乳がんの標準治療と怪しい民間治療


pink_20170706065811d20.png


週刊新潮7月6日号 小林麻央さんが標準治療を拒否し、怪しい民間治療に頼ったという記事の見出しを見ました。購入するためにアマゾンカートに入れていたら、あっという間に売り切れてしまいました。 それだけ関心も高いのだと思いました。

どういう記事だったのかネットで調べてみると、麻央さんの場合最初の病院での乳がんの見落とし、そして「すぐに再検査を」と言われて数ヶ月遅れてしまった。その後違う病院で乳がん発覚。 脇のリンパの転移もありステージ3と言われたのだそうです。

ここまで私の時と全く同じでした。 その後麻央さんは手術、抗がん剤、放射線の標準治療を拒否されたのだそうです。 週刊誌の記事それからネットの記事なのでどこまでが真実なのかはわかりません。 今更言っても命は戻ってきませんが、もし標準治療受けていたら、すぐに手術をしていたら…今でももしかしたらお元気なのではと残念でならないのです。

お若く美しかった方ですから、胸を切り取ったり、髪が抜けたりする恐怖の気持はとてもわかります。それにお子さんももっと欲しかったという記事も読みました。 

癌はたとえ同じ大きさで同じステージで同じ治療を受けたとしても全員結果は違います。 標準治療だったら絶対に助かっていたとは言えません。 

それでも統計的に見るといまでは治療後の5年生存率も、すごく高くなっています。

もし…と言い出したらキリがないですが、残されたご家族、特にお子さんのことを思うと胸が締め付けられます。

もしも治療を迷っている方がいらっしゃったら、どうか標準治療も恐れないで欲しいと思うのです。
そして高額な怪しい民間治療に頼らないでほしいのです。

こんな私でさえ手術や抗癌剤は辛い選択でした。 抗がん剤の途中は何回もやめたいと思いました。
そんな時に週刊誌に載っていた「これでガンが治る!」というきのこに心が揺れました。 記事を読むと、もうそれだけで魔法のようにガンが消えて、治療も無しですむのかなと思いこんでしまいそうになりました。 非常に高額だったことを覚えています。

弱みに付け込む悪質な犯罪だと今では思っています。

医療は発展し、乳がんの治療、標準治療でさえ選択肢が増えていると思います。 主治医を信じて、治療方法をよく相談してみてくださいね。



このブログでも乳がん治療の記録をまとめてあります。
クリックでページに飛びます。

乳がん闘病日記 まとめ前半

乳がん闘病日記 まとめ後半

それから投稿小説サイトにいくつかあげています。

(カクヨム)  乳がんサバイバー 

 第一話 遅れたマンモグラフィー





悲しい思いをする人が一人でも減ることを心の底から祈っています。




いつもクリックありがとうございます。 すごく励みになっています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

乳がんブログを書いていた理由。麻央さんの訃報を受けて考えたこと。

久しぶりに乳がん記事を書きます。

最近は書かないようにしていました。 自分自身も思い出して苦しくなることが多かったですし、なるべく楽しいことをメインに書いていこうと思っていました。


 このブログに自分の乳がんのことを書き出した大きな理由は3つあります。

1 なによりも早期発見の大切さを伝えたい。

2 闘病中の乳がん患者さんに希望を持ってほしい。

3 闘病を支えてくれる家族への感謝の気持ち。


1 については、このブログもたくさんの方に読んでいただけましたし、投稿エッセイも1万ビューを超えて若い方にも読んでいただけました。 書籍化もまだ希望しています。 なるべくたくさんの方に癌の怖さを知ってほしいと思っています。
そして、それでも早期発見だったら助かることを。 どんな感想でも良いのです「げ!切除とか、まぢキモい!早めに検査行こう!」と思ってもらえたら良いなと思いました。

早ければ早いほど生存率も上がるのが乳がんで、自分で検査ができる唯一の癌でもあるのです。 
(しこりがあるけど、心配だなあ)と思ったら迷わず病院に行って欲しいと思います。 


2  癌の怖さを知ってほしいと書きましたけど、生存率が悪くても元気になった例もあることを伝えたいと思いました。私の乳がんもそうとう進行していて顔つきというのも悪かったのですが14年も元気です。 乳がん経験者の希望になりたい。 私も病院で聞いた奇跡のような話が本当に救いでした。

抗がん剤で髪の毛を嘆く患者さんが多かったので、昔はハゲ写真や生えかかった写真を載せましたけど、最近は引き上げています。 見たくない方も多くいらっしゃると思ったからです。


3  私が苦しい闘病生活を乗り越えられたのは、夫と息子のおかげです。 いつも感謝しています。 もちろん手術や抗がん剤の苦しみは本人が乗り越えるのですが、一緒に戦ってくれたこと。支えてくれたこと心からありがたいと思います。

がん患者さんのご家族は本人よりも辛いかもしれません。言いたいことや言ってはいけないこと。どうやって声をかけたらいいかわからない時があります。 なにも言わなくてもそっと背中に置かれた暖かな手に救われることもありました。がん患者さんのご家族へのエールそして支えてくれた私の家族への感謝の言葉を残したいと思いました。


14年前ですから情報も古くなり、更に医療も発達しました。 手術も薬も良いものがどんどんでています。

それでも昔と変わらないのは「早期発見」の大事さだと私は思うのです。

昨日の小林麻央さんの訃報 ショックでした。 

小さなお子さんを残していく気持ち、痛いほどわかります。そして最後の言葉。あまりにも悲しいです。 どれほど生きていたかったかと思います。
日本ではきっと連日報道されているでしょう。 これからブログの書籍化や映画化もあることも読みました。

詳しいことはわかりませんが、ブログにはご本人も「あの時ちゃんと検査していれば」という後悔するような文章があったと思います。最初は様子を見ると、生体検査を受けなかったと。 それから最初に乳がんが発見された時も手術を拒否されたと言う記事も読みました。
「悲しい、かわいそう」という報道だけではなく、こういうこともきちんと報道してほしいと思います。

最後まで美しくたくさんの方に勇気を与え続けた麻央さんのご冥福を心よりお祈りいたします。





いつもクリックありがとうございます。 すごく励みになっています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エッセイ ”乳がんサバイバーと呼ばれて”


カクヨム という投稿小説のサイトがあります。
こちらに 乳がんについてのエッセイを書きました。 

ブログに書いていた(乳がん闘病日記)をまとめたものです。 

カクヨムはカドカワさんのサイトです。
そこで7月にエッセイコンテストがあり、入賞は20万円と書籍化でした。
はじめての投稿、はじめてのまとまったエッセイ。 無理だよねえ~なんて思っていたら第一次審査に通過したのです。

うわあ~~きた~これ~~!なんて思っていましたが、入賞は逃しました。 
がっかりです。
というか、ボジティブ過ぎですね(笑) 取る気まんまんだったのにい。

書籍化が夢です。 

コンピューターやスマホをもっていない方にも読んでほしいなあと思っているのです。

「ステージ3Cでも元気だよ! 局所進行性(私はこれだったとつい最近知りました。 のんきすぎだろ!笑)のガンでも13年も元気だよ!あなたも大丈夫だよ!」と大声で伝えたいのです。


今回書籍化を逃しましたが、スマホで読める皆さんへ公表することにしました。
こちらです。

乳がんサバイバーと呼ばれて←クリックでリンクします。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054881047102 リンクが飛ばない方はこちら。

ページを開くと左上に題名があり、下にスクロールしていくと 目次があり
第1部 検査と告知

第1話 遅れたマンモグラフィー
第2話  バイオプシー検査
第3話  告知
第4話  絶望そして希望

↑こんな感じになっていて、第一話のところをクリックで読めます。


実は小説も書こうと思っていたので、そーっと内緒でしようと思っていました(笑)

私の長年のブログ友で作家の深水千世さんに、いろいろ教えていただきました。
 過去記事 携帯小説!!

「携帯小説?うわ~おもしろそう~でも恥ずかしい~~イヤンイヤン」←バカ 
という私の背中を深水さんが押してくれたのです。 

カクヨムでは深水さんの小説も読めます。 こちら

深水さんの本 日本で買ってきた~。 絶対買おうと思っていた本はまとめてアマゾンで日本の住所へ
ゲット~!でもまだ読んでない、ごめん千世ちゃん。 これからゆっくり読みますよ~。

20160721_131059.jpg

それから、ずっと内緒にしようかなーと思ったのはペンネームがちと恥ずかしかったのもあります。

真白タビサと言います。

いやあ~~笑ったらダメえええ。 

私の大好きな人に選んでもらったのです。

いやあん、タビサ恥ずかしい~(笑)

実はもう一つ笑えるエッセイをということで(アメリカンおとうたんとの日々)も書きました。

こちらもほとんどブログに書いたことですが、夫との出会いから結婚当時のことも書き足しています。

実は第一次審査2つとも選んでいただいたのです。 

「こ、これは、どっちかもらえるかも~」って思っちゃうよねえ(笑)

今回は残念でしたけど、とっても面白い世界を体験できて嬉しかったです。

悶えるような恋愛小説やドロッドロのえぐいホラー小説なんかも書いてみたい❤
でも恥ずかしいから、また他のサイトで違う名前で始めるかも(笑)

またチャレンジしたいと思っています。



10月は乳がん啓発運動の月。 早期発見が大事です。皆さん検査に行ってくださいね。

それから お知らせです。

☆右のメールフォームからメールを下さった方へ ずっとジャンクメールの方へ仕分けされていたようです。 ずっと見ていませんでした。間違えて消してしまいました。 もしよろしかったら、また連絡してください。 コメント欄にも匿名でコメントできます。これからはチェックするようにします。 申し訳ありませんでした☆



ここをクリックでブログ村のランキングになります。 ありがとう。

  ↓

にほんブログ村



小林麻央さんの乳がん

たった今ネットニュースを見ました。

とても綺麗な人でお若くお子さんも小さいのにお気の毒です。

進行性の乳がんと聞き、私もそうだったのですが進行が早いタイプなのかなと思いました。

癌にもいろいろ種類があって、ゆっくりなタイプもあるのですが、私のはアグレッシブ(攻撃的)だと言われました。
日本の医者が使う(顔つきの悪いがん)というタイプでしょうか?

進行が早い、気がついた時には大きくなっていて、脇の下のリンパや胸の中のリンパにも転移していました。
毎日絶望して泣いたのはこういう悪いタイプの癌だったからです。

麻央さんの場合は詳しいことはわからないのですが1年8ヶ月の闘病で抗癌剤が中心だとか。
1年8ヶ月前とはどういうことなのか考えてみると、この時に発症して悪くなったのかなと思いました。

凄くショックです。

それに今まさにエッセイを書いているのですが、乳がん闘病日記をまとめているんです。

ブログの方は日記をほぼ丸写しでしたが、当時の事を思い出して毎日書き足しています。

それを投稿小説サイトで毎日更新しています。

忘れていることがたくさんあり、辛かったことを思い出します。

こんな風に泣いているのかなと思うと胸が痛みます。

全国に今日も泣いている人がどのくらいいるのかと思うと本当に辛いです。

私も泣いてばかりでした。

でも今はこんなに元気になりました。

闘病中の方は希望を持って治療をがんばってくださいね。




ここをクリックでブログ村のランキングになります。 ありがとう。

  ↓

にほんブログ村










応援しています。 全ての癌患者さんへ

今、この瞬間にも苦しんでいる癌患者さん、たくさんいらっしゃると思います。

13年前同じ思いをした私に何が出来るかといつも考えています。

健康な人には少しでも早期発見の大事さを伝えたいと思いますし、癌患者さんには(希望)はあるのだと発信していきたいのです。

すごく元気になった人がいるんだって!と。 

食事もジャンクでひどいらしいのに元気だって(笑)と。

私が闘病中、奇跡のような話をたくさん聞いて元気づけられました。

「なんだ、私も大丈夫だ」って思えました。

そんなふうに思ってもらえたら良いなと思います。

それから「がんって怖いんだ、早く検査に行かなくちゃ」と若い人たちにも考えて欲しいのです。

闘病記を本にしたいなと思ったこともあり、企画やさんと話をしましたが、闘病記はもうたくさんあり特にハワイでの闘病であまりニーズがないのではないかというニュアンスのことを言われました。

それでも諦めたわけではありません。

電子書籍それからがん患者会の体験記とか、、いろいろ考えています。

前回の記事の投稿小説も、小説だけではなくエッセーカテゴリーもあるので、エッセーを書いていこうと思っています。

ひとりでも多くの人の目に止まりますように。

。。。。。。。。。。。。。


ブログ村の癌カテゴリーのトトロさん、すごくがんばっておられます。

乳がんからの転移、どんなときにも諦めず明るく前向きなブログで勇気づけられます。
パンパンに晴れた足は皮膚がさけて血が出ている、呼吸が苦しくて酸素ボンベをつけていて、それでも

「今日は出勤です」

なんていう更新があり、そのすごいバイタリティーというか強さに感動します。

今の状況は非常に厳しそうですが、奇跡が起きて欲しい、、。 
「元気になりました~」なんて更新が読みたいと思います。

コメントをしあったこともなく、いつも応援クリックを押すだけですが、遠くから応援しています。

グログを書いている方、コメントをくださる方、もちろん実際のガン友(?)も応援しています。
世界中のガン患者さんへも同じ思いです。

ある日、びっくりするような奇跡の薬ができて、あっというまに癌がなくなると良いね。

心からそう思います。

医療は進歩してるもんね! 

だいじょうぶ!! がんばりましょう!!






クリックが励みになっています!ありがとう。

にほんブログ村






プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
フリーエリア
あなたの国は何時? オハイオはニューヨークと同じ時間です。
amazon
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
13位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
Amazon
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ