リンク,どうぞよろしくお願いします!
私達の方でもリンクさせて頂いちゃいました!
また,すぐに遊びに来ます!

ねこちょうちんさん、こんにちは

夫はほぼ20時間運転しっぱなしで迎えに行きました。 
すごく大変だけど、もし自分だったらと思うとぞっとしますよね、、。
こんなふうにホークレスになっていくのかな?と怖かったです。
今ハムや色々食べてパイもおかわりしてます。
良かったよかった。
その様子は又ブログで。
いつも有難うございます!!

No title

素晴らしい本ですね。
乳房を失ってしまった女性に勇気を与えますね!
辛い思いを少しでも救えるこのような本がたくさんあればいいのに・・・。
お友達思いなんですね、素敵です!
私もそんな優しい気持ちを少しでも持ちたいと思いました。旦那様のお休みまで取ってお迎えだなんて・・・。最高のご夫婦ですね♪

クルーさん、こんばんは!!

わあ、うれしいです。 有難うございます!!
やっぱり親友は特別なので、見捨てられないです。 でもイ引っ越してからが良かったけど。あは。 すごく狭いので。 
本で勇気が出ることってすごくあります。 病気してからは特に。 強い人に惹かれます。
いつもありがとうございます。

こんにちは。
tomotanさんのご主人も温かいですね。
私もこれを乗り越えたら、人の傷みの分かる温かい人間になりたいo(^-^)o

ゆうだいさん、こんにちは!!

乗り越えられますよ~!!だいじょうぶ!! 今戦ってるのに勇気があって素晴らしい人です!!
夫はやさしいですけど、喧嘩も派手にします(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

癌ダムさん、こんばんは!

いえいえ、こちらこそ。 いつも役立つ情報ありがとうございます。
本当に良さそうな本ですね。 勇気が出ると思います。
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
12位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ