ウエディング記念日

今日は結婚式をあげた日でした。

アメリカのマリッジライセンスと日本の婚姻籍を入れたのは12月でした。 

次の年、春まで待って基地内のチャペルで結婚式をあげたのでした。

過去記事探したら2年前に書いてました。 22年前のウエディング

今年で24年目。 12月が来たら25年目になります。

25年!! そんなに一緒にいるう??と思いましたけど、息子も22歳だもんねえ、そうだよねえ。

すごく早かったような気もしますけど、いろいろなことがありました。

夫は軍を26年勤めて引退したのですが、軍生活の殆どを一緒に送ったんですね。 

慣れないアメリカで泣いたり、病気をしたり、辛いこともあったけれど、楽しい思い出のほうがうんと多いです。

と言うか、楽しい生活があるから辛いことは忘れていけるのだと思っています。

悲しいときはうんと泣いて、ムカついたら、うんと怒って、その後で大笑いすれば良いね、と思っています。

夫も息子も家族ですが親友でもあります。 

なんでも話せて相談できる関係。 

息子もそんな家庭を持って欲しいなと思っています。

先日パーティーに出た時に大好きな引退した軍人さんが奥様をつれていらして、その方と話したらとっても楽しくて。

その男性も大好きだけど、奥様もすっごく好き~!と思っていました。 仲良しで素敵でした。

なんと結婚60年だそうです。

「いええ~~??60年!!??」って変な声出ちゃいました。
20歳で結婚したとしても80歳? 全然そんな風に見えないので本当に驚きました。

しかも車で来られてて「え?遠くないですか?」と聞くと「たったの24時間、うふふ~」って。 タフすぎだろ。

私達も仲良しの高齢夫婦になりたい。 本当に夢ですね。

大きくなった孫と出かけたりして、クックック、楽しすぎるう~~。

夢は大きく❤



クリックいつもありがとうございます。 すごく励みになっています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


22年前のウエディング

金曜日は結婚(式)記念日でした。
結婚記念日は2回~。

結婚証明書が受理された日
(米軍と外国人の結婚は山のような書類でなかなか大変なのです。 血液検査から指紋、逮捕歴、精神疾患の検査とあらゆる検査がありました。いまもあるのかな?)

それから在日基地の教会での結婚式。

22年前の今日、チャーチで東洋の美女と西洋の美男子は結ばれました。 (うははは、言いたい放題)

ウエディングドレスはカタログでオーダーしました。 サイズ6が大きすぎてお直し。 

うわ~~ん。 マイボディーカムバック~

おとうたんなんて、髪の毛があ~たよ。 

もちろんブライズメイドはイルカちゃんだった。 青いドレスが綺麗だったね。

当時は英語もわからない言葉が多くて、例の(病めるときも健やかなる時も~)も英語ですし、その後の誓いの言葉の

ワタクシ〇〇は〇〇を夫として~というところを言わなくてはいけなくて、ド緊張でした。

I Tomotan ひ~~なんて声がひっくり返っていたのでは、、。

夕方からのパーティーでは軍服での出席者が多かったのですが、この日エマージェンシーがあって、(当時のお仕事の救命士)ビーパー(まだ携帯電話なかったですよ、日本語でポケベル。これがビービーなってた)が鳴り10人以上いなくなったりしたっけ。

実は昨日スマホを新しくしまして(次回の記事にします) 持たないまま買い物に行って夫と時間の待ち合わせして、とっても不便で不安でした。 

それで、
「ねえ、昔はセルなんてなくてさ、覚えてる?ビーパー」
「持ってなかったよ」
「え!忘れたの? 仕事で自宅待機の時に持ってたよ」
「あ~~~持ってた~~」

と懐かしく思い出したのでした。

外出してビービーなりだしても、電話がない。 
やっと見つけた公衆電話でコインがない。
アメリカは交換手が出るんだった。 ○セント入れてください、なんて。

日本は10円をジャラジャラ持ってかけてたっけ。 
なくて100円玉入れるのが悔しかったなあ。

こんな経験昔はいつもだったなあ。 
不便だったけど、それはそれでなんだか懐かしい感じもします。

今ではすっかり便利さに慣れ甘やかされてるので、もうスマホなしなんて考えられないです。

昨日の記念日に食べたものは、、、
例のフードトラックのゾンビドッグ(笑)
ロマンチックじゃないなあ。 こちらも記事をUPしますよ~。





↓写真をクリックで応援とともにブログ村に飛びます。 いつもありがとう~!!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ









国際結婚についてなど(ちょい追記あり)



昨日の結婚記念日に1ダースの赤いバラと 小さいチョコレートとカードをもらいました❤

IMG_20141208_172522_561.jpg

ちうねん夫婦(笑)だけど、こんな可愛いカード!

IMG_20141208_172433_009.jpg

アメリカ人男性との結婚生活で嬉しいのはこういうところです。 

誰が見ていようが何をしていようが、恥ずかしげなく(思うこと)を口にしてくれるところ。 

22年前に I love you と花束を始めてもらった時は、驚いて嬉しくて泣いてしまいました。

☆言いにくいことをはっきり言う場合もあり、そういう時はいや(笑)☆

昨日も書きましたが、国際結婚はもしかしたら華やかに見えるかもしれないのですが(見えない?ごめんよう)

全く違う国の違う人種の人。 文化も言葉も育った環境も違います。

最初はとまどうことも多かったなあと思い出しました。

(自分の常識)がその国の人にとっては(失礼な行為)になることもあり、失敗したりもしました。

追記
☆例えば、褒められて否定するのは
日本では(謙虚)アメリカでは(やや失礼) そういう場合はニッカリ微笑んでありがとう!!です。
 
パートナーを褒められて否定するのは
日本では(謙遜) アメリカでは(非常に失礼)その場合は
(愚妻で、、なんて絶対に言ってはいけません! そうなんだ、僕は世界一ラッキーだよ、です。 プッ)☆



夫にとっても日本の習慣で困惑することも多かったと思います。

はじめは日本に住んだのですが、外国人ということで家を借りるのも大変でした。 
私も日本に住む日本人でいながら、知らないこともとても多かったのです。

私の方は昨日も書きましたが、結婚前、渡米前の書類の多さが大変でした。
大使館も何回も行きましたし、警視庁(犯罪の記録がないか)病院の検査は指定病院で料金も高かったように記憶しています。

それでも母の時代はもっともっと大変だったようで、渡米でさえ船で1ヶ月ですから、それこそ(もう二度と日本の土地は踏めない)覚悟で渡米した人も多かったと思います。

初めてのアメリカはアイダホの荒野で(笑) 
この頃は言葉もわからないことが多かったし、なにもかも初めてで、帰ることばかり考えていました。 何かといえば「日本に帰る~~」(笑)

寂しくて、辛くて、この時もよく泣いていました。

ですが22年たち、アメリカ生活もすっかり慣れて、国籍を取り、お互いにいろいろ理解できたかなあ?

歩み寄り、ですよね。

どこの国でも夫と息子がいるところが私の世界と思っています。 

そこが、帰る場所なのですね。

私はこの国に来て本当に良かった。 今はとっても幸せです。



何回目のクリスマスかなー。

IMG_20141207_181551_239.jpg



いつも、ありがとう。





アメリカ情報と共に乳がんカテゴリーも参加しています。
クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
8位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ