何回も削除した記事

6年目の3月11日から何日も過ぎてしまいました。 

去年は5年目ということもあり記事を2日間に渡って書きました。

過去記事 震災から5年 その1
過去記事 震災から5年 のこされた動物たち


今日一日何回も書いたり消したりを繰り返したのですが、どうしても書けませんでした。

昨年8月母が亡くなり、生と死についてのことが書けません。

高齢でしたし、覚悟していたこともあり、号泣するようなことはもうないのですが乗り越えてはいないんですね。

よく夢を見ます。 

自分の中ではまだ整理できていないんだなあと思います。

ふとした瞬間に考え込んでしまいそうになるので、このブログでは楽しいことだけ書こうと思っていました。

これからもなるべく楽しく読んだ人が元気になれるようなブログにしたいと思っています。



今日は短くてごめんなさい。

明日からまたはじけていきますね(笑)




20160513_165056 - Copy




クリックいつもありがとうございます。 すごく励みになっています。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

震災から5年 その2 のこされた動物たち

 
日本を揺さぶった未曾有の大惨事から5年経ちました。
 
この災害で亡くなられた方々へ心よりご冥福をお祈りいたします


大地震、津波、原発事故。

どんなことがあったのかを知ること、残していくことはとても大切なことだと思いますが、
それと同じく大事なことは(今どうなっているのか?)を知ることだと思います。 

画像で見ても震えてしまう恐ろしい津波。 
経験された方はどれほどのトラウマでしょうか、、。

家族を亡くし、家を無くし、どれほどの絶望と戦わなければいけなかったか、、。

そして、大地震、津波で助かった福島の人たちが今度は原発事故での強制退去へ。

その時に愛するペットを置いていかなければならなった不安で心配な気持ち。

ペットを飼っている人は同じ気持だと思います。

「本当に2,3日ですね、帰れるんですね?」どれほどの人が聞いたでしょうか?
それでも不安でエサ箱にたくさんご飯を入れたと思うのです。

そして何日も帰れない日々が続き、たくさんのたくさんのペットたちは餓死をしました。

もしも自分だったら、、想像してみてください。

もしも、私だったら、、まず、置いていくことはできないと大暴れするでしょう。

でも2,3日と言われたら? 絶対に帰れるから!と言われたら、、、。

泣く泣く、置いていくかもしれない。

それなのに、、何日も帰れず、やっと帰った家でガリガリで冷たくなっている2匹を見つけたら?

私だったら、それ以上生きていけないような気持ちになると思います。


一生自分を責めるでしょう。


そんな辛い思いの人たちがどのくらいいらっしゃるのか、、、。


今でも仮設住宅で暮らす人達、帰れない故郷、まだ待っている動物たちがいるのです。

インターネット、そして本で知ることができました。

昨日、紹介した写真展の太田さんの写真集

(のこされた動物たち)

20160309_153043.jpg

読みなおして、また泣いてしまいました。

(のこされた動物)本文より転載



遅くなって、ごめんね

でも来たよ。

お前を迎えに来たよ。


20160309_153807.jpg




購入したのは2013年10月でした。 

過去記事 →リンク海を渡った(のこされた動物たち)

当時はたしかまだアマゾン送料も高く、アメリカの本屋さんでは定価の2倍以上したと思います。
この時は母に頼んでEMSで他の文庫本など数冊と一緒に送ってもらい、送料は4000円(!)でした。

今は海外発送料はとても安くなっています。 クラブジャパンでは割引キャンペーンもありました。
アマゾンでは基本料金500円プラス一冊400円での発送です。

そして私が欲しかった本 しろさびとまっちゃん

images_20160310124949c22.jpg

松村さんは、たった一人、原発から12キロの地に残った人。
海外でも有名な方ですね。

直人ひとりっきり というドキュメンタリー映画もあります。 公式サイトこちら

本は11日に合わせてアマゾンでオーダーしようと思っていました。

ですが、なんと2週間から4週間のお取り寄せ!!(今は3月16日に入荷予定になっています) こう書かれている場合、ほとんど入荷希望薄~なのです。

多分その前日の糸井重里さんのツイッターでの大絶賛のせいで買い占められたあ~と嘆いていたら、この本は電子書籍があるというではないですか!!

電子書籍、本当に助かります。 海外在住者には本当にありがたいのです。

できたら紙の本がいいけれど、、タブレットで見る写真(雑誌など)とても綺麗なので、これは電子書籍で購入しようと思っています。

私が使っているのは EBOOK JAPAN
漫画の品揃えが多いのですが、小説や雑誌もたくさんあって大活用させていただいてます。

そして遠くからでも、ブログで発信したり、餌を送ったり(アマゾン経由で募集しているところがあります) アメリカのメディアにいいつけたり(笑) できることはあると思っています。

すごい活動はできなくても、何かできることを少しだけする。
(知る)事は大きなこと、そして「こんなことあったんだって」と話すことだって大事なことなんじゃないかと思うのです。

これからも(小さな大事なこと)を少しづつしていきたいなと思っています。




当時LAの本屋で買った特集本

20160309_151526.jpg


20160309_151534.jpg




ブログの励みになります。 ありがとう~!

にほんブログ村

震災から5年 その1(追記)

アメリカはまだ9日ですが、日本では3月10日 5年前の震災の一日前です。

日本では特番なども組まれているのでしょうか?

今日と明日はあの時のことを少し振り返りたいと思います。

その前に
のこされた動物たちのミニ写真展が今日から開催されていますのでお知らせです。

注 終了しました。
くわしくは太田康介カメラマンのブログ うちのとらまるをご覧ください。

あーとぎゃらりーGallery paw padのブログはこちらです。

太田さんの読売オンラインの記事もとても心に響きました。 こちらもぜひお読みください。
リンク →震災5年 いまも待ち続ける動物たち。

あの時、あの場所で動物たちはどうなったのか。 詳しく書かれています。
太田さんの写真集のことも明日また書きますね。

今日は5年前の3月11日のことを振り返りたいと思います。

何回か書いたのですが、その当時はLAに住んでいました。

5年前の3月10日レドンドビーチで見たこともないほどの大量の魚が死んでいるとニュースになりました。

見渡すかぎりの魚の死骸を見て

「なんか嫌だね、地震とかあるのかな」なんて話したのを覚えています。

そしてそれは的中してしまいました。 

カリフォルニアではなく日本で、、、。

第一報はブログのコメントからでした。 (結構揺れてるよ~)と。 

その後インターネットで被害の大きさを知り絶句しました。

アパートメントには決まったケーブルテレビしか無く、そのケーブルが嫌いで加入していなかったのですが映像としての情報はなく、インターネットが頼りでした。

当時こちらで買った雑誌 

Newsweek誌
20160309_152042.jpg

そしてTime誌
20160309_152050.jpg

Time誌の胸がえぐられるような写真
20160309_152322.jpg

原発事故のことも詳しく載っています。
20160309_152341.jpg

そう、この原発事故ですが、 
アメリカでは、こちらのほうが大きな話題でテレビでも最初の日からメルトダウンと大きく報道していました。

その頃から日本のニュースもネットで見られるようになったのですが(確か、その時だけ世界中に無料配信された記憶があります) 
アメリカのニュースと交互に見ているうちに、内容がかなり違うことに気が付きました。

夫や当時LAにいた母に「ぜんぜん違うこと言ってる! 日本では問題はないなんて言ってるよ」と言ったことを覚えています。

在日アメリカ軍はすぐに80キロ以内立ち入り禁止になり、軍の家族もアメリカへ避難のためにチャーター機がでました。

トモダチ作戦の前ですね。 アメリカはとにかく原発から遠くへ逃げろ!というスタンスでしたが、、

なせか日本の報道は「直ちに問題はない」ばかりでした。 


国は大問題ということを認めて、避難勧告をしていたら住民は被曝量も少なかったはずです。

そして、早くわかっていたら、前もってペットを連れて避難できたかもしれないのです。

。。。。。。突然の強制避難。3日位で帰れるからとペットを置いくように言われたこと。
そして、それは嘘でたくさんの犬、ネコ、ペット。家畜たちが死んだこと。。。。。。。。。。


私は全く知らなかったのです。 

ブログとそれからインターネットで後から知り凄くショックを受けました。

Bless you のEsperoさんと知り合い、そして太田さんのことを知ったのです。

そして知れば知るほど、これは黙ったままではいけないという思いが強くなりました。

ブログで何回か(残された動物たち)のことを書いています。

これくらいしかできないけれど、一人でも多くの人に知ってほしいと思います。

私は外国に住んでいます。 外国籍です。 

それでも心は祖国日本にいつも寄り添っています。

絶対に忘れてはいけないこと、繰り返してはいけないこと。

これからも発信していきたいと思っています。

 
震災で亡くなられた方々、、心からのご冥福をお祈りいたします。
そして動物たちも。 天国で安らかに、、。





ブログの励みになります。 ありがとう~!

にほんブログ村

あの日から3年 海外報道とトモダチ作戦まとめ

ohana.jpg
忘れられない日

日本では昨日11日は震災の特集番組が多かったのではないでしょうか?

3年前の3月11日LAのアパートメントにいました。 
嫌いなケーブルカンパニーだったため、CNNさえ見られない状態で、全く知りませんでした。 ブロ友さんやネットで(未曾有の災害)と知り愕然としました。 ほとんど映像を見ないままでしたから、あんな恐ろしいことになっているとは、、。
Youtubeとそれから当時ネットでフリー配信を見ました。 

原発爆発事故のときはアメリカの報道ではすぐにメルトダウンと報道され、日本の報道とのあまりの違いに驚き、当時のブログは(にゃんずとの楽しいLA日記}ではなく毎日のように原発問題を書いていました。

そして海外報道を書くと、なぜかブログには入れなかったり、消えたり。 これは原発問題を発信していたブログを書いてた人かなり同じ目にあったと思います。 嫌なコメントが入ったり、そのコメントの発信元が同じだったり。
かなり不気味な感じでした。

日本がついにメルトダウンは3月11日だったと認めたのは2ヵ月後でした。 過去記事こちら

最初から海外ブロガーが大騒ぎしていたのですが、(ただちに問題はない)を連発していた日本政府。
ついに(管理者の自主削除を)なんていう話まで出てきて、日本はなんて怖い国になったのだろうかと思ったものです。当時の記事  管理者の事故削除~~?

原発問題はYokoさんが今でも詳しく発信しておられます。私は米軍のトモダチ作戦の記事をできるだけ発信しました。

過去記事 

米軍オペレーション
オペレーション友達 写真
米軍の出動申請お願い
空軍パラシュート記事

好きな写真がたくさん、、。
ade5edbd-s.jpg

5529315257_b6bcc499e0.jpg
 



助け合う気持ちに国境はないんだって思います。 ですが政府の情報開示がなかったために(トモダチ作戦の兵士達)も危険にさらしたとして訴える米軍も増えています。 
なんともいえない気持ち、、、。



110323-N-1003M-097_20140312054624734.jpg

HELPと大きく書かれた校庭に米軍ヘリが降り立ち食品を届けました。勝手なことをと当時の政府から怒られました。

ですが、その後のメッセージです。 これは空軍のサイトで見つけました。 

書いてくれた方達、どうしておられるでしょうか? 生活は落ち着きましたか?

まだまだ終わっていない(東日本大震災) 忘れてはいけないと思います。







にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


乳がん ブログランキングへ 




3月11日

あの日から2年。

遠い空から、鎮魂の祈りを、、。
      



 DSC00059_convert_20110224174306.jpg


プロフィール

tomotan

Author:tomotan
アメリカ人夫と結婚生活24年目、アメリカ生活17年目です。市民権をとり7年になりました。アイダホ、ハワイ、LAからオハイオにやって来ました。22歳の息子と7歳のニャンズがいます。ステージ3Cからの乳がんサバイバー14年目です。アメリカのドラマと映画が好きです。スリラー小説も。

乳がん治療の記録
2003年3月ステージ3乳癌発覚/ 3月手術2回(左胸全摘出とリンパ転移摘出)/5月から9月AC&Tの抗がん剤/9月から10月の終わり 放射線治療33回/ 再建手術、縮小手術、再建失敗により取り出し手術など4回/2005年子宮卵巣摘出手術 ホルモンブロック剤アルミデックス治療10年。 乳がん闘病日記はカテゴリーにまとめてあります。
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
フリーエリア
あなたの国は何時? オハイオはニューヨークと同じ時間です。
amazon
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
9位
アクセスランキングを見る>>
チャチャとコタローです
ようこそいらっしゃいました。
チャチャとコタローです。いらっしゃいませ。
全記事(数)表示
全タイトルを表示
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
Amazon
摂氏/華氏 温度変換器
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
twitter
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ