アメリカで頑張る女性達へ

英語の勉強の為、アメリカへ渡った人。
素晴らしいチャンスがあったから、アメリカへ来る人。
そして、好きになった人がアメリカ人だったので一緒にこの国へ来た人。

特に私も含めて、結婚してアメリカへ来る人。

憧れと現実のギャップに驚きます。 
好きだった英語が通じなかったときのショック。
小さなことでも違うマナー、そして文化。

日本で日本人でいることは、もちろんマジョリティー何もかも優先されますが、アメリカでの外国人、突然マイノリティーです。どこに住んでいても(外国人)であり(アジア人)

群衆の中の孤独、なんとなく感じる疎外感。

食べなれた食事が懐かしい、見慣れたテレビが懐かしい。
そして配偶者が日本人でない場合、なによりも日本語が懐かしい。

きっと皆さん経験があるのではないでしょうか?

そんなときに一番頼りになるのが、結婚相手の配偶者だと思います。というよりも結婚してきた場合夫だけが頼りという場合も多いでしょう。

誰にも頼れなかった女性の話。

前回紹介させていただいた、ブログ友達のスージーさん。

前から心配していた通りになってしまいました。

思い切って飛び込んできたアメリカ、苦労の連続、そしてついに配偶者から

殺されそうになりました、、。 ブログこちら

2日ほど前にブログを読んで、あまりのショックと憤りと、それから悲しみと、、なにがなんだか、わからなくなりました。

DVとはいえ言葉の暴力だった(もちろんこれだって、許されないですけど)、もう離婚するんだと思っていました。そして(名前が変った日)のタイトルを見て成立したんだーなんて思っていました。

(ある事件)と以前書いてあったの麻薬でつかまったのかな?なんて考えていたら、そんな恐ろしい目にあったなんて!!


しばらく更新がなかったとき、、その間にこんな大大変な事件が起こっていたなんて。 

命が助かって本当に良かったのですが、もしそのまま助からなかったら、埋められたりしていたら、、もう誰にもわからない、、。

あまりの恐ろしさにぞっとしました。

スージーさんは「誰かの為になるかもと思ったから」と書きにくいことを書いてくれました。

アメリカに来て暴力や事件に悩んでいる方、自分の命を大切にしてください。

DVはエスカレートするばかりだそう。 アイムソーリーを繰り返し、ひどくなっていく。


すぐに警察へ。
それから日本大使館や無料の弁護士、幾らでも相談できるところがあると思うのです。

一人で悩まないで、まず誰かに話をしてください。


そしてDVを受けている場合は一刻も早く離れて欲しいと思います。







ユタの場合 Utah Domestic violence Law より

Arrests for Domestic Violence

Under Utah’s laws, if a police officer has probable cause to believe (a reasonable belief) that domestic violence has occurred, the officer must make an arrest without a warrant or issue a citation (ticket).

ドメスティックバイオレンスの逮捕

ユタの法律によればドメスティックバイオレンスを受けていると警察官が判断した場合、逮捕状なしでの逮捕が可能です。

☆悩まずに警察へ



   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村





乳がん ブログランキングへ 










関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

DVは、繰り返される。1度でも暴力を受けたら
即、別れなさいというのが、わたしの意見です。
スージーさん、よく頑張られましたよね。
読んでいて泣けてきました。もうこれからは静かに
幸せに暮らして欲しいですね。

りょうこさんへ

> DVは、繰り返される。1度でも暴力を受けたら
> 即、別れなさいというのが、わたしの意見です。

やはりそうなのですね。言葉の暴力も立派な暴力ですよね。
もっと強く『別れたら?』って言えば良かったかなあ、、?

> スージーさん、よく頑張られましたよね。
> 読んでいて泣けてきました。もうこれからは静かに
> 幸せに暮らして欲しいですね。

本当にがんばりすぎるくらいがんばった。
怖かっただろうって泣けます。早くスッキリして日本に帰って幸福になってほしいって心から思います。

No title

こんにちは。
DVについては前に書いた通りです。
でもDVを受けている本人はそのことに気づけません。
「お前が悪いから暴力をふるわれるのだ」というマインドコントロールにはまりこむのです。

スージーさんのブログを読んで、日本の警察と対処が違うなぁ・・と感じます。
日本では、まだまだ 被害者が被害届を出すなど自分で動かなければ警察は守ってくれないのです。
被害者は自分で考えたり判断する力を失っていますから、保護されるべきなのに・・・。

スージーさんは今はご無事なのですね。
それならいいのですが、とにかく「離れる」ことが一番目の方法です。

DVを行う夫や恋人に「絶対に悟られないように」逃げることです。
逃げそうだとわかるとDVはエスカレートして最悪の事態が考えられますから。

荷物も思い出も何もかも、とにかく一度あきらめて、逃げ出してほしいです。
後のことは、なんとでもなるのですから。

Esperoさんへ

> こんにちは。
> DVについては前に書いた通りです。
> でもDVを受けている本人はそのことに気づけません。
> 「お前が悪いから暴力をふるわれるのだ」というマインドコントロールにはまりこむのです。

ひどいはなしですよね、、。
でもスージーさんの話を読むとそうなのか、、とよくわかりました。

> スージーさんのブログを読んで、日本の警察と対処が違うなぁ・・と感じます。
> 日本では、まだまだ 被害者が被害届を出すなど自分で動かなければ警察は守ってくれないのです。
> 被害者は自分で考えたり判断する力を失っていますから、保護されるべきなのに・・・。

ここの描写は私はアメリカっぽいなあと思いました。 
名前も変えて保護される、近づけないように法に守られます。
子供の虐待もそうです。2度と親元に帰さないというパターンも多いと思う。
被害者が被害届だなんて絶対に無理ですよね。




> スージーさんは今はご無事なのですね。
> それならいいのですが、とにかく「離れる」ことが一番目の方法です。
>
> DVを行う夫や恋人に「絶対に悟られないように」逃げることです。
> 逃げそうだとわかるとDVはエスカレートして最悪の事態が考えられますから。
>
> 荷物も思い出も何もかも、とにかく一度あきらめて、逃げ出してほしいです。
> 後のことは、なんとでもなるのですから。


今は無事で離れているから本当に良かった。
ただ、愛犬カービーちゃんを連れて行きたい、きちんと離婚をしたい、などでまだ残っているそう。
私も本当は命あってのことだから、1度さっと日本へ帰ったほうが、、と思うのです。

No title

TOMOTAN

ありがとう!!そして、他の方もありがとうございます。

今も、一人で頑張ってるよ!!昨日今日と10時間半労働だった。
疲れたびぃーー。

今は、まだ旦那は親の家にいる。

離婚の話が一歩進んだ。あの男、全部Deniedしてきた。
カービーも渡さないって。だから、Mediationをして、裁判に進むかもって所です。

中途半端で、日本に帰るとあいつが日本まで追いかけて来てカービーを奪い取ったり
する可能性もあるから、日本にも入局拒否される様な手続きをして帰りたいの。

もう、ほんと、会うのも嫌だし話もしたくない。


心配してくれてありがとう。トモタンがもっと強く帰れば?って言えば良かったって書いてあるけど
違うんだよぉ。私、頑固だからさ、きっと言われても帰らなかったと思う。

まさか、こんな事が起こるなんて思いもよらなかった。記事にしてくれてありがとう!!


スージー!!

> TOMOTAN
>
> ありがとう!!そして、他の方もありがとうございます。


うわ~~ん、だいじょうぶ? 今コメントが入ってる!って嬉しくて涙が出そう!!


> 今も、一人で頑張ってるよ!!昨日今日と10時間半労働だった。
> 疲れたびぃーー。
>
> 今は、まだ旦那は親の家にいる。


もう刑務所から出てきたんだね、、。 でも離れていて良かった。
一人で働いて暮らしているんだね、、。


> 離婚の話が一歩進んだ。あの男、全部Deniedしてきた。
> カービーも渡さないって。だから、Mediationをして、裁判に進むかもって所です。


な!!今度は怒りでカーッとなる!! なんでなんで!! ヴァカ男!!
裁判! イッタイ何を言ってるんだろう、、。
本当にSorryと思っているなら、悪かったってすっきり離婚してくれなくちゃ!


> 中途半端で、日本に帰るとあいつが日本まで追いかけて来てカービーを奪い取ったり
> する可能性もあるから、日本にも入局拒否される様な手続きをして帰りたいの。
>
> もう、ほんと、会うのも嫌だし話もしたくない。


絶対にそれがいいよ。DVのこと勉強したというEsperoさんが絶対に絶対に会ったらだめって。 
私も日本に追いかけてくるんじゃないかって、心配だった、、。
きっちり決着をつけたほうがいいとは思うけど、、もっとよい方法はないのかな?
だって、あれだけのことをして事件になったのに、簡単に離婚できないのかな? 


> 心配してくれてありがとう。トモタンがもっと強く帰れば?って言えば良かったって書いてあるけど
> 違うんだよぉ。私、頑固だからさ、きっと言われても帰らなかったと思う。
>
> まさか、こんな事が起こるなんて思いもよらなかった。記事にしてくれてありがとう!!


すごく心配だった。 メールでいろいろ聞いていたのに、強く言えなかったから。 ブロ友とはいえ会った事もないのに失礼かなと思ったり、でもやっぱり別れた方がいいのになあって思ったり、、。 その後で日本に半年帰ることになったでしょう? それで、こういい感じに遠のいていけるんじゃ?って思ってた、、のに。
かえってひどいことになっちゃったね、、。

カービーの事を心配な気持ちはすごくわかる。 でもね、命を大事にしてね。
スージーが生きているからカービーを迎えにだっていけるんだから、、。
また怒って薬なんかやってたら、何をされるかわからない、それが怖い。

本当に気をつけてね。 ブロ友さんたちも心配してるよ。
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: