生存率なんて忘れようよ

嫌な言葉です。 5年生存率。 10年生存率。

私はこの生存率に振り回された一人です。 治療中に読んだ本、調べたサイト。 すぐに目に付く生存率。

本当は誰にもわからないのです。 神様だけが知っているのだと思います。

それなのに調べては落ち込み、調べては落ち込みのくりかえし、、。

10年前にステージ2Bで見つかり、リンパ節の腫瘍の数と大きさでステージ3に直されました。

後から見つかったでっけえリンパ節の転移。 胸の原発癌一番大きいのが4,5センチ。 リンパ転移の方も1センチ。パチンコ玉くらいある~!!

リンパの転移の3つと4つではドーンと数字が違ったので悔しかったのを覚えています。

4ヶ月マンモに行かなかった間に3つが4つになったんだ!とずっとくよくよしてました。


(余命)という言葉も、嫌ですね。 確かに慌てずに計画は建てられますが、すごくショックです。

夫からママが『再発して、治療は無理で余命6ヶ月』と聞いたときのトンカチで頭を殴られたようなショック。

本人のショックはもっと、もっと大きかっただろうと思います。

夫ママはすぐに受け入れて、私達も何回か会いに行って、たくさん話をして私達も受け入れることができました。

そういう意味では(準備期間)があるというのは家族にとっても良いことなのかな、、? でも宣告されたときはたまらないですよね。

夫ママは6ヶ月と言われ、7ヵ月後に旅立ちました。

ある方も6ヶ月といわれて、3年後に天国へ。

おとなりのお父さんはやはり6ヶ月と告げられ、それから4年経つそうです。

前に話したベトナム帰りの海兵隊員だった人。 肺癌で1年以内といわれたのが20年以上前です。

余命、というのも、誰にもわからないもの。 慌てないための一応の準備は良いかもしれないですが、落ち込まないで欲しいなと思います。




私の場合です。10年生存率は20パーセントくらいといわれたのが、10年前です。




一緒にがんばろうね。




☆ 乳がん闘病記もインデックスにまとめたいと思います☆

☆ それにしても夫ママに『会いに出てきてもいいよ』と言っておいたのに、ちっともでてきてくれない。
時々、夜『いつ出るの?今でしょ!』(元ねたは本当は知らない)って言うんだけど、全く気配も感じません。
あちらの世界でハッピーなのかな、きっと、、。








 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




乳がん ブログランキングへ 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tomotanさん、こんにちは。
心強いメッセージありがとうございます!
そうです!
寿命も余命も誰かが決める事ではないですよね!
そんな事に、振り回される人生なんて、むなしいだけ。
弱気な心は、自分で振り払うしかないですね。
今日は、先日投与したハラヴェンに喝を入れました!
「ちゃんと働かないと、追い出すぞー!」って
びくびくしていた自分にも。

一緒に頑張りましょうね\(^-^)/
ありがとうございます☆

bunkoroさんへ

> tomotanさん、こんにちは。
> 心強いメッセージありがとうございます!

Bunkoroさん、こんばんは!!
わ~いよかった~嬉しいです。


> そうです!
> 寿命も余命も誰かが決める事ではないですよね!
> そんな事に、振り回される人生なんて、むなしいだけ。
> 弱気な心は、自分で振り払うしかないですね。

そうなんです!!
私も数年間も振り回されていましたよ。
すごく弱気になっていました。 でも、いか~~ん、と。

> 今日は、先日投与したハラヴェンに喝を入れました!
> 「ちゃんと働かないと、追い出すぞー!」って
> びくびくしていた自分にも。

ハラヴェンというのは抗がん剤でしょうか?
私も抗がんざい中にいつも「今頃小さな抗がん剤兵隊が戦ってる、戦ってる」なんて考えてました。
追い出すぞ~!っていいですね!!

> 一緒に頑張りましょうね\(^-^)/
> ありがとうございます☆

はい~~!!一緒に頑張りましょう!!
凹んだ時は思い出してください、生存率なんて(屁)だって。
皆だいじょうぶです!!!

No title

tomotanさん こんにちは。

「生存率なんて忘れよう」はtomotanさんが言って下さると
皆さん心強いですよね。
それは一人一人違って、神様だけが知っていることですよね。

余命もそうですが、私も余命を告げられてそれ以上お元気だった方
3ヶ月の余命宣告から、2年を過ぎた方など何人も知っています。

tomotanさんも、本当に良く頑張って、諦めず治療してきたよね(拍手)。
皆さんに元気を伝える事が、さらに勇気を持ってもらえますね。
これからも無理なく頑張って下さいね(*^^)v。

ママさんは、あちらでたくさんの方々に合うのがお忙しいのかしら?
優しい頬笑みで、tomotan一家を見つめている姿が浮かびます。
私の想像のママさんですが・・・・(^^ゞ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

tomotanちゃ~んv-238
そうだよ~。
星の数より多い自分の細胞さんが、戦ってくれてるわ~。信じて~(*^_^*)がんばんべ~。
でもね、私も昨年12月に、子宮頸がんと告知されたとき~、確かにネットや本で調べてるうちに、なぜか?生存率にたどり着いちゃって~・・・・凹んだよね。
しかし、今じゃ~(ちょっと~リラックスしすぎかも~)、緊張感の足らない?患者かも~(祝ラスト抗がん剤の時も、受付の後出歩いてたら~病友に会い~おしゃべりしてたら~なんだか?お呼び出しアナウンス~!!時間忘れてた~と、もどったら、先生が~『今日もリラックスしているね~いいよ~(笑)』と、あきれてた?)
今日も、CT検査に行って・・・・CT⑤と書かれた~サンダルのまま帰ってきて~最悪!!(だって、2時からのドラマが見たかった~)急いで帰って、またサンダルと自分のシューズを取り換えに行って~、結局、テレビは見れず、検査室の人と~大笑い。(戻ってくると思ってたわよ~と笑顔)
12月の緊張感は~どこに?いちゃったのでしょうか?(笑)今じゃ、このドジさに凹んでますよ。(笑)

tomotanちゃんの力強いお言葉~、ヒエピタのアイディア同様~頂きました!!

No title

tomotanちゃ~んv-238

ごめんね~。
名無しは~、私でした。急いで帰ってきて~、ここでもやっちゃいましたね~(笑)

No title

生存率など無意味よ。
過去の統計でしかないし、今は日進月歩。
出てきてくれないの?
まだ、先に逝った方との再会を楽しんでるのかもね。
うんと楽しんでもらってからでいいじゃないかな、待ちましょう。

Masumiさんへ

> tomotanさん こんにちは。
>
> 「生存率なんて忘れよう」はtomotanさんが言って下さると
> 皆さん心強いですよね。
> それは一人一人違って、神様だけが知っていることですよね。
>
> 余命もそうですが、私も余命を告げられてそれ以上お元気だった方
> 3ヶ月の余命宣告から、2年を過ぎた方など何人も知っています。


Masumiさん、こんばんは!!


私はすごく振り回されたんです。 少しでも高い生存率が書いてあるサイトを探したり。
今思うと馬鹿みたいですが、必死だったんですよね。 でも本当に神様だけが知ってるんですよね。
『ただの数字だから気にしない』って思えたのはずっと後からでした。
皆さん違うんですもんね、本当は。


> tomotanさんも、本当に良く頑張って、諦めず治療してきたよね(拍手)。
> 皆さんに元気を伝える事が、さらに勇気を持ってもらえますね。
> これからも無理なく頑張って下さいね(*^^)v。


わ~~い~~褒められた~~(すぐに図に乗る)
皆元気になってほしいんです。 『ほら!私も元気だよ』って。
がんばりま~~す。


> ママさんは、あちらでたくさんの方々に合うのがお忙しいのかしら?
> 優しい頬笑みで、tomotan一家を見つめている姿が浮かびます。
> 私の想像のママさんですが・・・・(^^ゞ。


きっと想像が合ってるような気がする(^^)
本当はすごく怖がりって知ってるので遠慮してるのかも。
今ならいいよ~!なんて言うんですけど。 忙しいのかな?楽しんでいるような気がしてなりません。

鍵コメさんへ

鍵コメさん、はじめまして。
最近の告知なんですね。 最初に医者から聞くときが一番辛かったです。
お気持ちとてもわかります!!

私もすごくショックを受けましたけど、本当に(生存率)とか(余命)とかただの数字、ただの統計だと思います。
例え一桁でも、その中に入ればいいと思うし、0パーセントと言われたとしても(自分が記録を破ってやる!)と!! 
長くかかりましたが、今はそう思います。 

そう!生存率なんていらないし、気にしない! そして治療に専念してくださいね!

コメントありがとうございました。 とても嬉しかったです。

名無しのイルカちゃんへ~~

> tomotanちゃ~んv-238
イルカちゃん~~すぐわかったよ~~(笑)

> そうだよ~。
> 星の数より多い自分の細胞さんが、戦ってくれてるわ~。信じて~(*^_^*)がんばんべ~。

そう、細胞さんが全員戦ってくれてるからね、副作用はそれだから。 大丈夫!!


> でもね、私も昨年12月に、子宮頸がんと告知されたとき~、確かにネットや本で調べてるうちに、なぜか?生存率にたどり着いちゃって~・・・・凹んだよね。

生存率はツイ調べちゃうし、余計なお世話な医者が言う時もあるし、、。 聞くとやはり凹むよね。


> しかし、今じゃ~(ちょっと~リラックスしすぎかも~)、緊張感の足らない?患者かも~(祝ラスト抗がん剤の時も、受付の後出歩いてたら~病友に会い~おしゃべりしてたら~なんだか?お呼び出しアナウンス~!!時間忘れてた~と、もどったら、先生が~『今日もリラックスしているね~いいよ~(笑)』と、あきれてた?)
> 今日も、CT検査に行って・・・・CT⑤と書かれた~サンダルのまま帰ってきて~最悪!!(だって、2時からのドラマが見たかった~)急いで帰って、またサンダルと自分のシューズを取り換えに行って~、結局、テレビは見れず、検査室の人と~大笑い。(戻ってくると思ってたわよ~と笑顔)

↑ 何十年も変っていないイルカちゃんがここにいる!!(爆) 便所サンダル(あ、違った、CTサンダル)履いて歩いてる姿が目に浮かぶ~ぎゃはは。 皆に笑いをふりまいてるね、相変わらず。

でも、本当はすごいことだよ。 抗がん剤の真っ最中に笑うことが出来るんだもん。
私はそんな明るい患者じゃなかった(笑)
イルカちゃんのすごいところはそこだよね。 太陽のように周りを照らして、看護婦さんまで笑わせちゃうところ!! 
絶対に癌に勝つタイプ!!



> 12月の緊張感は~どこに?いちゃったのでしょうか?(笑)今じゃ、このドジさに凹んでますよ。(笑)
>
> tomotanちゃんの力強いお言葉~、ヒエピタのアイディア同様~頂きました!!


緊張感なんて、もういらない(笑) もうだいじょうぶだもん。
副作用が終わったら、あとは髪の毛生えるだけ~!!
この猛暑はヒエピタで乗り切っっちゃって(、、、って本当に大丈夫なんだろうか?頭冷やして)

イルカちゃんへ

> tomotanちゃ~んv-238
>
> ごめんね~。
> 名無しは~、私でした。急いで帰ってきて~、ここでもやっちゃいましたね~(笑)

うん、知ってた(笑)
で、サンダルは返したの?(笑)

りょうこさんへ

> 生存率など無意味よ。
> 過去の統計でしかないし、今は日進月歩。

やっぱりドクターが言ってくれると、違う~~!!
皆さん~~お医者様が『無意味よ!』って!!

> 出てきてくれないの?
> まだ、先に逝った方との再会を楽しんでるのかもね。
> うんと楽しんでもらってからでいいじゃないかな、待ちましょう。


はい、生前『あっちの世界から連絡取ってもいいよ、夫に伝言伝えるよ』って言ったんですが『絶対に怖くないように出てきてよ』って言いました(笑)
なんだか楽しんでいるような気がします。 天国でジョークふりまいてるんじゃないかな?

No title

tomotanさん
その通りですよね!
よく生存率という言葉を耳にします。
でも、きっとその人の一生は
生存率っていう言葉なんかで決められないですよ!

でもその言葉に
傷ついている方がどれほどいるのでしょう。
tomotanさんもとても傷ついたのですものね(´Д⊂ヽ


楽しいことが大好きなお母様
きっとお空で楽しまれていますね♪

No title

僕は、とりあえずの危機は脱したけれど
いま現在、生存率の恐怖と闘ってる方々には、
なんとも力強い応援歌で、素敵です。

僕は、「食事療法」に出逢って良かったことの一つに
その、なんとも厄介な「癌の生存率」と、
自分の力で闘っている実感があったことが揚げられますが

考えてみると、普通は、治療はすべて「医者任せ」
自分では、ナイン一つできず、身を任せるしかない…ところに
もう一つの生存率の恐怖があるような気がします。

効く効かないは、ケースバイケースですので
僕にはなんともいえませんが
僕には「劇的に効いた」事もあり
「闘って勝った実感」もありますが

何より、怖くなったら「ジュースの量を増やす」
食べもの、食べ方を改良する。
生活習慣を改善していけばいいのですから
癌も治るし、他の病気も治ります(苦笑)

そうした「精神的な効果」も含めて
やってみる価値はあるように思うんですけど
まぁ、欠点といえば、
野菜代が馬鹿みたいにかかるのと
作るのが面倒
そして、慣れるまで、減塩食は大変に不味いこと…

要するに「ナトリウム中毒」「化学調味料中毒」だから
舌が麻痺してるだけなんですけどね(苦笑)。

そして、もう一つ大事なことは
「死を恐れないこと」「ちゃんと向き合って受け入れること」
その結果として「今日を大事に生きること」

頑張れ、がん患者さん、僕も応援してます。

はっぴいままへ

> tomotanさん
> その通りですよね!
> よく生存率という言葉を耳にします。
> でも、きっとその人の一生は
> 生存率っていう言葉なんかで決められないですよ!


はっぴいまま~
そうですよ。 
重病だってなんだって、生存率とかパーセントで人生の長さを決めないでと思います。
一人ひとりの大事な人生なんですもん。 統計とか、けっ!です。


> でもその言葉に
> 傷ついている方がどれほどいるのでしょう。
> tomotanさんもとても傷ついたのですものね(´Д⊂ヽ
>
>
> 楽しいことが大好きなお母様
> きっとお空で楽しまれていますね♪


やはり聞いてしまうと(どき!!)とします。 
例えば80パーセントといわれたとしても、『はい、10人集まって!この中の2人は5年後生きてません』って言われたのと同じ。やはりショックなんですよね。
もうやめたらいいと思います。

ママは楽しんでいるのかなと思っちゃいます。 またインドとか行ってるのかも(笑)

癌ダム4Gさんへ

> 僕は、とりあえずの危機は脱したけれど
> いま現在、生存率の恐怖と闘ってる方々には、
> なんとも力強い応援歌で、素敵です。

ありがとうございます~!!
今現在も生存率を調べてはがっくりしてる人へ、少しでも元気になってほしいなと思います。


> 僕は、「食事療法」に出逢って良かったことの一つに
> その、なんとも厄介な「癌の生存率」と、
> 自分の力で闘っている実感があったことが揚げられますが
>
> 考えてみると、普通は、治療はすべて「医者任せ」
> 自分では、ナイン一つできず、身を任せるしかない…ところに
> もう一つの生存率の恐怖があるような気がします。


それはいえますね、親友も言ってました。治療が終わったら終わったで「これから、どうするの?」って思うって。癌ダムさんのブログも読んで参考にしてるって言ってました。
漢方とか、サプリとか。自分の信じている治療を試すって言うのも大事ですよね。


> 効く効かないは、ケースバイケースですので
> 僕にはなんともいえませんが
> 僕には「劇的に効いた」事もあり
> 「闘って勝った実感」もありますが


↑ そうなんですよね。 
夫母は参考書のようにヘルシーな物を食べていたのに、と残念です。
私は恥ずかしながらジャンクが多いです、肉も。
ストレスをためないで好きなもの食べてやれ、療法(笑)
でも野菜もフルーツも意識してとるようにしてます。ジュースも(時々ですが)




> そして、もう一つ大事なことは
> 「死を恐れないこと」「ちゃんと向き合って受け入れること」
> その結果として「今日を大事に生きること」
>
> 頑張れ、がん患者さん、僕も応援してます。


すごく大事で、一番難しいことですよね。
向き合って受け入れる。 なかなかできなかったです。
数年ワーワー泣いて、やっとココまで来ました。

私もがん患者さん応援します!! 
もう泣かないで、一緒に頑張ろうってずっと言っていきたいです。
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: