犬のレスキューについて考えた。(追記あり)

シーズン6の後半が始まったウォーキングデッドのことは明日ガッツリ書きますね。
ネタバレ全開で言いたいこと言いたい~~(笑)
アレが、アレで、アレだから~~~(爆)
お、おちついて、Tomotan、、、。

。。。。。。。。

そう今日は、昨日の続きというか保護動物について書きます。


(少し書き直しました)

 犬編です。

昨日は太田さんの餌台活動のこと。

のら猫を救うために出来ることをしたいこと。

猫の里親についてなど書きました。

里親になる条件が厳しすぎるところがあるのではないか?と。

今日は反対に大型犬の里親の条件がゆるすぎて、大変な目にあった方のお話です。

ポートランド情報のブログを書いておられる りょうこさん
ブログは ポートランドのスポーツ母ちゃん。

上のリンクの記事は(隣の家に棺桶が立てかけられていて、庭に出しっぱなしのものは、アメリカの町内会から注意を受ける)という内容で、「そうそう」と興味深く読んでいました。 
ですが過去記事のリンクで、この隣人がとんでもない女性だということがわかりました。

りょうこさんはラブラドール犬を飼っておられるのですが、隣のピットブル犬が穴をほって脱走し、りょうこさんの家のリビングに入り込み、愛犬(ラブラドールのモカちゃん)が襲われたそうです。 

この記事のリンクです モカが隣の家に襲われました

一部転載します

まず、モカの耳をひきちぎれそうなぐらい噛み続け、逃げ惑うモカに食いついたまま全体重ぶら下がります。そして、今度は首、そして、腿の内側を攻撃します。最後はしっぽの下の肛門の周りの肉をひきちぎり、地獄のようでした。

実際に怪我をしたモカちゃんの写真を載せておられ、愛犬をこんな姿にさせられた悲しさは想像もできません。

家にはお子さんも3人いらっしゃいました。 
モカちゃんがいなければ襲われていたかもしれません。

そしてモカちゃんが小型犬だったら生命はなかったと思います。 

もちろん猫など一撃でしょう。

この犬は過去にも他の犬を襲った過去があったそうです。

(追記 りょうこさんからのコメントで、ワシントン州のレスキュー団体は虐待した犬をレスキューしたと言っているそうです。他の犬を襲ったことがあると言っているのは隣の女性だそうです)

飼い主は他にも獰猛な犬種を引き取り、散歩もさせずに裏庭に放しているそうです、、、。

そういう犬を殺処分ではなく新しい家族へというレスキュー団体からのアダプトだそうですが
問題のある大型犬を調査もせずにアダプトに出すというのは大大問題ですね。

それより、なによりも問題なのは飼い主だと思います。

こちらも転載です

過去に暴行事件を起こした犬をアダプトすることを、割と気軽に考えている人が増えてる感じがします。もちろん社会貢献のため、そして自分なら愛情でこの犬の問題行動を解決できるという信条、などの理由があるのでしょうが、多くの人は、本当にそういう大きな責任を追う準備ができていないのでは。


過去に問題のあった獰猛な犬種のアダプトは難しいのかもしれません。


自分がレスキュー団体だったら、、 

飼い主だったら、、、

にゃんずが襲われていたら、、、。

動物への愛 責任感。

いろいろなことを考えさせられた記事でした。




クリックで応援してね。 ありがとう~!

にほんブログ村

外猫のら猫のためにできることを考えました。

今日は動物保護のお話で長文です。

はじめに のこされた動物たち ミニ写真展のお知らせ。

3月10日から13日まで
ギャラリー PAWPAD 肉球画廊

世田谷区砧5-23-8
小田急線祖師ヶ谷大蔵駅徒歩8分
http://blogs.yahoo.co.jp/gallerypawpad


くわしくは太田さんのブログ うちのとらまるをご覧ください。

昨日の記事の(楢葉町で生きる)にリンクします。 

短いムービーが心に響きました。
打ち捨てられた瓦礫の上からにゃ~んと降りてくる猫、、。
人間のいないところに住む猫たちなのに、可愛い声で甘えています。

ツイッターで書きかけましたが、ブログに書くことにしました。

太田さんは震災、原発で現地に残されていった動物たちの写真集を出されています。

そして今この瞬間に生きている猫たちを(生かしてあげたい)と東京から福島まで餌台と餌を運んでおられます。

動画を見て、まだこんなに猫がいることに驚きました。 


うちのとらまるブログより転載

。。。。。。。。

楢葉町の片隅で ひっそりと生きている猫たち

生かしてやりたいです

。。。。。。。。


私も(この地で生きている生命のこと)を知ってほしいと思います。

ツイッターから


本当にそうですね、外で生活する、いわゆる野良猫はまだたくさんいると思います。
驚くほど寿命が短いとも聞いています。
子猫が生まれてもカラスなどに襲われ、保険所に連れて行かれ、、。

地域猫の活動も広まってきているでしょうか。
まだ知らない方も多いかと思います。

野良猫を保護して、避妊手術して、また放す活動があるのです。
手術後の猫は耳を少しカットされてるそうです。

不幸な野良猫を減らすのが目的だと思います。
一代だけで幸せに生きて欲しいということですよね。

アメリカの活動も調べてみようと思いました。
オハイオのこの辺りで(野良猫)を見たことがないのです。
保護活動に力をいれているのだと思います。
一度話を聞きに行こうと思いました。

私にも何かできることがあるはずです。

猫がお好きな皆さん。 今は飼えないけど、なにかしたいと思われている方。
地域によっていろいろな活動があるのです。

猫を飼いたい方、ぜひ保健所や里親会を訪問してみてください。

ただ、団体によっては厳しいところも、あるそうです。
ある女性が里親会から猫を断られ傷ついた話をブログに書いたことがあります。
過去記事昨日のねこの話続き

いろいろな団体があると思います。 
金銭目的の詐欺のようなところもあると聞いたことありますし、
反対に(生命を渡すのだから)と厳しい条件をつける所も多いでしょう。

それはよくわかりますが、人と動物の幸せのために、チャンスも与えて欲しいなと思います。

確かに里親を見定めるのも難しいと思います。

アメリカはそれほど厳しくなく、私がコタローとチャチャをアダプトしたところは家の検査などはありませんでした。
細かい契約書にサインはします。 

それでも、私がどんな生活をしているかはグループにはわからないわけです。
猫を抱っこさせてもらえるのですが、今考えるとあれはテストかな?と。
同じ時間に来ていた家族は子供も多く、少し乱暴でハラハラしていました。
「あの家族は?」と聞くと「断ったわ、でもすごく怒ってたわ」という会話を思い出しました。

少し話がずれましたが、以前から厳しくした方がいいのは犬のアダプトだなあと思っていました。

昨日読んだアメリカのブログの方の記事ですが
隣がアダプトした大型犬が家に入ってきて、そのご家庭のワンちゃんが襲われてしまったそうです。
先ほど快く承諾していただいたので、近いうちに紹介させていただきますね。

飼い主の責任、アダプトの責任。 いろいろなことを考えさせられました。

今日は大変真面目なTomotan。

後でふざけたウォーキングデッドのことは書くかも(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました。




クリックで応援してね。 ありがとう~!

にほんブログ村

昨日のねこの話続き&天然コタローさん

昨日のお話の続きです。

昨日の記事から
飼うなら保護猫をと、何回も里親会に足を運んだ、その女性。
家の視察をされ(玄関が広い)と断られたそうです。飼う資格が無い、と。
落ち込んだその人は、、ついペットショップで子猫を買ってしまったのです。


猫が大好きなその女性に話を聞いた時、最初はすごくショックでした。

「え~!!いつもペットショップで買っちゃだめだよって言ってたじゃない」と。

「分かってる、反省してる、、、でもね、もう猫飼えないんだって思って、すごく悲しくなって、、ついペットショップに行って、、買っちゃったの」と

家に視察に来るというのも驚きましたが(アメリカも犬の場合はあります、でも猫は聞いたことないです)
玄関が広いから、猫が逃げないように、ドア一面に網を張ってください、と言われたそうです。

それじゃあ、人間も出られない。 
それはできないと言うと、ここもダメ、あそこもダメと家を全否定されたそうです。
余所はもっと厳しいのよと言われて、、
じゃあ、もう猫もらえないんだ、、飼えないんだ、、と絶望したそうです。

その気持を考えると、とてもかわいそうに思いました。

これはあくまで、この女性が体験した話です。
たまたま、厳しい言い方の人にあたってしまったのかもしれません。

(絶対に外に出さないように、それからもしもの時用にマイクロチップを入れる)
などの解決法があっても良かったのになあと思います。

とっても残念だと思うんです。

アメリカの話ですが、私のニャンズもLAの里親会からです。
元は、というか現在もペット屋です。
ですが、売っているのではなく、日曜日に里親会が開かれて猫達がやってきます。
過去記事より アダプションの日のこと

え?ペット屋は怒らないのか?って
もう生体売買はできないですし、里親になった人たちが山のようにサプライを買っていきます。
これはいいアイディアだと思うんです。私達もその日一式色々買い込みました。

私が愛読しているブログ主さんも同じ所のようでした。
子猫ちゃんをアダプションしています。
避妊手術、接種それからマイクロチップ代金で150ドルと書かれていました。
(今日はじめてコメントしました。もし承諾していただけたら、その記事のリンクを貼りたいと思います)

私は知らなかったのですが、旅行中も預かってもらえるのだとか!
それは、羨ましい(笑)
ペットホテルは高価ですから。

忙しい職種で家を空けがちだから、断る、ではなく
「じゃあ預かる」
この発想どうでしょうか?

猫の保護にはお金がかかる。 (だから有料にする)

手術してください、ではなく(最初から手術代金をとる)

逃げたら大変、ではなく (マイクロチップを義務付ける)

予防接種や避妊手術は決まったところで受ける。
こなかった場合は罰金、とか

動物の(命)大事に思う気持ちはとても良くわかります。
私もよく(ペットショップで買った)話にき~~!!っとなっていましたから。

でも気持ちがとっても変わりました。

動物が大好き、動物と暮らしたい。
そういう人の気持も大事にしたいと思うのです。

昨日も書きましたが高齢の方の場合、もし先に亡くなられたらどうするの?となりがちですが、、

私自身、進行性の乳がんに40歳になったばかりで罹り、「10年は難しい20%の確率だ」と言われた身です。
人の生命の長さはわかりません。

今80歳の方でも100歳までお元気かもしれません。
それでも、もしもの場合の(高齢動物シェルター)なんかがあったらいいなあと思うんです。
老人ホームのように、老犬、老猫ホーム。

雑誌で見たのは飼い主さんが連れて行くシステムのようでした。
もう出来ているのはすごいと思います。
それから有料の猫カフェでの保護猫里親会も、もうあるのですね。

少しづつ良い方向に進んで、人と動物が幸せに暮らせる世界ができたらいいなと心から願っています。

今日はコタローさん

チャチャが元気ないたずら坊主だとしたら、コタローは天然ボケののんびり屋さんです。

買ったけど、猫のベッドになってしまって開けられないスタンドの箱がお気に入り(笑)



20150820_144705 - Copy


ねえ、そろそろ開けたいから、降りてくれないかなあ。

え~~しょぼん、、、。

20150820_144603 - Copy


いや~やっぱりいや~~。
これ、しゅきなの!!
気に入ってるの!!

20150820_144558 - Copy




いや!!

20150820_144558 - Copy (2)

わ、わかった、ごめんね。


うん、わかったらいいの、おやすみ~~

20150820_143728 - Copy

って、そこ床!!!


さっき、いや~~んって言ってたよね?

なんの、はなしい~??
20150820_143747 - Copy


ぐううう~~~。

20150820_143741 - Copy

寝ちゃった、、。


なんか、いつも、こんな調子です。

時々ぽーっとして「なんだっけ?」みたいな顔をするので笑えます。

あ、それから、昨日この箱の上で寝ていて、、、、

落ちました、、、。 

どすんって。

そんなどんくさいねこって、、、。

最近ちょっと元気が無い時もあるのですが、、(時々ある)
思わず、わっはっはと笑ってしまった。

ありがとう、コタローさん。







応援~ありがとう~。 すごく励みになっています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


のこされた動物たち写真展at代官山

原発により人が住めなくなってしまった福島。 
そこに残されていった動物たち。 本当にたくさんの命が奪われました。

動物たちが置いて行かれたことは、私も長い間知りませんでした。
知らない方、まだたくさんいらっしゃると思います。

沢山の人に知ってほしいのです。

絶対にくり返してはいけないことだと思っています。




フリーカメラマンの太田康介さんの(のこされた動物たち)写真展が代官山で始まりました。
ブログこちら うちのとらまる

写真展の場所などはこちら
↓ ↓ ↓

場所は 代官山ザ・タワー地下一階にある渋谷区スポーツセンター
8日から15日まで。

11日の月曜日はお休みだそうです
時間は10:00~18:00


連休中は太田さんの近著「しろさびとまっちゃん」に掲載した写真の写真展、希望の牧場のイベントもあったそうです。


太田さんのブログより転載します。


転載ここから。。。。。。。。。。。


春花祭での「希望の牧場」「しろさびとまっちゃん」イベントは成功で終わりました

もう少しこうしたら なんて細かい反省点はありますが

お手伝いくださったボランティアさんたちのおかげで乗り切れました

感想としては まだまだ知らない 知っていてもしょうがないで済ませる

または もう見たくない

そういう方々が結構いらっしゃった印象を受けました

情報を発信するほうも 

ネットと印刷物 その他のメディアを最大限に利用して

私が4年と少し前に感じた

「いても立ってもいられない気持ち」になってもらうよう

発信し続けなければいけないと思っています

写真展 お待ちしていますね


。。。。。。。。。。。。。。。転載ここまでです。




ブログ友達のEsperoさんのブログから転載します。 ブログはこちらBless you

転載です。。。。。。。。。。。。

太田康介さんの写真展は、5日までの前半は、近著「しろさびとまっちゃん」に掲載した写真を、
8~15日の後半は、原発から二十キロ圏内にいた動物の写真を展示されるということです。
注(しろさびとまっちゃんの写真展は終了しています)

一人にでも伝われば、そこからまたどなたかに伝えていただける・・・
一粒の種をまけば、その種が芽をだし成長したくさんの実を結ぶことでしょう。


私は残念ながら今回行くことができないのですが、
京都での写真展や報告会を通して知り合えた人たちがお手伝いに行ってらっしゃいます。
お帰りになったら私に「伝えてくださる」ことでしょう。


人間も動物の中の種のひとつです。
自分たちだけの都合で世の中を観てはいけないということを、福島の動物たちは教えてくれます。


お時間ご都合つく方は是非、お運びくださいね。


そしてあなたのお知り合いに、ご家族に、お友達に・・・
どうか伝えてください。

。。。。。。。。。。。転載ここまで


そしてお手伝いに行かれたMiyuさんのレポートがこちらです。 Bless youレポートby Miyuさん

それから(しろさびとまっちゃん)の書評こちら
【書評】「しろさびとまっちゃん」福島第一原発20km圏内で生きる猫と松村さんの日々
サイトはこちらIdea newsさんより


そしてブログ友達であり、心理カウンセラーのMasumi先生もブログ カウンセリングルーム M.heartで写真展のご紹介です。


アメリカ在住ではありますが、ブログで今まで情報を発してきました。
ブログを見て(説明会)に参加しましたとコメントを頂いた時は本当にに嬉しかったのです。

本当は写真展のお手伝いに行ったりしたい。 
夫も連れて太田さんと猫の餌台を直しに行ったりしたい。(笑)

真面目な話、アメリカでもミニ写真展はできないかな、、大学なんかで、と考えたり。

いろいろ考えては(できない)ことで凹んでしまいますが、ブログで発信ならできます。

福島での写真展では中学校のクラスメートにメールしました。
「行ってよかった」と長いメールを頂き感動しました。

ひとりでも伝えて行くことが大事なことだと思っています。
小さなことですが、続けていきたいと思っています。


最後にEsperoさんのブログから

一人にでも伝われば、そこからまたどなたかに伝えていただける・・・
一粒の種をまけば、その種が芽をだし成長したくさんの実を結ぶことでしょう。




↓写真をクリックで応援とともにブログ村に飛びます。 いつもありがとう~!!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

twitterで拡散中 保護犬猫自慢

初めにツイッターを知らない方へ説明を。 

短いブログのようなもので、140字以内で、意見や感想や何しているとか、なんでもいいから書き込める場所。そしてフォローしている人がそれを読めるツールです。
最新ニュースなどもリンクで貼れるので、情報集めにも便利です。
このブログの右側にも私のツイートを張ってあります。

このツイッターにはハッシュタグというものがあって、気になること、トレンド、同じ趣味の人ツイートが読めます。
#のマークの後に名前や言葉を入れるのですが、たとえば#オハイオといれると、オハイオについての情報が次々に出てくるというわけです。 
*注意 たぶん、そんな、ハッシュタグは、ない、、笑

。。。。。。。。。。。。

Kawanomakoto さん。 
京都の獣医師の方が、このハッシュタグ #保護犬猫自慢 を作り、たくさんの写真とストーリーが投稿されています。

写真を見ながら読んでいると涙が出てきます。 そしてとっても温かい気持ちに。

へその緒がついて捨てられていた、保健所で処分寸前だった、ネグレクトで死にかけていた。
保護した時の写真と、幸せそうな現在の写真。

胸がいっぱいになります。

我が家のにゃんずも里親会から。
なので、さっそく投稿しました。








あの日、段ボールに入っていた5匹。 みな幸せに暮らしているかなあ?




まだ知らない方も多いのです。
私もLAで、なんでペットショップにねこいないのかなあ?と思っていました。
調べて里親会、アダプションという選択を知りました。

シェルターや保健所で引き取れるということも。

その話をすると数人から

でも噛んだりするから保健所に入れられるんでしょう?

と聞かれました。

こういう誤った情報を信じている人も多いのです。

もう飽きた、大きくなりすぎた、引っ越すから。 そんな理由で保健所に連れて行かれる。
子犬も子猫もたくさんいます。 
特に子猫の殺処分はすごく多いのです。

これはアメリカも同じで、生まれたばかりの子ネコ、子犬も手がかかるため早い処分が多いのだそうです。

そのための一時預かりというボランティアもあります。 私はこのことも考えたいと思っています。
*でもきっと、かわいくなって手放せなくなる可能性大、、、笑


ペットとの生活は素晴らしいものです。

どうぞペットショップに行かないで、お近くの里親会、保健所などお調べください。





↓写真をクリックで応援とともにブログ村に飛びます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




 
フリーエリア
太田康介さんの本(やさしい猫)が出ます。ぽーちゃん!
プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
12位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ